寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ ガッチャマン クラウズ まるごと感想
ガッチャ

 最近いろいろと攻勢が激しいタツノコプロの、伝説的タイトルをつかった本作品。
 しかし、本作もまた、タイトルで選り好みと先入観で見られてしまった作品でしょう。元祖ガッチャマンほど深い話はできなかったかもしれませんが、現代(近未来?)の舞台を生かしつつ、ヒーロー論なども取り入れ、しかもところどころにガッチャマンらしさを感じることはできました。

【概要】
 ノートをつかって変身するガッチャマンが、悪の敵ベルク・カッツェと戦うお話・・・といえば勧善懲悪の痛快ヒーロー作品ですが、ガッチャマンはそのような作品ではありませんし、もちろん、ガッチャマンクラウズも、そんな作品ではありません。かっこいい変身後の姿(Gスーツ)のお陰で、そう勘違いされた方も多いでしょうが・・・。

【ヒーロー論】
 そもそも元祖ガッチャマンが、ヒーローものへのアンチテーゼというか、アニメっぽさを排除しようとした作品でもありますので、本作もそういう傾向にはあったかもしれません。変身するのに戦闘しなかったり、一話のうちに必ずしも変身・戦闘がなかったり。

 そうなった場合、本作でメインに据えられていたテーマがなんだったかと言えば、「善悪論」や「大衆という存在」でしょう。超ヒーロー的存在としてのガッチャマンと、一般人のヒーロー化であるクラウズ、そして災害のような純粋悪のベルク・カッツェが入り乱れ、それぞれの意見を戦わせるのが本作の醍醐味なので、そのテーマに興味がない、好奇心をゆさぶられないのであれば、まず好きにはなれない作品かもしれませんね。

【作画面】
 キャラクターの個性的なデザイン、奇抜な色使い、Gスーツデザインなどは、中村監督らしいテイストになっていたでしょうから、これまた、監督の作品群が好きな人には、クリーンヒットの映像だったと思います。

 しかし同時に、同監督とタツノコプロの傾向として、作画が安定しないという問題があります。中村監督はこだわりが強いあまり、現場スタッフにかなり高いハードルを要求してしまうようで、監督作品の「C」や「つり球」でも、そのしわよせのような回がありました。
 本作も、途中で総集編っぽいパートが入ってしまったのは、そういうことじゃないかと邪推すると、残念ではありますね。その総集編が予定どおりのものならよいのですが、不足の事態をカバーするためのものだとしたら、本作は、もしかしたらもっとよい形で完成していたかもしれませんからね。一応、放送されたものが全てですし、仮定の話をしたところで何の得にもなりませんが・・・。

 タツノコプロも、それこそ元祖ガッチャマンの時代くらいから、韓国への下請けを依頼していたくらい、作業パワーとしてはちょっと頼りないスタジオで、それは同スタジオの作品では顕著に見られる光景ですね。手抜きがうまければわかりませんが、如実にわかるシーンもあるので、そういう意味では、タツノコ作品は、今の高水準アニメを見ていて、それを当然と思っている人にはむかないところがあるでしょう。

【セリフ】
 中村監督の作品は、小気味いい会話も特徴的だと思っていて、印象的なセリフが登場したり、やりとりに洋画的なスピード感があったりして、そこが好きな部分でもありました。「~ッス」という言葉づかいで要領を得ない主人公はじめのセリフや、ベルク・カッツェのネットスラング満載なセリフは、そうそうお目にかかれるものではないでしょう。

「意味不明なのに意味がわかる」という感じで、その感覚が非常に楽しい。もちろん、わざとまわりくどく、抽象的に表現しているともとれますから、それが鬱陶しいと感じる人はいるかもしれませんけどね。でも、あのはじめというキャラクター性であれば許してしまえるところがあるので、そういうキャラ設定も絶妙。

【タイトル】
 本作の「ガッチャマン クラウズ」というタイトル、作品を見事にあらわしていて、実にいい名前だと思うのですが、基本的に(私もそうですけど)先入観を持って物事にあたる人たちには、あまりよいタイトルではなかったでしょう。

 旧作ファンは、実際の放送などを見て「こんなのガッチャマンじゃない」といって視聴を止め、古いアニメやリメイクに興味のないアニメファンは「ガッチャマンに興味ない」といって視聴を止め、視聴者の分母がすごく少なかった印象。「ガッチャマン クラウズ」という、旧作へのリスペクトは随所にありながらも完全に独立した作品になっていましたから、ちゃんとそういう目線で見ればよいのですが、そうもいかないのが人情なのでしょうか。普段から比較や相対評価ばかりしている人は、このタイトルから色々と比較したり裏読みしたりして、けっきょく見ていないという人が多い気がします。このアニメに限らない話ですが。

