寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ スマイルプリキュア! #48 「光輝く未来へ! 届け! 最高のスマイル!!」 感想
48-1.jpg

 ついにスマイルプリキュア最終回。生粋のプリキュアファンは物足りないかもしれませんが、スマイルが初めてのプリキュアだった人には、イイ最終回だったのではないでしょうか。
48-2.jpg48-3.jpg
48-4.jpg
 前回よりウルトラ状態は継続。その状態だと必殺技はウルトラレインボーバーストになるようです。しかし巨大化したピエーロには単純なエネルギー量として力不足のようでした。
 バンクシーンはウルトラ状態と通常状態で違うのかな? スマイルはバンクシーンにこだわりがあるのか、ここぞというところでそのまま使ったり改変して使ったりしますが、そうじゃなく、素直に新規作画にしてくれた方が、こちらとしてはありがたいなぁ……やはりバンクシーン再利用の方がお手軽なのでしょうか?

48-5.jpg48-6.jpg
 ピエーロの手は止まらず、そのまま地球に到達。もう修復不可能なレベルで大惨事が発生してしまいました。現在はバッドエンド空間だから、それを解除すれば元に戻るのでしょうか? かなり深刻なダメージっぽいですが。
 巨大化して地球を殴ってもそれほど惨事にはならなかったハートキャッチのラスボス、デューンよりは、現在のピエーロの方が強そうですね。

48-7.jpg48-8.jpg
48-9.jpg48-10.jpg
48-11.jpg
 あまりのダメージ(?)のせいか、絶望なのか、変身が解除されてしまいます。スマイルチャージ(笑顔充電)が切れてしまった、という、変身ヒーロー的な解釈もできますが。
 プリキュアの変身は心が折れたときによく解除されますが、このときもそうだったのでしょうか? それだと、せっかく前回で希望を手に入れたのに、話が繋がらないような……さらなる絶望だったのかな? でも、それだと前回のくだりがまったく意味をなさなかったことになりますし……。やはり大ダメージによる変身解除がすんなり意味が通りますかね。

 \ /
   
 こうなったピエーロ様はどこか愛嬌ありますね(笑)。

48-12.jpg48-13.jpg
48-14.jpg48-15.jpg
 展開がまんまオールスターズDX3だったのはダメな気がします。プリキュアを見る女児は3年ほどで熱が冷めるそうですが、オールスターズDX3といえばまだ3年は経っていませんし、ほんの少しアレンジするだけでもずいぶん変わったと思います。
 最後の変身すると、記憶も失うとか、逆に自分たちが世界から切り離されるとか……。最後の変身の代償が「妖精との関係が断たれる」というのがオールスターズDX3まんまなんですよね。
 まぁ、ここで違う要素が出てくるのも変ですし、素直に涙に訴えるには、確かに妖精を利用するのが簡単なんですが、安易にそっち方向に手を出したように見えてしまって……。
「プリキュアの絵本を使い、そのページを消費する代わりに~」とすれば、自分の存在を賭けた最後の変身にできたかも? 終わった作品に茶々を入れるのは野暮ですが、どこかで見たことのある展開をやられても、見ていて退屈だったものですから……。

48-16.jpg
 泣かせる作画や泣く演技で、視聴者にも涙を訴えていた気がしますが、今回でさえ何度もやりすぎで、見ていてだんだんと気持ちが離れていってしまうのがツラかったです。共感できないところでキャラが泣いているので、感情移入ができませんでした。
 あと、この場面のキャンディがちょっとキモかったです。キャンディも泣かせたわけですが、その表情の崩れ方が人間的だったからキモいんでしょうね。眉毛や鼻などのゆがみ方が人間的ですもん。キャンディとか妖精は、本来の絵からかけ離れない程度に泣かせてほしいです。難しいのかな?

