寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
TVアニメ プリティーリズム・レインボーライブ #46 「開幕!オーバー・ザ・レインボーセッション」 感想
RL46-64.jpg

 少女たちの未来はメルヘン無限大!
 一話につき二人というハイスピード消化でしたが、おとはちゃん、あんちゃんの総決算としては申し分ない最高のショーでした。めちゃウマ!

RL46-01.jpg
 なんとアバンで登場したのはペンギン先生! しかも今までと違って画面の中央に堂々と! さらに台詞つき!
 今まで画面内にこっそり登場したことは数回ありましたが、それは単なるファンサービス程度に留まるかと思いましたし、最近はめっきり姿も見かけなくなったと思いましたが、まさか旅に出ていたとは。
 ジュネ様のお供の件もほのめかされていますし、そう考えると、ペンギン先生がお供と考えてよさそうです。しかし、二年目まではいわゆる「いい指導者」という存在だったのに、ジュネ様の暴走を放置したりして、随分と変わってしまったような・・・。
 このペンギン先生が、田中さんと山田さんみたいに、ディアマイフューチャーまでのペンギン先生とは別人(別鳥?)の可能性もありますし、もし同一人物(チョールイ?)だったとしても、その旅には何らかの理由があるのかもしれません。服装的にかなりの秘境まで行ってそうですし、例のブエノスアイレスの女神のステージまで行ってきたとか? ジュネ様の暴走も実は思惑どおりだったり?

RL46-02.jpgRL46-03.jpg
RL46-04.jpg
 各キャラの外出シーンがあったのがよかったです。みんなだいたい家庭の問題を解消し(もとからない家庭もありますが)、お見送りされていくのがいいですね。
 あんちゃんのシーンはちょっと長く、もはや懐かしくもある彼女と父のやり取りはやはり微笑ましく見えます。しかし、それだけでは終わらないようで、煎太郎のところに謎の電話が・・・?

RL46-05.jpg
 涼野家の事情を話すコウジくんですが、話されたからといってなっちゃんは複雑ですよね。やっと念願叶ってホッとしているようには見えませんでしたし、もし彼女の「別れて!」という要求が通って若い二人がわかれてしまったら、それはそれで「関係を引き裂く」ということをしてしまい、なっちゃんも十字架を背負うことになります。よく考えれば、そうさせないという意味でも、いとちゃんとコウジくんは決して別れてはいけないと言えるでしょう。
 涼野家は家族みんなで暮らすと思ったものの、どうやら弦さんだけは単独行動をするようで、そのことにちょっと不安(期待?)そうな奈津子さん。この閉塞状況をどうにかしてくれるんじゃ、という淡い期待を感じました。

RL46-06.jpgRL46-07.jpg
RL46-08.jpg
 小鳥遊家では祖父と祖母も観覧にやってくることを知っておとはちゃんがメルヘンに。
 森園家では豪快猫キャラを継続していたフタバちゃんがわかなちゃんを元気に見送り。ポニーテールもいいですが、猫口も可愛らしく、以前のオドオドした姿がすっかりなくなったのが好印象ですね。でも、変わってしまったら変わってしまったで、あの幸薄そうなフタバちゃんを見たくなるのが人間としての悲しい性です。もう以前の回を見直すしかないのか・・・。
 蓮城寺家では、チークをなくしてすっかり薄化粧になった律さんがべるちゃんをお見送り。厚化粧がやはり威圧的だったんだなぁと実感する変化でしたね。あれも「しっかりせねば」という姿勢が行わせてしまったメイクだったんでしょうね。どうやらお父さんも見に来るようで、べるちゃんとしては申し分ない大会となりそうです。どの家も平和そうでよかった・・・。

RL46-09.jpgRL46-10.jpg
 二年目の終盤でも思いましたが、おっさんがメインMCというのは花がないというか、声優さんはフリーザなどの中尾さんなので申し分ないのですが、ビジュアル的にアレですよね、聖会長ならまだしも。
 それに、そもそも会長がこう頻繁に観客の前に姿をあらわすってあまりないと思いますから、ここは懐かしのタッキーなどに司会してもらいたかったなぁというのが本音です。単純にタッキーが見たいわけではなくて(見たくないとは言ってない)。

