寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カードゲーム ファイブクロス プリティーリズム・レインボーライブのブースターパックを1箱開封してみた
FC01.jpg

 ついに発売となったファイブクロス「プリティーリズム・レインボーライブ」を1箱買いましたので、開封してみようと思います。iPhoneでの撮影+自分の汚いデスクが映りこんでいますが、その点はご容赦ください・・・。
 そして若干ですがアニメ本編のネタバレらしき要素もあるので、それが嫌な方はご注意を! 個人的にはドキワクが高まる結果となりました。

FC02.jpg
 トップの画像は箱の正面画像。そしてこちらは上から見たところ。ファイブクロスのロゴだけがありますね。

FC03.jpg
 正面に対して右側。公式サイトなどで見られる新キービジュアルですね。okamaさんの絵が可愛い・・・。よく見ると、りんねちゃんのポーズがすごくキワドイですね。どこを触ってるんだろう(ドキドキ)。

FC04.jpg
 こちらは左側。元気なポージングのベルローズです。

FC05.jpg
 正面に対して下の部分。ここもファイブクロスのロゴのみ。

FC06.jpg
 そして裏側(正面を上に向けた場合の底側)。ふむふむ、カードのレアリティや種類、そしてレアリティごとの枚数が書いてありますね。
 できることなら、ここに記載されている種類をすべてコンプリートしたいところですが、さて、この1箱でどれだけ揃うやら・・・。

FC07.jpg
 では、開封していきます(近くにいたfigma杏子ちゃんが代役)。

FC08.jpg
 いわゆる遊戯王みたいに、そのまま店頭に置ける簡易的な箱ではなく、けっこうしっかりした作りになっていました。箱を捨てるのがしのびないと思っていた矢先なので、この保存に適した作りはありがたい。

FC09.jpg
 一番上に入っていたのは、ファイブクロスをプレイする上での説明書と、店頭にフックがけするためのダミーカード。ある意味業務用といえる箱買いなので、こういうアイテムが手に入るのはちょっと面白いですね。このカードゲーム普及のため、ブシロードさんも色々と手を尽くしているようです。
 しかし説明書は華麗にスルーして、次へといきましょう。

FC10.jpg
 パック外観。箱正面と同じメインビジュアルが描かれています。
 裏面は撮影を忘れましたが、箱の裏にあったようにレアリティの種類などが記載されていました。1箱に16パック入ってます。けっこう単価高いですね・・・。

FC11.jpg
 それでは開封していきます。いくら捨てるパックとはいえ、なるちゃんたちに刃は突き立てられないため、かなりギリギリのところに刃を入れましたが、それが功を奏しました。

FC12.jpg
 出てきたのは、無情にもハズレを宣告するくじ券と(アタリはあるんだろうか・・・)、コモンカード(いわゆるノーマルカード)が64枚、そして小袋に入ったレア以上のカードが16枚でした。最近は「1パックにレア以上1枚」というのは珍しくないようですが、このようにさらに袋に入っているのは見たことがなく、上の方で横向きに刃を入れてよかったとつくづく思いました。違う向きや位置に刃を入れていたら、このレアカードの袋も切っちゃってたでしょうからね。

FC13.jpg
 では、さくさくと紹介していきましょう。まずはコモンカードその1。コウジくんやヒロ様のカードもちゃんとあるんですね。そしてベルローズはあのファッションショーの画像もあります。なかなかいいチョイス。

FC14.jpg
 コモンカードその2。ジュネ様やモモオーナー、カヅキ先輩も! さすがに家族関係まではフォローしてないようですが、かなりのサブキャラまでカバーしていてくれたのはありがたいですね。
 よく見ると、いとちゃん以外はだいたいペアともと戯れる(出会う)シーンがチョイスしてありますね。そういえば、いとちゃんだけはこういうシーンがなかったっけ・・・。

FC15.jpg
 コモンカードその3。なんとモモは二枚目な上、新キービジュアルの絵を使用しているのかな? あまり見ることのない絵なので貴重感があります。そしてCooさんがかっこいい。
 個人的にはめが姉ぇのベストショットが一番嬉しいかもしれません。コモンカードではありますが、貴重で可愛らしい一瞬だからこそ価値が高いように感じます。

