寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ 2013年 秋開始アニメ まるごと雑感
秋アニメ一覧
 一通りはじまった今年の秋アニメ。アニメが終わったときの感想だけでは、もしかしたら「これ見てみたい」と思ってくれた読者さんがいるかもしれないと我ながら思い上がり、オススメする意味もこめて、放送初期の感想も書いてみたいと思います(じゃっかん出遅れた感もありますが・・・)。
 念のため注意ですが、現在好印象だったとしても、評価が落ちることは当然あり、また、尻上がりに面白くなっていくこともあるので、その判別までは、現段階では難しいですので、ご了承ください。
 でもまぁ、大抵の場合、最初の数話ですべてが決まる感じはしていますが・・・。

※参考のため、感想を書いた秋アニメ一覧。
IS〈インフィニットストラトス〉2/革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON/ガンダムビルドファイターズ/俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している/凪のあすから/キルラキル/のんのんびより/ゴールデンタイム/機巧少女は傷つかない/世界でいちばん強くなりたい!/BLAZBLUE ALTER MEMORY/WHITE ALBUM2/ワルキューレロマンツェ/メガネブ!/夜桜四重奏-ハナノウタ-/pupa/アウトブレイク・カンパニー/マギ/東京レイヴンズ/コッペリオン/ガリレイドンナ/サムライフラメンコ/蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-/ストライク・ザ・ブラッド/京騒戯画/リトルバスターズ!~Refrain~/ぎんぎつね/ミス・モノクローム-The Animation-/境界の彼方/勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。

IS〈インフィニットストラトス〉2
 第一話がOVAの序盤だけというとんでもない構成。まだストーリーらしいストーリーがはじまっていないので何とも言えませんが、そもそもストーリーが巧みな作品ではないので、好きなキャラクターがいれば見る、というスタンスでいいのではないでしょうか。
 仮にそういうスタンスだったとしても、キャラクターは多く、そのうえ出番が人気順であからさまに偏っているような作風だったと思うので、ひいきのキャラの出番がないと、見る意義は薄くなるかもしれません。
 一応、戦闘シーンに期待してもいい作品だとは思いますが、個人的にはパワースーツ(ISだっけ・・・)のデザインがあまり好きではないので、完全にキャラクター描写と、戦闘のアクションくらいしか焦点を当てていません。

革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON
 セカンドシーズンとはいうものの、一期からまったく間が空いていない展開での再スタート。
 前のシーズンは設定上の整合性や心情、リアリティのある描写が欠けていてどこかカオスアニメっぽさがありましたが、セカンドシーズンになって方向修正してきた気配があります。これがずっと続くなら、それでもいいのですが。
 しかし、それだと対象の客層が変わってしまうため、セカンドシーズンから好きになる人もいれば、前のシーズンのファンはいなくなってしまうとも考えられますね。個人的には、もう真面目な内容はあまり期待していないので、ツッコミどころ満載なまま楽しく見たいものです。

ガンダムビルドファイターズ
 以前、限定的に公開された「模型戦士ガンプラビルダーズビギニングG」の思わぬヒットから産まれたんじゃないかと思う本作。実際、ビルダーズもすごく面白く、今回はじまったこのビルドファイターズも、かなり面白い作品となっていました。
 すでにダンボール戦機などに大きく開けられてしまっている感のある、ホビーを全面的に押し出したアニメですが、作画がテレビシリーズとは思えないほど素晴らしく、また、ガンダムという深い歴史はパロディなどにはうってつけの土壌で、それらが内容にとてもマッチしていました。
 新しいシリーズでかつてのパロディなどをやられると、ちょっと興ざめすることがあるのですが、これはすでに「ガンダム」という作品が存在している世界観なので、パロディが自然にやりやすく、それが鬱陶しくないのがいいところ。
 戦闘シーンだけでなく、キャラクターの作画も可愛くてかっこいい。デザイナー原案のヤスダさんはちょっと不満を漏らしていましたけど、ヤスダさんデザインとガンダムAGEのデザインの中間という感じで、個人的には非常に好みです。
 色んな機体が世界観や時間軸関係なく登場させられる時点で、今までのシリーズのファンにもストライクなこと間違いなし。ガンダムシリーズ初見の人でも、作中に登場する何も知らない子供みたいに、「これを機にガンダムに触れる」ことのできるいい作品となるでしょう。
 しかしギャグ色とスポコン色、のんびりテイストという感じなので、血で血を洗うシリアスな展開が好きな人には、なまっちょろくて合わないかもしれないですね。