RL46-11.jpgRL46-12.jpg
RL46-13.jpgRL46-14.jpg
 精一杯がんばろう! というものの、その意気込みが漠然としすぎていて、なんとなーくみんなはやる気マックスになりきれません。
 大きな大会特有の浮き足だった感じがリアルでしたが、「救世主は君ジャ!」回で決意していたみんなも、いざ出番が近づくと緊張せざるを得ないのでしょう。なにせ世界の命運やジュネ様のゆくえ、そしてりんねちゃんの生死がかかっているわけですからね。
 りんねちゃんも正常な状態には近づいたっぽいですが、そのかわり弱々しくなってしまいました。今まではその無知さゆえに介護シーン(笑)っぽいところが多々ありましたが、今は今で、また別の意味で介護が必要そうな状態になってしまいました。でも、手間のかかる子ほど可愛いといいますし、りんねちゃんは終始そんなキャラクターでしたね。

RL46-15.jpgRL46-16.jpg
 全員をリラックスさせるために、いつものようにカモミールティーを用意するおとはちゃんですが、そのガラス製ティーポットを落としてしまいます。あれ、すごく高いんじゃないかな・・・。
 今一番リラックスすべきはおとはだ、というべるちゃんの言葉に怖い表情をするおとはちゃんですが、このときのべるちゃんは特に失言らしい失言をしたようには見えませんでした。でも核心かつ的確すぎて、おとはちゃんはショックを受けたというシーンでしょう。
 しかし、おとはちゃんのお茶を振る舞う行動も、みんなのためというよりは、実は自分のためだったんじゃないかと思います。人を支えているときほどリラックスできる(であろう)彼女だからこそ、緊張が高まってお茶を振る舞おうとしたのでしょう。それすら満足に遂行できずショックだったようですが、ある意味べるちゃんの指摘があったから、別の方法に行きついたんだと思います。

RL46-17.jpg
 そそくさと立ち去るわかなちゃんの表情や口の形がいい。作画は男性人は松浦さん監修のときが文句なしにかっこいいのですが、女子に目を向けた場合は、戸田さん監修のときの方がわたしの好みですね。目元がぱっちりキリッとしていることが多くて、なおかつ可愛さも併せ持ったいい作画だと思います。
 割れたポットやおとはちゃんを置き去りにして立ち去るみんながちょっと薄情に見えましたが、これも大会前、そして重大な使命を帯た状態だからということで納得しておきましょう。すべからく異常事態というのは起こるものですし。

RL46-18.jpgRL46-19.jpg
RL46-20.jpg
 べるちゃんのところにはヒロ様、あんちゃんとわかなちゃんのところにはカヅキ先輩、いとちゃんのところにはコウジくんがあらわれました。三人とも一緒に会場に来たようなタイミングでしたね。
 どこもかしこも男子とイチャイチャ・・・と思わずにはいられませんでしたが、こういう閉塞状態だからこそ、外部の声というのは貴重ですし、べるちゃんたちは無意識にそういった空気打開の案を欲していたように思いますね。

RL46-21.jpgRL46-23.jpg
RL46-22.jpgRL46-24.jpg
RL46-25.jpg
 そんななか、絡む男性がいないおとはちゃんですが、すでに指摘してもらっていたべるちゃんの助言もあってか、自分で答えにたどりつきました。それに、自分でお茶を飲むのも、けっきょくはこのときリラックスしようとしていたんでしょうね。
 メルヘンじゃありませんと叫ぶシーンの動きが面白可愛かったですが、弱々しいりんねちゃんとなるちゃんの二人、そしてノックダウンしているモモオーナーも面白い画面でした。
 冒頭でフタバちゃんを見たこともあり、この豹変は彼女を思い出してしまいますが、おとはちゃんはたびたびキャラチェンジしたようなシーンを見せていましたので、ここでのキャラチェンジも割りとすんなり納得できましたね。そのシーンを見てなかったり、後藤さんの演技がなければ、ここのおとはちゃんには違和感が出ていたかもしれません。このシーンも、今までの積み重ねあってこそなんだろうなぁ。

