寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ ドキドキ!プリキュア #26 「ホントの気持ちは?六花またまた悩む!」 感想
doki26-42.jpg

 六花回はラブコメチックな展開ながらも、将来の夢についての切ない話!? 作画や演出がずば抜けていて、圧倒的なクオリティとなっていました。このテーマでこのスタッフ陣だと、ハズレないですね。

doki26-1.jpgdoki26-2.jpg
 将来の夢というテーマの授業。マナは総理大臣と、現実的かつ大きな夢を持っていました。
 こういうテーマって、プリキュアだと外れがない印象があります。登場人物が、自分の夢に悩んだり決意したりする話だからでしょうね。

doki26-3.jpgdoki26-4.jpg
doki26-5.jpgdoki26-6.jpg
doki26-7.jpgdoki26-8.jpg
doki26-9.jpg
 小松さんのすっごく可愛い作画(1話や、赤いクリスタル登場回など)に加えて、田中さんの演出(ロゼッタ登場回、弟子回、赤いクリスタル登場回など)が冴え渡ります。このあんみつを食べているシーンだけで、今回は見る価値があったといってもいいくらい。
 可愛い作画はもちろんですが、細かい動きや、日向と日陰のコントラスト、キャラクターを中央に置かない構図などが最高です。亜久里ちゃんのたおやか顔も見られました。しかし、予告でも思っていましたが、亜久里ちゃんはデコキャラなのか・・・キャラクターデザイン繋がりで、スイートプリキュアのエレンを思い浮かべますね。

doki26-10.jpg
「なぜそんなに離れる・・・」という疑問は置いておくとして、こういうキャラクターの配置にも、田中さんの演出っぽさが出ています。同じ場所で喋っているより、こういった配置にしていると、何となく自然で、ドラマチックに見えたりするものですね。そういった「感じ」にさせてくれることこそ、演出さんの素晴らしい仕事の見せどころでしょう。

doki26-11.jpg
 まさかイーラが落雷に遭うとは・・・いや、それよりも、アジトがリーヴァとグーラに乗っ取られている方が重要でしょうか。
 前回も、イーラとマーモは、(恐らく)涼しいはずのボウリング場にはおらず、外でぐったりしていましたもんね。ここ最近、ジコチュートリオたちにもスポットが当たっていますが、トリオ内で唯一、影を潜めているベールのことも気になります。下克上のため、計画でも立てているのかな。

doki26-12.jpgdoki26-13.jpg
doki26-14.jpgdoki26-15.jpg
 両親ともに予定が入り、また家族団らんの機会を失った菱川家。しかし、今までとは違ってラケルがいますから、六花も寂しくないでしょうね。ラケルの存在は、六花にとって大きな存在になっていそうです。
 ラケルから見上げるような構図の六花も可愛いですが、耳をぷにぷにされてとろけるラケルも可愛い。ぷにぷに癖は、これまたキャラクターデザイン繋がりで、スイートプリキュアの奏を思い出しますね。彼女も肉球フェチでハミィの肉球をぷにぷにしてましたし。

doki26-16.jpgdoki26-17.jpg
doki26-18.jpg
 六花の思いつきでデートすることになった二人(?)。はしゃぐラケルが可愛いです。
 ラケルが水から飛び出すシーンや、髪の毛を口からのける六花のシーンなど、作画のクオリティもさることながら、それを入れ込むセンスに脱帽です。今回は演出力が普段と段違いすぎて、ちょっと浮いてしまった感さえあります。嬉しいことは嬉しいのですが、相対的に見ると他の回が劣ってみえてしまうのは痛いですね。比べなければいいんですが、こういうスタッフさんの底力を見てしまうと、どうしてもね。

