寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニコニコ生放送 おねがいツインズ 一挙放送 感想
おねツイ

 見逃していたのでタイムシフトから見てきました。ツインズは途中まで見ていたのですが、どうせなら先日同じく一挙放送されたおねがいティーチャーも見ておけば、と後悔しました。
 前述したように、私はツインズは途中まで見ていて、ティーチャーはまったく見ておりません。そんな視点からの感想、しかも各話ごとではなくまるっと全部の感想になります。
 まず、おねがいツインズは、おねがいティーチャーと同じ場所が舞台のようです。前作にあたるティーチャーの数年後ですかね。しかし、前作キャラはちょっぴり登場するくらいで物語りに大きく入ってこなかったのは、今作から先に見る私には親切でした。前作キャラが出るのは完全にファンサービスだったのでしょう(しかし謎の生物とか、気になるところはいくつかありましたが)。
 そして、おねがいツインズの一番の売りであり醍醐味なのは、あらわれた二人のうちどちらが本当の肉親なのか、というところでしょう。
 このからくりがストーリーを一風変わったものにしていて、前作にあったらしいSFっぽさはないものの、そのギミックが普通のラブコメとは違う方向へ物語を転がすので、見ていて続きが気になるような構成になっていました。このあたり、監督や脚本さんの手腕というか、色がよく出ているんでしょうね。
 サブキャラクターの話も面白く、全体的に安定した面白さを保っていました。絵が古くて受け付けないという人もいるかもしれませんが、全話通して崩れることのない絵を見ればそれがいかにすごいかわかることでしょう。
 一挙放送ではOVAも放送され、それもなかなか楽しい後日談となっていました。キャラの性格が変化していたり、ファンサービスにキャラクターが出てきたりと、いかにもOVA、いかにも後日談という内容でした。水着もあるので視聴者サービスも欠かしておりません。
 欲を言うと、ミーナとカレン、どちらが肉親かという最終問題が最後で少ししか触れられなかったような気がしたのが残念だったかもしれません。どちらが肉親かという問題、そう考えるに至った写真が三枚ある謎、それらを解明するような行動を途中に何度か挟んでくれた方が、最後に種明かしだけされたような感覚が薄れたと思うのです。まぁこれは、リアルタイムではなく一挙放送を見たからこその感想かもしれませんが。
 というわけでおねがいツインズ感想でした。見てよかったと思える作品ですし、おねがいティーチャーもいつか見たいと思います。SF好きの私が好きそうなアニメだと思ってますので。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。