RL46-26.jpg
 すでにブリリアント状態になったセブンスコーデへお着替え。セブンスコーデはショー中に変化することが多かったですし、さらに初期状態でブリリアントというのは今までなかったような気がします。
 セブンスコーデのブリリアント状態は、ぶっちゃけ初期状態と大差ないように思っていましたが、べるちゃんのバラスカート開花や、わかなちゃんの肩口出現など、意外と特徴的な変化が一人にひとつくらいありますね。おとはちゃんのセブンスコーデでは、胸元のネックレスみたいな特徴的な襟元が目を引きます。

RL46-27.jpgRL46-28.jpg
 いきなり野次を飛ばす観客たち。おとはちゃんがトップバッターだとは言ってましたが、それは半ば「なるちゃんたちの中で」のトップバッターだと思っていました。しかし、この反応を見るとエーデルローズで最初の出番のようですし、本当に大会のトップバッターだったみたいですね。
 トップというのはまた別の重圧を感じるものでしょうし、優勝に一番遠いポジションだともいえますが(比較対象にされるため)、だからこそおとはちゃんだったのは幸いかもしれません。彼女のサポート力がいかんなく発揮されるのは、トップバッターしかありえないでしょう。

RL46-29.jpgRL46-30.jpg
 もはや懐かしいおとはちゃんのソロ曲。しかし登場回数が少なかったことや、このクライマックス展開で、なかなか大詰めという雰囲気が出ていました。
 そしてすぐさま手のひらを返す観客たち。流されやすいからこそ観客と称しましたが、この変わり身の早さはもはやギャグの域ですね(苦笑)。なんだか意見をコロコロ変える憎めない敵みたいなポジションに見えます。けっきょく、そういう敵って最後には仲良くなったりしますからね。

RL46-31.jpgRL46-32.jpg
RL46-33.jpgRL46-34.jpg
 おとはちゃん特有のモノローグ・・・というわけじゃなかった今回ですが、一年のしめくくりとあって、過去回想モノローグがすごく強烈に作用しますね。
 それに、個別エピソードが濃厚だったからこそ、この回想が薄っぺらにはなりませんでした。おとはちゃん、本当に色々あったけど成長したなぁ。成長度的には、それほど幅はないかもしれませんが(マイナス部分が少なかった)、それでも確実に、着実に成長していました。

RL46-35.jpg
 プリズムライブ発動と共に、セブンスコーデがプラチナスタイルに!
 多少変化があった初期→ブリリアントと違って、ガラッと変化して白基調になりましたね。どちらかというと白+フェミニンな差し色という感じです。白ということで、どことなくうウェディングやロイヤルな雰囲気がしていいですね。黄色が入っていることもあって、どことなく王者の風格を感じます。

RL46-36.jpgRL46-37.jpg
 ジャンプの一段目、二段目、三段目はいつもどおりフェミニンスプラッシュ→わたしのメルヘンドリームシティー→わたしのメルヘンティーパーティーでした。しかし、プラチナスタイルだと一気に印象が変わっていいですね。ブリリアントは本当に変化が微妙だったので(苦笑)。

RL46-38.jpgRL46-39.jpg
 そして四段目は、まさかのハットトリックスター! 声もドスが効いていて、ここだけロックおとはちゃんみたいでした。
 新ジャンプ習得というにはあっさりしていましたが、ここでの四連続は五連続の繋ぎみたいなものでしたし、おとはちゃんの豹変の表現としてはいい選出だったと思います。さすがに、徐々にインフレさせていく展開でも、もうソロ四連続を丁寧に描いている時間はなかったですね。まぁデュオで跳んでますから、それを一人で・・・と考えると、もう彼女たちにとってはそんなに難しくないんでしょうけど。