「デートしよう」という台詞は、いつぞやのマナの「あいしてる~」などもそうですが、プリキュアで聞くとは思わない台詞が急に出てくるので、見ているとけっこうドキッとしますね。台詞選びもドキプリは独特かもしれません。
 百人一首の句を詠んだのもよかったです。ちゃんと設定が活きていますし、今までの話との繋がりが感じられます。こういう部分がちゃんと描かれないと、「今までの話はなんだったのか・・・」なんて感想が出てしまいますからね。ブツ切りの短編集を見ているわけじゃないですから。

doki26-19.jpgdoki26-20.jpg
doki26-21.jpg
 イーラを発見して応急処置をする六花。「悩んでいてもしょうがないじゃない!」という台詞は、六花にとっても必要な言葉でしょうね。ハートの思うまま決めるのも大事でしょう。それが夢を決めることにも必要なんでしょうけど、このときの六花は、まだ気づいてはいないようです。
 紳士なイーラにお礼をいわれてドギマギする六花が可愛いです。やはり女子の可愛らしい姿を引き出すためにも、男子という存在は大きいですね。もちろん賛否はあるでしょうけど、わたしはプリキュアには男キャラが登場してもいいとは思います。男を排斥した不思議な世界観は、プリキュアでは不自然に思えてしまいますからね。
 でも、この辺のバランスは好み、そして作品のテイストに寄るところがあるでしょうね。

doki26-22.jpgdoki26-23.jpg
doki26-24.jpg
 作ったオムライスのできばえに苦笑する六花。ここでも今までの話と繋がりを感じていいですね。しかし、そこに気をとられて段差につまづいて・・・。
 非常にラブコメ的な展開で、ついニヤニヤしてしまいます。ここまでラブコメ的な話は、意外と男性向けで、プリキュアでやることは今まであまりなかったような・・・? テレビの前で、女児はイーラにきゅんきゅんしているのか気になります。
 少女コミックなどでは、ラブコメ的なものってあまりない印象があり、コテコテの恋愛マンガという印象がありますが、どうなんだろう? こういうハプニングは、やはり少年マンガ的じゃないかと思ってしまいます。

 オムライスと六花をかばったイーラが男前ですが、ずっとのしかかったままの六花が可愛い。というか二人とも初々しくて可愛い。イチャイチャしている二人に嫉妬するラケルも可愛い。可愛いしかいってないな今回・・・。
 六花の髪の毛がイーラの鼻を刺激して、くしゃみしちゃうところが何か非常にリアリティありました。そして苦笑いする六花・・・でもイーラの上からどかないあたり、バカップル感があってよかったです。もう付き合っちゃえばいい。

doki26-26.jpg
 シャルル「ラケルゥ~♪」
 この能天気で何も知らない感じの声が実によかった。

doki26-25.jpgdoki26-27.jpg
doki26-28.jpg
 まるで浮気現場を目撃されてしまったような、なんともいえない空気感がいいですね。ちょっと気まずそうな六花、対照的に平然としているイーラ、そして目が点になっているシャルルたち・・・遠くにいるのに、ちゃんと目が点になっているとわかる作画もグッド。

doki26-29.jpgdoki26-30.jpg
doki26-31.jpgdoki26-32.jpg
 キュアエースの狙いはわかっていましたが、それでもこのシーンは容赦ないように見えました。まこぴーは立場的には賛同しにくいはずですが、レジーナの件で考え方を改めたのか、今回はすんなりと六花の味方をしました。ラケルの必死さもあったからでしょうね。
 こういうところのキャラクターの心情変化も、今までの話との繋がりや意味を感じられて嬉しいシーンです。ちゃんと今までの経験が「今」に活きているんですね。

doki26-33.jpgdoki26-34.jpg
doki26-35.jpgdoki26-36.jpg
 記憶喪失になったいきさつも古典的でしたから(落雷という方法は斬新でしたけど)、同じく戻る方法も古典的ではありました。けれど、そこからエネルギー弾を弾くイーラがカッコイイ。いきおいよく迫る構図や、弾を打ち上げる構図、そして爆発など、どこをとっても素晴らしい。

