寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ ドキドキ!プリキュア #25 「華麗な変身!ニューヒロイン登場!?」 感想
doki25-1.jpg

 ドキプリ史上最大のギャグ回かと期待していたところに、不意打ちのジャンクション変更!
 エースが追加されたこの絵すごくいいですね。高橋さん作画って感じの絵で、ソードが凛々しくてカッコイイです。

doki25-2.jpgdoki25-3.jpg
 冒頭でいきなりあらわれるジコチューに、今回の話が短編として良質なんじゃないかという予感がありました。お決まりパターンを崩しているのはもとより、一話のうちに何回かジコチューが登場することがすぐにわかり、中身がギッシリつまっていて、しかもそれをうまく処理できる脚本になっているのだろうと思えました。
 ここのジコチューが、声優さん繋がりでジュエルペットサンシャインのイルカ先生っぽく見えたのはナイショ。

doki25-4.jpg
 防御が不甲斐ないことに謝罪するロゼッタ。防御が突破されるのは、敵が強化されていけば避けては通れない道ですが、申し訳なさそうにするロゼッタがちょっと可哀相。今回はリフレクションが割られたわけでもなく、そんなに防御に問題はなかった気がします。
 そして、何も助言をしないキュアエース・・・。
 エースはロゼッタが自分で気づくと見抜いていたようですが、そうすると、逆にソードやハートは、自分で気づけるような者ではない、ということでしょうか。まぁ実際、マナは引きこもってしまい、まこぴーも引退しようとしていたので、あながち間違いじゃないでしょうけど。

doki25-5.jpgdoki25-6.jpg
doki25-7.jpgdoki25-8.jpg
 未熟な自分を鍛えなおすため、専用道場らしき場所で特訓をするお嬢様。専用のロボが登場しましたが、このロボット開発の技術力があれば、四葉財閥の武力だけでジコチューたちは撃退できてしまいそうな気がします。
 けれど、ありすに怪我させる程度の出力なら、対人間くらいにしかつかえないのかも。それとも出力を調節すればジコチューとも戦闘可能だったり?

doki25-9.jpgdoki25-10.jpg
doki25-11.jpgdoki25-12.jpg
doki25-13.jpgdoki25-14.jpg
 人工コミューンが完成し、キュアセバスチャンへと変身! まさかの男性プリキュアが誕生するとは・・・「キュア○○」というネーミングですから、プリキュアにカウントしても問題ないはず・・・いや、違う意味で問題ありそうですが。
 姿がバッドマンっぽいのは置いておくとしても、スペック調査のために色々と試す様子は、けっこうアメコミヒーローチックでした。しかもマスクの目元が柔軟に動くので、その姿もあいまって、かなり悪役っぽい・・・暴走して敵になる、なんてことにならなくてよかった。
 スピードやパワーは申し分なさそうですが、ジコチューを浄化する特殊な力はなさそうですし、雪山でも耐えられるような環境耐性などもなさそうです。セバスチャンの体力では使いこなすのが難しいようですが、スタミナアップの恩恵もあるとよかったですね。やはり人工の限界か・・・。

doki25-15.jpgdoki25-16.jpg
 イーラとマーモは、最初に登場したジコチューコンビということもあって、どこか他のメンツより仲がいいように見えます。日差しとマーモの帽子が、夏らしさをよく演出していますね。服装は暑苦しいですが。
 滝で修行していたセバスチャンとマーモの荷物がいれかわってしまうのは、入れ替わりギャグとしての定番でした。崖からトランクが落ちる作画がやけに凝っていて笑えました。

doki25-17.jpgdoki25-21.jpg
 セバスチャンのトランクには誰のものかわからない化粧品が・・・。超貴重なはずの発明品がこんな化粧品に化けていたら、セバスチャンとしては冷や汗どころではないでしょうね。悪用されると、それこそ人工プリキュアが敵に回る可能性もあるわけですから。

doki25-18.jpgdoki25-19.jpg
doki25-20.jpg
 ドヤ顔でラブリンクするマナたちと、簡素な作画のコミューンが面白いです。
 そして、ラブリンクしてしまったマーモの放心したような姿勢、そこからのビシッとした決めポーズも面白いですね。自動名乗りシステムはないようですが、決めポーズシステムはあるようです。技術力が高い程度では説明のできない発明品ですが、「四葉財閥だから」で片付いてしまうのも、ある意味ではギャグですね。
 高いのは開発力ではなく分析力? コミューンを分析すれば、似たものは作れるのかも。今まで、変身アイテムを科学的に分析した人なんていなかったですからね。

