寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ ドキドキ!プリキュア #36 「ラケルはりきる!初恋パワー全開!」 感想
doki36-15.jpg

 純情少年ラケルの恋愛奮闘記。わずかな期間でしたが、ラケルは確実に成長できたことでしょう。
 八嶋さん、ラケルをもてあそぶのが上手すぎる・・・無自覚っぽいから怖いです(苦笑)。

doki36-1.jpg
 いきなり変身ポーズをとって変身するおふたり。直前に仮面ライダーを見ているため、冗談じゃないレベルで仮面ライダーに変身するのかと錯覚してしまいます(笑)。

doki36-2.jpgdoki36-3.jpg
 シャルルの言葉から、ときどき変身してマナのお手伝いをしていることが読み取れました。設定を再利用するだけでなく、ちゃんと見えない部分で「生かしている」ことがわかるいいセリフ選びでしたね。
 そして、変身後の姿が幼いばかりに、あまり役に立っていないラケルのもどかしさもよくわかります。場所が違えば、手伝うこともできたんでしょうけど・・・。菱川家は滅多に両親がいないはずですし、家で何か手伝ってあげればよいのでは? あ、どちらにしても、完璧に仕事をこなす六花には、あまり手伝いがいらなそうではありますが・・・。
 そこへ八嶋さんがやってきますが、六花が咄嗟に立ち上がってラケルを隠しただけでなく、手を動かして背後に立つように指示していたのが細かいなぁと思いました。細かすぎて初見ではその動きに気づかなかったくらい(苦笑)。

doki36-4.jpg
 ついに今回から、映画番宣用のOPに変わっていましたが、普段なら徐々にクライマックスを見せるようにしていく方式のはずが、今年は最初からクライマックスという感じで、壮大なネタバレをいきなり喰らってしまったような気がします。初動の興行収入を気にして、こういう方法にしたのかな? かなりクライマックスっぽい映像なので、これからどういうシーンを放送していくのか、ちょっと気になります。もしかすると、映像は変えないという新たな方式かもしれませんし。
 どちらにせよ、今年は見に行けそうにないなぁ・・・時間と資金に余裕が出ればいいのですが。

doki36-5.jpg
 ポンポン(ウサギ)を見つけるという大役を果たしたラケル。八嶋さんにお礼を言われ、しかもヒーローと祭り上げられて(?)しまったためか、ラケルは八嶋さんにハートを射抜かれてしまいます。ハートを射抜くプリキュアの妖精ともあろうものが・・・(苦笑)。

doki36-6.jpgdoki36-7.jpg
doki36-8.jpg
 ラケルの様子のおかしさも面白かったですが、「ウワッチィ!」というリアクションや、「ヒャー」という声など、この一連のシーンはセリフが面白いものばかりでした。奇声みたいな変な声ばかりあげるものですから(笑)。

doki36-9.jpg
 亜久里ちゃんやダビィの言い分は、ある側面からは正しかったでしょう。実際、ラケルの行動は戦闘のとき、ダイヤモンドを危険に遭わせましたからね。妖精として、パートナーを蔑ろにしちゃうようなのはダメでしょう。
 でも、やはり恋愛にはいい作用もあったようですし、成長途上のラケルたちには、いい刺激になったことでしょう。

doki36-10.jpgdoki36-11.jpg
doki36-12.jpg
 ラケルのことを応援するか別れさせるかで対立する妖精派閥(笑)。まこぴーがいさめますが、いざ追及されてまこぴーもどうすればいいかわからなくなるシーンは、なんだか面白いギャグシーンでした。こういう言葉を発さずにポーズで笑いをとってくるのって、なかなかプリキュアでは見られないような気がします。

doki36-13.jpg
 マナはラケルの本当の気持ちを知っているという風で、今の状況は、舞い上がっているのか何かだと考えてそうです。それは事実かもしれませんが、現在の状況をバッサリと切り捨てるような判断はクレバーだなぁと思うところ。
 このとき六花はラケルのことを心配していましたが、もしかするとこのとき、六花は八嶋さんに彼氏がいることを知っていたのかもしれません。もしくは、彼氏がいるんじゃないかと予感していて、だからラケルの失恋がほぼ確実で心配していたのかも。

