寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ ハピネスチャージプリキュア! #02 「ひめとめぐみの友情!ハピネスチャージプリキュア結成!!」 感想
HC02-36.jpg

 ハピネス注入! 幸せチャージ! ついに結成、ハピネスチャージプリキュア!
 二人の友情を描いた回ですが、友情というよりは「友達の素晴らしさ」がテーマだったと思います。友達ができただけでコレですから、その友情が深まるとどんだけすごいことが起こるんでしょうか・・・。

HC02-1.jpgHC02-2.jpg
 相変わらず謎の色っぽさがある変身シーンから本編がスタート。まぁ、色っぽさはぜんぜん謎ではなく、単純に際どいところまでよく見えるからでしょう。一話ラストで変身というパターンだった場合、二話は絶対に変身ではじまりますから、ここまでは予定調和というか、特に意外性を期待することもなく、そして今回のOPへ。

HC02-3.jpgHC02-4.jpg
HC02-5.jpg
 前回はキュアブラックということで、順当にいけばキュアホワイトという流れでしょうけど、まことしやかに「歴代プリキュアの順番はランダム」なんてことが言われていて、半信半疑でしたが、今回のキュアドリームの登場で、今後の登場順がランダムということが確定しました。
 まぁ順番を決めてしまうと、好きなプリキュアの挨拶だけ見たいという人は、その回だけを計算して算出しちゃうでしょうから、あますことなく見てもらうためにはランダム方式がいいでしょうね。うまいやり方だ・・・。
 そして、川村さん作画のドリームが、もはやカワイイを通り越して美しい。美しすぎて決めポーズが似合ってない感じさえします(苦笑)。「けって~い!」の台詞が出るとわかっていても、出たら出たで嬉しいというこの感覚がいい。ブラックの「ぶっちゃけありえない」は記念コメントとしてはつかいにくいでしょうからね・・・。
 キュアブラックが成長していない当時のままの作画だとすると、ドリームは成長した姿みたいに見えます。こういった変化も、これはこれでアリな趣向ですね。本放送時とどういう変化が見れるのか楽しみです。
 しかし早々にブラックとドリームという、かなりの大物というか人気キャラを消費してしまって、今後の順番が気になりますね。初期→中期みたいな流れできてますから、次はメロディやハッピーあたりでしょうか。それともいったん戻ってスプラッシュスター? 主人公を早々と消化してしまうのもバランス悪そうですし、そろそろ青キュアや黄キュアあたりが登場しそうです。さて、次は誰だろう?
 これ・・・意外とワクワクしますね。本当にいいファンサービスだなぁと思います。

HC02-6.jpgHC02-7.jpg
HC02-8.jpg
 さっそくサイアークとの戦闘がはじまりますが、初戦闘補正などはなく、かなり苦戦してしまいます。握りこぶしに腕を挟まれたりするところがリアルな戦闘描写に見えていいですね。
 今回のサイアークという敵は、今のところ媒体とする被害者(今回ならまおちゃん)の幸せ(麦わら帽子)を生かすような能力はなく、単純に戦闘力を持つ兵士として表現されていますね。ドキプリの羊ジコチューみたいな絡め手の相手が出てくるかは疑問ですが、まぁそのあたりは被害者のバリエーションでなんとでもなりそうですし、そのあたりのサイアークの能力の差異も、今後の注目ポイントではありますね。

HC02-9.jpg
 窮地を切り抜けるも、逃げることを提案するプリンセス。弱いプリキュアや、諦めそうになるプリキュアはいた記憶がありますが、積極的に逃げるプリキュアは今まで見た覚えがありません。負け癖ならぬ逃げ癖がついちゃっているのが、厄介さをかもし出していますね。
 逃げ足が早いというのは、一見消極的で弱腰に見えますけど、そしてプリンセスは実際そうなのかもしれませんけど、立ちすくんでしまうよりは積極的だと言えますし、某ジョジョのジョセフしかり、兵法三十六計しかり、時には逃げることも必要だと思います。それに頼ってしまっている節はありますが、決して全面的に悪い行動とは思えませんし、ある意味でプリンセスの「武器」と言えそうです。逃げ足を武器にするのは、なかなか難しいかもしれませんが・・・。今回の場合なら、無駄に消耗しないという意味では効果的だったかな?
 それに諦めないことが一種のステータスでもある「プリキュア」で逃げる展開ができるのは、ある意味プリンセスくらいでしょうね。オンリーワンな、彼女だけに許された個性という感じがします。それくらいの強烈なキャラ付けが、一話ですでに出来ていましたからね。

