寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ プリティーリズム・ディアマイフューチャー #35 「ソミンのときめきハートブレイク」 感想
画像35-1

 一期以来(?)のぎゃふん大連発&嵐の前の大波乱といった内容でした。
画像35-2画像35-3
 ショウとユンスのことでショーに身が入らないあいら。二人の男性に迫られて悩むなんて、女児が夢見そうな展開みたいですね。人のことには一生懸命でブレないあいらも、自分のこととなると、そううまくはいかない感じみたいです。

画像35-4画像35-5
 せれのんウィズかなめが登場! かなめは久しぶりの登場ですね。マジカルみおん以来か? MARsとせれのんウィズかなめは、ハイヒールカップで戦うライバル同士で、練習のときから白熱しているようです。でも同じ事務所の時点で、社長の一人勝ちですよね……。
 ソミンは立ち位置的にも似ているみおんを尊敬しているようですね。マジカルみおんファンが興じて? それとも前からみおんのファンだったのでしょうかね?

画像35-6画像35-7
 練習場にユンスがいて目を光らせるソミンですが、すでにハートブレイク確定しているソミンがいたたまれない……。問題は、いつ、どのような流れでハートブレイクするかですね。

画像35-8画像35-9
 あいらとユンスの雰囲気から何かを感じ取りかけたソミン。追い討ちをかけるように、無自覚に状況をバラしそうになるみあを止め、チェギョンはソミンをガチャに誘います。このあたり、事情を知るチェギョンが何とかするしかないのが、なんとも心もとないです。ハロウィン回でユンスに告白していたら、今回の話はそのときやることになったでしょうね。

画像35-10
 トリオチームの発案がドンボンビーと知り、純さんは思案します。事情を知っているからかもしれませんが、わたし達からすると、純さんの察しが悪すぎる気もします。この前の「タダでMCやってくれている」あたりでボンビーを警戒していてもよかったと思います。

画像35-11
 あいらの悩みを聞いて、「ユンスの方が幸せにしてくれる」とショウさんをバッサリ切り捨てるみおん様。感情面からすれば、りずむのようにあいらとショウのカップルが理想かもしれませんが、実際的な面から見ると、ショウは性格に難がありすぎて、みおん様のいうようにユンスと結ばれた方が幸せになれそうなのもまた事実です。
 難しい問題ですから、あいらが悩むのも無理ありませんね。でも、あいらに悩ませるためにショウの性格を難アリにシフトさせている感じもします。

画像35-12画像35-13
 ショウを見かけて発破をかけるみあ。しかしそのせいで、ソミンは間接的に失恋の事実を知ってしまいます。このリアクションはギャグチックでしたが、かなりショックであることも間違いないでしょうね。
 今回も作画はよく、特にソミンが可愛く描かれていた気がします。

画像35-14画像35-15
 MARsメンバーは、コーリングスのメンバーたちに相談を持ちかけます。りずむ→ヒビキはわかりますが、ワタルはみおん様から相談を持ちかけたんだろうか……。どちらにせよ、未だにこの二人の絵が見れるとは思いませんでした。りずむとヒビキの関係は描かれ、あいらとショウも現在進行形で描かれていますが、この二人もどうなるのか気になりますね。

画像35-16画像35-17
 ユンスはとことん善人として描かれ、少し気持悪いレベルでもあります。それでなおかつ、「答えはいらない」といいつつもあいらにとって安息できる場所を獲得しつつあるところは狡猾にも見えます。ですが、ショウに比べれば断然うまい立ち回りをしているのは事実で、揺れ動くあいらが安心してしまうことは間違いないでしょう。
 この場面を目撃したショウは、戦う前から自分の負けを認めてしまいます。

画像35-18画像35-19
 ショウに発破をかけるように、ソミンにも叱咤の声をかけるみあ。ソミンはみあを否定しますが、みあの言うことがまともなことも事実。ただ、みあのやり方はいつも過激というか前向き過ぎて、なかなかできない人は多そうです。あいらのようにさり気ない応援というより、積極的に応援する立場ですね、みあという子は。

画像35-20
 みあの恋は完全にギャグとして消化してしまうのか、それとも何らかのエピソードを絡めるのか気になります。まあ最近の流れから見て、「そんなもの」を描いている暇はないかもしれませんね。

画像35-21画像35-22
 めが姉ぇさんのところに、謎の人物がデザイン画を持ってきました。ボンビーかとも思いますが、姿が隠されている限り、それ以外の可能性も考えておくべきかもしれません。
 「風よ吹け! プリズムのハートに!」の回を見直したところ、ボンビーが書いているデザインとこのデザインは違いますね。これが欽太郎で、デザイン画がミッドナイトウェディングだとすると、ボンビーが描いていたのはシンフォニアトップスか何かだったのでしょう。絵の違いが別人をあらわしているとしたら、欽太郎とボンビーが別人という可能性は、むしろ増してきた気がします。

画像35-23画像35-24
画像35-25
 ソミンはショウゆずりの入水自殺か!? とこの場面は驚きましたが、むしろ何かを決意したようです。
 そしてショウの絶叫。この二人、失恋同士で息が合いそうですね。いや、ショウは失恋と決まったわけじゃありませんが。

