寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
映画 巨神兵東京に現る 感想
1352468014_1_1.jpg

 エヴァンゲリオン新劇場版:Qと同時上映だったので、こちらも感想を……。というか、実のところ、こちらが目当てで今回は映画を見に行ったようなものなので。
 こちらは特撮映画で、CGが一切使われていないという触れ込みでしたが、光る粒子や巨神兵の羽、レーザーなどはさすがにCGじゃないかと思えました。スタッフロールにもVFXや作画:庵野秀明の名前がありましたから。

 でも、実際のところ、やはりCGなどは使われていないそうで、そうなると、発光するギミックなどを使っていたことになるのでしょう。そうやって調べていくと、いかにあの映像がすごかったのか実感できます。

 逆に、そこまで興味のない人にとっては、退屈でしかない内容だったかもしれません。まあ、ジブリの名前があるので笑って許してくれるでしょうけど。

 怪獣映画的な、巨神兵の暴れっぷりと壊れゆく町並みを眺める映画ですが、唯一ストーリー性の表現になっていた「語り」が、個人的に受け付けなかったのだけが残念。

 脚本なども庵野秀明さんが担当していたはずですが、最後のスタッフロールにあった言葉:舞城王太郎さんの名前を見て納得しました。

 特に舞城さんを批判するわけではないのですが、この人の書き方は、巨神兵には合ってなかったんじゃないかなぁと思います。完全に好みの話ですが、もっとストレートで素直な言い回しでよかったんじゃないかな、と。ジブリ作品もエヴァも、そこまで格好つけた言い回しはないので、すごい異質な感じでした。

 純粋に映像を見るためのものなので、語りにはそこまでこだわりませんし、実際に映像はすごかったので、エヴァに興味がなくても、巨神兵が気になったら見てみるといいかもしれません。エヴァはまあ、ウルトラマンと巨神兵のサラブレッドと思っていれば。

 この映像は円盤にならないのかな? ストーリーがほとんどなく、ほどよい長さなので、BGMがわりにテレビでローテーション再生させてもよさそうな気がします。何度でも見れますし、街を豪快に壊していく様はどこか爽快感もあり、ストレス発散にもなりそう(笑)
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.