寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦 感想
d5ffa864.jpg

 昨今ではかなり例外的な、特撮ヒーロー映画のテレビ放送! 支離滅裂なお祭り映画として悪評(?)の高かった本作でしたが、未見だったのでテレビ放送はありがたかったです。内容は二の次として(笑)。

【概要】
仮面ライダーディケイド、ゴーカイジャーのゴーカイレッドが一番のメイン。ディケイドはスーパー戦隊を、ゴーカイレッドは仮面ライダーを倒していきます。それは、自分たちの陣営(ライダーならライダー、スーパー戦隊ならスーパー戦隊)を守るためのようで・・・。


【ストーリー】
上記あらすじがメインで進む本作ですが、「歴代ヒーローを倒していく」というのは、どんな理由であれ、あまり気分のいい映像ではありませんね。好きなヒーローが負けてしまうわけですから。しかし、一応、その行動には理由がありましたし、最後に全員登場しますから、各作品にリスペクトがないわけではないでしょう。

「全ヒーローが集結!」という煽りだったわりには、仕方のないことですが、登場には偏りがあったように思います。まぁ多すぎますし、自分がひいきにしているヒーローが多めに映れば「やった!」と喜んでいいレベルでしょうね。

テレビ放送のため、逐次CMが挿入されるということ、放送枠に合わせて内容のカットが行われていることが、今回の特徴でもあり、映画版と比べて劣っている点となるでしょう。初見だったわたしには、意外と違和感なく見れたことを考えると、カットされている部分はファンサービス的な部分だったりして、本筋にあまり影響なかったりするのでしょうね。どうやらデンライナーのシーンなどがカットされているらしいですが・・・。それとも、最初からしっちゃかめっちゃかだから、どこをカットしても大して変わらないとか(笑)。でも、お祭り映画だからこそ許される脚本の強引さのようなものは、あったはずです。それもひとつの「うまい」脚本と言えるでしょう。

本筋は、黒幕をあざむくためディケイドとゴーカイレッドは、ライダーと戦隊を倒していく(フリ?)をして、黒幕がビッグマシンを登場させたところで叩く。しかし今まで味方していたディエンド(ディケイド登場の2号ライダー)が裏切って・・・という、けっこう王道でわかりやすいものでした。登場作品が多いから、それほど凝った内容が作れないんでしょうね。

ディケイドファンの人などは、久しぶりのディケイドに熱狂しつつも、キャラ改変やディエンドラスボスという展開がうけつけなかったのかもしれません。そういう、一部のファンが割を喰ってしまう映画であることは間違いありませんが、ライダー歴も戦隊歴も少ないわたしとしては、なかなか楽しめたところです。

すぐにニチアサを卒業してしまう子供向けに作るのであれば、ディケイドやゴーカイレッドを映画オリジナルっぽく見せる展開にするのも悪い手段ではないでしょう。ディケイド、ゴーカイジャー、そして全ヒーローを出す作品なのに「子供向け」にするのは狙った客層が違うかもしれませんが、やはりヒーローは、まず子供のものであるべきだと思いますからね。


【クロスオーバー】
基本的には、当時の現行作品だった「仮面ライダーフォーゼ」「特命戦隊ゴーバスターズ」と、ライダーや戦隊がやられていく元凶(?)である「仮面ライダーディケイド」「海賊戦隊ゴーカイジャー」、そして当時の現行作品のひとつ前である「仮面ライダーオーズ」「海賊戦隊ゴーカイジャー」(重複)の出番が多めでした。

といっても「オーズ」からは比奈ちゃん、「ゴーカイジャー」からはジョーとハカセがメインで登場したり、現行である「フォーゼ」と「ゴーバスターズ」は最初と最後しか登場しない完全なるオマケだったりと、これまた作品に偏りを感じたのが本音です。この作品は当時の現行作品ファンというより、「オーズ」か「ゴーカイジャー」か「ディケイド」のファンが、一番楽しめるんじゃないでしょうか。「ディケイド」なんて少し前の作品にも関わらず、そのライダーの性質上、メインを張ることができましたからね。まぁ、その「ディケイド」ファンが納得しにくいストーリーではあったかもしれませんが・・・。

デンライナー(仮面ライダー電王)が登場したところもそうですが、ラストの大集合・大乱戦シーンでは、色んな作品がクローズアップして取り上げられ、そのシーンこそこの作品の醍醐味であり本命でしょう。BLACKの「やめろ信彦!」や、ゴセイジャーのカードを借りた仮面ライダー龍騎・剣・ディケイドのトリプルキック、オーズのライダーキーで変身したゴーカイジャーのガレオンバスター、ロケットとドリルを装着したゴーバスターオーのキックなど、作品をまたいだ連携は燃えるところがありました(BLACKはクロスオーバーというよりファンサービスって感じでしょうか)。欲をいうなら、各コンボに変身したゴーカイジャーに戦って欲しかったですが、すぐにガレオンバスターをしてしまったのは残念。でも、ガレオンバスターの発射シーケンスのときに聞ける関さんの声で、いつもと違うセリフが聞けたのは特別感があってよかったです。

映像的な面でも、最後にワラワラと集結してくるライダーと戦隊の映像や、仮面ライダー1号とアカレンジャーが対峙するシーンで集まってくる仮面ライダーたちが暴走族に見えて仕方なかったり、ワルズギル(ゴーカイジャーの敵)が手をバタバタさせながら突進してくるシーンなど、ちょっと笑えるところがあるのも面白かった。それをいうなら、ディケイドに変身する門矢士の髪型だけでも笑えるのですが(笑)。


【総括】
お祭り映画ということで、脚本を重要視しない空気ができあがっていたのが、この作品が受け入れられる絶妙な部分でしょう。もちろん、脚本を最重要視するような人であれば、「ディケイド」陣営のキャラ改変ともいえるようなキャラクターの変貌、唐突な展開などが気になるかもしれません。それでも、一応の説明はできる展開だったと思いますし、そこまでひどいストーリーでもないような。テレビ版は内容がカットされているので、そのヒドイ印象が特に顕著かもしれませんが。

しかし、脚本を気にするわたしでも、この映画は「お祭り映画」という認識がありましたし、そこまでストーリーは気にせず、「あの作品は出るかなぁ」「あれが見たいなぁ」という感じで視聴しましたので、そういうスタンスであれば概ね満足いく完成度でしょう。個人的にはオーズの変身が見られただけで満足でした。

映画で見るほどではないな、という感想ではあるので、当時、映画館で見た人は、この映画の印象が悪い方向へ補正されちゃっているんじゃないかと思ったり。もちろん、自分もそうなる可能性はありましたし、ある意味、テレビで見れたわたしは幸運だったと思います。ニチアサで映画を見るのは(わたしは録画しましたが)なんだか遠足みたいな感じでワクワクしますし、来年はスーパーヒーロー大戦Z、プリキュアの方もオールスターズNS2が見たいですね。

というわけで、スーパーヒーロー大戦感想でした。

でも、あまり映画のテレビ放送を恒例化させると、実際の映画のときにお客さんが少なくなっちゃうかもしれませんね・・・。個人的にはお祭り映画よりは、現在放映されているような単体映画の方が好きではありますが、こういう機会があるなら、お祭り映画を見るのもいいですね。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。