寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
ハヤカワ文庫 レッド・ドラゴン(上・下) 感想
読んできた小説の中でかなり好きな作品です。
 トマス・ハリスの作品で、あの有名なレクター博士が登場します。しかし大きな活躍をするわけではなく、彼を信仰するレッド・ドラゴンが犯罪を行っていきますが、その犯人と、捜査する警察、さらにレクター博士の思惑も加わり、とてもスピーディーに進むストーリーにぐいぐいと引き込まれること請け合いです。
 上巻ラストで起こるどんでん返しさえこの作品ではジャブみたいなもので、ラストまで息のつけない展開が続くのは素晴らしい。外国人作者ということで翻訳されていますし、ハヤカワ文庫のSF作品などをあまり読まれない方は、文体などが馴染まないかもしれませんが、私はよくSF作品を読んでいましたし、多くの外国人作者の作品でも、文章は読みやすい方だと思えましたので、誰かにすすめるときはまずこの作品を推すことに、私はしています。
 私にとってお手本のような作品になっているので、感想を書く上で外せないと思い、最初にこれを選びました。未読の方にはぜひ読んでもらいたいですね。

テーマ:読書感想 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.