画像35-26
 MARsの衣装の件で争い始める二人。完全にユンスの暴走な気がしますが、ここまでさせるほど、あいらとショウが隙だらけだったのも事実です。二人が強固に繋がっていれば、ユンスが入ってくる隙間はなかったでしょう。

画像35-27画像35-28
 ソミンはみあの激励が効いたのか、それとも自分で決心したのかわかりませんが、ユンスに告白することを決めます。負けるとわかっているムダな勝負を、ムダじゃないと判断したのでしょうね。ショウとソミンは、この考え方が違いますね。

画像35-29画像35-30
 それぞれの男を呼び出すチェギョンとみあ。チェギョンはユンスの妹だからわかりますし、厄介な性格のショウにずかずか言えるのはみあくらいでしょう。この辺の物怖じしないみあの性格も好きですね。

画像35-31画像35-32
 ソミンがセンターでいつものプリズムショーに。ここでローテーションな感じだった3チームの順番ががらっと変わり、COSMOSが二連続という形になりましたね。それに、今回はローテーションというより、ロードトゥシンフォニアのプレリュードという感じでしたから、3チームのショーはあと一回ずつくらいしか見れないかもしれません。
 一期のせれのんやかなめを見れば、それくらいでも納得できますが、この素晴らしいクオリティのショーがもう見れなくなるのは残念なものがありますね。
 ロードトゥシンフォニアが終わったら、本当にプリズムクイーンカップに向けて動き出すのか、それともシンフォニア関連で終わるのか、早くもこの作品の終わりが気になってきました。

画像35-33
 ここでみあとチェギョンは懐かしのフライハイチアガール! 二人も二人なりに、ソミンを応援していたのがわかる瞬間です。しかしこの技、バトポンがあった方が映える気がしますね……バトポン、今はどこに……。

画像35-34画像35-35
 胸キュン体験……というところでハートを押さえ込みますが、衝撃に背中を押されてしまうソミン。正確なジャンプなのか、胸キュン体験のバージョン違いなのかわかりませんが、片思いの気持を伝えるジャンプということは充分伝わってきました。これはソミンの新ジャンプにカウントしていいんでしょうかね。今回だけのような気がするもので。

画像35-36画像35-37
画像35-38画像35-39
画像35-40画像35-41
 にステージで告白するという、事と次第によってはりずむ以上に波乱を呼びそうなアクトでした。片思いしたときの思いは壊れない、というショウの戦う前から負けている姿勢とはまるっきり逆ですね。まさにみあのいう「ショウに足りないもの」でした。
 そして何気に、アクトのラスト部分がCGになっていましたね。このように、前半を作画にして、後半はCGにするとバランスがいいことに気づきました。これも今回だけなのか、今後定着していく演出なのか気になるところです。

画像35-42
 唐突だったものの、何かを感じ取ったのか、このタイミングでボンビーが辞表を出しました。辞表というからには、もうボンビーのMCは聞けないのかな。ここまで付き合った身としては、それはそれで寂しいものがあります。

画像35-43画像35-44
画像35-45画像35-46
 時を同じくして、プリズムエースも別れを告げにやってきました。ギャグで語られたものの、みあもこれにて失恋をしたことになるんでしょうか。
 今後の展開を考えると、純さ……プリズムエースの切り札はみあになるかもしれません。そうしないとみあの出番が……ゲフンゲフン。

画像35-47画像35-48
画像35-49画像35-50
 ソミンのショーを見てどこか吹っ切れた感のあるショウと、ユンスのデザインを見て、どちらにも感銘を受けるあいら。そして衣装を決める段になったところで、まさかのボンビーが登場。そこであいらに見せるストーンの中には、ミッドナイトウェディングが?
「なっ!?」と迫真の声を出すケイが笑えます。この人のうろたえる声は、それだけで笑えるからすごいですね。多分アニメ側も笑わせにきているはずです。

画像35-51画像35-52
画像35-53画像35-54
画像35-55
 ハイヒールカップに向けての決意表明の会見で、あいらはロードトゥシンフォニアに出場すると爆弾発言。セレナも対抗して出場を宣言し、社長は大慌て。
 一見してあいらがヘインのように洗脳されてしまったかと思いましたが、目がまともなのが気になります。それに、相変わらず欽太郎とボンビーが同一人物かどうかわかりにくいですし、前回、ボンビーはみあを舞台袖から用心深く観察していました。
 もしかするとあいらは操られてなどおらず、あいらなりの考えでこの発言をしたかもしれません。どちらにせよ、ラストに気になる引きで終わってくれるのはさすがの脚本だと思います。次が気になって仕方ない反面、ケイの占い結果や、「時は来たれり」、「タイムハズカム」の言葉は一期終盤を思い出し、終わりが近いことによる寂しさも感じ始めてきました。
 そして作画がとてもよく、特にソミンとみあが可愛かったのは収穫でした。一期もそうだったように、今後このレベルを維持してくれるととてもありがたいです。

 というわけでプリティーリズム・ディアマイフューチャー感想でした。

画像35-56
 次回はせれのんウィズかなめとスプラウトが邂逅? かなめが野生児っぷりを発揮してあやみをペロペロしてましたが、ほっぺたではなく正面から舐めるのはなかなか高度ではなかろうか……。そして危うい絵ではなかろうか……。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。