寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
TVアニメ プリティーリズム・ディアマイフューチャー #51 「Dear マイフューチャー」 感想
画像51-1

 グレイトフルシンフォニアも終わり、各々はそれぞれの未来へ向けて歩き出します。二年連続の後日談オチはありきたりな気がしましたが、ディアマイフューチャーこそ、こういう終わりの方が似合っているかもしれません。

画像51-2
 シャッフルチームが最後にして登場。未だにこの関係で親交があるとわかって嬉しいです。さらにはパクパクレストランの回でお世話になったレストランです。今までのゲストキャラが登場する展開も、総決算という感じですごくいいですね。
 この絵や場所、演出からして、今回もワタナベシンイチさんのコンテだとわかります。しかも絵はいい方向で安定しているようなので、とりあえずその点も安心して、今回は見ることができました。

画像51-3画像51-4
 キングオブジャングルを初披露させた、閉演間近だった動物園も、いまやショーで満員状態に。ピアピア関係ではないですがシユン関係ですし、あのエピソードはなかなかよかったので、この場所を選んだセンスに感謝したいです。
 ウインドビレッジでヒロミさんや、見習いプリズムスターを見るのもいいですが、こちらの方が明るい感じや楽しい感じが出せてよかったかもしれません。ヒロミさんは前回出てますしね。

画像51-5
 ユンスのところにはショウさんがやってきました。あいらじゃないところは、むしろ優しさかもしれません。しかし旅に出るとは……前回で見えた未来にむかって進みそうですね。悟りを開いて仙人化しそうという……。
 ライバルの歩みを止められない、という理由もグッときました。自分がいては、切磋琢磨できず邪魔になると思ったんでしょう。ライバルは切磋琢磨する関係というはプリティーリズムでは散々いわれていましたが、今作では、PURETTYや韓国と関係していることもあり、別れを描くことが多いですね。むしろ、せっかくの設定だから描かないともったいないのかも。

画像51-6
 COSMOSも揃って休日を過ごしていて、その流れでユンスのところへ。ショウさんも先ほどまでいたはずですが、すぐフェードアウトしたのが気になりました。ちょっとぶつ切り感があったというか、シーンが繋がっているようにみえて、繋がっていないみたいな。
 ソミンが涙をこらえたのや、とうとうみあの「ライバル男」呼びが治らなかったのもよかったです。最後にユンスと呼んでやるのも、それはそれで見てみたかったですが。

画像51-7画像51-8
画像51-9画像51-10
画像51-11
 プリズムエース様とも別れのときが。正体を明かそうとするエース様ですが、それを止めるみあ。正体は知りたくなかったのか、それとも純さんということを薄々気づいていたのか、純さんだと気づいていなくても、この先が実りのないものだということは察知していたのかもしれません。握手をしようとして、かみ合わずにできなかったのがちょっと切ないです。演出がちょっと意味深だったというか、握手できなかったのがどういう意味なのか気になります。
 最後の「アディオス!」が、とても力が入っているように聞こえ、「ああ、本当にアディオスなんだ」とちょっとしんみりしてしまいました。なんだかんだいって、プリズムエース様にも馴染んでいたんだなぁと思ったり。
 そして、仮面を外すときという純さんの台詞には、クルものがありましたね。エース様が仮面を外し、純さんも、一歩踏み出すときがきたということでしょうか。

画像51-12
 りずむとヒビキは結婚式。ついに結婚したんですね、この二人。どちらもアイドルとしてはやっていけない気がしますが、その辺がどうなったのか、ちょっと気になるかも。
 人を多く集めるイベントとしても結婚式は最適でしたね。たくさんのキャラを、いつもと違う服装で見れたのがよかったです。 

画像51-13
 まずはラブミックス。ヨンファはユンスと旅に同行することを伝えます。世界中の女性を魅了してまわるという、普段の行いからは考えられないくらいスタァ的な考えではないでしょうか。男にしか興味ないように見えることも多々ありましたが……。
 歌って踊れるスポーツドクターを目指すといういつき。これも、みあにドキワクを教わったからこその考えだと思うと、みあに影響を受け、一番人生が変わったのはいつきかもしれませんね。
 でも、勉強があるからついていくわけにもいかず……しかしラブミックスは解散しないということは、芸能事務所に所属したまま、医者を目指すという認識でいいんでしょうかね。テレビなどに出るときは「ラビミックスの春音いつき」みたいに紹介される、という。確かにアイドルドクターは前例がないですし、挑む価値もありそうです。医師免許を持ったアイドルとかはどこかにいそうですが。

画像51-14
 最後のエスコート、といつきをれいなにぶつけるヨンファ。コンプリートというわりには、とても雑だったのはいいんだろうか……。
 れいなはゆでダコでしたが、いつきの台詞からすると、やはりれいなに対して好意的な気持ちは持ってそう。本人が自覚しているか無自覚かは微妙なところですが。
 ゆでダコになったれいなをからかうみあがすごい可愛い。服がいつもより大人っぽくて、どこか色気があるのもいいですね。

