寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
TVアニメ プリティーリズム・レインボーライブ #8 「男の勝負はダンスバトル」 感想
RL8-30.jpg

 監督の「男キャラにもCGが」という談を知らない人には、非常に笑えるサプライズだったのではないでしょうか。

RL8-1.jpg
 いきなり不穏な空気からスタート。仲がいいはずの3人組内でもけん制しあっている雰囲気が、表面上だけの友好と、裏側に隠れた敵対心を感じます。それだけ本気、と考えることもできますが。
 そして、ここまであからさまに主人公たちに敵対心を持つライバルはプリティーリズム・シリーズでは珍しいですね。だからこそ個性が強いですが、現時点で人気は出にくそうです。イヤなキャラすぎて。
 この三人組たちも加えて合計7人がメインのようですから、いずれは、切磋琢磨するいいライバル関係になると思いますが、それまではイヤなヤツ、という印象で進みそうです。でも、わかなのこの笑顔はいい笑顔ですね。彼女の個性が出てます。

RL8-2.jpgRL8-3.jpg
RL8-4.jpgRL8-5.jpg
 正当な言い分のようですが、どうみても難癖に見えてしまう3人組からの返還要求。あんの曲がわかなの曲だという主張でしたが、あのタイトルや歌詞からして、わかなにはぜんぜん似合ってないですよね。でも、わかながあの曲を歌っている場面も、見てみたくはあります。
 なるのデコをこづくわかなですが、ヒロと違って小ばかにしているように見えるのはなぜだろう……わかなは性格がそうだからかな。ヒロのおでこポンは、どこか微笑ましく見えたんですが、行うキャラ、そのときの状況などで、同じ動作でもここまで印象が変化するんですね。止めに入ったいとが頼もしく見えました。
 自ら出てきて場を仕切ったCooさんはさすが大人ですね。こういう場面では大人な対応が光ります。
 先輩が作った歌、とあんが主張しているあたり、この時点ではあんも曲の詳細は知らなかったようですね。そして、エーデルローズ側は権利書ともいえそうな楽譜を持ってくるとのこと。べるの紳士的な対応が余計に悪役っぽさを強調しています。
 立ち去るときにりんねに視線をやったべるが印象的でした。まだりんねのことに執着しているようですね。むしろ、べるほど執着していない周囲がおかしいのかも。りんねは、天羽ジュネ以外では前人未到の4連続ジャンプを跳んだわけですから。

RL8-6.jpgRL8-7.jpg
RL8-8.jpg
 カヅキ先輩を探して高架下の広場までやってきたなるたち。そこに颯爽とスケボーであらわれた褐色男子。見た目こそチャラいものの、ギャップ狙いなのか、意外と後輩想いで情に厚そうな人ですね。そんな彼が曲の盗難に関わっているとは思えませんね。
 あんの申し出(プリズムストーンで説明)にも快く応じてくれたのが印象いいです。
 しかし、こういうストリート・ダンスもプリズムショーなのか……庶民的になったというのもそうですが、定義が広くなったというか、大半のダンス・ショー関係はすべてプリズムショーといえそうです。

RL8-9.jpgRL8-10.jpg
 コウジ作曲と判明し、コウジにも同席をお願いしにやってきたなるですが、このときはいませんでした。田中さんに手紙を託すなる。田中さんがいてくれて助かりましたね。というか、田中さんの出番のため、コウジはいなかったような気が(苦笑
 それは冗談としても、直接手紙を渡せなかったことで、コウジが来ない可能性を見せて、不安を煽る展開だったと思います。実際、コウジが来てくれるかどうかは、かなり微妙なラインで、視聴者的にも予想できませんでしたから。

RL8-11.jpgRL8-12.jpg
 べるたちのところにヒロも加わり、なにやら悪の算段が行われています。ヒロの思惑はどうであれ、面白い展開を期待するわかなは本当に悪い子ですね。ここまでヒールであれば、逆に一部の人気は獲得できちゃうかも。

RL8-13.jpgRL8-14.jpg
RL8-15.jpg
 ヒロの思惑は、この場で解決してしまうのではなく、コウジを舞台へひっぱりだすことのように思いました。そして、それができないとわかっているからこそ、エーデルローズ側の主張を通すことができると考えていたのかも。どちらにせよ、ヒロの思惑通りに進むはずだったんでしょう、ここまでは。
 ダンスバトルに発展したところで、ヒロの思惑に大きな狂いはなかったんでしょうね。

RL8-16.jpgRL8-17.jpg
RL8-18.jpgRL8-19.jpg
 コウジは意外となよなよ系だったんですね。けれど、彼は作曲の責任から逃げているように思いましたし、そこをいとが叱責したんだと思います。だからこそ奮い立ったのかもしれません。そういう意味では、なるのやり方より、いとによる荒療治の方が、コウジにはぴったりと合っているのかも。

RL8-20.jpgRL8-21.jpg
RL8-22.jpg
 定番すぎる展開ですが、タイミング悪くトラック前に子供が飛び出してしまいました。ブレーキをかけてくれといいたいところですが、こういう車はクラクションしかしませんよね。ブレーキが間に合わないレベルならまだしも、まったく止まる気配なくスケボーを破壊したところを見ると、本当にノンブレーキのようでした。乱暴な運転だなぁ……。
 何も悟らせない笑顔でやってくるカヅキに惚れそうです。徹底してイイキャラですね、カヅキは。気持ちいい性格しています。でも、この状態でのダンスバトルは不安です。

RL8-23.jpgRL8-24.jpg
 ダンスバトルはヒロの本当の思惑ではないようです。ヒロはコウジに執着していますし、彼の行動は常にコウジ関連と考えてよさそう。ヒロの思惑の前には、わかなの遊びさえ利用されてしまうんですね。わかなより一枚上手?