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している
 もはやひとつのジャンルと化した節のある長文タイトルのアニメ。主人公の脳内に選択肢があらわれ、選ばないと激痛に襲われる・・・という部分以外は、いたって普通のラブコメ。ラブコメを否定するつもりはないですし、定期的に1、2作は必要だとは思っていますが、主人公と女子との会話が面白くないのは致命的。
 でも、選択肢というのをとことん掘り下げたような1話冒頭は面白い。生物は進化の過程であらゆる選択をしてきたという定義には、ちょっと疑問が残りますが(生物は好きで進化したのではなく、たまたま適応したものだけが生き残った、というのが現在の進化論の定説なはずなので)。
 あとは、選択肢が絶対に行使されるというのは面白いかもしれません。非現実な二択があった場合、必ずどちらかが起こるというわけですから。物語を動かす上では、非常に便利な設定ですね。そういう現象がなぜ起こっているのかは、おいおい説明が欲しいところですが。
 ディオメディアさん制作ということもあって、OPの映像はすごくキャッチーでよかったです。あれだけのために見てもいいかなと思うほど。逆立ちシーンがあんなに面白く、可愛い瞬間だったとは。

凪のあすから
 P.A.WORKSさんと岡田麿里さんという鉄板コンビ。しかもブリキさんキャラクターデザインということで期待度は高いですが、正直なところ、ブリキさんの絵の再現に苦心しているようで、似ていたり似ていなかったり、崩れているんじゃないかと思ってしまう表情は考えもの。
 陸に住む人と海に住む人の話でありながら、恋愛をメインテーマに据えているようですが、泳げたり歩いたりする水の中の描写に、かなりの拒否感があります。細かいところを気にするカタイ頭をした私は、呼吸できることは設定上いいとしても、せめて水中の描写は、水中らしい動きをしてほしかったです。歩きから泳ぎに移行する際に水の抵抗がどう働いているのかわからなくなります。気泡も出たり出なかったり、衣類や食器などが水中とは思えないほど早く動くところも気になります。絵での表現が難しいのなら、「特殊な人種」というよりは、「水中世界」みたいな、納得できる設定にしちゃってもよかったような。
 現在の映像表現だと、空気の約19倍の抵抗がある水中での描写ができていませんし、物理法則を無視していることになりますからね。魚でさえそれに従っているのに、あの膜みたいなものだけで、あんな動きができるとは思えません。できたとしても、歩きや走りと泳ぎの物理抵抗が変わっているのも気になります。
 水の中の村での掟やルールなどは、いわゆる田舎にある因習、みたいな展開を思わせますが、それらの世界観や設定をうまくからめて恋愛を語ることができるのか、見ものでもありますが不安でもあります。単なる「住む世界が違う二人」を語るためだけにこんな設定にしていたら、肩透かしもいいところですからね。

キルラキル
 トリガーさん制作、今石監督、すしおさんキャラクターデザイン、中島かずきさん脚本、澤野さん音楽と、ファンなら垂涎もののスタッフ陣。そして、その前評判以上のものを用意したという感想です。
 ガイナックスに縁の深い声優さんが多いですが、今まではそれが飽きを感じさせる部分がありましたが、今回はむしろ個性となっていますね。他のアニメで、最近よく聞く声優さんがあまり出ていないという現象が起きて、キャスティングだけでもすでに個性が出ています。
 東宝特撮のようなタイトルロゴが個性的です。その太くて赤い文字が本編中にも何度も登場して、難しい名前などはすぐに理解できるからいいですが、ちょっとそれが鬱陶しい部分もありました。でも、映像としてはすごい個性が出ています。
 戦闘要素アリ、お色気アリと、なんでも揃っている印象の上、主人公が最初から目的を持っているなど、非常にスピード感のあるオーソドックスな脚本。もう、王道すぎて面白くないわけがない、と思ってしまいます。不安というなら、この作品は2クールあるようで、どれだけ壮大な話に発展していくのか、そしてこの勢いは持つのか、という不安がありますが。
 色っぽい場面で目をギラつかせる男子など、今となっては懐かしい表現が、むしろ珍しくなって貴重な要素となっていました。さらに、グレンラガンやブラック★ロックシューター、うーさーでの縁なのか、サンジゲンさんのCG技術もいかんなく発揮されていて、古臭い絵づくりのはずなのに最新に見える映像がすばらしい。キャラクターをCGにしてしまうとさすがにわかりやすいので、吹き飛ぶ人やガレキ、模様、光など、なるべく「気づきにくい」シーンに使用してほしいものですが。
 絵が綺麗、ということなら、もはや他のアニメでも普通にやっていることですが、「かっこいい動き」というのは独特なもので、もちろん技術として受け継いでいけば問題ないのでしょうけど、色んなアニメを見ていると、なかなか継承できてないんだなぁと思います。その「かっこいい動き」の技術を持っているスタッフ陣の、痛快爽快ハイスピードアニメ、と考えると、それだけでもじゅうぶん貴重で、見る価値はあると思いますね。脚本も期待できます。ちょっと肩入れしすぎるような感想は控えたいところですが、これは本当に面白い。ちょうど、私のような人を狙っているんじゃないかと思いますね。
 セクシーな描写が多いですが、エロというよりはスケベに近く(スケベな輩も多いですし)、主人公・流子のデザインや神衣・鮮血のデザインを見ても、永井豪チックな作品だと言えると思います。直近では「ドロロンえん魔くんメーラめら」がありましたが、あれと同じ感覚で見れるのが楽しい。
 これもまたネットなどで見た感想ですが、まさに女版スクライドという感じでしょうか。