HC02-10.jpgHC02-11.jpg
HC02-12.jpg
 逃げたことについて口論する二人。二人はそれぞれ、プリキュアについての理想と現実という立場から話しているように思いますね。しかしめぐみは理想が高すぎ、ひめは志が低すぎる気がします。どちらにせよ極端な極論同士ではまとまるはずもなく、二人の仲は険悪に。大ゲンカというわけじゃないですが、せっかく仲良くなったのにさっそくの暗雲です。
 そこへブルーなる神様があらわれますが、めぐみは多少驚いただけ。まぁ幻影帝国やプリキュア、ブルースカイ王国なんてものがあるので、我々一般人よりは、この世界の住人はこういった現象には寛容な気がします。でも、この世界の社会的に、幻影帝国やプリキュア、ブルースカイ王国がどういう存在なのかは、もうちょっと客観的に表現して欲しいですね。「カビで住めなくなって土地を追われた人々」や、「プリキュアのニュース」や、「ブルースカイ王国への旅行、帰省、外交」みたいな感じで。
 特にブルースカイ王国は、地続きの地球上にあるのか、それともドキドキプリキュア最終回みたいに、特殊なゲートによって繋がっているのかも気になります。前者であれば、ちょっとした外国みたいな印象で済みますからね。そうじゃなく後者だったなら、やはり特殊な世界であり、それが平気な感性を、人々は持っているのでしょう。

HC02-13.jpgHC02-14.jpg
 この街が幻影帝国侵攻の最前線かと思っていましたが、世界各地で帝国の侵攻は行われていたようですね。ということは、さしずめナマケルダは日本侵略隊長みたいなものでしょうか?
 アクシアの箱を開けると幻影帝国が・・・というと、なんだかパンドラの箱を思い出しますが、むしろ「アクシア」ってなに? という感じです。なんだか某ガンダムマイスターが反応しそうな名前ですが、調べてみると、どうやらギリシャ神話で「価値あるもの」のようです。
 そんな名前の箱から出てきたということは、幻影帝国は一種のジコチューみたいな、人間たちへの試練なのかもしれませんね。人間たちの成長を促しているとか。そして、フォーチュンが言っていたプリンセスへの「許さない」も、もしかするとこの箱関連かもしれません。ひめが、箱を開けてしまったとか?
 というか、前作に続きまたまたギリシャ関連っぽいです。まぁ単語とか聞きなれないものが多そうですし、そういうネーミングに困らなくていいかもしれませんね。アクシアがギリシャ語だけでなく、パンドラもギリシャ神話関連ですし、最近のプリキュアはギリシャがブーム? というか、ギリシャ神話といえばまず「アテナ」を思い出しますし、ということは聖闘士テイストを取り入れていると言った方が的確なのかな。

HC02-15.jpgHC02-16.jpg
HC02-17.jpg
 帝国を率いているのがクイーンミラージュとのことですが、OPの黒髪の少女や、一見すると従順そうなディープミラーという存在のことを考えると、彼女も幸せを利用された被害者に過ぎず、このディープミラーこそが真の敵と言えそうです。しかし、クイーンミラージュ同様、役職名みたいな名前なのが気になりますね。ブルーと対比するようなOP映像も気になりますし、ブルーの影や分身だったりしそうです。
 愛の名を持つプリキュアを警戒視しているっぽいですが、思いつきで名乗ったラブリーからすると、それだけで狙われてしまって災難ですね。というか、世界各地で侵攻していて、そのどの場所にもプリキュアが数名いるとしたら(そうしないとこのぴかりが丘しか平和が残っていないことになるので)、一人くらいはラブやらラブリーやらライクやら愛やら名乗るプリキュアがいてもいいような気がしますが、さて・・・。
 そもそも世界各地にプリキュアがいるとしたら、彼女たちの登場にも期待が持てます。某Gガンダムみたいに色物プリキュア大集合というのも、お祭り作品っぽくていいかもしれませんね。

