寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
TVアニメ AKB0048 #20(next stage #7) 「美森革命」 感想
7-1.jpg

 美森の襲名が確定! いったい誰の名前を襲名するのか……という回でした。
7-2.jpg
 君島さんことゆうこは、美森の襲名にあまり興味がない様子。いくらあっちゃんや、智恵理、凪沙をライバル視しているからといっても、この性格はドライ過ぎますね。いずれ、とんでもないことをしでかしそうな気さえします。

7-3.jpg
 ファンの間では、美森が誰を襲名するのか予想されてました。やはり、現在空席の名前が筆頭候補のようですね。この辺はアニメに登場していないこともあって、いまいちよくわかりません。

7-4.jpg
 美森をお祝いしようという和やかムードの中、あくにんことめぐが茶々をいれてきます。襲名すると変わる、ということを、さえの実例を交えて言いにきました。
 実際、彼女のいうことは一理あるというか、この世界の襲名は、まるで前世が憑依したようなニュアンスなので、襲名によって人格が変わってしまうことも、じゅうぶん有り得そうです。魂を受け継ぐらしいですしね。

7-5.jpg7-6.jpg
7-7.jpg
 インタビュー映像で、襲名についてそれぞれの意見が出ました。今回、作画はちょっと悪かったですが、引き、もしくはアップの映像、そしてこのインタビュー映像による静止画演出などのうまい工夫で、あまり気にならないようになっていました。まぁ、気になる人は気になるでしょうけど。

7-8.jpg7-9.jpg
 峰岸カメラマンは智恵理パパと繋がりがあると判明。二期に突入して、裏がある描かれ方をしていた峰岸ですが、ここで明確にスパイだと判明します。しかし、その相手が智恵理パパとあっては、峰岸も利用されている可能性がありますね。
 センターノヴァを出さない、という狙いのある峰岸に、何かいい条件をつらつかせて、スパイをさせている可能性は大いにあります。

7-10.jpg
 冒頭でも感じましたが、この襲名のための儀式や、神殿の存在、ツバサさんの服装など、この辺はマジで宗教じみていますね。そういう雰囲気は狙っているのでしょうけど。
 襲名制度、キララの洞窟、センセイ関係は特に宗教的な雰囲気で構成されていますが、その発祥や、センセイの正体が気になるところです。

7-11.jpg7-12.jpg
7-13.jpg
 置いてけぼりになったことで、寂しさや焦りをおぼえる彼方のところへたかみなが。やはりよく気づくリーダーですね。
 しかし、彼方の夢はたかみな襲名であり、たかみなは、自分が退位・卒業しなければいけないという板ばさみに陥っています。彼方も彼方で、好きな人を退位させなければ、自分の夢を叶えられないという板ばさみ状態。こんな状況を作り出している時点で、脚本のすごさがよくわかります。どうなるのか予想ができず、ハラハラして、楽しさと悲しさが同居している感じの状態ですからね。
 話は変わりますが、二人の身長差に萌えますね。
 飲んでいるものが最初は何かわかりませんでした。よーく見ると、オレンジジュースのようですが、最初はおでん缶みたいに見えました。アキバスターだからおでん缶みたいなデザイン、なんてことはないよね?

7-14.jpg7-15.jpg
7-16.jpg
 めぐに言われたことを気にして一睡もしていない真琴と楚方。全員が、美森は変わらないと信じますが、何かの前フリにしか見えないのはどうしてだろう……。
 そして、相変わらずの織音の大飯喰らい。二期になって見るようになった描写ですけど、パワフルな分、織音はエネルギー消費が激しいんでしょうか。それにしても、これくらいしか出番がないのは悲しい……一期で織音が好きだったので、なおさらです。

7-17.jpg
 ゆうこは何を思ったのか、いつものベンチにもう来ないことを誓います。その場所に来ることは、彼女にとってどういう意味があったのかわかりません。落ち込んだとき? 迷ったとき?
 何かの気持ちに一区切りをつけたことは間違いないでしょうが、それがこれから良い方向に働くか、悪い方向に働くのか、気になるところです。何か悪い方向に働きそうですけど。

7-18.jpg
 美森革命と題された襲名披露公演で、席に「招待席」との紙がついてましたが、今回の公演は招待制ということなのかな。そういうライブもあるんですね。

7-19.jpg7-20.jpg
7-21.jpg
 で自分を見ているシーンがあったので、まさかと思いましたが、まさかの断髪! しかもマリコ様襲名ということで、この人選にはとてもびっくり!
 本来の美森と似た人物になると思っていたので、ここまで容姿・性格が違う人の名前を襲名したのは、予想外でした。
 しかも、ツバサさんを通じて描写された篠田麻里子で、リアルでの世間的評判も中の上くらい? AKBをまったく知らない人でも、作中やリアルで知ることができるので、かなり絶妙な人選だと思います。

7-22.jpg7-23.jpg
 後継ぎができたようで、ツバサさんも嬉しそう。
 センセイは「サディスティーック」と、相変わらず壊れたロボットのようなことを喋りますが、これは、このとき流れていた「上からマリコ」の歌詞にあるみたいですね。
 ドM→ドSという変化を、美森をつかってわかりやすく表現するっぽいですが、あまりドMな場面がなかったので、なんともわかりません。もともと彼方に対してはSだったような気も……。

7-24.jpg7-25.jpg
7-26.jpg
 そのSっ気を発揮してか、彼方を舞台にあげ、襲名するようにと無茶振りします。しかし、彼方もすでに襲名熱らしき熱を経験していたことがわかりましたし、そう遠くない未来に襲名しそうです。
 この美森のSっ気や男らしさが、もともとあったものか、自発的にマリコ様のように振る舞っているのか、それともすでに無意識のレベルなのか気になります。それにより、襲名のシステムなども詳しいことがわかりそうですからね。
 そして特殊EDで終わりでした。選抜に選ばれる前から男らしかった美森は、よくよく考えるとマリコ様襲名はかなり順当かも。センター争いにも絡めそうな立場ですし、美森……じゃなくてマリコ様や彼方の今後が気になります。
 これから美森とは呼ばなくなるのか……それはそれで、慣れるまで違和感がすごそうです。

7-27.jpg
 次回予告なしで終わるかと思って気を抜いていましたが、ED後にCパートがあり、智恵理パパがアキバスターに目標を定めます。次で激しい戦闘に入りそうです。そこでマリコ様になっての初戦闘となるんでしょうかね?

 というわけでAKB0048感想でした。

 智恵理パパもいうように、デュアリウムやキララ、襲名制度など、このアニメにはまだまだわからないことが多いので、それを解明するという意味では、智恵理パパを応援してしまいます。
 命の危険に遭うことでキララが輝くという情報を得たはずですから、AKBメンバーたちを危険にさらすことで、何かを探しているのかもしれません。どちらにせよ、次回が気になりますね。
 ただ、今のところ、それほど日の当たっていない楚方、鈴子、織音、友歌にも出番が欲しいですね。織音、友歌は一期で描かれた分で我慢するとしても、楚方、鈴子はやはりまだまだ描写が足りていない感があります。現状で描写を増やして個性を出しても、本筋には絡めないかもしれませんが……。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
?:資質、襲名、襲名ミモ)ここは?=)あなたの魂と共鳴して輝いているの。熱は収まってきたみたいね)襲名するんですね__)ミカ:いいねいいね。サナギライバル宣言ナギ:無我夢中で...
2013/07/30(火) 19:03:10 | ぺろぺろキャンディー
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.