のんのんびより
 にゃんぱすー。
 この作品を語るには、これだけでじゅうぶんというくらい、他にめぼしいものがないアニメでした。
 一応、田舎アニメということで、学校の生徒が少ない、学年の違う生徒が同じ教室という、この作品特有の個性はありましたが、言ってしまえば、これはよくある日常アニメの舞台が「ド田舎」に変わっただけで、それ以外の特有の要素といえば、やはり「にゃんぱすー」くらいじゃないでしょうか。
 何も考えないでいいアニメですから、そういう牧歌的な空気に浸りたい人、出演声優さんのファンなどであれば、好きな作品かもしれませんね。作画も良好というよりは平凡なので、本当に雰囲気が好きか嫌いかでわかれてくると思います。
 にゃんぱすー。

ゴールデンタイム
 有名作品「とらドラ!」作者の新作がアニメ化。この人の作品はメインヒロインがぶっとんでいる傾向にあると思うのですが、それは本作でも健在。しかも大学が舞台とあって、よくある学園ラブコメとは違う個性が見られそうではあります。
 しかし、舞台が舞台ですから、高校より自由度が増している分、面白い展開にするには腕が必要と思いますので、そのへんは期待と不安が混じっています。大学を生かしきれないような展開なら、2クールもあるようですから、見ずに切ってしまうかもしれません・・・作画もそこまでよくないですし、正直、メインヒロインの堀江さんはあまりジャストな配役とは思えないので。

機巧少女は傷つかない
 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる、通称俺修羅の監督というだけあって、色使いがまったく同じで、ちょっと見にくい部分がありました
 ストーリーとしてはドールマスター的な主人公が、積極的に肉体関係をせまってくるドールをかわしながら敵と戦うようなお話。主人公がちょっと好きになれない達観しているタイプですが、女キャラが可愛いですし、アクションも期待できそうではあります。
 設定がどこかで見たことあるようなものなので、ストーリーまでそのようだと、飽きがきて見なくなっちゃう可能性がありますが・・・。やはり、圧倒的な個性か、強烈な牽引力のあるストーリーが欲しいところです。作画やキャラクターだけではなく。

世界でいちばん強くなりたい!
 アース・スターのコミックがアニメ化。今まで同出版社のアニメは短いアニメが多かったですが、今回はまるっと30分弱。しかも女子プロレスという、あまりやらない題材なので、これは今までにないアニメですし、けっこうファンが集まりそうな印象。
 実際はプロレスとは名ばかりのアイドル(声優)恥辱アニメのようにも思いますが、それはそれで、コアなファンが集まりそうです。逆に、プロレスファンはコレジャナイ感で避けてしまうこともあるでしょうけど、プロレスファンの自分は、どういう扱いであれ、プロレスが登場するとちょっと楽しくなりますね。
 作画などは、一昔前という感じがしますが、今の小奇麗なアニメばかりがちょっと飽きていたので、こういう古臭い感じがちょっと楽しかったりします。声優さんの演技も素晴らしく(?)、痛みを感じさせない色気たっぷりの喘ぎ声は気になりますが、そういう方面でもファンができそうなアニメでした。というか、それが大半だったりするのかな。