画像51-15画像51-16
 セレナのぽかーんとした顔がマスコット的で可愛いです。
 なんと、みおん様がプリティートップ社長を継ぐことに。年齢的には若社長ってレベルじゃないですが、そこはアニメというか、精神的には大人レベルはじゅうぶんありそうですからね。
 それに、一期ではあいらとりずむに指導する立場でしたし、意外かつ順当な選択で、この展開は盲点でした。しかし、社長の後継ということは、今後、婚期が遅れる可能性が……。

画像51-17
 せれのんは、ひとまず駅前留学してお笑いを学ぶそうです。この二人はいつもどおりですし、芸歴に関しては長そうですし、大阪や京都というホームがありますから、将来は安泰という感じがしますね。最悪プリティートップが潰れたとしても、やっていけそうです。城之内コンツェルンの財力と、漫才もできるというフットワークの軽さが、どこででも活かされそうですからね。

画像51-18画像51-19
 あいらの格好は、プリズムアクトのときに着ていた服ですね。あのときはちょっと大人びているというか、似合わない印象がありましたが、この場面では、まさにTPOに合ったいい格好でした。
 かなめも可愛らしい格好です。そして、かなめはロシアで両親を探すことを決心します。
 グレイトフルシンフォニアで未来を見せられたからか、仮にそれが動機じゃなくても、もとからそういう考えは持ったかもしれませんね。グレイトフルシンフォニアに背中を押された、という可能性もありそうです。

画像51-20
 ショウさんに外国行きのチケットを渡されるあいらが可愛いですね。ショウさんもやっと男を見せたという感じです。いや、グレイトフルシンフォニア時に、すでにじゅうぶん見せたんですが、やはりアクト中ではなく、現実世界でちゃんと見ることで、実感することができますね。ああ、変わったんだという。

画像51-21画像51-22
画像51-23
 りずむがブーケを渡す相手を決めていたそうですが、カップル成立予定の面子が多く、誰に渡すか寸前までわかりませんでした。
 そのブーケが社長に渡って納得。今年に入って4回もらったという台詞で、そこまで行き遅れていたのかというリアルな危機感が出ました。さらに間髪いれず、そこで純さんのプロポーズが!
 正直、このシーンは駆け足というか、ギャグ風に描いてあったので、そこだけが残念だったかも。純さんを知らない人なら、社長を祝福するかもしれませんが、りずむの結婚式でプロポーズしてお株を奪うのはどうなんでしょう? 注目がこっちに向いてしまうというか。
 それに、純さんを社長の弟だと思っている人は、ここで逆に驚いてしまいますよね。もっと大事に描いてほしかった気もしますが、そこに尺を割きすぎるわけにもいかず……ここのシーンは苦肉の策だったように思います。

画像51-24
 欽太郎が農作業をしているエンドは、ちょっと微笑ましく思いました。廃人というか、現在の状態がよくわかりませんが、これでよかったと思える決着のつけ方です。農作業している場所が阿世智家の敷地内というのも、未来を感じさせます。ケイとよりを戻したのかな? 別居状態なだけで、離婚はしてなさそうですし。
 風邪気味の社長のためにおかゆを作りにきたボンビーの真意は闇の中という感じですが、アレは本当になんだったんだろう? 娘に対する思いは野望とはまた別だったのか、あくまで利用目的で看病にやってきたのか……。何とか仮説を立てようと思っても、やはりわかりません。シャッフルチーム結成時のことを考えると、やはり利用目的だったような気がしますが、看病という好意的な行為のことを考えると、娘のことを思って、と好意的に受け取る方がいい気もします。

画像51-25
 ディアマイフューチャーの第一話での失礼を謝るみあ。あのときの打倒宣言は、あいらと自分を同一視していたからこそ、ということのようです。ちょっとむちゃくちゃな論法な気がしましたが、あいらの「いいんじゃないかな」というので、確かにどうでもよくなりました。
 最初のきっかけなんて、いってみればどんな理由でもいいんでしょうね。憧れだろうと敵対だろうと、それが原動力となって、未来へ進むきっかけになれば。

画像51-26
 お別れ間際になって、ペンギン先生とビビも和解。というか、むしろ気持ち悪いくらい仲良くなりましたね。ここはショウさんとユンス理論みたいな感じがあります。

画像51-27
 りずむとヒビキは新婚旅行で海外へ。もうこの二人は安泰ですね。まぁ、ずいぶん前から、この二人に関しての不安はなくなっていましたが。

画像51-28
 純さんが社長とは血縁関係になく、関係が進展するとは想像していなかったようで、みおん様は悔し涙でハンカチを噛みしめます。みおん様……まだ諦めてなかったんですね。

画像51-29画像51-30
 今思えば、指導熱心かつポエム能力も持ったみおん様は、純さん的な教育者として優秀かもしれません。しかも、社長の座についたことで早速守銭奴を発揮しています。これは社長と純さんのハイブリッド的な活躍が期待できますね。
 ワタルは、ある意味でいいチャンスかもしれません。社長にとっての純さんのように、みおん様にも、社長の業務をサポートするパートナーは必要そう。
 コーリングスもほぼ解散状態のように思いますが、ラブミックスのように、解散はせずにしておくということでしょうか。

