寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ スマイルプリキュア! #4 「直球勝負!風のキュアマーチ」 感想
スマプリ4-8

 キュアマーチ登場です。決してフィレスでも風の魔装機神でもありません。
 誰にでもハッキリものを言う気持ちのいい子、緑川なおがキュアマーチとなってみゆきたちの仲間になりました。誰よりもリーダーシップがあるので、もう彼女がプリキュアチームを仕切っちゃいそうなんですけど。

 個人的に今回は、二話と似たような見ていて楽しい印象がありました。みゆきの変な顔が多かったり、新要素があったり、話自体はオーソドックスなはずなんですけど、キャラクターたちのお陰ですごく面白く思えるんです。
スマプリ4-3

スマプリ4-5
 とても主人公とは思えない変な顔。しかしそれがみゆきらしいですし、はや四話でもう味になってますね。むしろ無いと物足りなくなってます。

スマプリ4-1
 冒頭でみゆきたちにつっかかってきた先輩二人。モブだとは思いますけど可愛い。前回のつぼみに似た子といい、スマイルはモブでもちゃんと個性を持たせるような描き方をしている印象。それにしては髪色だけは地味なので、自然とプリキュアメンバーの髪色は目立っちゃいますが。
 この後には優男風の生徒会長も登場。超絶イケメンという感じではないですが、雰囲気はよく、女子にも人気なようです。生徒会長くらいなら、再登場するかもしれませんね。

 やよいの作ってきたキャラ弁がすごいクオリティだったのも意外。母親に作ってもらったんじゃなければ、あれは特技に料理と書いていいレベルでした。絵だけじゃなく料理もできるとは・・・。
 そうなると、あかね、やよい、なおは少なくとも料理ができるということになりますね。今回のメンバーは意外と家庭的? これも女子力というやつなんでしょうか・・・。みゆきはできなさそう。というか台所に立たせるのが危なそうです。

スマプリ4-2
 れいかはよく見守っているところが映ります。転校生のみゆきがクラスや学校に馴染んでいるか見ているのかもしれませんね。これら一連の行動が、次回の伏線になっているのかな。

スマプリ4-7
 そして新要素が判明。前々から言われていましたが、キュアピースは変身シーンでじゃんけんの手が変わります。それによってじゃんけんが楽しめるようですね。アカオーニさんがグーを出していて「負けた!」だの「手が違う!」だの言ってるのが、すなおなツッコミにも見えますし小さな子供に「じゃんけんができる」と暗に説明しているのがうまいと思いました。普通にギャグシーンとしてもここは面白い場面だった。画像のところでは、まるでアカオーニさんが視聴者になったみたいで、ちょっとメタ視点だった(笑)。

 どっちゃりバッドエナジーを吸い取ると言ったわりには人の少ない河川敷にあらわれるアカオーニさん。それなら「絆」という単語に反応して否定しにやってきたような場面を少し挿入するだけでもずいぶん違ったんじゃないかと思います。まぁそれは細かいところですが。
 楽しそうにしていた子供たちやなおが一気にテンションダウンするところはやはりギャグに見えてしまう感が否めません。その点、前回のやよいは精神的に傷ついていたところだったのでマッチしてましたが、そもそも敵が未来をバッドエンドに染めようとしているので、そういう能力と割り切るしかないでしょうね。

スマプリ4-9
 そんなこんなでなおがキュアマーチに。「よくわからないけど」はやっぱりありましたが、その直前の「わたしが戦う!」のところは強気かつ守ろうとする思いがよくわかる場面でした。左右の髪をもふもふするシーンは笑えた。彼女も邪魔だと思ってるんだろうか、それともさわり心地がいいんだろうか。見たところやわらかそう。
 変身の決めポーズを見比べると、ハッピー、サニー、マーチはパースがきいてて角度もあってかっこいいアングル、という感じですけどピースは全身をなるべく映そうとしているような画面ですよね。ピースだけハートキャッチやスイートみたいな感じと言えばいいか。
 マーチがポーズをとった後に風が吹くシーンがとてもかっこいい。そして動くマーチもとてもかっこいい。時間差で風が発生するところや、速すぎて敵と交差してしまうところ、柱を駆け上がるシーンなどがシビれまくりますね。柱に激突しても無傷だったので、スピード&防御力というポジションなんでしょうか。いや、そもそも今回のプリキュアにミントやサンシャイン、ビートのようなバリア役がいるのかどうか・・・。

スマプリ4-10
 必殺技のマーチシュートは嫌でもルージュを彷彿としますが、風で浮き上がるシーンなどがあってマーチはマーチでかっこよかったです。しかし、今回のプリキュアは球技をやってるキャラが二人いるんですね。どちらも球を発生させて攻撃に転用しますけど、これ、スタッフ的にはすごい悩んだのではないでしょうか。球技キャラ二人でいいのか、なんて。
 恐らくバレーは日本女子バレー、サッカーはなでしこジャパンからでしょう。その二つが女児に人気なのかもしれません。あかねとなおも、努力家と天才型って感じで差別化できてますし(なおが天才型かは今のところ不明ですけど)、二人の絡みは今後、多そうな予感がします。

スマプリ4-11

スマプリ4-12
 みゆきの顔面にいいシュートが入って〆になります。EDはもはや恒例となってる冒頭変化演出。今回はマーチが風で飛翔しながら自分の場所へ戻ります。ここの浮き上がるという動きが普通ではない動きなので、それを3DCGで見れたのは何か不思議と感動ものです。おお、浮いた、みたいな。

 今回はとにかく楽しかった。変顔あり、なおの家族登場、キャンディのおめかし、じゃんけんなど盛りだくさんでした。しかし、プリキュア探しが勧誘に見えてしまうのはどうなんだろう。というかみゆきたちは「お願いプリキュアになって」というスタンスみたいですが、それで素質がない可能性もあるんですから、ちょっとくらい、素質のある人を探すような、本当に「プリキュア探し」をしているところを見たいですね。
 あと、みゆきの両親など、あまりパパママが出てこないのが気になるかも。必要性がないのかもしれませんし、深夜アニメで両親の存在が抹消されていることは多々ありますからいいんですけど、やはり今までのプリキュアだと出ているような場面で出ないので、違和感があるのかも。いずれ出るでしょうから、その登場シーンは注目しておこうと思います。

 次回予告でれいかは「お断りします」とプリキュアになることを拒否。そもそも素質があるかは不明ですし、その口ぶりは冷たいのですが、次回のサブタイトルは「美しき心!キュアビューティ!!」とあります。やはりその冷たい態度と今までの優しい表情は、彼女の内面を表現しているのでしょうか。気になるところです。新しい魔女の敵も登場するようですし。

 というわけでスマイルプリキュア四話の感想でした。

 しかし、マーチは「行進曲」という意味にとらえていいんでしょうかね。「三月」だとやよいちゃんの「やよい」と意味がかぶっちゃいますもんね。しかし、それだとなぜマーチなんて名前なんだろう・・・。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。