寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ ドキドキ!プリキュア #11 「めざめよ!プリキュアの新たなる力!」 感想
doki11-32.jpg

 プリキュアの新しい武器(アイテム)が登場。同じアイテムなのに四つの形態に変化するアイデアは、なかなか個性があっていいですね。

doki11-1.jpgdoki11-2.jpg
 いつものように助っ人をやることになったマナ。というか、いつもは六花の制止で助っ人は止められていたかもしれませんから、もしかすると久しぶりの助っ人だったりするかも。
 六花が一度制止するものの、マナは引き受けることに。一度いって聞かなかった場合、六花は無理に止めようとしないんでしょうね。諦めるというか、マナを応援する立場に回るようです。

doki11-3.jpg
 様子を見ていた真琴のところへボールが転がってきます。投げて返すシーンが、ちょっとたどたどしくて、けれどしっかりボールは相手に返っていたのが可愛かった。リアルでちょっぴり微笑ましい光景でした。

doki11-4.jpgdoki11-5.jpg
doki11-6.jpg
 仲間はずれにされてうらやましそうにするマナですが、自分で仲間からはずれているのが切ない展開です。その様子に、真琴も思うところがある様子。
 恒例のようにマナのサポートにまわっていた六花に、マナは「あいしてるー♪」とお礼の言葉。こういうさり気ない行動が、六花を虜にしてしまっているのではないでしょうか。

doki11-7.jpgdoki11-8.jpg
 今回は、てっきりニューウェポン&マナの助っ人回かと思いましたが、マナの頑張りを通じて、真琴がまた大切な思いを学ぶ、という形式になっていました。やはりドキドキは、この形式で話を進めることが多いですね。ですが、真琴という特殊な事情のキャラクターは歴代でもあまりいませんし、こういうアプローチは珍しくていいかもしれません。
 ピンクプリキュアの人助け物語はいままでいくつかありましたが、それを客観的視点から見ている第三者にスポットとあてたのはあまりなかったですからね。

doki11-9.jpg
 ボウリングのピンが豪快な音を響かせます。やはりベールは静かな闘志を燃やしていましたね。ストライクの音が爽快感あっていいですね。
 ストライクを連発するのも、ふつふつとした怒りを感じます。最後にはボールが一度も地面につくことなく、ピンが粉々になるようなストライクを出しました。イーラとの違いも見せつつ、ベールの怒りがすごく伝わってきましたね。目をみせず、感情も出さないキャラクターの怒り表現としてはばっちりでした。

doki11-10.jpgdoki11-11.jpg
 一年生の仕事であるユニフォームの洗濯までやってしまったマナ。少しやりすぎな献身かと思いましたが、一年生に喝を入れるためのものだったようで、マナの献身は予想のひとつ上をいきますね。本当の意味での献身を、つねに行っているのがすごい。
 この行動が実際、ソフトボール部を助けることになりますし、本当の意味での助っ人・助力だったのではないかと思います。

doki11-12.jpgdoki11-13.jpg
 練習終わりにジョー岡田&アイちゃんと遭遇したマナ。ここの恥ずかしそうな反応は、マナが見せた歳相応の反応という感じです。とこか超人然としていて中学生っぽさあまりなかったので、この反応は新鮮でいいですね。ジョーに気があるんじゃないかというくらい、初々しい反応でした。
 お守りとしてラビーズを授けるジョーですが、ラビーズのマークが豪華なのにも気になります。これがあきらかに新しい力なんでしょうけど、ラビーズはマークで効用などがわかるようになってたんですね。変身のや必殺技のはよくわからなかったので。

doki11-14.jpgdoki11-15.jpg
 相田マナ呼ばわりで宣戦布告をするベール。ジョー岡田的には、二人が何を話しているのかまったくわかってないようでした。しかし、ジョー岡田のあやしさから、これが演技に見えてしまうのも事実です。そう思うと、演技派だなと思ってしまったり。
 ジョー岡田が身を挺してマナを守りましたが、これさえ演技に見えてくるのは、ひとえにジョーのあやしさからくるものでしょう。ベールが「余計なことを……」といいましたが、この台詞も、ベールとジョーが知り合いだった場合でも通じるなぁ、なんて思ったり。某カードアニメ、遊戯王ゼアルに出てくるベクターの回りくどさに落胆しているミザエルたちのような。

doki11-16.jpg
 その場でアイちゃんも奪われてしまいます。アイちゃんを謎パワーのバリアで包んだベールですが、それを持ったときの動きがちょっとだけ怖かったです。そのままつぶしてしまうんじゃないかと思って……。

