寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ 超速変形ジャイロゼッター まるごと感想
ジャイロ01

 色んな車ロボットが満載のジャイロゼッターも、これにて終了。一年間付き合ったという感慨深さはありましたが、色々と惜しい点が目につく作品でしたね・・・。

【ジャイロゼッター固有の要素】
 ホビーアニメ、しかも搭乗するタイプのロボットアニメとあって、放送当初はかなり期待したものです。超速変形という、粒子化→再構築の変形プロセスも、「変形か?」というつっこみをいれながら楽しむことができて、キッズアニメ特有のカオスさもあったんじゃないかと思います。色んなデザイナーのロボットが登場するという企画もマル。

 キャラクターも可愛らしく、当初あったお色気シーンなどは、今のご時世ではけっこう勇気あるなぁと思えるシーンで、古き良きロボットアニメを思い出しました。

【不満点など】
 しかし、肝心のロボットはといえば、CGで作成されていましたが、その動きがけっこうカクカクしていたというか、単純にいって変形バンクや必殺技バンク以外は「かっこよくない」というのが本音ですね。デザインはいいのですが、動きがイマイチで・・・しかも、モブ機体や後継機、パワーアップ機体が登場したときも、その見せ方は、お世辞にも上手だったとはいえません。戦闘シーン的にも、エピソード的にも。そういうところは、同じキッズアニメというくくりで見れば、ダンボール戦機ウォーズの方が上手ですね。

 ときどき、短編ながらとてもクオリティの高い話はありました。サブキャラクターが光っているというか・・・でも、それはメインストーリーにはまったく関係ないものですし、そのメインストーリーは、一年やるほどでもないくらい、簡素というかあっさりしていましたね。もっと濃いはずなのですが、意識的に簡素にしていたというか・・・。

 主人公たちのいる組織・アルカディアから寝返った秘書や、敵組織に所属する洗脳兵士(イレイザー)たち、未来とのリンク、次元を超える力・・・もっと面白くできただろう、そして、もっと語るべき内容があっただろうと悔やまずにはいられません。かなりの消化不良感と、おあずけをくらったような不完全燃焼感がありましたね。

【ストーリーのつくり方】
 総監督さんのツイッターにて、スポンサーであるスクウェア・エニックスへの批判的な(あくまで穏やかにですが)言葉が最終回放送後に書きこまれ、その違和感は納得することができました。スポンサーサイドが、作品にかなり大幅な制限・枷を課していたようで、それに縛られてうまくつくれなかった、というのが総監督さんの言い分でした。

 作品というのは、最初にガッチリと設定を固めてしまうと、それに準じたものしか作れなくなるので、必然的に、作品のスケールなどが小さくなってしまいます。未来というのは無限に広がっているように見えますが、実は過去の時点である程度未来が決定してしまう、というのが、最近の時間の概念の定説になっています。

 作品づくりと同じで、ある程度の余裕があれば、あとから自由に設定できたところを、「口ぐせ」や「身につけているもの」「好物」など、何から何まで決められていて、さらに「こんな話を作ってくれ」なんて言われた日には、プロが作っているラーメンに、素人が適当に手を加えたようなデキになってしまうことは明白です。それらのぶちこまれた要素を、今後のストーリーにうまく活用するというのは、なかなか難しいのです。なかったことにできるなら、まだいいですが・・・。

【製作現場の声】
 総監督さんの(一見して)批判的なつぶやきは、一応は作品への感謝や好意をもってのつぶやきだったので、私としては気になりませんでしたし、ジャイロゼッターに対する違和感の正体がわかったので、とてもありがたかったです。中には、楽しく一年を過ごして余韻に浸っていた人などは「水をさすなよコンチクショウ」なんて思っちゃうかもしれませんが、ツイッターやネット掲示板に目を通している時点で、そういう、製作者側の情報が入ってくるくらいは、覚悟してほしいものですね。総監督さんは批判ではなく、ジャイロゼッターへの愛をつぶやいてくれたのですから(そういう「体」にしていただけでしょうけど)。

 スクウェア・エニックスも、ホビーアニメのノウハウなんてないのですから、アニメスタッフさんたちに任せておいた方がよかったと思うんですがね・・・総監督の「こうしたかった」「ああしたかった」という無念は、私からすれば、「見たかった」ものでしたし、それが実現しなかったのは実に残念です。

 最終話を例に出せば、敵を撃破後、主人公のカケルが次元の狭間にのみこまれる→戻ってくるという、あまり意味がわからない展開がありました。よく、最終決戦にて主人公が行方不明になり、しばらくして帰還を果たす、という展開は王道としてありますが、それだと、決戦からしばらく経っている方が効果的です。けれど、このときのカケルは、直後に帰ってきたような感じで、「次元の狭間にのみこまれる」というハラハラする要素が、まったくうまく作用していませんでした。