doki36-14.jpgdoki36-15.jpg
doki36-16.jpgdoki36-17.jpg
 ラケルの頑張りは見ていて微笑ましいものがありますが、同時に、色ボケしてるというか、浮かれているなぁという印象。確実に舞い上がっていて、正常な判断ができていない感じはありました。暴走気味で、何かイケナイことまでやっちゃいそうな・・・(苦笑)。

doki36-18.jpg
 適当なベンチに座っていると、もはや家族にしか見えないジコチュートリオ。
 ベールが指をかまえたとき、イーラの指輪からジャネジーのような何かが出ていたのが気になりました。イーラも、マーモのように指輪の影響を受けているんじゃないかと思いますが、それにしてはリーヴァのようなおネェではないですし、なんだったんだろう・・・。
 さらに、ベールがアイちゃんのことを「きゅぴらっぱ」と呼んでいたのが笑えましたね。名前がわからないとしても、せめて「赤ん坊」くらい言えばいいだろうに(笑)。

doki36-19.jpgdoki36-20.jpg
doki36-21.jpg
 顔がゆるみっぱなしのラケル。もう、このドキドキを恋だと信じずにはいられない状態というか、すべてを恋心に結びつけてさえいそうですね。恋をしている状態に酔っているというか、恋だと信じて疑わないというか。
 百人一首が好きだといって詠みあげた歌が恋の歌だからって、さすがに最後はこじつけっぽくなっていましたし(苦笑)。

doki36-22.jpgdoki36-23.jpg
 今回の犠牲者さん。出てきたタイミングとジコチュー動機からして、八嶋さんを狙っている同性愛の子っぽく見えて驚きました。八嶋さんたちではなく、別のスワンボートを見ていたんでしょうけどね。
 そして、木の上から見下ろすマーモさんが美しい。しかし、嫌がらせという出動理由はどうなんだろう・・・一応、ジコチューを出すことで、キングジコチューにジャネジーを送るという仕事は果たしているのかな?

doki36-24.jpg
 おまるジコチューが吐き出した水を浴びてしまうカップル。右の人がとても女っぽいですが、恐らく男でしょうし、それは置いとくとして、感覚的にこの水が汚く感じてしまうのは、わからないでもありません。というか絶対に浴びたくない(笑)。
 いくら「きれいな水」と言われても、衛生的に問題がありそうなところの水は、どうしても敬遠しちゃいますからね。

doki36-25.jpg
 ラケルが暴走を始めます。というか、プリキュアを引っ張れるくらいのパワーがあるんですね。装着している位置的に、力がかかると踏ん張りにくいのかな?
 よたよたと歩くダイヤモンドも面白いですが、ポカーンと見ているハートがアホっぽくて可愛い(笑)。

doki36-26.jpg
 ラケルの意を汲んで、ダイヤモンドシャワーを繰り出すダイヤモンド。ラブハートアローが、バンクシーンではなくアニメ本編に出ているのが、なんだか新鮮に見えてよかったです。

doki36-27.jpg
 凍結→ソードの手刀コンボは見てみたかったですが、そうはさせないジコチュー。おのれ・・・。
 しかし、空中のソードを助けるロゼッタが見れましたから、それが副産物といえば副産物でした。
 これでだいたいのキャラの活躍は描かれましたけど、今回エースだけは何もしませんでしたね。まぁ、何かするほど時間に余裕もなく、そしてジコチューも弱いやつでしたからね。

doki36-28.jpgdoki36-31.jpg
doki36-32.jpg
 パッド技二回目となる、ダイヤモンドのダイヤモンドスワークル・・・が不発し、ラケルがさらに暴走! パッドがポトッと落ちるのが哀愁を誘います(笑)。でも、まさかバンクシーンに割り込むとは・・・。

doki36-29.jpgdoki36-30.jpg
 空中でひっぱられる体勢のダイヤモンドが、こんな体勢だというのにすごく美しい。ポーズが完璧ですよねコレ。これだけ可愛く、空中でひっぱられているポーズがあるんだろうかと思うほどです。
 ハートキャッチプリキュアのブロッサムのおしりパンチ(ヒップアタック)のようになるかと思いましたが、もはや背中からの体当たりという感じ。普通なら攻撃を受けて地面に落ちるときのような、そんな無様なぶつかり方が面白いです。