doki11-17.jpg
 ジョー岡田は、がっつり入院してしまうくらい重症だったみたいです。しかし外傷はないでしょうし、どういう名目で入院していたのでしょう。失神していただけでしょうか。

doki11-18.jpgdoki11-19.jpg
 ベールに呼び出されているので試合にやってこないマナ。しかし、一年生たちが気合を入れて試合開始となります。マナの献身が実った瞬間ですね。
 セバスチャンの情報網により、マナのいどころが判明したようです。さすが四葉財閥。しかし、これならベールの出現や倒れたジョー岡田などのことも、把握していていい気がしますが。わずかな時間だったから、わからなかったのでしょうか。

doki11-20.jpgdoki11-21.jpg
doki11-22.jpg
 貨物やトラックなどを利用してくるベール相手に、一対一では負けそうになってしまうハートでしたが、三人が駆けつけて全員集合。ベールも本気を出すため、闇のプシュケーを体内に取り込みパワーアップしますが、その形態はあまりにもギャグ色が強いもので……。
 ハートたちもその姿には、呆れざるを得ませんでした。本気がギャグ形態だと、今はいいとしても、クライマックスなどではあまり映像的にもハラハラしなさそう……ドキドキはあまりギャグがなかったから、こういう形でギャグを入れていくことにしたのでしょうか?
 すでに半分くらいの脚本ができているとプリキュア新聞で読みましたし、この方向は規定路線だったのでしょうけど、ドキプリも、徐々に今までのシリーズっぽくなってきましたね。それが嬉しくもあり、また、個性がなくなるようで悲しくもあり……。

doki11-23.jpgdoki11-24.jpg
 とび蹴りをしようとして挟まれてしまうソード。一話以来ですが、すっかり挟まれた状態が板についてきたように見えるのは気のせいでしょうか。こういうところもポンコツといわれてしまうゆえんか……。
 バイブレーション攻撃は携帯電話らしいと思いますが、戦闘において効果的かどうかはちょっと疑問が残るところです。ある意味では効果的なのかもしれませんが(下品)。

doki11-25.jpgdoki11-26.jpg
 空中に囚われているアイちゃんを攻撃しようとするシーンは、なかなか緊迫感がありました。マヌケな絵面でしたが、鋭い槍がアイちゃんを貫いてしまう残酷なシーンを予想させる絵でもありましたからね。
 何気に、ベールビーストの頭から引っこ抜いた槍は何回でも引き抜けるようで、すでに別のアンテナがありますね。槍投げシーンを使いまわすための設定にも思いますが。

doki11-27.jpg
 アイちゃんのきゅぴらっぱーが炸裂し、ジョー岡田に渡されたラビーズが四つに分かれました。一つが四つに分裂するのはご都合のように思えてしまいましたが、これも含めてアイちゃんの力なのだと納得することはできそうです。
 ラビーズを受け取る一連のシーンが、四人の動きがぴったり一致していて、ちょっと気持ち悪かったです。作画が悪いわけではないはずなんですが、枚数削減なのか、それとも凝った映像を作る余裕がなかったのか、非常に単調だったのは確かです。ソフトボール部の描写とバンクシーンに注力した結果でしょうか。

doki11-28.jpgdoki11-29.jpg
doki11-30.jpg
 ラブハートアローという武器が登場。ラビーズの模様はこの弓矢をあらわしていたんですね。
 四つの形態で四人分というのはとてもいいアイデアなのでは。ロゼッタのリフレクションは、ハート型にした状態で稼動部を押し込む? ダイヤモンドのはタンバリンのようにたたく? ソードのはスパークルソードと呼んでいましたが、どう見てもボウガンっぽいですよね。稼動部を引いて離して、引いて離してとするんでしょうか。
 見た目は普段の必殺技とあまり変わらないように見えますが、単純に威力などが強化されていると考えていいんでしょうね。
 ロゼッタのバンクだけ、やはり動きが凝っていた気がします。絵柄の可愛さや髪のつや、口の動きなど。
 この場面で流れた新しいBGMも非常に熱くなれるものでした。ちょっと初代風な感じがするのは、シリーズ10年目ということで、色々と初代リスペクトがあるからでしょうか(変身アイテムが携帯電話、妖精がアイテムに変身など)。