BLAZBLUE ALTER MEMORY
 評判の悪かった1話ですが、思ったほど悪くないという印象。大まかなストーリーや、キャラクターの人間関係を知っていたからこそ、すんなり入ることができたのかもしれません。
 ジンの飛び道具だけはさすがに笑っちゃうような作画でしたが、それ以外のわずかな戦闘シーンで、原作ゲームっぽさをしっかり感じられましたし、作画は低調に見えるかもしれませんが、ある一定のクオリティを保っていたので、異常な崩れがなければいいんじゃないかと思えました。
 OPが未完成なのも珍しくはないですし、むしろ完成版まで焦らされるのが楽しくもあったり。
 固有名詞が多いのはちょっと難点ですが、話の流れで、それが「アイテム」なのか「土地」なのか「武器」なのかというのはわかりやすくなっているはずですし、意外とわかりにくいストーリーではないと思いました。キャラを多めに出したのはちょっと視聴者がパンクするかもしれませんが、それはストーリーの都合上と、ファンサービスを兼ねているんだろうと思いましたね。
 とにかく、テンポは実にスムーズだと思いましたし、ノエルの謎などちょこちょこと気になる要素も散りばめられているため、普通に続きが気になります。
 でも、京騒戯画などでも思いましたが、最近の視聴者というのは、やたらと説明を求めるんだなぁという印象です。思考を最初から放棄しているというか、思考の必要のないアニメを欲しているというか。もちろん、顧客の要望が全てだとは思いますが、多少は今後の展開を予想したり、現状に興味を持ったりしないものかと、むしろ驚いてしまう現象を確認しましたね。意味不明でも、ストーリーの骨子くらいは察せられる内容だと思うのですが。

WHITE ALBUM2
 ゲーム原作のアニメ化作品。2とは銘打っているものの、いわゆる「ペルソナ4」や「デビルサバイバー2」みたいなもので、ナンバリングに意味はなく、続編ってわけじゃないようなので、本作から入っても全然問題なしの作品。
 しかし、いわゆる恋愛ゲームの論法で作られているため、最初の主人公の独白なども特有で、これがもう胸焼けしてしまう人とかいそうです。私もその気配はあって、最初は見るのが辛かったですが、1話ラストですっかり引き込まれました。音楽の力は偉大だ・・・。
 作画も、原作ゲームが高画質恋愛ゲームのためか、背景などすごく綺麗で、絵もあまり破綻がなく、静かな絵づくりがすごく上手な印象。
 唯一懸念があるとすれば、主人公を好きになれるかというところですが、いわゆる無個性主人公のようですし、セリフがちょっとクドいというか詩的すぎて鬱陶しいので、そういった細々とした部分が気になってフラストレーションはたまってしまうかも。それすら気にさせない魅力的の展開などが続くのであれば、最終的に気に入る作品になりそうです。

ワルキューレロマンツェ
 18禁ゲームのアニメ化。こういうアニメは、普段聞かない声優さんの声が聞けるので、変なイメージがなく見れるのが嬉しい。
 ジョスト(騎馬決闘)という特有の要素もあり、試合をするシーンはCGでしたが、甲冑やスピード感ある動きなど、CGで表現するとかなり効果的なシーンだったので、なにげに迫力がすごかったです。これこそまさに、3DCGの有効活用ですね。
 キャラクター作画も可愛く、パンツの作画に凝っていたのにも驚きました。黒レースのパンツとか、描くの面倒そうなのに・・・。テンポも非常によく、1話でしっかりとキャラ紹介+問題発生+次回へのヒキができていました。固有名詞(実在する名詞ですが)の説明コーナーも丁寧でグッド。
 お色気アニメなどであれば、謎の湯気や光などがあるものですが、1話に関してはそういったものが登場せず、興が削がれることなく見れたのがよかったです。普段、特に気にしていない湯気や光ですが、そういったものがないとアニメとしてしっかりしているように見えるんだなぁと再認識。
 原作ゲームがゲームですから、エッチな要素などがあるはずですが、それをどれだけ入れてきて、どれだけ排除してアニメに仕上げているのか、そのバランスに個人的な興味もあり、視聴は継続しそうです。それに騎兵での試合が本当に迫力満点ですからね。砕け散る専用槍の破片などがすごくかっこいい。

メガネブ!
 色彩の暴力という表現が最適な絵づくり。メガネを愛する諸君のアニメならよかったのですが、登場キャラがメガネばかりなのは「そういうもの」のようで、メガネ部もヘンテコアイテム開発部みたいになっていたのが気になりました。
 ギャグとしてもテンポが悪く、映像表現は面白いものばかりなんですが、その映像表現ありきみたいな間の悪いシーンが気になって仕方ありません。奇抜な演出でシャフトさんを想起した人が多いようですが、あちらはシーンや間に最適な演出を行っているとすれば、こちらは演出をやりたいために、間などが犠牲になっているとでもいえばいいでしょうか。
 演出自体は本当にかっこいい。でも、ギャグだからテンポがよくないと飽きてしまいますし、ポンポンとリズミカルに話が進んでほしいのに、ひとつのネタでダラダラと三十分コントを続けるようなもので、かなり脚本(コンテ?)に難があります。数話見て、その退屈感が拭えなかったら、視聴は断念するでしょうね。もともと女性向けで、私なんて見なくてもいいんでしょうけど(苦笑)。

