寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ プリティーリズム・ディアマイフューチャー #37 「あいらの決断」 感想
画像37-1

 ロードトゥシンフォニアも中盤戦。ここでまさかのビーフオアチキンオアフィッシュの登場!?
画像37-2画像37-3
 ちょっとマジで見てみたかったものの、ファンサービス的なアバンを終え、ピアピアとCOSMOSが準備にとりかかります。みあはいつも以上に張り切っていて、今回は演出もそれに負けず劣らずカオスってました。

画像37-4
 せれのんウィズかなめや奮起するみあを見て、かりんとシユンは新しいことを始めようとします。しかし、変わらなかったことが今の自分に繋がっていたヘインは、変わらない勇気を見せることを二人に告げ、二人も了承します。
 変化を楽しむみあとの対比になっているし、いい考えなのですが、なにぶん、ピアピアは地味なエピソードが続いていたので、チームの掘り下げが今ひとつなのが残念です。でも、今回は「ありがとう」という言葉をよくつかい、ピアピアらしい絆の深め方をしていた方かもしれません。一話まるまるつかった掘り下げは薄いですが、こういうちょっとした場面で着々と描写されている感じですね。

画像37-5
 社長はあいかわらずプリズムクイーンカップにしか興味がない様子。その態度があまりにも頑固なので、ロードトゥシンフォニアやプリズムアクトから、意図的に意識を逸らしているようにも見えてきました。欽太郎つながりで、嫌な思い出があるからでしょうか?

画像37-6
 ピアピアのプリズムショーが開始。かりんとシユンのジャンプに変化はありませんでしたが、ヘインのジャンプがゴールドスパイラルからプラチナスパイラルに。進化しつづけるみあと同様、ヘインも今回で成長したんですね。

画像37-7画像37-8
 変化しないものの象徴としてシーラカンスを出したのはセンスあるなぁと思いましたし、SDキャラが転がったり、地球がシーラカンスになったりと、ピアピアらしい演出だとは思いましたが、まさか口からシンクロナイズドスイミングのようににょきっと出てくるとは……。演出がシュールだったのが、ちょっと印象が悪くなってしまったような。
 ピアピアは「ありがとう」がキーワードですから、ちょっと宗教チックになろうと、りずむ結婚回のような壮大な演出の方がよかったのではないかと思います。印象が悪いと、すでに出番を終えたせれのんウィズかなめやスプラウトより、相対的に劣って見えてしまいますからね。

画像37-9画像37-10
画像37-11画像37-12
画像37-13画像37-14
画像37-15画像37-16
画像37-17画像37-18
 作画が少しあやしかった今回ですが、この弁当シーンに関しては良好だった気がします。しかし内容はカオスそのものだった……。みあはここまでアホっぽかったか? と思うくらいアホっぽい動きや言動で、絆を再確認する場面としてはギャグ成分が先行しすぎていた気もします。みあの突飛な言動で強引に話を動かしていたように見えてしまい、ピアピアくらい、自然に絆を再確認してくれたら、と思いました。
 それに、昼食をこの三人だけでとっているのも気になりました。他のみんなもいるんですから、せめてこの場面が自然に見えるような、必然性を感じられる場面も描いてくれたらよかったかも。
 それにしても、みあの股からのアングルはきわどかった。時折こんなシーンがあるから気が抜けません。ここ最近の展開上、気が抜けるシーンなんてほとんどありませんが。

画像37-19
 、3と徐々に進化していったみあのジャンプ。次が4であることはわかっていて、動きにあまり変化はないものの、飛び上がった空が夜空になって流星群になっていたなぁなんて思っていると「フォオオオ!」で爆笑。まさかのレイザーラモンHGネタに、わかっていても笑わずにはいられませんでした。まさか動きまで新規に制作されていたとは!

