寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ プリティーリズム・オールスターセレクション #02 「一番を目指すために必要な事」 感想
AS02-01.jpg

 セレクションの二話目は、ディアマイフューチャー第一話(ナゾナゾみたいな文だ)!
 みあの強引な牽引力は、好みが分かれるところですが、大人し目なメンツが多いセレクションパートでは、その個性が数倍は増していますね。

AS02-01.jpg
 どっか~んで、シュピーンで、じゃじゃじゃじゃ~ん! な登場を果たしたのは二期主人公のみあ! 画面を所狭しと動き回るのが彼女らしくていいですね。
 というか、このオールスターセレクション、毎回最初に各主人公とらぁらの自己紹介が入るんですね。丁寧ではありますが、合計で何回自己紹介するつもりなんだろう・・・。
 さらに言うなら、タイトルコール前の主人公たちのシルエットの動きが、何気にすごく好きです。あいらはオーロラライジング、みあはきらめきフューチャースター、なるちゃんはプリズムライブの映像でしょうか。シルエット風になることで、かっこよさがアップしている気がします。

 あいらが、みあとの出会いを回顧しますが、それをらぁら同様、興味深そうに聞いているなるちゃんが印象的でした。同じ「歴代主人公」として登場しているものの、あいらたちとは世界観を別にするため、らぁらみたいに大人しく聞いているしかないんでしょうね。会話になかなか参加できていないのが、なるちゃんらしいですが、ちょっとカワイソウでした。

AS02-02.jpg
 みあのマインドを学ぶため、今回のお題が決定します。
 前回のお題もそうでしたが、各主人公がどういう「メッセージ」を伝えるか、その「メッセージ」が「存在する」というだけで、各シリーズはちゃんと考えられて作られていたんだなぁと実感します。昨今のアニメで、主人公から何かを学ぶことができるでしょうか? その主人公が、誰かに伝えるための「メッセージ」を持ち合わせているでしょうか? 基本的なことではありますが、その基本ができていないことが多いというのは、世間ではよくあることです。
 女児向けらしい、説教臭い内容なのかもしれませんが、そもそも物語というのは作者からのメッセージです。どんな他愛のない日常モノであっても、「平和な日常は素晴らしい」というメッセージ性が生まれます。しかし、最近は本当にこの「メッセージ性」が欠落している作品が多々あるように見受けられます。もはや、「メッセージ性を感じられる」ということは、それだけで「素晴らしい作品」と言えるかもしれません。

AS02-03.jpg
 前回の今回で一年すっ飛ばしているため、あいらたちにはすでにクイーンの貫禄がありました。二期一話を取り上げるので仕方ないとはいえ、一期の際にあった苦楽の全てがすでに経過してしまっているのは、味気ないといえば味気ないですね。
 OPも当然のように違い、作画も変わっていますが、二期の作画は嫌いではありません。むしろ、これはこれでイイとさえ思っています。つり目がちだったり、一期とは違った魅力があります。

AS02-04.jpg
 当初はウザったい「異物」という認識だったドン・ボンビーですが(二期から登場した新キャラだったため)、回を重ねるごとに慣れていきましたし、まさかの重要キャラだったのもいいどんでん返しでした。陽気な声だけでなく威圧的な声も出したところは今でも印象に残っていますし、そのあたり、千葉さんの演技が見事だったと言えるでしょう。

AS02-05.jpg
 二期しょっぱなのショーは、クイーン揃い踏み(だったよね?)による、「♪You May Dream」でした。しかもアレンジされたオーロラライジングVer.で、個人的にはこっちの方が好きです。軽やかで、なおかつリズミカルですし、何よりアレンジ名が「オーロラライジングVer.」というのがカッコイイ。
 二期CGも、一期に負けず可愛いですね。でも、今回のように続けて見ると、その違いが特に顕著です。当時は気にしていなかったつり目ですが、一期CGの後に見ると、その感じがよくわかります。でも作画にしっかり合わせた上で可愛く仕上がっているからすごいですね。

 思えば、一期はバトポン販促が凄まじかった印象があります。でも、自然に物語には入っていましたから、違和感自体はありませんでした。ショーのときは動きのバリエーションが制限されたり、CGがポンポンっぽく見えなくて、個人的には苦手でしたが・・・(放り投げたりという活かした動きはよかったですけどね)。
 そういう意味では、二期のフラッシュグローブは、手の表情は妨げられませんし、なおかつ光の軌跡が描かれたりして、非常にいいグッズだと思っていました。しかし、今度は一期とは正反対に、作中でまったくそのアイテムに触れられなかったのが悲しいところです。あえてピックアップされたところといえば、あのトンデモレースの関門で、ヘインが壊滅的な絵のセンスを見せたところでしょうか(苦笑)。