夜桜四重奏-ハナノウタ-
 ヤスダスズヒトさん原作コミックが二度目のアニメ化。ヤスダさんは一度目のものがあまり納得いっていなかったのか(推測ですが)、りょーちもさんに熱心にお願いをして、何度かのOADを経ての同スタッフでのアニメ化という流れ。
 ヤスダさんのデザインとはかけはなれていますが、りょーちもさんが動かしやすいようにリデザインしたようで、それもヤスダさんの要望なので、動きは文句なく素晴らしいです。
 しかし、この作品を読んでいた人の大半は、ヤスダさんのデザインだからこそ見ている、という感じだったはずなので、そこをなくして動きを優先させてしまったのは、采配ミスというか、デザインを維持したまま動かしてほしいという欲張りを言ってもよかったんじゃないかと思います。デュラララやデビルサバイバー2のように、ヤスダさんデザインを忠実に再現しているアニメもあるので、本作のデザイン変更は、ヤスダさんファンにはちょっと不評かもしれません。
 でも、アクションは文句なく素晴らしい。ストーリーはもともと薄いので、あまり気にする必要はないでしょうね(失礼)。キャラクター、アクションを注目していればいいでしょう。妖怪たちと共存している設定というのは、ちょっと人を選ぶかもしれませんがね。

pupa
 これはちょっと違う?
 前評判はよく、私も原作コミックは気にいなっている作品ですが、秋アニメ化といって全然放送されない作品です。まさか、この秋に「アニメ化」が決定しただけで、放送期日は未定とかいうオチじゃないかと思ったり。
 変な宣伝方法は悪評だけを広めちゃいそうですが、これがどう響くか・・・一応、放送されたときは、このことも踏まえてチェックしたいですね。
 それで、実際はいつごろアニメやるんだろう・・・。

アウトブレイク・カンパニー
 オタクな主人公が異世界でオタク文化を広めるというお話。
 榊一郎さん原作ということもあって、安定した面白さと言えるのでしょうけど、個人的には好きじゃないストーリーですね。異世界モノという題材はいいのですが、オタク主人公ということ、オタク文化を広めるという目的があまり好きになれません。
 いちいちフィクション的場面で興奮する主人公にもイラつきますし、その行動が波乱を呼ぶという展開もムリヤリ感があります。一応、社会経験のない「オタクだから」で通用する展開ですけど、だからこそ、この作品は展開や要素、主人公が好きになれないとまず好きにはなれない作品だろうなぁと思います。
 なんだかオタク文化礼賛の気配も感じますが、そこまでオタク文化を持ち上げられていることにも違和感があります。異世界ですから、そこは「オタク文化の反応がよかった」で通じるのは便利ですけど、そこまでしてオタク文化をテーマにするのもなぁという感じ。
 狙っている読者層、視聴者層がオタクだからかもしれませんが、オタク文化を布教する活動というのは、普段から身近に感じている人もいると思います(友人関係などで)。そして、その活動というのは、興味があればいいですが、押し売りや押し付けのようになってくるとすごくウザいもので、そういう感覚があるからちょっと拒否反応のあるところです。
 主人公は素質があって、なおかつ場をわきまえ、「布教活動が嫌い」という特徴まであれば、それと真逆の現状に苦悶するようなシーンができていいんじゃないかなぁと思っちゃいます。オタク文化はげんしけんくらいの扱いにされるべきで(究極の身内ネタであり、世間的には歓迎されていない)、そういう扱いを、個人的にはしてほしいと思っています。頭の固い意見ですがね・・・。
 端的にいえば、自分がオタクということもあって、アニメでまでオタクを見たくないという感じでしょうか。げんしけんのように、「あるあるネタ」を感じさせつつ、面白ければ構いませんがね。なんだか、フィクションのために作られたオタク像というのが、受け付けないかなぁ・・・。

マギ
 二期モノが多いですが、こちらも二期モノ。
 前期のときはオリジナル展開などをやって、原作と離れてしまったため、賛否両論だったようですが、私は前期の分は途中までしか見ていないので、まずはそちらを見て判断しようかなぁというところ。でも、原作を見ていない分には、原作との乖離は別に問題ないとは思っています。でも、その乖離によって面白くなっていないのであれば、考えものですが。

東京レイヴンズ
 ラノベ原作アニメ。個性的なキャラクターデザインと、原作者のあざの耕平さんらしい世界観が特徴でしょうか。
 あざのさんのファンであればまず間違いなく楽しめるんでしょうけど、私はそれほど熱烈なファンというわけではなく、また、このアニメはキャラクターデザインがちょっと好きになれない感じがしています。車などのCGが浮きすぎているのも気になります。
 絵の好き嫌いで視聴するアニメを決めることはあまりしないのですが、これはちょっと気になって集中できないレベルです、個人的には。
 また、その違和感を払拭できるほど、ストーリーに強烈な魅力を感じているわけでもないので、私としては、加点はなく減点のみで、そのまま見なくなりそうという予感がしています。
 絵だけでなく、会話や設定などでも、現時点で魅力を感じていないので、この作品特有の「何か」、もしくは個人的にストライクな展開が欲しいところです。