doki25-23.jpgdoki25-24.jpg
doki25-25.jpg
 続いて登場した爪楊枝ジコチュー。小さい考え方をして、小さい攻撃しかしないのが面白い。せっかく登場したグーラの初ジコチューがこんなのとは・・・(初登場時のサインジコチューはリーヴァと共同だったのでカウントしないとして)。
 ダイヤモンドの的確なツッコミが冴え渡りましたが、休みないツッコミは大変そうだった。
 ヒコウキのジコチューもそうですが、今回のジコチューも個性的で、短縮時間で倒されてしまうのはもったいないくらいでした。でも、そのスピード感も、今回の話がしっかりまとまっていたということでしょうね。

doki25-26.jpgdoki25-27.jpg
doki25-28.jpgdoki25-29.jpg
 そこにあらわれたキューティーマダム! セバスチャンの焦りっぷりが笑えます。当事者だったとしたら、とても笑えない状況でしょうけど。
 河野さん作画ということでちょっと心配していた今回ですが、むしろ表情の豊かさが、面白いギャグに拍車をかけていましたね。セバスチャンの作画は安定していましたし。
 そして犠牲になっている器の小さそうなおじさん・・・もっと試食させろとかいう、小さなジコチューだったんじゃないかと簡単に想像できますね。おじさんには失礼ですが(笑)。
 人工コミューンでの変身では、正体隠蔽効果もないようですね。ダイヤモンドたちにマーモだと即バレしています。ドキドキプリキュアの変身では、正体隠蔽効果があるかわかりにくいですが、ソードの正体がまこぴーだと序盤で気づかなかったことを考えると、一応、変身によって正体を隠す作用はあるっぽいですね。
 どちらにせよ、人工コミューンにはそれらの効果もないということですが。

doki25-30.jpgdoki25-31.jpg
doki25-32.jpgdoki25-33.jpg
 世間で話題になるほど人気が出ているキューティーマダム。自分で事件を起こして解決している完全なマッチポンプですが、その仕組みを見抜かない限り、善良なヒーローに見えているでしょうね。
 可愛くなっただの、女性に人気だの、趣味じゃないだの、まったく別の論議をしているシャルルたちに笑ってしまいます。

doki25-34.jpgdoki25-35.jpg
doki25-36.jpg
 騎士装備のセバスチャン登場! 人工コミューンなくてもよかったような・・・とさえ思える強そうなビジュアルでしたが、やはりスペックは高くないようですね。むしろマーモがパワーアップしていますし、ほぼ普通の人間なセバスチャンはかなり危険だったんじゃないでしょうか。

doki25-37.jpgdoki25-38.jpg
doki25-39.jpgdoki25-40.jpg
 自分を想ってくれたセバスチャンのため、今までずっと世話をしてくれたセバスチャンのために、ありすはマーモのところへ向かいます。今までの二人の関係があらわれたシーンは、どれもいい思い出として語られて、微笑ましかったです。

doki25-41.jpgdoki25-42.jpg
doki25-43.jpg
 ヒーロージャーショーにあらわれたマーモ。欲望のためと高らかに宣言するのは潔くて清々しいくらい。

doki25-44.jpgdoki25-45.jpg
 やってきたロゼッタは、特訓の成果といわんばかりの蹴りをお見舞いします。ちゃんと動きと特訓が連動しているのが素晴らしい。
「であれば!」とか「鬼にでも悪魔にでも~」という台詞がセバスチャンの台詞とも繋がっていて、この二人が相手を想う気持ちというのが強く伝わってきました。
 パワーアップオーラにも目覚めるロゼッタですが、黒背景に黄色いオーラは、意外と相性がいいというか、むしろかっこよく見えました。いや、そう見えるのが普通なのかな。黄色いオーラはドラゴンボールからの伝統か、なんだか強くかっこよく見えるんですよね。

doki25-46.jpg
 文字通り上から目線に5つの誓いをいいにきた亜久里。しかし、いつものようにズビシッと指を突き出す感じではなく、控えめな指の立て方がちょっと可愛いです。

doki25-47.jpgdoki25-48.jpg
doki25-49.jpg
 エースショットは黄色に変化。赤や紫はまだよかったですが、黄色になるとケバさが一層増しますね。
 攻撃前に色が変化するシーンがあるので、やはりエースショットは仲間のオーラに関係なく、最初からバリエーションのある攻撃ができるのかもしれません。しかし、その効果が束縛のうえ、縄のようなもので縛っているのは、前回つかったエースショットの完全な下位互換に見えてなりません。手も自由ですし。持続力や自由度という点では、前回のエースショットより優れているのかな。

