寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
TVアニメ プリティーリズム・オーロラドリーム #41 「ピュアプレミアムウェディングの願い」 感想
画像2

 ただの過去編かと思いきや、目頭の熱くなる話でした。見てない人はネタバレ注意です。
みおん様がいなくて寂しいですが、そんなことを気にする暇もなく、あいらは変な特訓に励み、りずむは母・そなたの荷物を漁ってKという人物の手がかりにしてオーロラライジングの特訓メニューが書かれたノートを発見します。今まで探さなかったのかと突っ込もうとしたら、パパがあらわれて、どうやらりずむに見せないようにしていたとのこと。こういった細かいところ、プリティーリズムは気を使ってますね。
 そこに社長がやってきて、りずむを事務所に来させようとしますがりずむは反発。りずむパパも、社長のせいでそなたがいなくなったと言い、真実だけどそれを直接言われた社長はショックを受けてしまいます。このショックが後半の弱々しい社長に繋がるのもちゃんと考えられてますね。
 つまるところ社長は月影先生(仮)に反発したくて、前回くらいの回想でチラッと出た若かりし頃の社長が「オーロラライジングを越えるジャンプを飛ぶ」というシーンに繋がり、そして「アンディの涙」の話に繋がる、というところでしょう。自分を成長させるために、切磋琢磨していたライバル・そなたをテレビ中継で挑発して表舞台に出したことが、りずむパパにしてみれば「あんたのせいだ」と言いたくなる理由でもあるのでしょう。こういった他の人の心情もちゃんと把握してるところがさすがプリティーリズム、そしてシリーズ構成の赤尾でこさんですね。

 りずむはKという月影先生(仮)を探し、みおん様は海外でポイントを稼ぎながらオーロラライジングを越えるジャンプをしようと考え、そのときあいらは二人のテンションについていけないような、とぼけた表情をしていました。しかしこの話で、疲れがたまって倒れた社長から出た弱音を聞き、社長の思いをついでみんなをハピラキにしたいという思いで、あいらは大会に出場し、見事優勝してピュアプレミアムウェデイングのストーンをゲットしました。大人たちの話がメインだったのですが、ここで物語の主役がりずむやあいらに移るあたり、代理戦争が行われているような感じです。そして、主役気質だったりずむや社長以上に、あいらが主人公していた瞬間でもありました。新ジャンプ、ミス・フェアリーガールも、そんな心があいらを飛躍させたのでしょう。

 これでウェデイングのストーンも出揃いつつあります。大会の優勝争い的な描かれ方は皆無だったものの、社長の過去、弱音、独白、月影先生(仮)が社長と純さんの母親という事実など、色んな情報が盛りだくさんでしたし、それがうまく語られていたのがもう感嘆するレベルの内容でした。ラストの社長がウェデイングを着るシーンもまたいい。
 次回は、残るりずむの大会。そしてどうやらそなたと再会するようですし、大会には目下の強敵であるかなめも参戦するようで、まだまだ興奮冷めやらぬ展開が続きます。というか、もう最終回までこのまま突っ走りそうで、それは嬉しいのですけど興奮しっぱなしでどうにかなるかもしれないという自分が心配です(汗)
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.