HC02-18.jpgHC02-19.jpg
 壮大な話を聞いてもやる気のめぐみですが、対してひめは消極的。ここでブルースカイ王国の外観みたいなものが見れましたが、ギアナ高地みたいな場所にありましたね。いよいよGガンじみてきましたが(笑)、こういう描写なら、地続きで行くことができる場所っぽそうです。行き来は困難な場所という感じですが。
 世界を救えるのはプリキュアだけ、というのは定番ですが、せめてブルーは神様なんですし、人頼みすぎるというか、もうちょっと頑張ったところを見たかったです。すでに色々と試したのか、それとも神様故に手出しはできないのか・・・。ブルーの役目みたいなものを明確にして欲しいところですね。
 ここで逃げ足が速いというひめの個性が出ました。普段から逃げてばかりだからでしょうけど、こういうとき役に立ってますし、やはり悪いことばかりではなさそうです。でもいい方向に使わないとダメですけどね。ここのスタッフさんなら、今後最善の「ここぞ!」というタイミングで、ひめの逃げ足を発揮させてくれそうです。

HC02-20.jpg
 「もうダメだ・・・ハァァァァ!」と騒がしいひめ。このときの「ハァァー!」という、落ち込むといより叫ぶような台詞には笑いましたが、これがうるさかったからこそ、ゆうゆうは気になって声をかけたんでしょうね。
 一人だと騒がしいのに、知らない人がいると大人しくなっちゃうひめが可愛らしいですし、イマドキって感じです。・・・初代プリキュアの時代から、ずいぶん「イマドキ」に変化があったなぁとしみじみ。これも十周年記念とかで、過去作のことを思い出す機会が増えたからでしょうか。

HC02-21.jpgHC02-22.jpg
HC02-23.jpgHC02-24.jpg
HC02-25.jpgHC02-26.jpg
 ブルー様からいただいたという探偵のプリカードを使うことに。ここでさり気に、ブルーが役に立っていることがわかります。でも、どうせなら帝国に対抗できるもっと強いカードが欲しいところですね。カードの生成にはそれなりの手間と苦労と、命を削ったりして作っているんでしょうか。
 プリキュアへ変身するときとアイテムのボイスが違いましたが、こういうところも遊ぶ側としては面白いでしょうね。どのカードを入れるとどんなボイスになるんだろうとワクワクします。でも、相変わらず三石さんに聞こえるこの声の主は誰なんだろう・・・。
 探偵に変身してひめの後を追いますが、この一昔前に流行ったような変身というか変装みたいな展開が、古き良き魔法少女アニメみたいで素晴らしい。あれ、プリキュアって魔法少女でいいんだっけ・・・(汗)。ま、まぁ、キューティーハニーとかも魔法少女とは言えないだろうし(震え声)。
 ゆうゆうとの受け答えが、本当に探偵モノみたいに変に丁寧だったのが面白かったです。「○○にいたわ」「元気なさそうだった」「ハニーキャンディをあげたの」という風に。でも「髪が青い」で簡単に説明できそうなものですが、そこをあえて避けていたのが気になります。探偵モノっぽく見せるためでしょうか。
 そのハニーキャンディの包みを発見したところも探偵モノっぽくてよかったですが、なんと足跡まで見えるようになるとは、「ちょっとだけお助け能力がアップ」どころではないパワーアップだった気がします。プリキュアになることさえめぐみならワクワクものなのに、こういう不思議体験ができると、そりゃあ変装最高!と叫ばずにはいられないでしょうね。変身願望というより、超能力者願望みたいな?

HC02-27.jpg
 ひめを多方面から褒めるめぐみですが、ここはいよいよカウンセリングじみてきたというか、もはや疑うまでもなくカウンセリングだったでしょう。でも、友達がいればこれくらい言ってくれる人はいるでしょうし、つまるところひめにとって必要なのは、友達だったんでしょうね。
 一人で孤独に戦い続けていると、悪い方へ考えてしまったときに歯止めが利かなくなりますし、フォーチュンから恨まれていることもあって、ひめは余計に自分を責めてそうでした。それを打開するのに自分一人で出来ることなんてそんなになくて(一人で立ち直れるならとっくに立ち直っているはずです)、だからめぐみという友達の声がどんどん響いてくるのでしょう。まぁ、彼女ほど面倒見がよくない場合はまたプロセスが変わってくるでしょうけど、そもそもこの初期ひめ(仮称)と友達になれるのは、めぐみみたいな面倒見のいい子くらいじゃないでしょうか(苦笑)。