コッペリオン
 以前アニメ化が決定していたものの、福島の震災をうけて企画が立ち消えに。しかし今期、ついに復活しました。
 原作ファンとしては、廃墟のようなボロボロの舞台、そして原作の絵を損なわないままアニメ化しているのに驚きましたが、同時に、「放射能」というワードと存在が完全に消えているのが残念。
 一応、「何らかの有害物質」を匂わせるようにはなっていますが、放射能特有の「奇形動物」や「半減期」などの要素が消えてしまっていますし、コッペリオンにとって放射能とは一種の「ラスボス」であり「舞台装置」でもあるため、その根幹を成す要素が消えてしまって残念という感じです。お色気アニメで湯気や光が入って水を差されているような。
 気にしなければ気にならないんですが、何分原作ファンですし、もはや放射能の漏洩は、世間的には不謹慎を越えて「常識」レベルの認識になっていると思うので、下手に隠す方が感じが悪いと思うのは気のせいでしょうか。放射能被害に遭った人たちを配慮してのワード隠蔽かもしれませんが、ぶっちゃけこの設定では放射能は隠しきれるものではないですし、別の物質に置き換えたって、絶対連想してしまいます。
 このアニメをやるのなら、イコール放射能は出す、という決心のもとに、アニメは放送してほしかったですね。時期が空いてちょっと冷めてしまいましたし、そこを逃げずに描写してくれなかったことからも、ちょっと印象は悪いです。
 戸松さんの関西弁演技もちょっと気になりますし、短編エピソード形式の原作ではありますが、その消化も駆け足すぎて感慨も何もありません。映像はいいのに、気になるところがいくつもある・・・という感じですね。

ガリレイドンナ
 梅津さん原作・監督で、足立さんキャラクターデザインと、非常に私のツボを押さえたスタッフ陣。だから期待もひとしおでしたが、普段、私は期待を裏切られないために、あまり期待しないようにしていました。しかし、その高まりすぎた期待を普通に乗り越えてくれた感じがあります。
 梅津さん監督作品特有の、危険ながらも体験したくなる、非日常的なのに日常っぽさのあふれる世界観。そして1話のうちに起こる色々な事件とアクション。ガリレオの遺産とは? という謎、冒頭に登場したロボの正体など、気になる要素がいくつも用意されていて、1話のうちに答えは出ませんでしたが、早くそれらの正体が知りたいという、興味を引く仕掛けもしっかりされていました。
 作画も素晴らしかったですが、スタジオがあまり期待できないので、せめて維持をしてくれればなぁと願う次第。OPやEDも、梅津さんっぽいキャッチーな動きはなかったですが、色使いや演出に梅津さんっぽさがあって、それだけで嬉しいというファンならではの盲目的な大絶賛(オイ
 だから、この作品に関しては正しい評価が下せないんじゃないかと懸念しつつも、非常に続きが楽しみなアニメになりました。
 特に超人という設定ではない(はず)の襲撃者が、トイレの壁を殴ってヒビが入ったとき、「ああ、梅津さんだ」とつくづく実感できてよかったです(笑)。

サムライフラメンコ
 特撮ヒーローに憧れた男が、お手製スーツで変装して身近な悪を退治しちゃう作品。警官でありパートナーっぽい立場の男は、そんなこと無駄なんて思いながらも、好きなように行動するその男に心を動かされて・・・という感じの流れですが、1話は、なんといっても地味で退屈。それに尽きます。
 流れとしては、ヒーロー願望の変人と出会い、懐かれ、そしてボコられているところを助けたという、ただそれだけ。その男の行動が、警官の心に何かを残したことは間違いありませんが、その出会いが何をもたらすのかまったく語られていませんし、いわゆる「ヒーローに憧れる二人の男の日常」くらいの感覚で見ておかないと、今のところは期待できない作品です。警官の心を動かすためとはいえ、1話の中でそれくらいしかなかったのがツライところ。
 どうやらアイドルグループなどが登場するようですし、もうちょっとキャラが出たら面白くなるのかもしれませんが、なにせやることが「身近の悪と戦う」ですから、けっきょく変人の域を出ないのがなぁ・・・ギャグコメディという印象です、いまのところは。

蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-
 戦艦を題材にしたフルCGアニメ。ブラック★ロックシューターですさまじいCG技術を見せてくれたサンジゲンさんのCGですが、私が懸念していた通り、全編CGにしてしまうと、やはり違和感が出ますね。
 キャラが止まっているところは、本当に絵と区別つかないほど良質なモデリングなのですが、やはり動かすと違和感が出てしまいます。一応、何コマか抜いてアニメ的表現に近づけているようですが、それでも動きが軽い感じがしてしまうんですよね。中に何もつまっていない操り人形のような感じというか。
 さらに、動かすのが絵より簡単になったことで(CGの知識は深くないので適当ですけど)、首を動かしたり顔を動かしたりという細かい芝居が入るようになりましたが、それもアニメ的に違和感の一因になっていました。惡の華くらい写実的で動きもリアルなら、違和感はでないと思いますが・・・。
 戦艦や戦闘、爆発などは素晴らしいですが、ストーリーもあまり頭に入ってこなかったというのがなんとも言えません。あまり興味をひかないネタだからかな・・・。CGが気になって話が頭に入らなかったのかも・・・。
 2話くらいからあったEDの、キャラが縦に連なっている絵面がすごくいい。CGだからわずかに動かすという演出も最適ですし、すごく綺麗でした。シーン単位で見れば、こういうように好きなシーンはあるんですがね・・・。

ストライク・ザ・ブラッド
 主人公とヒロインはよくある関係性ですが、世界観や設定は、ちょっと凝っているかな、という印象。でも、色んな固有名詞のネーミングが、いわゆる「中二病」っぽくて、ちょっと胸焼けしそうな作品でもあります。
 続きが気になる、というほどの内容でもありませんでしたし、あと数話見て個性を感じなければ、見なくてもいいような気がしています。

京騒戯画
 0話の予習編を終えて、晴れて1話が放送されました。京騒戯画はネット配信が何本かされましたが、その2本目の話だったと思います・・・配信版は1話以外は見たのですが記憶が曖昧で・・・。
 しかし、さすがの作画と深遠なストーリー。そして、0話で意味不明な話をしておいて、その説明をするような展開になっていたのは面白いですね。0話で切ってしまった人もいるでしょうけど、そもそも随分前にとっくにネット配信していたわけですし、そういうアンテナが敏感な人、もしくは辛抱強くない人は切り捨てる、といういい試金石だったように思います。それこそ「ついてこれるやつだけついてこい!」という感じで。
 まだ0話が少し補完されただけですし、そういう説明に終始していって、最終的にはあの0話こそが、メインストーリーを要約した内容なんじゃないかと思うので、こういう小話の集まりという構成になってそうです。
 もともと配信版も好きだったので最初から視聴は確定していましたが、急転直下、怒涛の展開などは、あまりなさそうです。むしろ0話(配信版1話)に、スタッフさんはすべてを叩き込んでいたんじゃないかと思ったり。

リトルバスターズ!~Refrain~
 一期でもまぁまぁ面白いと感じていた作品ですが、ファンの間ではこのリフレインという部分の方が面白いらしいですし、そういう期待もあって視聴確定。
 麻枝さん特有のキャラ設定やギャグや空気感はかなり好き嫌いが分かれると思いますが、一期を最後まで見れた人であれば、問題なく入れる続編だと思います。逆に、一期で合わなかったのであれば、無理に見る必要のない作品でしょう。
 麻枝さんの新曲は嬉しいところですが、一部ではそのテイストや、担当の歌い手さんが新人さんということもあって賛否を呼んでいます。まぁ、私はその辺には特にこだわってないので、誰が作曲していようが、誰が歌っていようが、良ければ良いと思いますし、リトルバスターズの特徴的なテーマソングは一期でたくさん聞いたので、二期の新しい曲も別に嫌いではありません。重要なシーンでは、きっとまた一期OPが流れるでしょうからね。
 完全に視聴者層を絞っていますが、こういう割り切っているスタンスの方が、アニメはやりやすいかもしれませんし、過度の批判などを浴びず、スタッフさんたちもやりやすいんじゃないでしょうか。
 もちろん、そのファンからもそっぽを向かれる可能性はありますから、決して気軽に作っているわけではないでしょうけどね。

ぎんぎつね
 稲荷神社の狐さまと少女のお話。簡単に言えば、ほんわかハートフル妖怪ストーリーという感じ。
 某名前お返しアニメと雰囲気は似ていますが、内容は全然違う感じがしますね。でも、こういうテイストの作品というのは、けっきょく似た傾向に進む感じがして、ちょっと先行きが不安です。
 2クールあるようですが、イイハナシダナーエピソードに終始せず、ちゃんと続きが気になるようなストーリーでなければ、私はまず飽きちゃうでしょうね。某名前お返しアニメも、色んな妖怪が出ては、彼らにまつわるエピソードでイイハナシダナーで終わりという感じで、あまり好きな内容ではありませんでした。そういうのがウケることはわかりますけどね。