doki36-33.jpg
 このカットは、ヒいているエースや、痛さで目を細めるダイヤモンド、状況に追いつけないような感じでポカンとしてるハートやロゼッタも面白いですが、ダイヤモンドの足置きになっているソードが一番面白いですね。キャッチに失敗したのかわかりませんが(笑)。
 というか、この一枚に色々ありすぎて面白すぎます。誰ひとり、真面目な表情をしていないゆるい感じがイイ。

doki36-34.jpgdoki36-35.jpg
 目が覚めた嫉妬深かった女の子も可愛い。そしてあまり気晴らしにならずに帰ったマーモさんも美しい。高橋さん作画はいいですねやっぱり。

doki36-36.jpgdoki36-37.jpg
doki36-38.jpg
 八嶋さんのところに戻ると、隣には何やら人影が・・・あっ(察し)。
 意気揚々と彼女のところへ戻り、紹介されるまでその男性が誰なのかまったくわかっていない、ラケルの純真な顔が辛いですね・・・。しかし、そのフォローをした六花はやはりいい相棒。どちらか一方が支えるだけでなく、支えあっている関係がよくあらわれているいいコンビですね。

doki36-39.jpgdoki36-40.jpg
doki36-41.jpgdoki36-42.jpg
 顔が腫れあがっても好きな子のために頑張ったラケルは男や・・・。ダビィや亜久里ちゃんが、ラケルの姿に心打たれてちゃんと考えを変えたところが、何気に細かい描写でした。そりゃあ、当初反対していたわけですから、その考えがどう変化したかはしっかりと描写しないといけませんからね。
 そして、けっきょく八嶋さんへの想いは一時の気の迷いだったのか、六花最高! と元サヤに戻ります。しかし、その姿がお調子者っぽいという感じで、六花は苦笑。わかっちゃいましたけど、確かに人をまきこんで心配させておいて元どおりというのは、調子がいいですね。でも責められないから、六花の苦笑の気持ちがよくわかります。

doki36-43.jpgdoki36-44.jpg
doki36-45.jpgdoki36-46.jpg
doki36-47.jpgdoki36-48.jpg
 次回は・・・ふなっしー!?
 びっくりするほどふなっしー的な人参キャラと、亜久里ちゃんの好き嫌い克服回! メガネ六花の進化系とも言えそうなハカセ六花が出てくるとあって、なんだか楽しいだけでなく、珍しい絵がいくつも見れそうで楽しみです。ジャージの面々も出てくるようですし、ハートキャッチに出てきた番くんのような男は誰なんだろう?
 そして、一瞬というか、とてもわずかな時間でしたが、レジーナらしきキャラが目を開けるカットが! というか目の色などからいって、ほぼレジーナでしょうし、来週でついに復活が完了し、マナたちに牙をむいてくるのでしょうか。そこも、次の展開がはじまる予感がしますし、楽しみといえば楽しみですね。

 というわけで、ドキドキ!プリキュア感想でした。

 次回でアイちゃん教育編とラブリーパッド個人使用編が終わり、レジーナ襲撃編(仮)が始まるのでしょう。本当に、ドキプリは定期的に、そしてけっこう短期的に展開が変化していくので面白い。
 でも、レジーナ救出はけっこうがっつりやってほしい気もしますし、今までのタメたフラストレーションを爆発させる意味でも、前後編の二回くらいガッツリとやって、一気に救出してほしいなぁという感じ。グーラやリーヴァみたいな、強敵として長々と戦っちゃうと、その度にハートたちに「早く助けてあげろよ・・・」って思っちゃいそうですからね。
コメント
コメント
ベールは以前アイちゃんを攫った時にマナがアイちゃんと言ってるのを聞いていたので名前を知っている筈ですけど、きゅぴらっぱの方が印象に残ったんでしょうか?。
2013/10/17(木) 11:48:38 | URL | 名無しのフ #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
そういえば、ベールは「アイちゃん」という名前は知っているんでしたっけ? その辺の整合性、認識の相違まではよく確認していませんでした・・・。知らないなら仕方ないですけど、知っていたとして「きゅぴらっぱ」と呼んだなら、ベールにとっては、「きゅぴらっぱ」の印象が強いんでしょうね。
2013/10/22(火) 20:47:26 | URL | itimonji #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。