48-17.jpg48-18.jpg
48-19.jpg48-20.jpg
48-21.jpg48-22.jpg
 最後の変身でキャンディもロイヤルキャンディになったのは驚きました。まだ変身を残していたんですね。レインボーバーストは、最終的にミラクルレインボーバーストになりました。ピエーロの攻撃は規模が巨大で、とうてい競り合いに勝てるようには見えませんでしたが、最後に巨大化したハッピー(?)が出てきて、ピエーロを完全浄化しました。
 ピエーロの発生や目的がよくわからなかったかな。意味のない悪なら、「意味のない悪」という説明があるものですが、それもなかったので、本当によくわかりません。ジョーカーのような根っからの悪だと納得しておきます。
 巨大なハッピー(?)も詳細が不明ですね。ウルトラデコルもウルトラ化したプリキュアも詳細が不明ですし、せっかくのパワーアップフォームなのですから、名乗りくらいすればいいような……それがないから違和感がありますし、盛り上がりに欠けるのかもしれません。

48-23.jpg48-24.jpg
 世界は元通りになりましたが、三幹部の登場が適当&杜撰だった気がします。こういうナァナァな展開や、やっつけな展開が目立ったんですよね、この最終回は。
 そもそも尺が圧倒的に足りてない感じでしたし、決意の変身という意味では、前回の方が感動がありました。色々とチグハグなんですよね……ハッ! これは、まだ劇場版が続いているということか!?

48-25.jpg48-26.jpg
48-27.jpg
 テーマがスマイルだった割には、最終回は泣いてばっかりでしたね。しかし、だからこそ笑顔が映えるという考えなのかもしれません。個人的には、劇場版のように「暗い顔してたらハッピーが逃げる。スマイルスマイル」って感じで、一度印象的な笑顔を出してくれると、それでじゅうぶんな気がするのですが。
 泣いている場面もどこか物量作戦的なものを感じ、ゴリ押しで終わらせようとしているんじゃないかと勘ぐってしまいました。

48-28.jpg48-29.jpg
48-30.jpg48-31.jpg
48-32.jpg48-33.jpg
 ラストは各自の自己紹介でシメ。ですが、自己紹介は個別回で光っていましたので、何度もやると、その良さが薄れていくような……自己紹介のモノローグがなくても、映像や声だけでじゅうぶん成長具合などはわかると思うんですが。
 そして最後のみゆきの笑顔。この絵のタッチが変化するのも、オールスターズや、各プリキュアの劇場版ラストっぽいですね。シリーズディレクターの大塚さんは、つくづく他の作品からイイ要素を引っ張ってきている感じがします。それがうまく作用するとは言い切れないとわからせてくれましたが。

48-34.jpg48-35.jpg
48-36.jpg48-37.jpg
48-38.jpg48-40.jpg
 エンディングが今までの総集編+左下でダンスという、これは今までのシリーズになかった要素かもしれません。感慨深いかどうかは別として。
 そしてキャンディが帰ってきて、提供イラストの場面を再現して終わりです。
 バンクシーンやこういうシーンにやたらとこだわっていた感のあるスマイルですが、むしろそこに縛られていたような感じもします。効果的にやってくれないと意味はないですから、もっとスマイルだけにしかない要素を出してほしかったですね。

48-41.jpg
 そして次回からはドキドキプリキュアが始まります。正直、前評判はキャラデザインなどの関係でちょっと悪いですが、そういう傾向のシリーズほど良質な本編になる気がします。それに、デザインや雰囲気から、他のシリーズにはない「ドキドキプリキュアらしさ」を見せてくれると思うので、それがよい方向に働いてくれるといいな、と思いますね。せっかくの10年目を記念する作品ですし、気持ちよく見たいところです。

48-42.jpg
 エンドカードはキャラクターデザインの川村さんのものかな? とてもいい絵ですね。本当、スマイルプリキュアはキャラクターデザインや声優さんの演技は素晴らしかった……。

 というわけでスマイルプリキュア感想でした。

 批判的な意見が多く出てしまって、個人的に反省もしたいところなのですが、平均で見るとやはり他の作品よりはいい印象がありません。絵は素晴らしいですが、それでよければ絵がいい作品なんていくらでもありますからね。
 ガンダムSEEDのような、新世代の入門用プリキュアという点ではいい作品かもしれません。今更初代から見たくない、という人にはピッタリかもしれませんね。
 話によってはとてもいい内容のもありましたし、ときどきホームランを打つものの、打率は高くないバッターという感じでしょうか。
 次回作であるドキドキプリキュアでは、毎週楽しくて面白くて胸にグッとくるような話が見れるといいなぁ、と高望みしておきます。
 スタッフさんとキャストさんは一年間お疲れ様でした。ドキドキプリキュアに参加されるスタッフさんとキャストさんは、新しい一年をよろしくお願いします。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。