寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ プリティーリズム・ディアマイフューチャー #28 「りずむの告白 愛のことばは・・・」 感想
画像28-1

 面白い話ではありましたが、肝心のチームBの影は薄かったような。
 あと、これからはプリティーリズム感想も日曜日に投稿することになりそうです。土曜日も時間がなくなったもので・・・。
画像28-2
 前回デビューしたスプラウトが大々的に特集されてます。デビュー1番乗りというと、それだけで他の2チームよりかなりのアドバンテージがありそうですね。取材やら営業やらテレビ出演やら。
 チームのロゴを見ると、「I」のところに芽が出てるんですね。凝ってるし可愛い。

画像28-4
画像28-5
 意外と主体性がなく、ヘインもエンジン低調な感じのチームBは、スプラウトを見習ってMARsに歌詞のコツを聞きに行くことに。そこで偶然、りずむがすでに結婚「していた」ことを知ります。これにはチームBだけでなく視聴者もびっくり。「する」じゃなくて「していた」だもんなあ・・・。

画像28-6
画像28-3
 入籍は一年半前。恐らくこのアニメは現実世界同様、一話から作中で半年ほど経っているようですから、みあがやってくる一年前には入籍していたのでしょう。そして、以前の「あの」プリズムアクトのときに、隠し続けることをやめる決心をした、と。あのアクトがただの妄想や理想みたいに終わるのではなく、こうやって生きてくるところはいい脚本ですね。

画像28-7
画像28-8
画像28-9
画像28-10
 しかし二人の仲を邪魔する人物がひとり。もちろんヒビキの妹・かのんです。彼女の邪魔っぷりが見ていて面白いものの、さすがにヒビキもりずむのことも考えろ、と思いました。しかし、ヒビキやかのんの考えは後半で判明することになります。
 そして、かのんに結婚のことは教えていない、という問題が。白羽の矢が立ったのはチームB。ライバルであるMARsからはいえないから、可愛い後輩から言ってくれ、という流れも実に自然でした。けれど今回、チームBはあまり自主性がなかったというか、話の中心でなかったのは惜しいポイントですね。

画像28-11
画像28-12
 さっそくかのんのところへ出向く三人。しかしかのんの強烈なブラコン魂の洗礼を受け、ひとまず退散。兄妹でベタベタしているのをみっともないと思わせるため、チェギョン、ユンスのところへ連れていくも、それではぜんぜん堪えた様子はなく、次に、かのんに恋人をあてがう作戦に出ます。

画像28-13
画像28-14
 ヨンファでは力不足だったか、かのんは少しもなびきませんでした。というかヨンファのやる気もなかったように見えます。いつきとコンビ組めたからって、手を抜いてないか?
 ここまでチームBが個性を発揮したところはほとんどなし。後輩という立ち位置だからか、控えめな行動、態度でいるしかないのですが、それにしても無個性だ。個性的なキャラ立ちしていたはずなのに(冒頭ではギャラクティカギャラクティカいってましたし、ところどころ、相談するシーンで辛うじて個性が見えるくらいか)。

画像28-16
画像28-15
画像28-17
 泣きながら、隠すつもりでりずむの結婚を白状してしまった三人。セレナの慌てっぷりが面白い。かのんは既に知っていたとわかり、ヒビキの株も上昇。かのんは、結婚したことがわかっていて、「世間に公表されるまで」というタイムリミットを設けられた上で嫌がらせに徹していたのですね。ヒビキもきっと、それまでの間はかのんの自由にさせてやろうと思っていたのでしょう。
 かのんがひたすら健気というか空しいというか・・・だからこそ、この場面、かのんの表情や台詞にはグッとくるものがありました。
 チームBも、それを感じとったのだろうと予想しておきます。ここで歌詞のヒントを得たのはあまりにも突然に思いましたけど。