doki26-37.jpgdoki26-38.jpg
 しかも、イーラが戻って素直に喜べるダイヤモンドがまたイイ。医者という夢を、すでに戦場医レベルの意識で実現させちゃってる気がします。患者の前では、善悪なんて問題は些細なことなんでしょうね。六花の中に、医者としての心構えが備わった瞬間でしょう。ラブコメ的なストーリーで展開しながら、それを通じて、将来の夢に繋がる構成の脚本が実に心地よかったです。
 ここのやさしい表情がまた素晴らしい・・・。

doki26-39.jpgdoki26-40.jpg
 そしてダイヤモンドにもパワーアップ・オーラが! 戦闘シーンによってパワーアップが表現されていたのもいいですね。肉体派ではないからこそ、肉弾戦によってパワーアップが感じられます。
 キュアハートの台詞からすれば、「パワーが高まった」状態のようです。パワーが高まった・・・単純な台詞のはずですが、どこかしっくりときて、どこか違和感があって、そのぴったりはまったピースのような台詞がすごい。オーラ力(ちから)のような、不思議と理解できて納得できてしまう説得力があります。

doki26-42.jpgdoki26-43.jpg
 そしてそして! 柱に飛び上がって決め口上! ここで雨が晴れる演出が、口上シーンをさらにかっこよく、神々しくしてくれていました。スマイルプリキュアの父の日回もそうでしたが、プリキュアで雨が降るときは、すばらしい回確定の法則があるかもしれませんね。

スマイルプリキュアで素晴らしい演出の数々を見せてくれた境さんは、ドキドキプリキュアには参加してないようですね。トリコやワンピースに参加しているのかな。

 手でマークをつくる口上は、もともとある要素をうまく再利用しているだけですが、その使い方が最高でした。このために今まで出し渋っていたとしたら、もう全部許しちゃうくらい申し分ない使いどころでした。こりゃあ、ソードやロゼッタの口上シーンも、いつ登場するか気になるところですね。この演出に負けないような使いどころを用意してあげてほしいです。

doki26-41.jpg
 今回は青(水色?)のエースショット。相手をシャボン玉のようなもので捕縛しますが、また捕縛攻撃のようですね。
 もしかすると、エースショットはそもそも色によるバリエーション関係なく、捕縛攻撃なんじゃないかと勘違いしそうです。ハートキャッチプリキュアのフォルテウェイブのように、捕縛を兼ねた浄化技かな? ハートシュートもそんな感じがしますし。
 それとも、色でバリエーションがありつつ、浄化技と捕縛技のバリエーションがある、とか? どちらにせよ、もう何回かエースショットを見てみないとわかりませんが、そろそろエース販促期間も終わりそうなので、どうなることやら。

doki26-44.jpgdoki26-45.jpg
 必殺技の演出のまま動くシーンは、やはり楽しいものがありますね。定番が崩された感覚になりますし、普段見れない部分が見れたという特別感があります。
 氷を吸い込むように食べていくグーラ。ダイヤモンドシャワーは一度の発動で何度も出せるのがいいですね。利便性がありますし、長時間の放射など、競り合いにも強そうです。
 グーラがお腹を壊すという、なんとも地味な幕切れでしたが、頭を使った戦法に見えましたし、大将格でもあるグーラには、こういった戦術も有効でしょう。この時期、冷たいものを食べ過ぎる子供たちへの注意としてもいい方法だったんじゃないでしょうか。

doki26-46.jpg
 イーラが包帯を解くシーンは、六花との決別を感じましたが、それでもまだ煮え切らないというか、彼の中には、確実に六花という存在が残ったのではないかと思いました。これから二人がどうなっていくか気になります・・・。
 敵キャラとの因縁は、今後の対決や一騎打ちなどのときに非常に有効に作用しますが、今のところはダイヤモンドとイーラくらいしか繋がりがなさそうですね。以前は、ハートとベールに因縁があったように思いましたし、それはまだ継続してるかもしれませんが。

