寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
集英社文庫 幸福論 感想
幸福論

 ナツコミのフェアのときに購入し、読了したので感想でも。
 ナツコミ時は、蜂の特別カバーになっていましたから、画像とは実物は違います。また、有名な著書なので集英社文庫以外でも発売していると思いますし、どれを選んでも大差はないと思われます。

 ※追記
 夏の集英社のフェアは、コミックだとナツコミ、文庫だとナツイチでした・・・ナツイチという単語を覚えていなくて間違えちゃった。
>>続きを読む
スポンサーサイト
講談社文庫 永遠の0 感想
永遠の0

 各所で話題になったこの作品。私は、発売当初から読んでみたいと思っていて、それが今更の読了となりましたが、話題作は否定的な目で見る私にしては珍しく、面白いといえる作品でした。

 上層部批判、戦争賛美、零戦礼賛・・・色んなところからアレコレ言われ、作者の百田さんも「かわいそうな作品」と称していますが、そのことについても、ちょっと触れたいと思います。この作品は、何を書いていて、何を伝えたいのか・・・それをちゃんと読み解けば、こういう感想は出ないはずですからね。
ハヤカワ文庫 虐殺器官 感想
虐殺器官

 伊藤計劃さんのデビュー作で、「ベストSF2007」の第一位に輝いたということで、興味本位で読んでみましたが、正直なところ、あまり面白いとは思えませんでした。

 ※自分で内容整理するためにも感想を書いてみましたが、じゃっかん(かなり?)批判的な感想のため、ファンのかたは注意してください。
星海社FICTIONS ビアンカ・オーバースタディ 感想
32797042.jpg

 筒井康隆さんのファンであるわたしにとって、この本は読まなければと思って買っていたものの、最近やっと読むことができたので感想でも書こうかと思います。
 小説感想もすっごい久しぶりだ・・・。
創元SF文庫 星を継ぐもの 感想
01143555.jpg

 前回の小説感想から……実に半年以上経ってますが、これからはアニメだけでなく、ちゃんと読んだ小説の感想も書いていきたいと思います。ネタバレ注意です。
新潮文庫 エディプスの恋人 感想
31041897.jpg

 筒井康隆さんの著書にして、七瀬シリーズ三部作の三作目です。読んでない人はネタバレ注意です。
講談社文庫 私が彼を殺した 感想
30941091.jpg

 東野圭吾さんの作品であり、新参者や麒麟の翼でおなじみ、加賀恭一郎のシリーズでもあります。ネタバレ注意!
ハヤカワ文庫 夏への扉 感想
32370121.jpg

 SF小説の中では名の知れた作品のひとつでしょう。
ハヤカワepi文庫 一九八四年 感想
1984

 SFらしい奇妙な世界の話です。
新潮文庫 七瀬ふたたび 感想
七瀬ふたたび

 筒井康隆さんの七瀬シリーズ二作目です。ラストに触れているので読んでいない人は注意です。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。