AS02-06.jpg
 プリティートップ内さえところ狭しと駆け回り、MARsと勝負する段取りまで持っていったみあ。よくよく考えると、単なる部外者がそこまで話を持っていくだけでも、相当なパワーがありますよね。有無を言わさない牽引力というか。
 それもこれも、今回の格言へと繋がっていくところなんでしょう。正直、彼女にできたのであれば、れいなやかりん、あやみだって、MARsとの直接対決はできたでしょうし、そこで勝ってしまうことだって、もしかしたらあったかもしれません。未来のことなんて未来人でもない限りわからないんですし、チャレンジしなければ、そもそもチャンスがやってこないのでしょうね。少なくともみあは、実力的には天地の差があろうと、勝負を取り決め、乗り越える「チャンス」だけは掴んでいたと言えます。それも彼女の「チャレンジ」があったからこそ、でしょうね。

AS02-07.jpg
 そんなみあに影響されるように、れいなたちもきらめき(?)を手に入れ、そのきらめきが、みあを輝かせました。このあたり、わたしの持論である「応援し、応援される」という感じの展開で非常に好きですね。
 もちろん、初ショー、初ジャンプということでうまくいきませんでしたが、こけてしまうようなスケールの小さい失敗ではなく、壁(天井?)に激突するというスケールの大きさも、みあならでは、という感じです。ぶっちゃけ、ちゃんとした形になっていれば、全然MARsと張り合えるジャンプが跳べていたように思います。それが二期二話で披露し、ほぼ最後まで貫き通した「きらめきフューチャースター」なのかな。

AS02-08.jpg
 無謀な勝負を挑んだということで謝る四人。このときの三人のいい子っぷりと(悪く言えば消極的で野心がない)、みあの謝意がまったくない顔が対照的でいいですね。(( ゜)( ゜))という感じの変な上目遣いが面白い。
 彼女の面白いところは、これまで見せたように猪突猛進で向こう見ずな性格なのに、立場としては後輩という「格下」なのがいいんだと思います。生意気に描かれてしまうこともありますが、情熱を感じられますし、こういうシーンでは不服そうに謝ったりするのがまた面白い。下克上シーンなども期待できますし、そういうときって、やはり下克上を果たす側の方に感情移入した方が、カタルシスを感じられるものです。悪く言えば常識のない新人ですが、良く言えばストーリーを動かすエンジンではないでしょうか。
 一期が偉大すぎたことで、彼女の味方(というか彼女視点)で見ている視聴者が少なく感じ、それがやはり、「生意気」だったり「ウザイ」という当初の評価に繋がったのでしょう。そこは残念ではありましたが、二期を通して好きな人は、例外なくみあという少女を好きになっているようですし、それもまた、ディアマイフューチャーの面白いところでもあると思います。

AS02-09.jpgAS02-10.jpg
 DMF一話を視聴したらぁらは、北斗神拳にあるような蹴りを繰り出したりして興奮しちゃってました。本当、SDキャラでもよく動くから楽しいですね。
 彼女はちょっと影響されやすい子っぽく、それはまぁ本作の「先輩から学んでいく」というスタンスにはピッタリですが、もし本番である「プリパラ」が始まったとき、そういった性格面などは描かれるのかも気になりますね。彼女が本作を通じて「アイドルデビューの心得」を学び、しっかり会得してしまったら、プリパラ開始時には完璧なアイドルになっちゃってそうです。そういう意味では、本作での経過と、プリパラ第一話が気になるところです。

 本日のまとめですが、みあは「どかーんのシュピーンのじゃじゃじゃじゃーん」と、まったく要領の得ない擬音満載のまとめになっていました。それを「いつだって前へチャレンジ」と翻訳したあいらですが、思えば、ここまで先輩らしく振る舞うあいらというのは、何気に新鮮かもしれません。彼女はどちらかといえば引っ込み思案系で、包容力を見せるときはありましたが、こうやって「まとめ役」をするリーダー的な行動は、あまり印象にないもので。
 あいらのまとめを聞いているとき、みあの表情がウルんでいたのが気になりました。そのあとはすぐに「いいこと言うじゃん!」とあいらを小突きますけど、あれは「自分の言いたいことを汲み取ってくれた」ことに感動していたのかもしれません。そして、殊勝にも感極まってしまった照れ隠しに、あいらを小突いたようにも見えますね。SDキャラクターによる、わずかな表現と短いシーンですが、それでも充分に「彼女たちらしさ」を感じられるこの新規パートは中々いいですね。

 らぁらは、最後にみあと押し合いを始め、「らぁらはセンター!」という前回と同じ台詞で締めました。「かしこま!」もそうですが、この「らぁらは○○のセンター!」というのも、彼女の口癖になるのかな?
 歴代主人公の変な口癖は一つではなく、あいらであれば「ぎゃふん!」など、みあであれば「喜怒哀ラック」や多用しまくっている「どっかーん」や「ぽぺー」など、なるちゃんも「なーるほど」や「ガンバなるなる」「しょんな~」などがありますから、らぁらにもいくつかの口癖はありそうですね。

 そして今回は、なんと実写パートがありませんでした。前回はAD一話でしたが、あの頃は最近のシリーズ以上に実写パートが長く、その分アニメパートが短かったため、オールスターセレクションの新規パートを入れたとしても、時間が余ってしまっていたのでしょう。
 今回はDMFでしたから、絶対にいれなくてはならない新規パートを入れると、もう実写の時間はなくなってしまうんでしょうね。意外なことに、プリティーリズムシリーズで、本編部分に実写がなかったのは、今回が初めてになるんじゃないでしょうか。この様子だと、AD回のときだけ、実写パートがある、というパターンが作られそうですね。