doki25-50.jpgdoki25-51.jpg
 ロゼッタリフレクションに、名前どおり反射能力が備わったのは実に心強いですね。ハートやソードに比べて、成長がちゃんとスペックとして如実にあらわれていていいですね。パワーアップがわかりやすいです。
 ありすとセバスチャンの関係が強まったと見ていいんでしょうけど、もともと言うまでもなく、二人は強い絆で結ばれていたような気がします。だからこそ、今回の展開はそれほど驚くようなパワーアップではなく、順当な結果だったようにも思います。
 この結末がわかりきっていたから、亜久里も何もいわなかったのかな? ありすのパワーアップに関しては、助言の必要なく、すぐに問題は解決されると見抜いていたのかもしれません。

doki25-55.jpgdoki25-52.jpg
doki25-53.jpgdoki25-54.jpg
 そんなわけで、次回は六花回・・・ナヌッ!?
 六花の悩むシリーズっぽいですが、ケガをしたイーラが登場しています。いつもとは違う優しい表情から、記憶喪失っぽさを感じますが、赤くなる六花や、スイプリの奏ゆずり(?)のたおやか顔を見せる亜久里など、見どころ満点のすごく面白い回になりそう。
 六花は一般人代表といった立場ですが、それゆえに悩むことが多く、場合によっては彼女を見てイライラしてしまう視聴者などもいるかもしれません。個人的には、現実離れしたメンバーが多い今回のプリキュアでは、貴重な一般人の価値観を持ったキャラクターだと思いますし、スマイルプリキュアのときのあかねちゃんのような、成長を描きやすいキャラクターだと思うので、悩むシリーズがあるなら嬉しいですね。これ以上悩むと、さすがにウザがられるかもしれませんが・・・。

 というわけで、ドキドキ!プリキュア感想でした。

 ギャグ回だから仕方ないかもしれませんが、ありすとセバスチャンはすでに関係が完成されていて、それほどパワーアップのきっかけだったようには思えませんでした。いや、むしろギャグ回にしては、うまく成長要素を練り込んだ方でしょうか? ありすとセバスチャンが、その守りあう関係を再確認するという。
 エースショットのバリエーションも気になりますし、次回は高橋さん作画のような雰囲気が絵からしていて、個人的にすごくイイ回になりそうな予感がしています。六花が悩み、どういう結論を出すかも気になりますが、次回の最後にイーラはどうなっているかも気になります。彼にとっても、衝撃的なことが起こりそうですからね。
コメント
コメント
キューティーマダムがキュアパッションに似ているという説があるみたいですけど、どう思われますか?個人的にはそんなに似てないと思うんですけど。

ハートやソードに比べて、成長がちゃんとスペックとして如実にあらわれていていいですね。パワーアップがわかりやすいです。

ハートはまだ良いんですけど、ソードは前回プリキュアスパークルソードを撃っただけだったのでパワーアップが少し分かりにくかったですけど、今回は分かりやすくて良いですね。

2013/07/23(火) 21:16:52 | URL | 名無しのフ #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
わたしもキューティーマダムとキュアパッションが似ているという印象がありましたが、それは完全なデザインの話で、しかもごく一部・・・主に腰から下くらいのデザインを指しているんだと思います。レースのすそ、前の方が短くて後ろが長いスカート、黒いタイツ、ハイヒール・・・色は濃い赤ではないですが、このスカートから下のデザインは、パッションにまぁまぁ似ているんじゃないでしょうか

マーモの白っぽい髪も、キュアパッションとは似ていますね。

もちろん、こまかい部分を見比べればそれほど似てないんですが(上半身やアイマスクなど)、あくまでシルエット的な感じで、全体をぼんやりと覚えている人には、「似ている」という感想が出たんじゃないかと思います。

シルエット的なデザインがぼんやり似ていて、なおかつ「敵が変身する」という共通点からも、すぐにパッションを連想した人が多いんだと思います。プリキュアシリーズだからできる、セルフパロディのような感じだったのかもしれませんね。

ロゼッタのパワーアップがわかりやすかったのは本当によかったです。次回の六花回のときも、できれば今回のように一度だけ苦戦する描写を入れるか、パワーアップ後にちゃんと戦う描写が欲しいところですね。でも、次回は六花の心の成長がメインそうですし、身体的なパワーアップでなくても、知略だったり決意だったり、何かしらが強くなったとわかる描写があれば、それでいい気もします。
2013/07/24(水) 01:26:43 | URL | itimonji #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。