寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
TVアニメ スマイルプリキュア! #42 「守りぬけ! なおと家族のたいせつな絆!!」 感想
スマプリ42-2

 個別回もなおの出番に。作画の不安もありましたが、杞憂でしたね。
スマプリ42-1
 どんだけお盛んなんだと思わずにはいられませんが、緑川家に新たな家族が加わります。両親不在のため、なおはお母さん役として弟たちをまとめることに。

スマプリ42-3
 そのことをみんなに伝えるれいか。なおから唯一事情を聞いているあたり、幼馴染設定が生きています。個別回は、誰か一人が頑張り、それをみんなが応援して支えるというパターンで統一されていますね。
 最初の自己紹介のような始まり方もそうですが、今さらの自己紹介はぶっちゃけ「?」と思うこともあるので、あかね回のように最後にプロフィール項目が増える展開でない限り、あまり有効ではないように思います。

スマプリ42-4
 マジョリーナもジョーカーにつめられています。相変わらず胃が痛い展開。
 恐らく恐ろしさを増すためのアイディアなのでしょうけど、ジョーカーの丸い目はちょっと笑ってしまいます。いつもの細い目を赤くするだけでも、恐ろしさは出たような……いや、これも悪くないのですがね。

スマプリ42-5スマプリ42-6
 商店街でも大人気の緑川家。しかしさすがにこの多さからさらに家族が増えても、ここまで商店街の人は歓迎してくれるでしょうか。もう何度も祝ってそうですし、商店街も今ではあまり儲かってなさそうですし、お祝いする余裕はあるのかな(偏見?)。

スマプリ42-7スマプリ42-8
 料理を作っているときにリンゴがないことに気づいたなお。今回の明確な落ち度を考えるとしたら、恐らくこの場面になるのでしょう。なおは母親としてしっかりしていたかったのに、リンゴを買い忘れてしまい、それが原因で下の子たちの勝手な行動に繋がりますからね。
 誰を責めるわけにもいきませんが、なおは自分を責めそうです。目を離してしまったことに。

スマプリ42-9スマプリ42-10
スマプリ42-11スマプリ42-12
 なおの家に向かうまでに、れいかが昔話を。冒頭の語りから見ても、なおは良いお姉ちゃんに憧れている節があります。良いお姉ちゃんになろうとするも、なかなかうまくいかないところがあるんでしょうね。頼れるお姉さんというより、けっこうダメダメキャラですし。

スマプリ42-13
 カレーのリンゴからマジョリーナのリンゴに繋がるのはうまいですね。マジョリーナは白雪姫の魔女ということなのかな?
 ただ、このリンゴが毒リンゴではなく檻だったのは個人的に残念だったかも。味見とかで何とかマジョリーナは子供に食べさせ、気絶させたりしている方が、なおに対してダメージは大きかったかも。いや、今回もじゅうぶん精神的ダメージは与えましたけども。

スマプリ42-14
 やよいは聞き込みのとき、なんでこのポーズをとったのだろう……こんなところでもあざといくらい可愛いやよいでした。

スマプリ42-15スマプリ42-16
スマプリ42-17
 そんなこんなでリンゴの檻に閉じ込めました。毒リンゴはまだいいとしても、マジョリーナは今回切羽つまっていたのですから、何とか子供をおびき出すくらいしてもよかったのかも。チャンスを待っていて、偶然いいタイミングに居合わせたようになってましたからね。おびき出すまでやれば、外道さが増します。
 しかし、今回は家族の絆がメインだったでしょうから、自然な行動に任せる今回のパターンでもよかったですね。

スマプリ42-18
 の正体バレ。今までのプリキュアではいくつか例があったと思いますが、スマイルでは初めてのことでした。バッドエンド空間のお陰でバレは気にしないでよかったですから、ここで変身を躊躇するシーンは新鮮ですね。こんなとき、敵に正体バレしていると厄介です。
 でも本質的なところで、バレたことによる代償がないのが楽ですよね。かつての魔法少女ものだと、変な動物にされてしまうのが定番でしたから。プリキュアにもバレてはいけない深い理由がかつてあったようですが、作品内で深く語られることはないですね。

スマプリ42-19
 それでも家族を守るために変身します。戦闘シーンがそれほどよかったわけじゃありませんが、家族が狙われていることによる戦いにくさや危機感は、よく出ていました。

スマプリ42-20スマプリ42-21
スマプリ42-22スマプリ42-23
 バッドエンド空間を克服して兄弟たちがマーチを守るシーンで涙腺が危険域に。マーチも家族を失う危険を感じ、いつも以上のパワーを総動員させて家族をかばいます。
 ここでウルトラデコル登場。毎度のことながら唐突に出てきますし、プリキュア側の何らかの動作を必要とせずに発動しますから、いまいちありがたみというか、存在感がありませんが。