 OPに続いて、EDも当時のものでしたが、当然今回もテロップは変更されていました。「プリティーリズム・ディアマイフューチャー ~ハローマイフューチャー~」と「オールスターセレクション ~一番を目指す為に必要な事~」という風にバッサリと分かれていて、この方が混乱しませんし、いい分け方じゃないでしょうか。特殊なテロップが、いかにも総集編という感じがします。
 見ている側としては、キャストやスタッフさんを確認する上でも便利ですが、かなり紹介エピソード分のテロップがあるので、「オールスターセレクション」の分が忘れた頃にやってくるのが不意打ちみたいになってます。EDも気が抜けません。
 よくよく見てみると、今回のサブタイトルは、テレビ欄や本編内でも「一番を目指すために必要な事」となっていましたが、ED時は「一番を目指す為に必要な事」になっていました。テロップを打つとき、コピペじゃなくて手打ちしたからこうなったんだろうか・・・(苦笑)。

AS02-11.jpg
 ここまでの流れを踏襲するように、次回はRLの第一話。
 最近最終回があったばかりなので、軽く無限ループを感じさせますが、あの最終回は何かと一話に関連付く要素が多いですし、改めて一話時点の彼女たちを再確認するのも面白いでしょう。見るまでもなく、内容は鮮明に脳裏に浮かばせられることができますが・・・。

 というわけで、プリティーリズム・オールスターセレクション感想でした。

 プリティーリズムらしくない(失礼?)真面目なサブタイトルが続きますが、なんだかビジネス新書にありそうな自己啓発系のタイトルなのが面白いです。次回の「夢へのアピール方法」なんて特に。
 これまでの「スタアの条件」や「一番を目指すために必要な事」もそうですが、サブタイトルでまず「問いかけ」に近い文句を投げ、最後のまとめで「解答」とする構成になっていますね。でも、そのピックアップされたエピソードを通じて答えを教える、というのはちょっと難しいですね。そのエピソードの本質を、できるだけ正確に、無駄な部分を排除して理解しないといけないので、そこは脚本さん(赤尾でこさん)のセンスが必要でしょう。こちら側もしっかりと理解しないといけないですが。
 例えばAD一話で「ハピラキなハートが未来の扉を開く」と理解できるかな、という感じです。まぁ、そのあたりは前後の新規パートもあって、理解しやすくなっていますし、ぶっちゃけこの「一巡目」は第一話縛りが適用されてそうですが、「二巡目」以降は紹介エピソードが多少自由になるでしょうから、そこからがオールスターセレクションの本領発揮なのでは、と思っています。どんなエピソードが選ばれていくのか、今からドキワク!
コメント
コメント
みあがいっちばーん!
そうそう、私もDMFの絵は好きなんですよ。ただ男子はADの方が好みだったかな。

DMFはアニメよりも、みあがアニメの中で大活躍する(主人公だから仕方がないんですが)につれて、実写パートのPrizzmyの4人の中で微妙な距離感ができるのがわかり、見ていて気の毒でした。誰の罪でもないのですが、現実を題材にして二次元作品を作る時に避けられないデメリットでしたね。

DMFから一年経って最近は画面から見る限りでは、そういうわだかまりはなくなったように見えるのでほっとしています。

まあ後から見ると、アニメでもれいなちゃんとあやみちゃんにはそれぞれ見せ場はあったんですけれどね。かりんちゃんの見せ場が少なく、ソロデューがあったのはそれへのフォローだったのかなと思います。
2014/04/22(火) 21:16:42 | URL | セラフィー #nC.ztqL6 [ 編集 ]
Re: みあがいっちばーん!
DMFいいですよね・・・でも、確かに実写がモデルだったからこそ、DMFの実写パートはなんだか気まずかったような印象があります。色々な憶測もせずにはいられませんでしたが、我々の考えすぎでしょうか(苦笑)。

男子の作画などについては、むしろデザインの時点でけっこう変更が加えられていたっぽいですし(ヒビキとワタルの髪型など)、それで好みがわかれるかもしれませんね。わたしは一期キャラも二期デザインで慣れてしまったため、一期の可愛い絵を見ると「みんな目キラキラしてる」なんて感想を抱いてしまうほどです(笑)。それでもあいらちゃんとか、さいっこうに可愛いですけどね。

「どちらが優れている」なんて優劣で一期二期を語りたくありませんが、強いて折衷策を取るのなら(?)、二期デザインかつ一期作画であるDMF1クール目OPが大正義でいいんじゃないでしょうか、という結論に至りますね。個人的にはやはり、3クール目OPや4クール目OPの映像も断然好きですし、無理に順位はつけたくないところです。楽曲も映像も、どのシリーズも、どのエピソードも素晴らしいのがプリティーリズムですから。
2014/04/24(木) 02:31:57 | URL | itimonji #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。