doki26-47.jpgdoki26-48.jpg
doki26-49.jpgdoki26-50.jpg
 最後に菱川家が勢揃いできたのがよかったです。
 ラケルのしたり顔は「なぜ君が?」とちょっと笑えましたが、六花の成長が喜ばしいのかもしれませんね。六花の「医者」という夢は変わっていないのに、その「心構え」が変わったという成長描写もイイ。
 すごい少しずつな成長ですが、毎回、ちゃんと一歩ずつ前進しているのわかって、六花の成長は見ていて楽しいです。
 でも、「悩む」と「またまた悩む」が出てしまったので、もうそろそろ悩むシリーズも終わりでしょうか。それはそれで寂しいものがあります。スマイルプリキュアのあかねちゃんのような、等身大キャラという感じで六花は好きなのですが・・・。
 最後に「最大の悩み」とか「最後の悩み」といった、総決算な話がきてくれると最高すぎますが、やってくれるかなぁ。

doki26-51.jpgdoki26-52.jpg
doki26-53.jpgdoki26-54.jpg
doki26-55.jpgdoki26-56.jpg
doki26-57.jpg
 次回も作画がよさそうです。しかも、今回とは違ってコミカルな演出で攻めてきそうですね。
 エースの弱点とのことですが、それと野点がどういう接点で繋がるのか気になります。レディを決めるとかいう野点の参加目的が、ロイヤルイエローのときとちょっとかぶっている気がするんですが・・・。
 まこぴーのポンコツっぷりも久しぶりに見られるようですし、不運な顔面担当ランスの豪快なお茶かぶりも見れるようで、非常に楽しく面白い回となりそうです。

 というわけで、ドキドキ!プリキュア感想でした。

 5つの誓い編は、成長描写についてはほとんど文句なしなのですが、それを先導するキュアエース、そして5つの誓いという誓文が、ちょっと余分に見えてしまうのが本末転倒な気がします。
 キュアエース、そして円亜久里という人物が謎の存在なのはいいとして、「5つの誓い」が唐突すぎるのがアレなのかな? すべてが終わったときに「5つの誓い!」ですから、どうにも後付け感があったり、ご都合主義っぽく見えたり、いわば「アイカツ格言」やイナイレの「今日の格言」っぽく見えてしまうのがマイナスなのかな(それらが悪いわけではなく、ストーリー上の意味合いが薄いという意味で)。
 どうせなら話の最初などに、エースが5つの誓いを一つずつ言って、その言葉の意味を考えながら、問題に向き合ったりする方がいいんじゃないかと思います。マナのときのような展開といえばいいでしょうか。
 しかし、四人のメイン回も終わり、ついにキュアエースの出番となりましたし、弱点とやらも気になりますが、正体なども語られるかもしれませんし、次回は非常に気になりますね。
コメント
コメント
グーラが退却したのは氷を食べ過ぎて頭が痛くなったからじゃ?。

百人一首の設定がまた使われたのは本当に良かったです。何となく使いにくい気がするので。

エースショットの性能は赤い色で撃った時は普通に浄化、他の色だと捕縛で合ってるんでしょうか?。



2013/08/01(木) 11:22:48 | URL | 名無しのフ #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
そうですね。グーラの腹痛は氷の食べすぎが原因です。書き方が不十分でしたね・・・でも、絵面が地味だったことは違いないでしょう(苦笑)。

百人一首もそうですが、アン王女の趣味など、ドキドキプリキュアは、一度登場した設定をちゃんと大事にしている気がします。かるた設定も、今後何回か、もしくは最終回などで一年を振り返るときなどに登場しそうですね。

エースショットの性能は、現段階では赤=浄化、それ以外=捕縛で間違いないのですが、それだとあまり納得できないというか、設定が適当に思えてしまいます。せっかくルージュの先端が色んな色に変化するのに「それ以外=捕縛」でひとくくりにしてしまってるのが残念です。色によって多彩な効果が出てくれたらよかったのですが・・・これからそうなるのかな。
2013/08/03(土) 22:23:57 | URL | itimonji #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。