HC02-28.jpgHC02-29.jpg
 幸せ注入といって手をにぎるめぐみ。言葉だけでなく行動で示すのもいいですが、ちょっとその牽引力が弱そうという感じがします。ひめのようにチョロくなかったら(オイ)、めぐみに心を動かされていたかどうか・・・。
 ドキドキプリキュアのマナが「献身」だとしたら、めぐみは「奉仕」の姿勢な気がします。明確にどういう違いがあるのか私もよくわかりませんが、なんとなくサービス残業しちゃいそうな、ちょっと低い立場(姿勢)からの助力という感じでしょうか。皆を引っ張るというより、皆を支えるような。正しすぎるマナに対して、ちょっと間違うこともありそうな感じと言えばいいでしょうか。ある意味では歳相応の少女らしいんですけどね。・・・いや、こんな少女はそうそういないか。

HC02-30.jpgHC02-31.jpg
 関係改善してすっかり意気投合し、決めポーズなんかを考える二人。めぐみは特にプリキュア好きなので、こういう定番にこだわるんでしょうけど、さすがにプリキュアが放送されているわけじゃないでしょうし、決めポーズをするという定番をどこで知ったのかな・・・? 実物を見たり報道されているのを見て?
 いや、本当にプリキュアがアニメとかで放送していて(現実にいるプリキュアをモチーフにしたアニメという体で)、それを見てプリキュア好きになったという設定なら、視聴者の女児ともダブらせることができるからいいですね。作中アニメとして過去作が登場してもよさそうです。某ゴーカイジャーでいう戦隊オタのシルバーみたいな感じで。
 ひめが提案している決めポーズが美しい系なのは、王族っぽさをかもし出しますが、どことなくキュアソードっぽいのも気になります。手が手刀の形だから? どこかで見たようなポーズにも思えますが、どこだったっけなぁ・・・。
 このポージングセンスも、ファッションセンスに通じるところがありそうですね。めぐみの壊滅的なセンスより、ひめの方がまだ「アリ」な感じがします。

HC02-32.jpgHC02-33.jpg
 ナマケルダは優秀な部下とは言えなさそうですが、ある意味でサボりがうまい人ほど優秀といいますしね。彼の飄々とした態度も底が見えず、大物感があります。
 ミラージュが「鏡よ鏡」といったところや、このシーンくらいで、幻影帝国が童話モチーフになっていることに気づきました。ミラージュは白雪姫に対するいじわるな王女で、ナマケルダは働かないキリギリスですね。なんで虫なんだろうとずっと悩んでいましたが、よくよく考えれば、これは一話時点でもわかったことですね・・・。
 変身音声が「かわルンルン」であることもあり、このカビが増えていくシーンは「かびルンルン」ではないかと思ってしまいます。だからプリキュアたちはアンパンチで敵を撃退するんですね(コラ
 そして未だに捕らわれたままのまおちゃん・・・。前回ラストで襲われた被害者が、次回冒頭で救出されるのは展開としてはよくあったと思いますが、次回ラストまで引っ張っているというのはけっこう長いのではないでしょうか。作中時間でいえば数時間も経ってなさそうですけど、我々の体感時間ではけっこう長い拘束時間に思えます。長時間のサイアーク化は危険とか、そういう話が今後出てくると面白いですね。

HC02-34.jpgHC02-35.jpg
HC02-36.jpg
 同時変身! 二人の映像が合っていない等の意見が多かったようですが、私としては動作ひとつひとつに個性が感じられますし、プリカードが重なっていくシーンや、カードをミラーに挿入するシーン、ミラーをくるりんするシーンなど、要所要所のタイミングが合っていたのが心地よい。全員が同じポーズをとりがちな変身シーンで、むしろ各キャラの個性をよく表現しているなぁと思います。
 変身中も泡飛沫のようなハートが流れ、スムーズに二人の変身が切り替わっていくのが印象的でした。同時に画面にいるわけじゃないのに、同時に変身している感がよく出ています。映す部位を毎回変えれば、けっこう飽きることのない変身シーンになりそうですね。カットするときも簡略化しやすそうで、いい方式ではないかと思います。
 最後の決め台詞、決めポーズもばっちり! ハピネス注入、幸せチャージ、という前振りからハピネスチャージなんですね。ハピネスチャージ単体だと意味が伝わりにくいですが、前の二つの表現が入ることで、「ああ、幸せを与える(注入する)んだなぁ」とわかります。まぁ、ハピネスチャージでも伝わるといえば伝わりますが、よりわかりやすくなったと言えばいいでしょうか。あと、ちょっと「10秒チャージ2時間キープ」みたいなフレーズっぽくてちょっと笑えます(微笑)。