 何はなくとも視聴者の数が多ければ多いほど、統計学から見ても、正しい評価につながりやすいですから、そういう意味では、視聴者が少ない(という仮定の)現状では、不確かな評価が下されている気がしてなりません。もっと、タイトルなどに縛られずに、純粋にその作品を見れる人が増えてくれると嬉しいのですけど(いないとは言っていない)。
 まぁ、概ね賛否両論という意見の割れっぷりですし、分母が増えたところで、その評価は変わらないような気もしますが。視聴者にある程度を託すスタンスの本作は、視聴者がどっぷりとハマりこむかそっぽをむくか、両極端な結果になりやすいはずですから、仕方ないところもあるでしょうけどね。

【エンタメ作品として】
 ここぞという場面で変身したり、嫌な敵を倒したり、痛快な戦闘シーンがあったりという、アニメのテンプレート(王道)はあまり踏襲していないので、そういう意味で、爽快感はない作品かもしれません。あくまでドラマ部分やストーリーを楽しむもので、バトルに期待していると肩すかしを食うでしょうね。でも、最終話付近のベルク・カッツェがもたらす災害へ立ち向かうシーンは、ある種の爽快感が得られますから、まったくないわけではありません。ガッチャマンクラウズ特有の快感が得られることは、間違いないでしょう。

 それ以外では、主人公はじめや、敵のベルク・カッツェが予想外の行動などをよくしてくれるので、毎回、先の読めない展開にハラハラして見ることができたと思います。ヒーロー論だけでなく、善悪についての問答もあり、それに対するはじめのスタンスには、賛同できる人もいればできない人もいるでしょうね。でも、スタンスを貫いているという意味では、爽快な人格をしていると思いますので、そこは主人公らしい主人公だったと言えるでしょう。

 はじめへの好感と不快感は、そのままこの作品への好感度になるでしょうけど、まるで視聴者を試すような、視聴者の思考を活発化させて引き出すようなこの作品は、売上至上主義であらゆる人を呼びこまねばならない昨今のアニメでは、なかなかできることではないでしょうね。それもこれも、このアニメが実写映画の宣伝として作られた(という推測)からでしょうか。だとすれば、このような作品は稀有で、好きなファンにはたまらない作品となったでしょう。

【クライマックス】
 タイトルで色々な先入観を持たれ、見られたり見られなかったり、そしてその先入観というものさしではかられてしまった不遇な作品だとは思いますが、現代のソーシャル社会をわかりやすく風刺していて、現代の正義や現代の悪をうまく表現していたと思います。だからこそ、現代流の人助けの形なども描くことができ、そういうシーンでは福島の震災のときの人々の援助を思い出しましたね。

 ラストのすっきりしない展開は、これまた賛否がわかれるところだと思いますが、激しい戦闘シーンがなかっただけで、ストーリーとしてはきっちり完結していたと思います。ただ、そこもまた直接的な描写はなく、想像しなければならない部分がありましたが、「恐らくこうなんじゃないか?」という予想はできる範囲内だったので、全然許容範囲内でした。予想できるだけの材料は、本編に用意されていましたからね。
 さすがにそれさえまるでなく、いきなりあのラストだったなら「丸投げか?」とか「不完全燃焼だ」という感想も致し方ないでしょうが、尺の都合をうまく演出として昇華させた(誤魔化した)ラストだったでしょう。ああいう、想像の余地があるラストというの、またいいものです。

 ラストをきっちり描くかどうかは、作品として答えを出すというスタンスか、それとも視聴者に想像させることで問いかけるスタンスかの違いになりますし、どちらが正しい手法とは言えません。ここの好みは、完全に好き嫌いになりますが、作品そのものが視聴者へ問いかける側面を持っていた以上、こういうラストにしたほうが、押し付けがましくないのでいいでしょうね。
 ガッチャマンクラウズという作品として、善悪のカタチに結論を出していたら、絶対に変な空気になったと思いますから、終わりはあれでよかったと思います。

【総括】
 観念的な内容だったことは事実ですが、変身後のGスーツデザイン、BGM、OP、そしてなんといっても内田真礼さんと宮野真守さんのすさまじい怪演を見るという意味でも、価値のある作品だったと思います。アニメとしても珍しい作品であることは間違いないので、普段のアニメに飽きてしまった人や、ある種の珍獣を眺めるような感覚でもいいので、見てみても損はないのではないでしょうか。
 ・・・って、いまさらススメたところで、見る術がないですよね。一月くらいに発売されるBOXが安いので、買ってみるのもいいのではないでしょうか。作画修正に期待できますし、私も資金があれば購入するかなぁという感じです。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。