寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ 機動戦士ガンダムAGE 丸ごと感想
1348388738945.jpg

 AGEが最終回をむかえましたので、全部まとめての感想でも書こうと思います。ネタバレを含みます。気に触る内容になってしまうかもしれないので読む際は注意してください。
 まず、スタッフの皆さんは一年間お疲れ様でしたと、苦労をねぎらいたいです。

 基本的なところで、わたしはこの作品が好きでした。戦闘がかっこいい。女の子が可愛い。音楽がいい。作画も高水準でほぼ安定していた。これだけで、わたしはAGEを見ていてよかったと思えました。

 細々としたところを見ていけば、確かに腑に落ちないところはいくつもあり、「この話に意味はあったのか」とか「このキャラが出てきて死んだ意味は」とか「キオがデブを殺しそうになったシーンは特に掘り下げないのか」などなど、シナリオを重点的に見る自分としてはむしろ気になるところだらけだったと言えましょう。
 しかし、なぜ好きだったのか。
 わたしはガンダムをいくつか見まして、現在OVAで展開中のユニコーン以外は(アレもどうだろう)、それほど秀逸なストーリーだなぁと思ったことがないのです。つまり、ガンダムに関してあまりストーリーは気にしてなかったんですね。
 カッコいいMS、可愛い女の子、OPやED、これくらいです。

 そういうスタンスで見ていたからか、不満はほとんどなかった。やはり、「この新兵器(AGE3オービタルなど)、もっとカッコよく見せることができたんじゃ」とか「可愛いあの子が死んじゃった」という残念さはありましたが、それも数回ほど。ユリン死亡回やフラム死亡回、それ以外にもいいなと思った戦闘シーンのある回は録画を残しているくらいのハマりっぷりでした。
 ガンダムはリアルと一部ではいわれていて、いわゆる「スーパー系かリアル系か」談義でもリアル系と定義されそうなロボットですが、そもそもガンダムだってスーパーなロボットですし、細かい設定を気にせずカッコよさだけを追求したような戦闘シーンは(ビットを纏ったり)かつてのスーパーロボットを見ているみたいでとても興奮できました。
 OPやEDも変わったたびに何度も見てましたね。さわやか系の曲と戦闘シーンというのが個人的にツボなもので。

 ガンプラを購入した数も一番多いですね。他のテレビシリーズは、だいたい主人公機や気に入った機を買うくらいで、二、三体ほどだったのですが、AGEはそれをはるかに凌駕してます。これに関しては、ガンプラのクオリティが高くなっているのが拍車をかけているかも。

 ガンダム歴やガンダム愛が深くないからこそ、この高評価かもしれませんが、とりあえず最終回を惜しみながらガンダムAGEのプラモを徐々に作りつつ、見ていないガンダムを見てみようと思います。その上でAGEがどうだったかを最終的に判断してみようと思っています。それでも他のシリーズがさらなる高評価になるだけで、AGEが低評価にはならないと思いますが。

 というわけで機動戦士ガンダムAGE丸ごと感想でした。

 に始まるマギも、とりあえず戦闘シーン、作画、音楽、女の子キャラを注目して見てみようかな。それ以外に面白いところが見つかるといいですけど。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。