 事務所の方でも社長の説得に成功し、結婚報告の許可が出ます。社長には、「儲け話」か「そなた」の名前を出しておけば、けっきょく何でも許してくれそうな気がします。

画像28-18
画像28-19
画像28-20
画像28-21
 歌詞を書きあげ、衣装も選んだ三人。ここで選ばれた衣装はユンスのものでした。ショウさんがまたプルプル&嫉妬・・・。しかし、ここでユンスがきつい一言。
 「僕はみんなに感謝している」
 歌詞を見て心にくるものがユンスにあったのでしょうけど、ショウさんがそこまで余裕があって、気を配っていたかと考えると、たしかにあやしいものです。「絶対に負けない!」しか考えてなさそうだし・・・。
 ただ、ユンスの考えが告白されましたが、それが若干唐突に感じたので、ユンスが実際に歌詞を見て、心が動いたシーンを描いてほしかったかも。
 それにしてもこの衣装、おへそがエロ・・・セクシーですね。

 ショウさんサゲが続く展開ですが、今思うと、チームAがみおん、チームBがりずむという組み合わせでMARsがそれぞれ後輩を導く流れになっているので、チームCであいら、さらにそこでショウさんアゲがあるのだろうと予想しておきます。
 ちょうどチームCはみあのチームですし、久々のみあとあいらの絡みにも期待。

画像28-22
 新チームお披露目の前に重大発表、という流れはいくらなんでも無理があるというか、効果的ではないような。良い発表だろうと悪い発表だろうと、重大発表後のチームBはすごいプレッシャーになりそうですし。
 そして案の定、結婚を発表するとブーイングの嵐。この反応を正直に表現するあたり、リアルですね。

画像28-23
 二人を祝福するために、新チームP&P(ピアピア)が登場! よく見ると横の髪は編みこんであるんですね。服装やダンスから想像できる通り、ダンサブルな動きや、かっこよさを重視したチームのようです。スプラウトがアダルティな雰囲気だとしたら、こちらは元気ハツラツという感じかな。
 しかし新ジャンプ披露がまったくなかったのが残念。ハッ、まさか、二話前でかりんが「ギャラクティカギャラクシーシャワー」を、シユンがCG版「キングオブジャングル」を披露したのは、ここで披露する尺がなかったからでしょうか?
 そう思うと納得できますし、仕方ないですね。

画像28-24
画像28-25
画像28-26
画像28-27
 感謝の気持ちをみんなに届けるプリズムアクト「だいすき! ちゅちゅLOVEサンキュー」は、ネーミングや動きこそシンプルなものの、その内容が今までの回想みたいで、さらに最後にかのんの涙を見たとき、こちらもすごく目がウルウルしました。話はとてもよかった・・・。
 ただ、観客の心変わりが唐突にも見えたので、実際に観客たちが心動かされるようなシーンを描いた方が、説得力は増したかも、とは思いました。

 というわけで、プリティーリズム・ディアマイフューチャー感想でした。

 ついに次回はみあ率いるチームC、さらに彼女たちを導くであろうあいら、ショウさんの話もあるでしょう。今回のようになるべくチームCの影は薄くさせないように、それでいてうまくこれらが絡まった話を見たいものです。
 そういう意味では前回のスプラウトの話は本当にうまかった。みおんはアドバイスをするだけでそれほど出張らずに、しかしチーム名を決めるという見せ場もありましたし、れいな、あやみ、ジェウンの三人も、おじいさんとおばあさんを応援しつつ、チームが結束していく過程が上手に描かれていましたからね。


ヒビキ「忙しい?」
ワタル「ショウは大忙し。僕はそれほどでもない」

 久しぶりの出番で台詞がこれって・・・ワタル・・・。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
Ф遊園地リズム:聞いてるのヒビキ、18歳の誕生日が過ぎたんだよ。社長に話す。※リズムさんとうとう結婚。Δヘイン:スプラウトデビューか。カリン:負けてらんない...
2013/01/22(火) 23:24:54 | ぺろぺろキャンディー
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。