 これは、私としては、スポンサーサイドが「最終話のサブタイトルは【未来はカケル!ライバード】で」「カケルは一度、次元の狭間にのみこまれましょう。そして戻ってきてみんながワーッみたいな感じで」という、とにかく「やりたいこと」をやってもらうように要求していたんじゃないかと思ったり。「やりたいこと」をやるのはとても難しいのですが、それをわからずに要求され、スタッフさんたちは無理やりねじこむしかなかった、という現場の苦悩を感じました。

 もちろん、総監督のつぶやきを全面的に信用するのは危険ですが、わざわざ嘘をつぶやくとも思えませんし、スタッフたちへの感謝や、メンツ、名誉のためにつぶやくこともあると思います。まぁ、スポンサーはお金だけ出していればいいのに、口を出すのは昔から・・・ガンダムの富野さんもそれで苦悩していましたが・・・わかりきっていることですし、そこをうまく受け流すか、なだめすかすなどして良いアニメを作るのも、総監督に要求されるスキルかもしれませんね・・・そういう意味では、スポンサーが主導している(はず)のレベルファイブのアニメは、現場的にはすごくスムーズで平和なのではないでしょうか。

【良かった点】
 多少、脱線してしまった感想ですが、ジャイロゼッターにも面白い話があったことは事実です。パトパンダー回、イレイザー666回、温泉回、バカンス回、ファイナルバースト発動回・・・メインストーリーでも、ソウタ救出回や、イレイザーキング出撃回や、ハルカ関連の話などは面白かったです。作画がキャラクターデザイン原案のカイエダさんの絵に忠実になる回は、力が入っているのか、大抵の場合、作画だけでなくストーリーも良質な感じを受けますね。

【最後に】
 個人的には、イレイザーたちの話はまだまだやれたと思いますし、ラストのクライマックス展開はもっと長くしてよかったと思います・・・総監督は「愛着があるから戦わせられない」とか言っていましたけど、それは言い訳で「設定のアラが如実になる」と白状していますからね。本筋がうまくいっていれば、ラストの展開を長くすることも、きっとできたんだろうなぁ・・・。

 でも、最終回のエピローグEDですべてを許してしまえた気がするのは、一年付き合えたアニメだからこそ感じられる感覚だと思います。あれを、ダイジェストじゃなく一話まるまるつかってじっくり描いてほしかったくらい。あと、近藤真彦さん(マッチ)の曲が通年でテーマソングになっていましたが、この曲がまたかっこいいですし、ジャイロゼッターにぴったりという感じでよかった。この曲をバックにエピローグを見れただけでも、一年見た価値はあったと思います。決して、人に自信をもってオススメできる一年ではなかったですが(苦笑)。

 そして最後に・・・EDが終わったあとの、カケルとソウタの掛け合いはなんだったんだろうか・・・。カケルのヘッドホンがソウルイレイザーというファンの仮説への回答? それとも、ED曲を流すというノルマの達成?
コメント
コメント
ゼツボー的にお疲れさまでした
スクエアはファイナルファンタジーの映画化でも失敗しているので、アニメは苦手なのかもしれません。でもエニックスの方はガンガン作品のアニメ化で実績あるんだけどな。

タカラが「アーケードゲームに親子の愛憎劇を」と菱田監督に発注するはずが無いので、スポンサーとうまくやっていく方法はあると思うのだけれど、この辺は作り手の個性なのか、スポンサーの干渉が強すぎたのか判断が分かれるところですね。

私はりんね(そういやこれもりんねだ)ちゃんが可愛かったです。それとロケット団みたいな悪役男女が面白かったな。
2013/09/29(日) 00:27:09 | URL | セラフィー #oWGK8OJE [ 編集 ]
Re: ゼツボー的にお疲れさまでした
そういえば、スクウェアエニックスはガンガン系で考えれば、アニメ化自体はそれなりの成功率のはずですね。やはりキッズアニメというのが、門外漢だったのでしょう。

キッズアニメはスポンサーと作り手の思惑がかなり入り乱れるので、成功は難しいのかもしれませんが、そこを乗り越えられた作品というのは、かなりの完成度とパワーがあると思いますし、だからこそ、期待したい部分もあるのですがね。

そういう「チャレンジ精神」のようなものって、深夜アニメではオリジナル作品くらいしかないと思いますからね。リスクを負って成功をつかもうとするガッツを感じられるので、そういう意味でもキッズアニメは好きです。熱意を感じられますし、まるでこちらが試されているような意気ごみも感じますからね。
2013/10/02(水) 01:55:47 | URL | itimonji #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。