寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ スマイルプリキュア! #33 「映画村で時代劇でござる!? の巻!」 感想
スマプリ33-1

 映画村で撮影見学!? こんな姿でもかわいいあかねは奇跡的じゃないでしょうか。
スマプリ33-3
開始早々映画の撮影に乱入してしまうみゆき。注意されますが、普通ならもっと強く怒られそうですよね。それに、映画の撮影を見にきているのに敵と勘違いするのはさすがウルトラハッピー。でもこんな調子だと普段から悪人っぽい人は敵だと勘違いしそう。日常生活は大丈夫かな。

スマプリ33-4
スマプリ33-5
 映画のポスターたちはネタまみれオマージュまみれでした。「ふたりはくのいち」とか「妖怪オールスターズDX」とか、他にも色々ありましたね。
 はしゃぐみゆきとやよいが年相応って感じで可愛いです。この光景を見た映画監督がみんなを映画に出演させるという暴挙に!?

スマプリ33-6
スマプリ33-7
スマプリ33-8
スマプリ33-9
スマプリ33-10
 みゆき、やよいもじゅうぶんかわいいのですが、姫様のかっこうにまったく負けていないれいかの美しさは異常ですね。顔のアップや、二人が惚れ惚れしているシーンをいれるあたり、れいかの可愛さをスタッフも重々承知しているようです。

スマプリ33-11
スマプリ33-12
 あかねの役回りは本来損なはずなのに、この姿でもかわいいあたり、むしろおいしい役回りだったかもしれませんね。

スマプリ33-13
スマプリ33-14
スマプリ33-15
スマプリ33-16
 なおの格好もキャラにあっていていいですね。ポップもこらえきれずに変身して参加しますが、男キャラにしては可愛いかも。監督も女だと思ってたみたいですし。
 浮かれているポップの演技がさすがでした坂口さん。波の演出が何度も天丼で入りますが、さすがに四回は鬱陶しいかったような・・・三回くらいでよかったのでは。

スマプリ33-17
スマプリ33-18
スマプリ33-19
スマプリ33-20
 彼女たちに普通の演技が期待できるはずもなく、撮影スタッフたちの危惧したとおりむちゃくちゃに。OKだと思っていたのは監督だけでした。しかしほぼアドリブだろうに彼女たちはよく演技を続けられますね。あかねとれいかのところも、役に入りきってましたし、ポップにきられたあかねのやられっぷりも見事でした。さすが関西人ってところでしょうか。

スマプリ33-21
スマプリ33-22
スマプリ33-23
スマプリ33-24
 映画村の妖怪たちを同志か何かと勘違いするアカオーニ。そして一緒に戦うつもりでセットを破壊し始めますが、そのあたりで作り物だとアカオーニも気づきました。人に迷惑をかけたことはいけませんが、アカオーニの楽しい気持ちは粉々になりましたよね・・・敵はどう救済されるのかも、プリキュアシリーズの見どころのひとつですよね。

スマプリ33-25
スマプリ33-26
 ハイパーアカンベェに入りこむバンクシーンがかっこいいですね。でもマジョリーナは小さい老婆状態だと、あまりかっこよくはないような気がします。次回で見れるでしょうから、どんな感じか注目ですね。
 再生、停止、巻き戻しなどをするアカンベェはどこかで見たような力ですが、やは面白い能力です。巻き戻してプリキュアたちを決めポーズの時点で停止させたのには笑いました。
 象デコルで水を放水するときのシュールさ、キャンディに対してポップの無能さ、早送りで敵を追いつめフェニックスでトドメと、今回の戦闘シーンは緩急や構成などがとても珍しく面白い感じでした。これからもデコルは無駄遣いじゃなく、こうやって効果的に使ってほしいですね。

スマプリ33-27
スマプリ33-28
 映像を編集してプリキュアを消しておく、というポップによって完成した映画。しかしポップばかりが映った映画になり、そういう仕様にしたポップや、そのままで映画にしてしまった監督のアホさかげんがたまりません。今回は映画村とのコラボ以外にも、ポップがアホになってしまうという話でしたね。

スマプリ33-29
 次回は文化祭でファッションショー・・・というとハートキャッチをどうしても思い出してしまいますね。あれを越えることはできるのか・・・。久しぶりのクラスメイトたちも登場で、ちゃんと学校があることが思い出されます。いつぶりの学校だろう。

 というわけでスマイルプリキュア感想でした。

 あいかわらずのギャグ回でしたが、スマイルにストーリーを期待するのはもう徒労に終わりそうですし、そうやって腹を決めて見れば普通に面白いのはさすが。ポップがアホ化するという珍しい要素もありましたし、これからもただの慌しいギャグだけでなく、目新しい要素が入ってくれると、バリエーションが楽しめていいかもしれません。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
 もう逃げられないぜ!ミユキ:待ちなさい!プリキュアスマイルチャーp>誰かにきみは本番中だよヤヨ)映画の撮影って楽しそう私も映画にでてみたいな|映画村に見学にきました#>これが...
2014/06/04(水) 22:07:45 | ぺろぺろキャンディー
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。