HC02-37.jpgHC02-41.jpg
HC02-39.jpgHC02-38.jpg
 戦闘員がいるというのは、無双のようなアクションを期待できるということで(しつこい)、いわゆる派手な戦闘シーンがたくさんあるんじゃないかと期待せずにはいられません。
 また、吹っ飛ぶ戦闘員の数などで強さも表現できますし、敵が大きい、敵が小さい、敵が特殊攻撃をしてくる・・・といった感じで、敵が大人数というのも、個性的な戦いになりそうで好きです。

HC02-40.jpg
 技を自分で編み出すということで、だから一話でもたくさんの技が披露されたんだなぁと得心いきましたが、ここで即座に出したラブリーパンチが高威力すぎて笑いました。愛のパワーで威力が上下したりするんでしょうか? 動きはペガサス彗星拳っぽいですし、本当にプリキュアの聖闘士化が激しい気がします。散々ドラゴンボール風味は出したので、これからは聖闘士でいくのでしょうか。

HC02-42.jpgHC02-43.jpg
HC02-44.jpgHC02-45.jpg
 ラブリーリストラクションなる新技も編み出し、連続エネルギー弾で敵を捕縛しました。なんとなくスパークルソードやソードハリケーンっぽい技でしたね。
 そしてプリンセスは「プリキュア・ブルーハッピー・シュート」を放ちますが、この一連の流れ(ラブプリブレス!と叫び、手をぐるぐる回し、エフェクトを殴って飛ばして、最後に決め台詞)が正規の浄化技ということなんでしょうね。共通のブレスを叩く動作などはカッコイイですし、青い弾を放つ直前のウインクも可愛らしいですが、手をぐるぐる回すシーンはやはりちょっとかっこ悪いというか、なんだか面白い映像です。オモチャの方のブレスが、この動きを認識するのかな?
 プリンセスは銃を撃つような動作が印象的ですから、パンチ動作が必須じゃないのなら、発射モーションは変身シーンみたいに銃を撃つ動作がよかったんじゃないかと思います。このへんもオモチャとの兼ね合いなのかなぁ。
 最後の決め台詞「勇気よ!天に帰れ!」ですが、星ならまだしも勇気だと「え、天に帰しちゃっていいの?」と思ってしまいました。天に帰れというのは「消滅せよ」というより「浄化してください」みたいな意味なんでしょうかね。

HC02-46.jpg
 まおちゃんもやっと解放されてめでたしめでたしでしたが、ここまで彼の兄であるせいじがまったく出てこないことや、お母さんの顔が認識しにくく描かれていたのはちょっと気になりました。せいじ関連はオチとして持ってきてもよかったでしょうけど、もしかすると来週に繋がる展開なのかもしれませんね。お母さんをはっきりと描かなかったのは、余計な情報を増やさないため?
 サイアークを倒すとカビが治っていましたが、これ、ナマケルダというか敵からすると相当ツライのではないでしょうか。せっかく進めた仕事が無為に帰すわけですからね・・・。そりゃあナマケルダのようにモチベーションが低くもなろうってものです(彼は生来の怠け者でしょうけどね)。
 カビはサイアークが繁殖させていて、カビとサイアークはペアリングのように何らかの連結がされているんでしょうかね。だから、その場のカビを治したければ、対応するサイアークを倒すしかない・・・あれ、これ、もしこういう設定だとけっこう面白いものになりそう(自画自賛)? ある箇所のカビを治したいとき、その担当サイアークを探し出す、なんていう話なんかできそうですね。

