寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ スマイルプリキュア! #5 「美しき心! キュアビューティ!!」 感想
スマプリ5-6

 五人目にして(恐らく)最後のプリキュア、キュアビューティが誕生しました。
スマプリ5-1
 例によって例のごとく、登校時に青木れいかに会って彼女のことを知るみゆき。そして彼女にプリキュアになってもらいたいというテンプレートな流れになります。

スマプリ5-2
 昼食時ではなおがプリキュアメンバーに参加。前回入手したデコルでキャンディを可愛くしてあげます。大谷さんの演技によってキャンディがめちゃくちゃ可愛く見えてくる不思議。

スマプリ5-3
 新たな敵としてマジョリーナという、どこかで聞いたことのあるような名前の魔女が登場。バッドエナジーを集める場所を占うというのが意外とよかった。敵の行動に意味が生じるので、ウルフルンさんやアカオーニさんのように、急に出てくる感じが拭えます。

スマプリ5-5
 読み聞かせ会に乱入されて四人は変身。この分割シーンは相変わらず味気ないというか、もっとうまくできないものかと思いました。その点、フレッシュは四人を並べたり、ハートキャッチは三人バージョンと一人バージョンなどをうまく交互に見せたり、そしてスイートは部分的に一人だったり複数だったりして「同時に変身している感」がよく出てました。スマイルでも一人より五人同時の方が多いでしょうから、それを前提に変身バンクは作ってほしかったかも。
 変身終了して着地→名乗りの流れも、全員着地→全員名乗りの方がテンポいいんじゃないかな、と思ったり。

スマプリ5-4
 キャンディとさんざん絡んだくせになおはプリキュアのことは夢だと思っていたみたいで、変身してやっと信じるようです。左右の髪をまたモフモフしたのが可愛い。彼女特有のアクションとして、毎回色んなタイミングで触ってほしいですね髪を。


 分身したアカンベェに必殺技を使ってしまい四人はヘトヘトに。けっきょく最後までこの流れでしたね。そしてマジョリーナが読み聞かせ会を馬鹿にしたことでれいかが反論。この流れも定型となってますね。このときのれいかがまさに「静かな怒り」という感じだったのがすごい。声優さんの演技力によるものでしょうね。

 ビューティの変身と必殺技はどちらもあっさりした感じでした。プリキュアになってできることをすぐ理解したり、分身したアカンベェの中から本物をすぐ見つけ出したりと、知性を感じさせる戦い方が印象的でした。他の四人が基本的に馬鹿なので、こういうキャラがメンバーに入ってくれるとグッと引き締まりそうですね。

スマプリ5-7
 ついに五人そろったスマイルプリキュア。どうやら次回は決め台詞(?)を決める話なのか、そうじゃなくてもOPにある五人一斉名乗りはあるでしょう(あの部分は作画がちょっと心配なんですけど)。とりあえずスマイルプリキュアはプロローグが終わり、いよいよ次からが本領発揮+実力が試されるでしょう。


スマプリ5-8
 冒頭がキュアビューティになっているEDで終わりです。この部分も空を飛ぶようにもとの場所へ戻るので、マーチと違ってビューティらしさがなかったような・・・。吹雪とかは風や炎と違って3Dで作るのは難しいんだろうか。
 ってあれ? この画像の部分で吹雪出してる? 本放送だとよくわからなかったけど、後で見返してみよう。

 というわけでスマイルプリキュアの感想でした。今のところの話を好きな順に並べるなら、2→4→1→3→5ってところでしょうか。これはキャラの好みとか関係なく本編の面白さやワクワクさを考慮してです。みゆきが変顔をたくさん披露したり楽しい感じの絵が多く見られると私は面白く感じるようですね、プリキュアに関しては。

 それより一話に登場した謎の空間&本棚ワープにはいつ触れるんだろう・・・次回から?
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。