doki11-31.jpgdoki11-32.jpg
doki11-33.jpg
 そしてハートのハートシュート。一番ラブハートアローという名前が似合いますね。もしかして、形態ごとに名前も違うんでしょうか? 武器名と技名を私は混同しちゃってる気がします。
 ハートアローを手に持つ一瞬、そして構えているところなどすごいかっこいいですね。サイズや稼動部を引っ張るところなどは非常に誇張されていて、玩具のCMを見ると、ハートの真似が一番難しそうなサイズでした。まぁ安全に配慮しないといけませんし、仕方ありませんね。他の三人の真似なら、問題なくできそうな玩具でした。
 ウィンクをするのも非常に可愛いです。攻撃シーンのときに勇ましいキャラなら今まで何人もいたと思いますが、可愛さを振りまくのはなかなか少ないのではないでしょうか。結果的に可愛いのではなく、明らかに可愛さをアピールしてますよね。でも実際に可愛いから、何もいえません。
 エネルギーが一度目の前で溜まるのがこれまたかっこいいですね。敵に着弾する際も、炸裂という感じではなく、相手を包み込むような着弾の仕方で、攻撃の性質のようなものが表現できていたと思います。射出される際はすさまじい衝撃が出て、かっこよさの演出になっていましたが、着弾時は包容力を表現していたように思います。

doki11-34.jpg
 すべてを見ていたジョー岡田は、何か含むところがあるようにその場を退散。彼女たちがプリキュアだと知ったのは初見だったのか、それともやはり前から知っていたのか……。
 ジョー岡田の存在は、30分前にやっている某指輪の魔法使いに出てくる白い魔法使いを連想させます。いい人と見せかけて敵。さらに最初は助力を惜しまず、パワーアップなどを促してくるところなども似ている気がします。やはりジョー岡田は敵なのか? その正体が気になって仕方がありません。
 ドキプリスタッフはジョーの扱い方が非常にうまいですね。気になるシーンを小出ししてくるのですから。

doki11-35.jpgdoki11-36.jpg
doki11-37.jpg
 ソフトボール部は無事に勝利! こんなことをいうと元も子もないですが、最初からマナに助っ人を頼むのではなく、一年生たちを試合に出していればと思いました。しかし、マナに喝を入れられない一年生では使い物にならないでしょうし、けっきょくは今回の方法しか打開策はなかったのでしょうけど、部長たちは、後輩の指導面でマナや一年生に教えられた部分があったのではないかと思います。
 そういうことからも、マナは、今後も含めて、真の意味でソフトボール部を救ったのでしょうね。同時にマナたちも、チームで戦うことでベールビーストを退散させましたし、新しい力も手に入れました。マナの献身は、色んなところへといい効果をもたらしますね。でもいいことばかりとは限らないでしょうし、これがいつか、悪い方向へ働かないといいですけど。逆にそういう展開も見てみたくはあります。

doki11-41.jpg
 次回はマナに弟子入り? イーラがまた変な姿になってます。ベールほどギャップからくるインパクトはないかもしれませんが、それにしても酷い格好でした。ビーストモードはみんなギャグっぽくなるのが確定なのでしょうね。

doki11-38.jpgdoki11-39.jpg
 そして謎の新キャラ(?)も登場。弟子入りをするという少年も個性的ですし、どこか関連性を考えずにはいられません。それにしても、この少年、すごく可愛らしいデザインですね。いつきのように男装しているといわれると信じてしまいそうです。
 謎の金髪キャラは、服装からしてまず、敵であることは間違いなさそう。でも、イーラたちの耳あたりにあるコウモリの羽がないですし、ちょっと違う勢力ということでしょうか? その金髪からジョー岡田を連想しますし、トランプ王国でもジコチューでもない第三の勢力というのは、本当に存在しそうな気がします。

doki11-40.jpg
 エンドカードはキュアハートでしたが、変身シーンの、今までとは違うカットでした。どこを切っても絵になる変身シーンは素晴らしいですね。さすがバンクシーンというだけあります。

 というわけでドキドキ!プリキュア感想でした。

 新たなラビーズを手にする場面とベールビーストの動きだけ、作画の低調な感じがありましたが、それ以外はおおむね良好。むしろ表情豊かで、色んなキャラクターも登場し、新アイテムによる新しいバンクシーンも拝めて、むしろ非常に目には楽しい回だったかもしれません。
 ベールのさらなるリベンジがあるのか、そしてアイちゃんやジョー岡田の正体も気になるところですが、一番気になったのは、次回に登場するであろう金髪キャラでしょう。予告ですべてをもっていくあたり、古きよき、正しい次回予告という感じがします。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。