画像51-31画像51-32
画像51-33
 あいらは相変わらずのドジッぷりですが、ちゃんとすぐに起き上がります。そこでショウさんが面白がっておでこにキスをするのはちょっと意味不明でしたが、これは一期一話の再現でしたね。あいらのふにゃふにゃした顔ですぐにわかりました。
 この時代を経過させての再現には感動しましたが、一期一話同様、ショウさんがなぜ面白がったのかわかりません。もともとからショウさんのツボは変だったということでしょうか。

画像51-34
 ずっと親友でライバルというのを誓い、笑顔でお別れしようとしますが、みあの泣きながらの歌唱に影響されて、けっきょくみんな泣いてしまいました。みあがドタキャンしたときのように、子供らしく振舞わせることができる力がみあにはありそうですね。感情的にさせるというか。

画像51-35画像51-36
画像51-37画像51-38
 それぞれが未来に向かって歩き出す終わり方は、最終回としては定番ですが、ディアマイフューチャーでは、それが非常によく活かせていた気がします。しかも、前回のグレイトフルシンフォニアで、ある種のゴールを先に見せているのも、演出としては珍しいのでは? 先にゴールを見せ、そこへ向かって進むエンドというのは、普通に未来に向かって進むエンド以上に説得力がある気がします。
 プリズムアクトでPURETTYと邂逅したのはちょっと意味不明でしたが、「未来のみんながいっちばーん!」と応援してくれる終わり方は、とても勇気付けられましたね。思えば、この一年はずっとみあに応援されていた気がします。もう彼女たちを見られなくなるのは寂しいなぁ……。

 というわけで、プリティーリズム・ディアマイフューチャー感想でした。

 後日談にはあまり期待していなかったのですが、思った以上にすっきりとまとまっていたのがよかったです。ただ、やはりエピソードの大半は1期キャラであることが多く、監督は2期キャラが嫌いだったのか? と思ってしまうほど。嫌いじゃないにしても、1期キャラの方が思いいれが強そうな気がします。
 もう少し2期キャラにエピソードの尺を割いてやることができれば、要所要所で感情移入することができたり、感動できたりするんじゃないかと思うと、そこが残念ではありません。スポンサーの要求などもあったようですから、かなり厳しい制約の中で作っていたとしたら、スタッフの方々には、むしろねぎらいの言葉をかけるべきなのですが……。

1364578277-0221-003.jpg1364578277-0221-004.jpg
1364578277-0221-006.jpg1364578277-0221-008.jpg
1364578277-0235-001.jpg1364578277-0235-002.jpg
1364578277-0235-004.jpg1364578277-0235-003.jpg
1364578277-0235-006.jpg1364578277-0235-007.jpg
1364578277-0235-008.jpg1364578277-0254-001.jpg
 さて、次回は3期目となるプリティーリズム。レインボーライブというタイトルになり、キャラクターデザインやシリーズ構成、音楽などでけっこうスタッフの入れ替わりがある様子。特に音楽は、今までの長岡さんじゃなくなるっぽくて(確認してませんが)、この大幅な変更がどう出るか、非常に気になるところです。期待と不安でドキワクしてます。
 韓国のスタッフ陣も変わらないようですが、告知映像を見た限りでは、あるレベルで安定している感じがします。これがずっと続けば、作画に関しては気にならなくなりそう。メガネの女性はめが姉ぇさん? 確かこの人だけは続投のはずですが、デザインが変わるとガラッと変わって見えますね。一期→二期は違和感なかったのですが。
 CGもいい感じに可愛いですし、変身バンクのようなシーンも素敵ですが、やはりライブというのがちょっと気がかり。映像的にかっこよく描けるか疑問です。まぁ、プリリズスタッフは今までぶっとんだジャンプやアクトの演出を見せてくれたので、あまり心配はしていませんが。

 2年間があっという間でしたが、それもこれも、あいらやりずむ、みおん、みあやヘインたちと出会ったからに他ならないと思っています。このアニメがあったから、プリティーリズムが頭から離れたことは、2年間の間で一度もありませんでした。
 今までの2年間を懐かしみつつ、ときどき見返したりもしつつ、レインボーライブもそのような存在になってくれればいいなぁと思います。
 まずはオーロラドリームのDVD集めないとなぁ……ディアマイフューチャーしか録画は残っていないし……3期決定記念とかで、BOX発売しないかなぁ(チラッ
コメント
コメント
お久しぶりです。実はまた評価企画が始まったのですが参加いいでしょうか?
ルールは以前とおなじです。
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6916.html
2013/06/02(日) 07:28:44 | URL | 花月(かづき) #wjl3HOEA [ 編集 ]
監督のツイッターで2期キャラには監督が関わっていなかったと言っていましたね
2013/09/15(日) 23:59:00 | URL | ジュエルぺッター #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
#大成功だったっちよ#ペン:またこの記事読んでるの。過去にこだわってんじゃないわよミア:明日はリズムさんの結婚式、あさってはピュリティのお別れφレイ)このオムレツうま...
2013/11/04(月) 23:49:43 | ぺろぺろキャンディー
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.