FC16.jpg
 コモンカードその4。2クール目EDで見たSDキャラクターたちですね。仲間ハズレが出ることなくみんな集まってよかったです。

FC17.jpg
 コモンカードその5。ここからはプリズムショーシーンになります。
 各キャラのスプラッシュシーンですが、こうやって並べると色鮮やかでいいですね。アニメ本編で最後に七人で「レインボースプラッシュ!」なんてやらないかなぁと妄想してしまいます。

FC18.jpg
 コモンカードその6。各々のセカンドジャンプですね。なるちゃん、わかなちゃん、べるちゃん、おとはちゃんは決めポーズでもあるのでビシッと決まってますが、あんちゃん、りんねちゃん、いとちゃんは途中の動きとあってちょっと収まりが悪いです。
 プリズムショーシーンって、実に素晴らしい映像なんですが、それをキャプチャして静止画で見栄えをよくするのって意外と難しいんですよね。いい「一瞬」がなかなか見つからなかったり、その「一瞬」がどの部分かわかりにくかったりするんです。ひと目で「スウィンギンハートリズム」とわかり、なおかつ見栄えのいい絵を探す(しかもカード形状に合わせて)というのは、けっこう難しいんでしょうね・・・。

FC19.jpg
 コモンカードその7。ハッピーレインの三人とペアジャンプです。
 ハッピーレインの三人はみんな普通の衣装ではないので、それぞれ特別な回をピックアップされていますね。でもいとちゃんのは着替えシーンなのがちょっと残念・・・。

FC20.jpg
 コモンカードその8。横向きのカードもあるんですね。裏面を見ると、いわゆる某遊戯王でいえば「魔法・罠カード」と言えるタイプのカードらしいです。どのシーンもいいチョイスですが、各デュオソングの名前が書いてあるのに、あんちゃんわかなちゃん、いとちゃんおとはちゃんのペアは「CRAZY GONNA CRAZY」の画像なのがちょっと笑えます。
 りんねちゃんの絵本風画像もいいですね。裏には同じく「CRAZY GONNA CRAZY」でのカッコイイポーズが載っています。

FC21.jpg
 それでは、ここからは一つずつ袋に入ったレア以上のカードたちを紹介します。といっても開封しておらず、裏面が確認できないため、どういうレアリティかはいまいちわかりませんが。
 一応、これらはレアカードだと思います。光り方が「背景がただ光る」だけです。

FC23.jpg
 こちらは恐らくダブルレアカード。光り方が「モザイク状」になっていて、昔のカードダスなどでよく見た感じです。

FC24.jpg
 この二枚は恐らくトリプルレアカード。ドット状の光り方が追加されている上、波紋のような輝きも見ることができます。出てくる枚数の割合から見ても、これらのレアリティで恐らく間違いないでしょう。

FC25.jpg
 そして最後に、こちらは(恐らく)スペシャルカード。ドット状の光り方はトリプルレアと同じなのですが、なるちゃんの方はスポットライトみたいな輝き方も追加されています。
 りんねちゃんの方には、なんとりんねちゃん役、佐倉綾音さんのサインが! いやまぁ、声優さんのサイン入りカードが入っていることは知っていたんですが、それが佐倉さんだったのは、なんだか嬉しいですね。佐倉さんとは二年の付き合いになりますし(プリティーリズム以前から知ってはいましたが)、自分のサインだけでなく、りんねちゃんの台詞である「聞こえる!虹の歌が!」も書いてくれているのが嬉しい。
 しかし、サインも光っちゃってるのはちょっと興ざめというか、サインをじかに書いてもらうことが適わないとはいえ、黒いマジックみたいな感じの方が「サインっぽさ」が出ていいなぁとは思いました。光ってしまうと、あきらかに「加工」されている感がバリバリですからね。