HC02-47.jpgHC02-48.jpg
 くしゃみをさせてカードをゲット! 「また」大いなる願いに近づいた、というリボンですが、「え? すでに一歩は近づいていたの?」とちょっと気になりました。サイアーク初撃破、初カードだったはずですが、ブルーからもらったカードもカウントしているんでしょうかね。
 しかし、それならファイルにはすでに探偵のカードを入れてあってもよかったと思います。今回出現したカードはフラメンコとローラースケーターということで、どちらもめぐみのものかと思いましたが、ローラースケーターの方はひめのでしょうか? ストリート系なめぐみがエンディング映像で見られますが、あれはスケボーダーでしたし。
 ハピネスチャージで加わる新要素として、「本編中にCG登場」とのことですが、そろそろそのシーンがやってきそうですね。戦闘シーンではなくこの変装関連で出てくるシーンだとは思うのですが、いったいどういうシーンになるんだろうか。変身バンクのプリチェンミラーはCGで、ミラーに映る最初の顔もCG(をトレスした作画?)っぽいですけど、それとはまったく違う使われ方になることでしょう。

HC02-49.jpg
 なんでも願いを叶えられるとあって興味津々なめぐみですが、意外と俗っぽいというか、まぁ歳相応の少女らしい少女の反応と言えるでしょうね。でも、お母さん関連や彼女の「愛だね」や「みんなハッピー」という初期衝動のような想いがありますから、そういったことに願いを使いたいと思っているのかもしれません。仮に大いなる願いに到達できたとして、彼女は何を願うのだろうか。
 今回も顎さすり動作がちゃんとあって満足でした。

HC02-50.jpg
 今回で、前回なかったはずの歴代プリキュアの声優さんがクレジットされました。前回のブラックがなかったのはミス? それとも急遽対応したのかな。これなら、円盤のときもお祝いコメントがあることは確定っぽくて安心です。
 そういえば、プリキュアは録画しているので円盤は購入していない私ですが、このハピネスチャージは円盤で見るとどうなるのか、個人的にちょっと気になります。お祝いコメントも普通に収録されるとは思いますけど、本放送からズレたタイミングでそのコメントを見ても、旬が過ぎちゃっているような気がすると思うのですが、どうだろう。本放送をそもそも見ないレンタル派の人は(いるんだろうか)、レンタルで見てはじめてこのコメントというサプライズに驚くことになるんでしょうかね。

HC02-51.jpgHC02-52.jpg
HC02-53.jpgHC02-54.jpg
 さて、次回はその気になっていたせいじ回、というか序盤にありがちな正体バレに関する回のようです。
 プリキュアがオープンな世界観ではありますが、正体がバレていいのか、ペナルティはないのか、バレた場合どうなるのかなどなど、ハピネスチャージプリキュアにとっての「プリキュア」という立ち位置を決める、けっこう重要な回になるだろうと予想されます。
 作画も今回の整った感じとは変わって、一話以上に賑やかそうで、その怒涛の変顔特集みたいな予告映像には期待が高まります。せいじを前にして、なんとか背中に隠れようとするラブリーとプリンセスが面白くも可愛らしい。

HC02-55.jpg
 そして、エンドカードはプリンセス!
 本編映像からの切り抜きっぽくはありますが、いったいどのシーンだったのか、トルネードを出したときも、ブルーハッピーシュートを出したときも、このようなポーズと笑顔はなかった気がします。新規絵だとしたらそれはそれで嬉しいですが、単に見逃しているだけかもしれませんので、ぬか喜びしないよう保留にしておきます。もうちょっとサンプルというか、他のパターンも見て結論づけたほうがよさそうなので。・・・でもエンドカード用の新規絵っぽいなぁ。

 というわけで、ハピネスチャージプリキュア感想でした。

 まだまだテーマに触れているとは言えない段階なので、この初期特有の定番を消化していく感じの展開がしばらくは続くでしょうけど、それとなく「ハピネスチャージプリキュアらしさ」が垣間見えている気がしますし、今後の伏線満載という感じの序盤が楽しい。
 それに歴代プリキュアが毎回出てくるというコメント企画が本当に楽しい。次は誰だろうと想像するだけでも次回が待ち遠しいですが、逆にそれだけになってしまって本編がおざなりにならないか心配です。もちろん、そんなことはないと信用していますけど、定番の流れを踏襲しているのであまり真新しさを感じませんね。記念作品だからこそ、これからの女児のためにプリキュアの王道を見せていく戦略かもしれませんが、真実は視聴を続けながら確かめるとしましょう。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。