寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ プリティーリズム・ディアマイフューチャー #27 「新チームでシャル ウィ ダンス?」 感想
画像27-1

 3クール目突入ということもあってか、語りたいことが多い一話となりました。色々とすごい。
画像27-2
 まずはOP変更。いきなりみあの全裸包帯→可愛い笑顔と、オーロラドリームのOP2を思わせる始まり。しかしそのノリをディアマイフューチャーで見ることになるとは思わなかった・・・。それにしてもこの格好は過激というか、刺激的ですね。
 歌い手も声優さんたちになってます。作曲が長岡さんということもあり、今までのエイ○ックスっぽさは抜け、オーロラドリームのような正統派女児向けソング、って感じになってました。

画像27-3
 プリズミー編→ピュリティ編→シャッフル編ということだからか、OPにせれのんかなめの姿が! トリオチーム展開なら、彼女たちもMARsたちも、出番が増えるかもしれませんね。
 オーロラドリームのときもこの時期はOP変更があり、かなめ登場が示唆されていました。ディアマイフューチャーでも彼女たちが後半の敵、もしくはキーパーソンとして活躍するのでしょうか。

画像27-4
画像27-5
 夕日を見るシーンがとても綺麗でした。
 しかし、ケイコーチがラスボスみたいな風貌であらわれたときは笑いました。やはり社長関連で、重たい話はこれからもありそうですね。

画像27-6
 この遺跡はブエノスアイレスにあるという古代のステージ? 欽太郎の話でもチラっと出てきましたし、オーロラドリームの伏線を回収しつつあるので、あのステージも再登場しそうですね。しかしこの構図、何となく聖闘士星矢を思い出したのはわたしだけでしょうか。

画像27-7
 グルグル回るあいらに笑いましたが、みあとヘインのバトル? 協力? みたいなぶつかり合いがあって、OP終わり。最後のこの構図は全員をなんとかつめこもうと四苦八苦した結果のように見えます。統一感がないというか。
 今回のOP映像はどうやら京極尚彦さん製ではなさそう。京極さんが作ってくれたOP1やオーロラドリームのOP映像はよかっですが、こちらもこちらで、そのテイストを何とか出そうとしつつ、さらに新鮮な感じがする映像になっていたと思います。

画像27-8
 ヨンファによるチーム分けがなされました。
 れいな・あやみ・ジェウンのチーム
 ヘイン・かりん・シユンのチーム
 みあ・ソミン・チェギョンのチーム
 予想通りみあとヘインは別チームですが、みあとソミンが同じチームなのは意外でした。てっきり彼女も別チームで、その三人をリーダーとして三つ巴の戦いになると思ってましたから。
 れいな・ジェウンや、かりん・シユンのように、仲の良いペアができているのに対し、みあチームは今まで関連性がなかったメンバーになっているので、彼女たちがどうなっていくかも気になりますね。

画像27-9
 さっそくそれぞれのチームの新曲CDが。このとき誰がCDを受けとるかで、それぞれのメンバーのリーダーがなんとなくわかったような気がします。

画像27-10
 最初の仕事は作詞、ということで作詞を始めるれいな・あやみ・ジェウンのAチーム。あやみのメモに頼るも、あやみに作詞の才能はなく、カイワレがどーのこーのと言い出します。このときあやみとジェウンにはまだ距離がありました。そりゃ、はじめてに近い絡みですからね。

画像27-11
画像27-12
画像27-13
 そこへMARsが登場! カイワレを育てていると発言するあいら、カイワレモチーフの服を着るりずむ、それをいさめるみおん様。このときのみおん様の顔は可愛いですね。怒涛のつっこみをしていたれいなは、やっと同志を得たようですが、私からすると、みおん様もじゅうぶんボケのような・・・。
 久しぶりにりずむの出番があったのも今回の特徴ですね。3クール目ですし、これから出番が増える前触れ?

画像27-14
画像27-15
画像27-16
 屋外のリンクでからだを動かしながら作詞をするようみおん様にアドバイスされたらしい三人。このときれいなはみおん様の声真似をしていたのか、ちょっと似た喋り方でした。
 そこにプリズムアクトを跳ぼうとする無謀な老人が。しかしジャンプ力はすごいものがあり、プリズムジャンプくらいなら跳んでしまいそう。
 着地点に回りこむれいなですが、落ちてきた老人との衝突の仕方がやけにリアルで、本当にどちらか大怪我したんじゃないかと思ってしまいました。二人とも無事でしたが、そもそもこの老人の大ジャンプはなんなんだろう・・・深く考えてはダメそう。

画像27-17
 老人を警戒するれいなですが、老夫婦の若い頃の写真が自分といつきにそっくりだったことで、あっさりと彼についていきます。新手の誘拐手口に見えてしまったのは内緒。