RL8-25.jpg
 この構図と場所の広さから、CGパートのような感じを受けましたが、まさかこうなるとは……。

RL8-26.jpg
 !?

RL8-27.jpgRL8-28.jpg
RL8-29.jpg
 男性ボーカルにアレンジされた「Boy meet girl」は、曲に関してはアレンジなので新鮮味があってよかったですが、ダンスが女性陣と同じ振り付けだったのが残念です。男には似合わない可愛い動きが多かったので。
 CGによる身長差も、今回は明確になっていましたね。ヒロの長身が際立ちます。こうなると、なるたち三人が並んで踊るシーンが見てみたいですね。身長差がどういう風に再現されるのか見てみたいです。

RL8-30.jpgRL8-31.jpg
RL8-32.jpgRL8-33.jpg
RL8-34.jpg
 !!!?
 プリズムショーがCGなので、当然ジャンプもCGなのはわかっていましたが、いきなりのヒロのジャンプは、かつての男子プリズムスターに通じるようなぶっとんだジャンプ演出で笑いました。
 カヅキのジャンプは、壊れたスケボー召喚には笑いましたが、イナズマイレブンのような、素直にカッコイイ演出でしたね。

RL8-35.jpg
 ダンス中に怪我には気づいていたようですが、ジャンプ後にふらついたカヅキを、ヒロは滑り込んで助けました。ヘソチラは笑いましたが、表情から必死さが伝わりますし、根っからの悪人じゃないというのはわかります。むしろ、わかなの方が心底性根が悪そうで(しつこい

RL8-36.jpgRL8-37.jpg
RL8-38.jpgRL8-39.jpg
RL8-40.jpg
 ダンスバトル終了後にやってきたコウジ。ついに表舞台にやってきましたね。
 ヒロの思惑通りではありましたが、さらにコウジに無理難題を押し付けてきました。コウジが実現不可能だからこその要求だったんでしょうけど、それを呑んで歌をうたおうとしたコウジに、ヒロはショックを受けます。
 文化祭のときに「コウジが作曲した」という事実にも、似たような演出でショックを受けていましたけど、ヒロの行動には、過去のできごとが関係しているようですから、そこは判明しないうちは判断しかねますね。コウジの再起にも関係してきそうですし、彼らの過去が気になります。

RL8-41.jpg
 カヅキ初登場でしたが、ヒロとコウジ、そしてわかなに出番を食われっぱなしだった気がしました。でも、最後で救済のようなフォローがありました。しかし、ここまでいっても「いい人」という印象は変わりませんね。コウジとの幼馴染ということですし、ヒロのライバルとしてもキャラ立ちはしましたから、今後、彼らとの絡みや、あんの先輩としての出番があるといいですね。あんと知り合った経緯なども気になりますし。

RL8-42.jpg
 次回は、いよいよエーデルローズ側、特にべるがメインとなって仕掛けてきたみたいです。りんねを表舞台に出させるようですね。あんのOP衣装も気になりますが、次回、もしかすると天羽ジュネの登場があるかもしれませんし、サブタイトルがとても不穏かつ詩的なので、すさまじいことが起こりそうな気配がします。

 というわけで、プリティーリズム・レインボーライブ感想でした。

 マイソング披露が各キャラ一回ずつしかないので、もう一周くらいみたいところですが、不意打ちの男子CGだったりと、予想をことごとく外してくれますね。テンプレを崩してくれるのは飽きないのでいいですが、純粋な「見たい」という要求にも応えてもらいたいので、もう何回かは、なるたちのマイソングが見たいところです。
 しかし、次回は次回で、またも予想できない展開となりそうなので、常に新鮮な気分で見ることができるのはいいことですね。なる→いと→あんと出番があったので、次はまさかりんねのマイソングかも? りんねはまだジャンプやライブしかしてませんから、ダンス部分から見てみたいですね。
コメント
コメント
男のCGの方がエロチックだった(笑)
ヒロはあんまり悪い奴ではなさそうですね。

むしろコウジが好きなんじゃないかな、きっと一緒にデビューしたかったのでしょう。

エーデルローズの女子3人のダンスが中々出てきませんね。セレノンも第二クールからだったから、6月まではなる達だけなのかもしれませんね。
2013/05/30(木) 09:23:03 | URL | セラフィー #IEcV/4mM [ 編集 ]
Re: 男のCGの方がエロチックだった(笑)
ヒロに関しては、見かけだけではない事情が絶対にありますね。険悪な雰囲気が前面に出ているので、実はその逆、というのは全然ありえる展開だと思います。

エーデルローズ組のCGも早く見てみたいですね。2クール目からのお披露目だとしても、なまじ最初から登場していただけに、焦らされる感が比較になりませんね。待ち遠しいです。
2013/06/03(月) 10:37:49 | URL | itimonji #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
オトハ)新作コレクションよかったですベル)よかったですわワカ)なにもかわなかったな・・・うん?面白いことやってくれるねЮワカ)人の歌を盗むなんて悪い子だね))アン:え?※アン盗...
2014/01/17(金) 01:53:16 | ぺろぺろキャンディー
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.