ミス・モノクローム-The Animation-
 5分ほどのアニメですが、今まで見てきた短い時間のアニメの中では、かなり面白いほう。「あいまいみー」や「まんがーる!」などが好きでしたが、それに匹敵するとも劣らない面白さを感じました。
 ミス・モノクロームがアイドルになるための辛く苦しい、そしてどこかズレた日々が笑えます。
 この「ミス・モノクローム」は、AKB0048を見ていた時期のCMで知りました。堀江さんのライブに出てくる演出というかコーナーのようなものらしく、それがこのたびアニメになったようで、EDに登場しているCGモデルが、本来ライブなどに登場していたモノクロームさんではないでしょうか。
 まぁ、どういう誕生経緯にしろ、気楽に見れて、なおかつ面白いというのはなかなか難しいので、それをクリアしている本作は継続視聴確定だと思います。セリフにセンスのある作品というのは多々ありますが、このアニメはストーリーというか、ギャグのセンスがあるように思いますね。短い時間できっちりオチがつくギャグが心地よささえあります。

境界の彼方
 いつもの京都アニメーション、いえ、山本寛さんの去ったあとの、いつもの京都アニメーションという感じがする作品。
 以前、中二病をテーマにした作品を出していましたが、いわばあれは、中二病に影響されちゃった子がテーマであり、本作は中二病そのものがテーマ。こういうアニメを見て影響されちゃった子が、かつての「中二病でも恋がしたい!」という作品になるという関係性じゃないでしょうか。
 でも、だからといって本作が面白いかと言われると非常に微妙で、いつもどおり「絵がすごい」の一点くらいしか、褒めるところが見当たりませんでした。
 もちろん、それが視聴動機にじゅうぶんなりうることは認めますが、私はそういうところで視聴を決めていないので、あまり食指が動きません。

 作画のすごさというのは、アニメの基本である時間と資金があればできると思っていますし、実際、それを証明したのは「リトルウィッチアカデミア」という、トリガーさん制作で、国が支援したアニメの存在です。
「作画のすごさ」というのは、もちろんセンスも必要ですが、決して実現できないものではありません。ですが、人を強烈に惹きつけ、心に深い思い出を残し、その後の人生に影響するようなレベルのアニメをつくるためには、「作画のすごさ」だけでは不十分だと思っています。「作画のすごさ」は必要条件であり、十分条件ではないわけです。
 やはり、そこには総合力、とりわけ魅力的なストーリーが必要だと思いますが、それは確実に欠如していたでしょう。中二病的な要素は羅列されてあって、そういうシーンはうまかったですが、けっきょく「だからなに?」という、必死の空回りを見ている印象でした。
 視聴者に興味を持ってもらうような配慮がなされていないなぁという感じでしょうか。置いてけぼりで、身内が身内でしかわからない地元ネタで盛り上がっちゃってる、みたいな。
 あれ、でも私は、ゆゆ式でも同じような感想を言ってたような・・・。同じ「身内盛り上がり傍観スタイル」だとしても、やはりそれが面白いかどうかは別の話ということでしょうね。同じ眺めるでも、観賞魚か、滅多に動かないワニを眺めるか、みたいなもの?

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。
 こちらも長文タイトルアニメ。1話アバンを見て、「はたらく魔王さま」の二番煎じを感じましたが、蓋を開けてみれば意外と面白く、むしろ私が「はたらく魔王さま」に求めていて得られなかった「労働アニメ」っぽさを感じました。
 異世界モノであれば異世界であることを最大限生かす必要がありますし、労働しているという環境ならば、それを最大限に生かした展開をしてほしいですからね。そういう点で、このアニメは「しぶしぶ就職」という境遇がちゃんとできていて、新人教育といった「労働」っぽさもあるのがいい。職場特有の苦労話なども面白い。
 絵も個性的で、最初はクセがあると感じましたが、むしろそのクセが気持ちいいとさえ思えるようになりました。いわゆる「乳袋」と呼ばれる不自然な胸のふくらみは、原作イラストを再現しているようですね。キャラの顔などはかなり個性が強いため、ここは好みになるかもしれませんが、主人公の目的(生活)、当面の目的(新人教育)がちゃんとあるのは、見ていて安定感がありますから、しばらくは面白いんじゃないかと期待しています。
 異世界らしいエピソードよりは、職場あるあるみたいなエピソードで話を進めてほしいですね。もちろん、ファンタジーとビジネスが邂逅した本作の個性をうまく利用したエピソードがあればじゅうぶんという感じです。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。