寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
TVアニメ スマイルプリキュア! #32 「心を一つに! プリキュアの新たなる力!!」 感想
スマプリ32-1

久しぶりに熱い回だったからか、少しハッスルしてしまいました。
スマプリ32-2
 四人を助けるためになまけ玉の中へ自ら入るみゆき。そこではバッドエンドに染まった四人が。平然とネガティブなことをいったり急にいなくなったりするのは不気味感あふれる演出ですね。

スマプリ32-3
 やよいの提案でみんなは遊園地に。放課後に遊園地? という疑問さえこの空間では意味がなさそうです。
 しかも遊園地はアカンベェの意匠があちこちに。可愛いのか怖いのかわからないこの微妙なラインとみゆきの動揺が、これまた不安感をあおります。というかピエロの顔がそもそも不気味ですよね。

スマプリ32-4
 五人を助けるためにキャンディもなまけ玉へ。余計心配になりますが、キャンディは前回自力で脱出したという実績がありますし、それを軽視したジョーカーの落ち度でしょうね。というかジョーカーは相手をみくびる癖を直さないと、急に力を発揮するプリキュアには勝てなさそう。

スマプリ32-5
スマプリ32-6
スマプリ32-7
スマプリ32-8
 に光が入っていない状態だと、いくら楽しそうにしていても楽しそうに見えないですね。そういう意味でこの表現方法は本当に便利かつ革新的だと思います。
 こんな状態でも顔面キャッチは健在のみゆきでしたが、その虚ろな目では、とても正常な状態じゃないとわかります。彼女たちを見ても気後れしたり怯えたりしないキャンディの勇気や覚悟はすごいですね。

スマプリ32-9
スマプリ32-10
スマプリ32-11
 クッキー六等分の話から、キャンディはみゆきを復活させることに成功。「飲み込まれるところだった!」って、みゆきさん、完全に飲み込まれてましたけど。

スマプリ32-12
スマプリ32-13
スマプリ32-14
スマプリ32-15
スマプリ32-16
スマプリ32-17
 四人を元に戻すため、一人変身して空にハッピーシャワーを放つハッピー。単独変身は三回目くらいでとてもレアでしたね。変身シークエンスはいつも見ていますが、頬にパフパフ→開眼の流れは普段ではあまり見れないので、なかなか貴重なのでは。

スマプリ32-18
スマプリ32-19
スマプリ32-20
 なまけ空間をハッピーシャワーで浄化! ってところで「そんなことできるの?」と疑問に思いましたが、ジョーカーが邪魔したところを見ると本当にできそうだったみたいですね。ハッピーシャワーの浄化力は生半可ではなさそう。
 黄色っ鼻をつかってアカンベェを召喚するジョーカー。けっきょく黄色っ鼻の特徴ってなんなんでしょうかね。前回の決戦では、デコルデコールが媒体だったと思うのですが、今回はデコルみたいですし、うーん。召喚したアカンベェが長い体になる、とか?
 帽子からちぎった後にあの黄色い玉が戻っていましたが、あれは作画ミスなのか、それとも木の実みたいに帽子に実るのか・・・もしそうなら、ジョーカーがすぐに生産できる急造の鼻、とも考えられますね。

スマプリ32-21
スマプリ32-22
スマプリ32-23
スマプリ32-24
 ハッピーたちに言葉責めで精神攻撃を仕掛けるジョーカー。このとき四人の回想が挟まったのはとてもいい演出だと思いました。今までの話があったからこそ、という感じが出ますし、何よりキャラクターの心が動いた話ばかりを選別してありましたから(練習が実らないあかねのシーン、コンテストで参加賞だったやよい、リレーでこけてしまったなお、自分探しを始めて周囲を巻き込んだれいか)。