RL46-40.jpg
 おとはちゃん初の五連続は、キラキラターンテーブル! 踏み切る際の声や「キラキラ」という台詞が、四段目と対比させるためかおもいっきり優しい声になっていました。その落差も笑えるところでしたね。
 あと、やたらと「キラキラ」と言ってるシーンもちょっと笑えましたが、着地していくと建物が生えるというのはドリームシティーと似ていますね。というかそれの上位版みたいな考えでいいんでしょうか。
 くるくると回る建物たちが、現代アートみたいでかっこよかったです。現代アートなんて曖昧な言葉はあまり使いたくないんですが、こういう感覚を言い表す言葉が見つからず断念・・・。

RL46-41.jpgRL46-42.jpg
 相変わらず仕事の早い電光掲示板では、プラチナスタイルのおとはちゃんが表示されています。というか最初からすでに表示されていましたよね、プラチナスタイルが。仕事が早いのではなく、未来を予知して先に表示しちゃうズボラなんでしょうか(笑)。
 過去回想みたいな画像つきなのが凝ってますね。この大会の出場者は、過去大会などさかのぼって記録などを集めて表示させているんでしょうか。だとすると、なかなか手厚い大会運営ですよね。それともプリズムショーの演出みたいに、プリズムのきらめきによって画像が決定したりするのかな。ハッピーレインのときの対応の早さなども考えると、そうかもしれません。すごすぎる電光掲示板だ・・・。
 4クール目になってアイキャッチがなくなりましたが、おとはちゃんの最高の笑顔でCM入りなど、かなり効果的になってますので、これはこれで正解ですね。4クール目に限定しているのもいい采配です。

RL46-43.jpg
 最高のショーを終えたのに、戻ってきてそうそう頭を下げるのが実におとはちゃんらしい。

RL46-44.jpgRL46-45.jpg
「やるじゃない」
「はぁぁぁぁ!」
 ベルローズの衣装を決めたときと同じやりとりですが、また見れたのがなんかよかったです。やっぱりおとはちゃんは、他人のために頑張っているときも彼女らしいですが、べるちゃんに褒められて「はぁぁぁぁ!」となっているシーンも彼女らしいですからね。

RL46-46.jpgRL46-47.jpg
 おとはちゃんのショーがひと段落したところで、なんだか不穏なことが起こっているっぽい福原家の話に。なんと、メアリーさんという煎太郎のお母さんが登場! 予告で見た映像はあんちゃんのおばあちゃんだったのか・・・。
 初期のころ、煎太郎さんが意外と和風っぽくなかったり、婿養子っぽいところは薄々感じていましたが、それを補完する形になりました。

RL46-48.jpgRL46-49.jpg
RL46-50.jpg
 煎太郎さんが実は元パティシエだったということに驚きですが、あれだけ目の敵みたいに反発している理由の補足説明になっていたので、これはこれでいい設定開示でしたね。
 ハーフということからも、むしろパティシエだったという新事実には納得しちゃいます。強面パティシエって、某ドリアンライダーもそうですけど、なんだかピッタリな印象なんですよねぇ。

RL46-51.jpgRL46-52.jpg
RL46-53.jpg
 メアリーさんの声は日高のり子さんということで、これまたシリーズとは縁のある方がキャスティング! なんだかキャスティングの際、役柄の年齢層が一段階あがったような印象が全体的にありますね、旧シリーズの声優さんは。親世代だった人はおじいちゃん世代あたりで、中学生世代が親世代に配役されていることが多い気がします。もちろん全員が全員じゃないですが。
 未来のことを「フューチャー」と表現したり、「無限の可能性」という言葉を使ってきたところで、なんだかディアマイフューチャーを連想しましたね。何気に今回の二人は、おとはちゃん→AD、あんちゃん→DMFという構図に似ていた気もします。いや、おとはちゃん→ADはそうでもないかもしれませんが、回想+成長は一期1クール目ラストのあのショーを絶対思い出しちゃうんですよねぇ。

RL46-54.jpg
 さて、あんちゃんの出番・・・と思って電光掲示板を見てみると、やっぱり服が白い。
 この調子だと、全キャラ最初にプラチナスタイルをお目見えするのは、この電光掲示板ということになりそうです。なんてことをしてくれるんだ・・・。