画像27-18
 OPにも出てきた新しいオモチャ。これをつかってショウさんはストーンをデコってましたが、服のデザインにストーンのデコは意味あるんだろうか? ユンスは今までどおりスケッチブックにデザインしてましたね。

画像27-19
画像27-20
画像27-21
 お婆さんも可愛らしいというか美人に描かれていました。れいな似という彼女の若かりし頃の写真はまんまれいなで、しかもお嬢様ということ。お爺さんとはお嬢様と執事の関係で、だからお爺さんは未だに敬語が抜けてないのでしょうね。

画像27-22
 やはりプリズムアクトは教えられないものの、自分たちのショーを見てもらうことで何とか納得してもらった三人。このときジェウンの口癖を他の二人がマネすることで、三人もやっとチームらしくなれたようですね。「作詞したくなった!」というのはさすがに唐突でしたが・・・。
 みおん様にも了解を得て、ついにAチームが出陣です。

画像27-23
 のデザインはプリズムストーンでもディアクラウンでもなく合作というところで落ちつきました。1対2という比率は仕方ないものの、どういう感じになるのか気になっていたら、そこでOP映像の凛々しいジェウンを思い出しました。二人がパンツルックになることであやみを目立たせるフォーメーションですね。
 チャムがふりかけた香水の瓶がいつもと違うものに変化。あれも新しい販促グッズかな?

画像27-24
画像27-25
 新しい曲とダンスに、高まらずにはいられません。しかもれいなの「恋愛エクスプロージョン」が早めに出されたことから、新ジャンプにも期待が高まっていたところに、期待以上の新ジャンプが!

画像27-26
画像27-27
 ジェウンの「パクパクラブアース」と、あやみの「シャイニングラブキューピット」が初登場! パッ○マンみたいにハートを食べて地球一周するジェウンのジャンプが好きですね。パクパクキャラともマッチしてますし、何気に宇宙へ飛び立っているということは、レベルの高いジャンプということでしょう。最後の決めポーズはカッコいい。
 ハートの矢を射るあやみも可愛い。最後の決めポーズがみあの「きらめきフューチャースター」の使いまわしっぽいのは仕方ないとしても、この新衣装、新曲、新ダンス、新ジャンプは最高に盛り上がります。やはりプリズムショーあってのプリティーリズムですね。

画像27-28
画像27-30
画像27-29
 アクトは残念ながらCGではなくアニメーションでしたが、今回に限ってはそれでもよかったです。老夫婦二人をプリズムアクトに引き込み、若返らせる、という流れはまんま、あいらの「オーロラライジングドリーム」ですが、これはきっと、あいらのジャンプがアクトより、ということなんでしょうね。アクトでやれば他人を巻きこんだり若返らせることくらい簡単なのでしょう。
 このアクト「シャルウィダンス」はさすがに今回限定でしょうけど、このチームには新アクトか、「シャルウィダンス」のCGバージョンが追加されそうなので期待です。

画像27-31
 流れ的にカイワレラディッツになりそうだったチーム名は「スプラウト」ということで落ちつきました。みおん様ナイスファインプレー。まあこれも、よく考えると変でしょうけど、音韻や、文字の雰囲気はいいのでなかなかよいチーム名だと思います。

画像27-32
 EDも新しいものになっていて、導入アニメーションも新規に。この絵で見ると、アニメと実写のれいなって似てるんですね。アニメキャラをただ描くだけじゃなく、自然と実写に繋がるようにイメージして描いた感じですかね。

画像27-33
 次回もりずむ登場! しかもりずむメインの話のようです。ついにヒビキとの関係を告白か!? というかもうバレバレなその関係を、世間に公表するのか、それとも隠された情報があるのか、気になるところです。そこまで煽られると、ギャグオチのような気もビンビンしますが・・・。

 というわけでプリティーリズム・ディアマイフューチャー感想でした。

 個人的には完全に覚醒したといってよいこのアニメ。見てない人が今から見るには遅く、最初から見ろという酷なことも言えないのが辛いところですが、なんだかんだと楽しんで見ていた人ならば、今回は満足のはるか上をいくクオリティだったとわかるはずです。
 こうなってくると、他のチームの衣装やダンスやジャンプやアクト、それにチーム名やメンバーの相性、さらに本筋である社長一家の話やせれのんかなめの出番など、気になるところがいくつも出てきたので、当分は飽きそうにないですし、オーロラドリームを思い出すと、この興奮が最終回まで収まることなく持続しそうだから怖い。嬉しい悲鳴というやつです。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
ヨン:レイポンは他に好きな人いるもんね。アセチ:これでメンバー決定ね。シャッフルチームよ。ミア:こんな適当に決められるとは。ヨン:僕が考えたんだよ。純:チームAはア...
2013/01/22(火) 23:17:15 | ぺろぺろキャンディー
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。