画像37-20画像37-21
画像37-22画像37-23
 事前の会話を生かすような弁当アクト。楽しさと、変化へのワクワクする気持をあらわしたいいアクトなのですが、何分作画が低調ぎみで……ロードトゥシンフォニアの作画アクトではスプラウトの作画が一番可愛いい絵だったので、必然的にスプラウト優勢に見えてしまいます。作画アクトは自由度がある代わりに、作画の良し悪しが印象の良し悪しにも繋がるので一長一短ですね。CGアクトにしてくれるなら、そのような心配はいらないから一番なのですが。

画像37-24
 社長が楽しそうで何よりです。直前のシーンでもボンビーが同じように手をバタバタさせていたので、さすが親子といったところでしょう。特に社長は欽太郎の血を多く継いでそうですから。

画像37-25画像37-26
 ボンビーの豹変もとどまるところを知らず、勝利を確信したようにステージ上で正体が出てしまっていたようです。そこで純さんも正体に気づいたのかもしれませんが、もしこれから大惨事が起こるとしたら、純さんはもっとボンビーを警戒するべきだったような。そして、急変したあいらのことを気にかけるシーンも入れてくれたらよかったのに。純さんのせいにはできないですけど、止められる可能性があったのも純さんくらいですから、もう少し何とかしてほしかったかも。それとも、これからどうにかするんでしょうか? 一期であいらにりずむのことを託したように。

画像37-27画像37-28
 まさかの、というほど驚きではないですが、みおんはロマンティックナイトウェディング、りずむはピュアホワイトウェディングで登場。りずむの服を含め、これらは純さんがケイから受け取ったピュアストーン? ということは、やはり純さんは核心をつかんでいるのか、核心に近いところにいるのかもしれませんね。あえて欽太郎の策に乗り、野望を打ち砕こうとしているのかも。一期のりずむの件も、そういうアプローチからの解決策でしたからね。

画像37-29画像37-30
 !?
 見たことの無い服を着ていたあいらにもビックリですが、その似合っていないサングラスにもびっくりでした。驚く展開のはずなのに、ここでもちょっと笑いが先行してしまったのが残念。でも、ただならぬ事態が起こっているのは間違いなく、一期でいうかなめのオーロラライジングどころか、りずむの未完成版オーロラライジング時のような緊迫感、緊張感があります。本当に地獄の門でも開いてしまいそうだ。

画像37-31画像37-32
画像37-33画像37-34
画像37-35
 みんなが魅了(?)され、驚愕し、デザインの力に圧倒されていました。ショウやユンスも、自分の服が着てもらえなかったショックよりも、デザインのすごさに恐怖を感じているようでした。
 そしてケイの発言がいつもどおりぶっ飛んでいました。まさか「魂がもうこの世には……」なんて死亡をほのめかすことを言うとは……。単純な洗脳・闇墜ちとは思っていませんでしたが、意外と素直に洗脳・闇墜ち展開なのかな? それとも、まったく別のアプローチなのか、抜け殻になった上での操り人形展開なのか、気になるところです。
 ショーの前まではちゃんと自意識があって服を悩んでいたように見えたので、もしかすると知らないところで、あいらに何かが起こったということも考えられます。
 サングラスも、この目を隠すためだったんでしょうね。時折ヘインなどが見せてくれたあの蝶の瞳ですが、あいらのはちょっと違う? 蝶の頭上に螺旋のような輝きがあり、りんぷんも舞っているようです。ヘインたちの上位版みたいなものでしょうか? 気になりますが、そろそろみあたちがときどき見せた星の瞳も関係してきそうです。あの瞳がストーリーに絡んでくると面白そうだ。どういう意味があるのか知りませんけど。

画像37-36画像37-37
画像37-38
 そして次回予告も、いつになくマジメムード。この調子だと、次回が今年最後の放送になるのかな? そうでなくても、この流れだとクリスマス回はなさそうですね……。今年残り2回だとすれば、次でロードトゥシンフォニア編が完結、その次でクリスマスってことになりそう。どちらにしろ、次回は作画も気合入ってそうですし、どういう決着をするのか非常に楽しみです。シリアスムードにも関わらず、みあはいつもの調子みたいですけど。でもみあなら、いつもの調子で本当にシリアスムードをぶっ壊してしまいそうだから怖い。

 というわけでプリティーリズム・ディアマイフューチャー感想でした。

 作画が安定したまま最終回を迎える、なんて高望みは今後もしない方がよさそうですが、ちゃんとターニングポイントになるような重要な回は、気合の入った作画が見れそうなので、それだけでも安心です。
 シャッフル編や、ディアマイフューチャーの大部分を占めていたシンフォニア関係に決着がつきそうな様子ですが、その後どうなるのか、とても気になりますね。せっかくみあたちに結束も生まれてきたので、シャッフルチームが終わってしまうのは惜しいですし、だからといって元のチームに戻らないのも変です。そのあたりも、どういう着地点を見せてくれるのか、とても興味深いですね。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。