RL46-55.jpgRL46-56.jpg
RL46-57.jpg
 あんちゃんもセブンスコーデ・ブリリアントスタイルに着替え・・・といいたいところですが、ポップのコーデは特にわかりにくく、これがブリリアントなのか確信が持てません。一応、首元や多段スカートにフリル的なものが追加されているので、ブリリアントと言っていいでしょうね。
 舌をぺろっと出して「めっしあっがれー」というシーンは、ドリーミングセッション時でも見せたソロ用のショー開始演出ですね。これで二回目ということもあり、使い回しというよりはニクイ演出になってます。こういう同じシーンの使い方のうまさもプリティーリズムの特徴ですね。

RL46-58.jpgRL46-59.jpg
RL46-60.jpgRL46-61.jpg
RL46-62.jpg
 モノローグはおとはちゃんだけじゃない! あんちゃんのショー中にも今までの回想が挟まれましたが、これがまたよかった。演出としては二回目なので二番煎じ感が出るはずなのに、彼女は彼女でちゃんとストーリーがありましたからね。同じ回想なのにまったく別物になっていて、ちゃんとあんちゃんの成長を感じられるのがいい。今までは人数の多さから、個別エピソードが薄くなってしまうと懸念していましたし、その傾向はありましたけど、この回想のためのエピソード量だったとしたら、それで納得できちゃいそうです。今まで色々あったなぁとしみじみ。
 あんちゃんの語りが「味」に関連づけてあったのもわかりやすくて、なおかつあんちゃんらしさもありましたね。色んな味と色んな経験をかけた表現が秀逸です。

RL46-63.jpg
 あんちゃんのセブンスコーデもプラチナスタイルに! 何気に、あんちゃんのコーデ進化シーン単独ははじめてじゃないでしょうか。最初からセブンスコーデがつかえたので、おとはちゃんたちのように別の服→セブンスコーデという変化シーンもなく、また、進化シーンのときはなるちゃんたちと一緒の三分割でしたから、こうやって単独でこのシーンが見られたのは初めてな気がします。貴重だ。
 フェミニンのコーデはプラチナになったことで高貴さが増した気がしますが、ポップはもとのデザインのせいもあって、ロイヤルさはかけらもありませんね。高級感などをあらわす白でしょうけど、単純に別カラーという印象でした。

RL46-66.jpg
 ポップスプラッシュ、スウィンギンハートリズム、ポップンキャンディロケットときて、四段目はこれまた懐かしのハッピーマカロンスピン! 動きは一期、二期と同じでしたし、さすがにもう見劣りするジャンプに見えましたが、四連続という繋ぎでしたし、五連続を際立たせるためならこれもアリでしょうね。でも、終盤の新ジャンプ習得という意味では、確かにちょっと薄味だったかな・・・。

RL46-64.jpgRL46-67.jpg
RL46-65.jpg
 そこからの五連続! あんちゃんのときに気づきましたが、フェザーも最終段階(?)に進化しているっぽいですね。さすがにサイズがかなり大きくなってきました。
 OPのラストカットみたいなかっこいい構図で飛翔したかと思うと、コーンの先端にソフトクリームを出現させ、「めちゃウマ無限大!」という意味不明ながらかっこいいフレーズを言うあんちゃん。一瞬ペロッと舌を出しているのもいいですが、意味深にプリズムストーンケースを持って、なんとなく「自由の女神」っぽいポーズを取るのがいいですね。このときのあんちゃんがすごく可愛い。

RL46-68.jpg
 そして点数は一万点越え! 今までのシリーズでは、MAX9999点だった気がしますが、本作ではそれ以上いけたんですね。デュオのときは特別な点数基準だと思っていましたが、そうではなかったようです。
 それとも、やはりソロはMAX9999点で、このオーバー・ザ・レインボーセッションのみ上限が増えていたりするんでしょうか。

RL46-69.jpg
 次はいとちゃんの出番です。次回は彼女のことで一話まるまる使いそうですね。
 今回で二人の出番を消化しましたが、もう二人の問題はあらかた片付いていたので、その総決算としては申し分ない内容だったと思います。

