寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画 劇場版まどか☆マギカ【前編】始まりの物語 感想
20120712115614.jpg

 アニメ映画の場合、アニメカテゴリにするか映画カテゴリにするか悩みます……。

 と、そんなことは置いておいて、公開されてしばらく経ちますが、先日見てきましたので感想を書こうかと思います。念のため、ネタバレ注意でお願い致します。
 まずは率直に、見てよかったです。

 ただし、それは私が円盤を買うほどのファンだから、という前提になりたっていると思います。

 勝手にこの映画の視聴層を三つに分けてみますと、

1・まどか未視聴層
2・まどかテレビ版のみ視聴層
3・まどかDVDorBD購入層

 ではないかと思います。そして、この映画を特に楽しめるのは、ではないか、とも思っています。

 その理由はいくつかあります。

 未視聴者が今からまどか全話を見るのはタイヘン。レンタルをするにも購入するにも手間だし、興味がないものにそこまでできない。しかもオリジナル版は、一週間おきに見るならいいけど、一気に見るときは意外とテンポが遅い。何度も見ることになるOPやEDに水を差されることになる。

 テレビ放送時にかなり熱中した場合、映画でそれを上回ることは難しい。一気見だと冗長なオリジナル版は、一週間という間がうまく作用していたが、すでに全話そろったアニメを、何かと忙しい現代人が、わざわざ一週間おきに見るのは面倒極まりない。

 新OPの映像や、新しくなった変身シーン、BGM、作画の修正など、細かい変更点がすぐ判別できる人は楽しいはず。

 以上の理由から、先ほどの3パターンのうち、私を含め、に当てはまる人が特に楽しめるんじゃないかと思います。

 そもそも、テレビ放送時の興奮や熱狂を、すでに体験してしまった人が取り戻すことは不可能ですし、これからまどかを見ようという人が体験することも不可能なのです。この映画は、これからまどかを見ようという人が手軽にまどかに浸れるツールであり、なおかつ、コアなファンにサービスした作品なのです。

 本当に尺はちょうどよくなっていました。一気見するなら映画を見たほうが断然テンポがよく、気になった作画シーンや戦闘シーンも修正が入ってかなり見やすくなっていて、それだけで感動できました。

 大音量で、BGMの音量設定も大きめだったようなので、オリジナル版との違いがよくわかりましたし、BGMが違うとここまで印象が変わるのか、と思いました。まどかはBGMの占める割合も大きかったのですね。

 しかし、尺の都合上、1話アバンの戦闘シーンがなくなっていたり、ところどころストーリー進行に影響しそうなカットをされていた気がしました。でも、おおむね意味は通る内容になっていたはずです。

 この映画は「オリジナル版の再編集バージョン」であり「前編」と理解した上での視聴という、視聴者に要求する前提が多いですが、それさえ理解すれば、まどか初心者でも全然見られる映像でしょう。もちろんまどかファンだって楽しめるはずです。

 ただし、オリジナル版の再編集なのですから、すでにまどか視聴済みの方は、変にハードルをあげて落胆しないように注意してほしいですね。その様子を見ていると、どうも楽しみ方を間違っているように思えてならないのです。本来、ガンダムをはじめとするテレビ版再編集の映画の楽しみ方といえば、どこが違っているかを探すことなのですから。

 そろそろ公開も終わる映画の見方を指南してどうするつもりなんだか……色々と感想を見ていると気になったもので。

 というわけで、劇場版まどか☆マギカ【前編】始まりの物語感想でした。

 明日には【後編】の感想でも書こうと思います。書けるかな……?
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。