スマプリ32-25
スマプリ32-26
スマプリ32-27
スマプリ32-28
スマプリ32-29
スマプリ32-30
スマプリ32-31
スマプリ32-32
 それでもみゆきのキャンディ救出のときから変わっていない気持ちが、四人を正気に戻しました。やはりジョーカーに敗北、キャンディを救出の話は彼女たちを強く成長させていたんですね。逆に、あれほど強い決意であのとき戦っていたのに、なまけ玉でなまけてしまう四人が弱いのか・・・いやいや、今回、ジョーカーは本当に痛いところを突いたと思うので、四人の体たらくも仕方ないかもしれませんね。

スマプリ32-33
 絵の具で塗って途中から黒っ鼻にされるアカンベェ。途中からもアリなんだ・・・というか、初めて黒っ鼻を出したとき、やっと完成した、みたいなことを言っていたと思うのですが、すぐできるんですね。作り方を研究・模索していたから時間がかかっていたのかな。頻度が少なそうと思った黒っ鼻もこれから出ずっぱりになりそうですね。
 あとジョーカーはアカンベェと合体してなかったみたいだけど、それもアリなのかな? ウルフルンはタトゥーみたいなのを入れて戦っていたというのに。

スマプリ32-34
スマプリ32-35
 ロイヤルクロックの力でハイパーアカンベェを撃破! これまでティアラ、キャンドル、クロックとプリキュアが強化されていきましたが、話の盛り上がり的にはティアラのときと似ていますね。そのとき獲得したレインボーヒーリングと、今回のフェニックス版? レインボーバーストも、バンクのあっさり加減が似ています。
 ということは、キャンディ救出&ピエーロ撃破のような盛り上がりは、この調子でいくとあと最終回付近しかなさそうな気がします。まぁときどき、お好み焼き回やリレー回、やよいパパ回、おばあちゃん回みたいなクオリティの高い話が何回か見れれば満足かな、という感じです。

スマプリ32-36
 プリキュアたちをみくびったことで敗戦するジョーカー。いい加減に学習して、もっともっと非道な手を使ってもいいと思うんですがね。ジョーカーだけはそれが許されるキャラだと思うので。ジョーカーが出てくるとプリキュアがピンチになる点はいつもどおりなので、裏方に徹さず、もっと出てきてもいいと思いますね。でないとプリキュアの勝ち点が増えていくだけですし、デコルも集まっていくだけですから。

スマプリ32-37
 そんなこんなでさりげなくデコル集め再スタート。いったいいつまで集めればいいんだ・・・。それにフェニックスの存在が唐突すぎて、ペガサスほど愛着がもてないのはいかがなものか。わかりやすい動物モチーフをさらに盛り込む必要はなかった気がします。それとも、ロイヤルクロックの針が進むたびに色んな幻獣から力を借りるとか? それなら個人的に毎週の楽しみが増えるのでちょっと期待なのですが。

スマプリ32-38
スマプリ32-39a
 次回は太秦映画村での時代劇回? 普通の話にポップ(?)が出るのは珍しいですからちょっと期待です。あかねがどういう経緯でこの衣装を着て、どんな演技をしているのかすごく見てみたい。ポップが出ているということは、重要回という可能性もありますからね。

 というわけでスマイルプリキュア感想でした。

 既視感の強い回でしたがスマイルでは今に始まったことじゃないですし、小さな盛り上がりがあったという点では今回は面白かった。途中のあかね、やよい、なお、れいかの心を攻撃する回想シーンや、四人がプリキュアになって駆けつけたシーンなどは不覚にもウルッときましたし。
 ただフェニックスの存在だけは未だに謎というか理解不能です。クロックに羽がありますから、クロックもしくはキャンディの力なんでしょうけど、登場が唐突ということや、レインボーバーストのバンクシーンとの相性の悪さなどが致命的です。バンクシーンを全体的に作り変えるか、フェニックス部分を毎回変えるかしてくれないと、ペガサスの存在意義がなくなりそうですから。
 フェニックスについてはこれから触れられるのかな? と、期待は薄いですが注目して見てみます。ロイヤルクロックの針の意味も気になるところです。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.