RL46-70.jpgRL46-71.jpg
RL46-73.jpgRL46-72.jpg
 弱々しいりんねちゃんも気になりますが、ひとまずは再登場の結くんと鶴さんに歓喜! やはり涼野家と神浜家の問題を解決するためには、彼らの登場が不可欠でしょう。普段はネットで見ているというショーを生で見れるとあって、結くんがどういう反応をするか気になりますね。
 例のずっと持っているストーンの行く末も気になりますし、どういう決着をするのか非常に見ものです。ある意味、ヒロ様問題のように、一年通して語られたストーリーの決着ですからね。期待しないわけにはいかないでしょう。
 ジュネ様がちょっと映った映像も気になりますね。いとちゃん関係ではなく、その次の回の前フリとして登場したのでしょうか。

RL46-74.jpg
 プリティーリズムのファンとしては待望の映画! そのCMが放送されました。
 すでに公式サイトなどで見れる映像と大差なかったですが、こういうのがあると徐々に実感がわいてきますね。というか3月5日ってもう目と鼻の先ですね・・・。
 プリズムショーピックアップな内容なんでしょうけど、ベストテンというだけあって10シーンを選出しているようです。でも、それだと明らかに映画の尺としてはあまりすぎる気がしますし、だとするとどれくらいショー以外の映像があるのかも気になりますね。もしかして、本当に「ベストテン」をパロディした音楽番組みたいな趣向になっているのかな。それはそれで楽しそうだ。
 ・・・ハッ、まさか、本作でタッキーを出し惜しみしていたのは、この映画に出てくるからだったりして?

 というわけで、プリティーリズム・レインボーライブでした。

 尺の都合で二人まとめて、という印象の強い今回でしたが、おとはちゃんとあんちゃんという選出だったので、これくらいでもじゅうぶん語ることができていました。これがいとちゃんという重要なポジションだと、そりゃあAパートのみで語るなんて無理ですから、次回のように一話まるまる使用するでしょう。
 でもそうなると、わかなちゃんとべるちゃんも、今回みたいに二人同時に消化ということがありえそうですが、この二人も問題は解決しているので、それくらいできっと語りきれることでしょう。べるちゃんに関しては、四連続はすでに跳んでいますから、他のみんなと同じく五連続どまりなのか、それともそれ以上を目指すのかなど、多少見どころが多い印象です。
 あとはなるちゃんの出番ですよね・・・。なるちゃんも問題らしい問題、ストーリーらしいストーリーがないですが、りんねちゃん関係で深刻な状況ではありますし、それなりの決意でショーをしてくれそうです。どういうショーになるのかまったくわからないところも、楽しみな点ではあります。

 それに、セブンスコーデ進化と同時に挿入されていた石像がライトアップされるような演出も気になります。あれはこのステージで起こっていることなのかな、と思ってそのシーンをよく見ると、プリズムライブ発動によって空間が広がり、コロシアムのような背景に変わっていましたね。会場やステージはあるんですが、そのむこうには果てしない宇宙が広がっています。
 プリズムライブ空間にのみ出現する謎の像たち・・・それがライトアップされ、虹の輪が出ていることから、これがモモオーナーのいっていた「使者を帰す選ばれし救世主」なんでしょうね。救世主がそろえば、きっと会場から虹の橋がかかることでしょう。
 でも、このシーン、謎の像(そなた像)は最大でも五体くらいしか確認できず、構図的に見えない像があったとしても六体しか像がありません。それに「七人の救世主が使者を帰す」ということは、プリズムワールドへ帰れるのはジュネ様かりんねちゃんということになりますよね。スタンがりんねちゃんのところへやってきたところを見ると、救世主はりんねちゃんで、ジュネ様をプリズムワールドへ帰すことになりそうです。
 あれ、それだとりんねちゃん、救世主として役目を果たしたあと、力尽きてしまうのでは・・・? 今までは特に気にしていなかったこの「七人」という条件が、意外と今後面白いギミックとして作用しそうです。スーパーサイヤ人ゴッドを呼び出すための人数みたいな感じで。
 ジュネ様は、りんねちゃんは本当にどうなるんだろうか・・・。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.