寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ プリティーリズム・オーロラドリーム #40 「それぞれの決意」 感想
みおん様

 みおん様の行く末が気になる今回は、やはり大きく話が動きました。
 大会出場で獲得したポイントというのがこれから必要になってくるようで、最初の大会、二回目のコンビの大会に出場してないみおん様はポイントを稼ぐために手近な大会に出ることになりました。そこに現役プリズムクイーン富樫かりなも参戦。彼女は阿世知社長と因縁のある相手で、そう甘くは無い相手のようです。

 かつて阿世知社長はショーを辞退して富樫かりながプリズムクイーンの称号を手に入れたのですが、どうやらそれが不戦勝したみたいで彼女的に納得してなかった模様。
 けれど、かつて彼女が阿世知社長に抱いていたことを、時が経った今、自分に対して同じことを考えていたようで、結果としてプリズムショーはみおん様の圧勝。恒例はちみつキッスに新ジャンプ、ミラクル巻きアートで勝利を収めたみおん様にさわやかにクイーンの座を譲り、一緒にレアストーンも譲りました。それは阿世知社長から譲られたもののようで(本人は覚えていない)、ここに三世代に渡るレアストーンの継承が行われたのが印象的でしたね。
 もっと絡んでくるかと思いましたが、こういう役回りなら前回の伏線プラス今回という形で富樫かりなは充分でしょう。充分に描ききった脚本が見事、というべきでしょうか。

 新ジャンプのミラクルマキアートも見どころですね。最初はゴールデン・スター・マジックかと思い、私はそのジャンプが好きなので別によかったのですが、滑る場所が空中からリンクに変わり、リンクにはコーヒーカップが。刻んだ星がコーヒーの上に描かれ、みおん様が振る舞ってくれたあと、ゴールデン・スター・マジックのように空中で再度星を描きます。そのときの動きやジャンプ前の加速する動きなど、地味にバリエーションが増えていてよかったですし、やはりバトポンがないほうが(製作は大変かもしれませんが)手の表情を見ることができて嬉しいですね。これからソロが増えるようなので、今回みたいになるべくバトポンがないダンスを見たいものです。

 そしてラストでは突然ですがみおん様が海外に。ポイントを稼ぐために海外の大会に出場するようです。ここまで考えられてコンビの大会でみおん様に身を引かせたとしたら、かなり脚本は練りこまれているんだと実感しますね。ワタルは熱心に亜ピールしていますが、みおん様は意外と動揺したり感情をあらわにしていたので、いつか芽生えるかもしれませんね。
 次回は社長や月影先生(ケイという人?)の過去編のようです。アンディの涙みたいに深刻で重い、そして重要な話になるかもしれませんね。

 余談にして蛇足にして重要なことですが、EDが実写の少女たち(プリズムメイツあらためプリズミー)に変わりました。4クール目くらいに突入なのでEDが変わるのはわかりますが、以前のSDキャラの映像が見れなくなったのは辛いです。統計的にはアニメ映像だったのはED3だけなので、今までのSDキャラEDが特殊だった、と考えて納得するしかないですね。DVD付きCDを今からでも買うべきか・・・。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。