スマプリ42-24スマプリ42-25
スマプリ42-26スマプリ42-27
スマプリ42-28
 マジョリーナも若返って対抗。しかしマーチの「マーチシュートインパクト」で遥か上空へ蹴り上げられてしまいます。これ、アカンベェの中にとらわれた兄弟たちは大丈夫なんだろうか……? 急上昇によってシェイクみたいになってないかと、内心ドキドキしていました。

スマプリ42-29スマプリ42-30
 も必死ですし、黒っ鼻はこれぐらいではやられませんので、遥か上空からエネルギー弾による攻撃をしてきました。マーチを弾きとばし、地上の兄弟たちに弾が向かっていくシーンは、こちらも手に汗を握りましたし、もうダメだと覚悟してしまいました。
 先ほどそのパターンを覚醒したマーチが止めましたが、再度、同じようなシチュエーションのこのときは、マーチは空中でしたから、誰も助けにこないという絶望感がすごかったです。マーチの表情や声優さんの演技からも、その絶望感がひしひしと伝わってきました。

スマプリ42-31スマプリ42-32
スマプリ42-33
 やっと駆けつけた仲間が兄弟たちを助け出してくれました。このマーチと兄弟たちが抱き合うシーンも感涙ものです。マーチの信じられないような表情がとてもリアルでした。本当にそれほどピンチ感がありましたからね。

スマプリ42-34スマプリ42-35
 なんとか兄弟たちを守りきった五人ですが、なおはここで緊張が途切れ、泣き出してしまいます。やよいよりよっぽど泣き虫ですが、お姉ちゃんキャラですから、そのギャップで印象に残りやすいのかもしれません。
 ここでみゆきの包容力が炸裂。れいかの表情が、一緒に悲しんでいるのか、それともみゆきを羨ましがっているのかわかりませんでした。

スマプリ42-36
 プリキュアのことは兄弟たちには夢と認識されたようです。ここらへんは適当な感じがしましたが、正体議論で話を引っ張るわけにはいきませんから、仕方ありませんね。やよいが嬉しそうだったのが気になる。バレたかったのか?

スマプリ42-37スマプリ42-38
スマプリ42-39
 新たな一員を緑川家に向かえ、心底うれしそうな笑顔を見せるなお。この笑顔は最高でした。
 今回の作画はあまり見ない人のように思えましたが、やけにキャラの表情が色っぽく、絶望していたときの表情も真に迫っていました。じゃっかん濃い目でキャラが成長したように見えるものの、この人の絵がもっと見たくなりましたね。スタッフ確認して、過去の話を見返そうかな……。
 あと最後の一枚絵のなおは、ちょっとデヘヘという感じで顔のバランスが悪いようにも見えます。まあデヘヘと笑っていると解釈しましょう。

スマプリ42-40スマプリ42-42
 次回は順番どおりれいか回。またも道に迷ってしまうようです。留学じゃないにしても、どこか遠くへ行ってしまうパターンも過去のプリキュアのどれかで見た気がしますが、敵がジョーカーということで、次回もかなりキツい展開になりそうです。
 だからこそ面白いですし、れいかにも困難を必死に乗り越えて欲しいですね。

スマプリ42-41
 エンドカードも最近の傾向どおり、覚醒シーンと謎の姿が。これはやっぱり最終フォーム的なものなんでしょうかね。プリンセスフォームほど通常状態との違いがわかりませんが、とにかくティアラと髪の長さが違いますかね。

 というわけでスマイルプリキュア感想でした。

 家族の絆をメインにした話という理解でいいのでしょうけど、それにしてはありがちな話だったというか、出産の話があまり生かされていなかった気がします。あれなら両親が旅行に行くのでもよかったのでは? もう少し、なおが新しい家族にウキウキするような、張り切るようなシーンが欲しかったかなと思います。それか、マジョリーナが病院を狙うとか。
 あまりに外道すぎると映像として作れないでしょうけど、もう少し、新たな家族という面を生かして欲しかったですね。
 次回はれいかの人生がメインでしょうし、敵がジョーカーということで、敵側と主人公側、それぞれのターニングポイントにもなりそうです。ここ最近の流れのように、涙なくして見れないような話になればいいなぁと思います。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
|私の名前はミドリカワナオ、たくさんの兄弟がいます、新しい家族が増えるんです|7人兄弟のお姉ちゃん、がんばります※ナオが出産するわけじゃないのか?f>病院にいってくるからな@...
2014/11/09(日) 20:57:38 | ぺろぺろキャンディー
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.