 そんなわけで、すべてのカードを確認しましたが、改めてレアリティの種類を確認してみると・・・
FC06.jpg
 ふむふむ。
 レアが15種類、ダブルレアが10種類、トリプルレアが14種類、スペシャルが3種類・・・ってこれ、当然ですけど、1箱(16パック)じゃぜんぜん集まらない!
 レアカードは、見たところ「プリズムライブ」画像と「ペアとも」画像で作られているようなので、それで7人+7匹で14種類、そこにジュネ様のプリズムライブも合わせて15種類でしょうか。
 ダブルレアカードは、箱絵にもなっている新キービジュアルとトリオライブということで7人+2トリオで9枚は確定してますが、残りの1枚はなんだろう・・・。
 トリプルレアカードの方がなぜだか枚数が多いですが、こちらはまったく見当がつきませんね。もしかして、わたしがスペシャルだと思っているのはやはりトリプルレアで、箱正面に使われている絵で7人、旧キービジュアルで7人の合計14種類ということかもしれません。となると、スペシャルはどんなのなんだろう・・・。

 というわけで、ファイブクロス「プリティーリズム・レインボーライブ」ブースターパック開封でした。

 ぶっちゃけブシロードさんのやり方を知っているので、こういうキャプチャ画像や使い回し画像のみというのはわかっていましたが、開封していくときはそこはかとないワクワク感みたいなものはありました。開封が終わるとそれもなくなりますけどね。
 コモンカードはすべて集めることができましたが、レア以上のカードを集めるにはけっこう根気が要りそうなので、やるかどうかは微妙なラインです。カードも完全にコレクション目的ですし、だからダブッたり、そして絵柄がキャプチャ画像というのは、コレクター根性を維持し続けるには難しいアイテムだと思います。
 まぁ声優さんのサインがあるので、多少は頑張れますが、それでもそのサインも「キラキラ加工」されていたのは個人的に減点対象。これを集めるくらいならジーククローネの「レヴィアタン」を集めた方がいいかなぁなんて思っちゃってます(あちらは新規イラストが多そうなので)。
 ゲームをプレイすれば、カードの必要性にかられ、自然と追加購入してそうな気もしますが、ファイブクロスとやらに勤しむほど余裕はないので、恐らく購入もこれっきりになりそうです。でも、なんとかして他のカードが見たいところなので、そこは有志の方にお願いしたいですね(チラチラッ)。

 追記:レヴィアタンの方もキャプチャ画像などは少なからずあるようですね。でも新規(っぽい)イラストもあって、なかなかよさそう。でもサイトでカードリスト見ちゃえば、それですむんですよねぇ・・・。
 それと1箱あたりに入っているパック枚数が多いので、1箱の値段ではあちらが上みたいです。
 そして、最後のスペシャルと思ったらトリプルレアなんじゃないかと思った二枚のカードですが、もしかするとこのあたりは重複していて、トリプルレア+サイン入り=スペシャルなのかもしれません。それなら加藤さん、戸松さん、佐倉さんの三人分のサイン入りカードが存在するようなので、スペシャル=3種類にも納得ですし、光り方がトリプルレアっぽいのにも納得です。

 さらに追記:公式サイトを確認すると、こちらもカードリストを確認することができました。なるほど、手に入ってないカードはあのカードだったのかぁ・・・(ステマ?)。
 トリプルレアのなるちゃんのカードに「ハピなるアロー∞」という単語があり、「なんだろうこれ、新ジャンプ?」と思いましたが、他のカードを確認すると「めちゃウマスイーツゴーランド」や「キラキラターンテーブルメルヘン」も確認できたので、恐らく新ジャンプ名のようですね。こんなところでネタバレを喰らうとは!
 カードリストには「D」なるレアリティもあって、どうやって手に入るカードがよくわかりませんが、これはもしかするとPC上でゲームをするとそこで入手できるのかもしれません。DはデータのD?
 二次元×三次元で「ファイブクロス」というネーミングや、PC上でできるというのは非常に魅力的なのですが、カードの絵柄はもうちょっと凝ってもらいたかったというのと、そもそも新たにゲームをはじめている暇がないので、とりあえず買って微満足という現状です。楽しいという噂などを聞いたら、きっとはじめるかもしれませんが・・・。
 それなりには楽しめた開封結果ですが、値段に相応しいかと言うと微妙なところです。サイン入りのスペシャルカードというのは1箱に必ず1枚入っているものなんだろうか。そうじゃないなら、わたしはラッキーなんだと優越感に浸れるんですけどね(悪い顔)。他に開封している人がいないか探してみようかな・・・。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。