寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ プリティーリズム・オールスターセレクション #07 「夢の咲かせ方」 感想
AS07-15.jpg

 今回は、本当の夢から逃げていた夢美ちゃんのエピソード。さらに、彼女の師匠であったCOSMOsたちも初陣、あいらと直接対決と、なかなか詰め込まれていて、なおかつ教訓になるいい内容でした。
 まぁ「悪い内容」なんて、探す方が難しいのがプリティーリズムですがね(笑)。

AS07-01.jpgAS07-02.jpg
 ケーキの差し入れを持ってきたあいらですが、らぁらは食べたいものを選ぼうとしたとき、絶妙なタイミングでみあに邪魔されてしまいました。そして、けっきょく引っ込み思案的に、控えめな行動に出てしまいました。
 明らかに様子が変だったのもありますが、特に、我慢しないタイプのみあ師匠は、このときのらぁらの様子に目ざとく気付きました。みあだから気付けたというのは、彼女が気配り上手だからではなく(そういう面も少しはありますけど)、らぁらが自分と反対の気質だったからと、さらにその様子には見覚えがあったからでした。今回はそんなエピソード!

AS07-03.jpg
 ディアマイフューチャーの3クール目ということで、あの素晴らしいOPを終えて本編がはじまりました。
 なかなか曲が完成しないみあチームに、夢美ちゃんという少女が弟子入りしにやってきました。雰囲気から、プリキュアオールスターズのあゆみちゃんとよく名前を間違えてしまいます・・・そうそう、夢美ちゃん夢美ちゃん。

AS07-04.jpg
 そういえば夢美ちゃんは、目立ちたいがために「Prizmmy☆とPURETTYの弟子になる」みたいなことを考えて、公言していたようですが、なぜこのチームを選んだかはよくわかってませんね。たまたま見つけたからか、他のメンバーはもうチームで活動していて気軽に会えなかったからか。
 三人とも褒められると図にのるタイプなので、それが曲完成の遅延に拍車をかけていました。しかし、この中で言えばソミンが調子に乗るのは意外だったかもしれません。無駄無駄ァ! な彼女なら、こういうお世辞も無駄だと切り捨てたような気もします。でも、ここでこういう調子の良さがあったからこそ、いい具合にキャラの幅が広がり、どういう役目もこなせるようになったのではないでしょうか。展開のための便利キャラと化した感もありますが(苦笑)。
 何気にこのピノキオシーン、ソミンが泣いているのには初めて気付いたかもしれません。
 ソミンといえば、冒頭の三人でヘンテコな歌を歌いあうシーンで、なぜ彼女だけ「エコエコ、レッツ省エネ!」なんて言ってたんだろうと長年の(?)疑問でしたが、彼女の「無駄嫌い」から来たワードだったんですね。いまさら気付くわたしもアレですが、こうやって改めて発見があるから、総集編も面白いものです。

AS07-05.jpg
 プリズムスターを目指しているというわけで、そんな夢美ちゃんの実力を見てみようということになりましたが、天地を揺るがすほどの芋っぽさに、あの三人でさえ驚愕しています。まぁゲームに出るコーデを着ているとはいえ、彼女たちも一応プリズムスター、コーデセンスはそれなりにありますからね。というか、そんな偉そうなこといえないくらい、三人の私服はセンスあると思いますし。
 けっきょく、夢美ちゃんの夢はプリズムスターじゃなかったことが判明。みあ師匠はそんな夢美ちゃんに厳しく当たりますが、むしろ彼女に逆襲され、曲ができないだのあいらちゃんを倒せないだの言われてしまいます。
 弟子的存在に教える展開だけでなく、我が身に返ってくる展開が実に成長物語っぽくてイイ。

AS07-06.jpg
 見ていて思い出したのは、この回であいらとの直接対決があったことです。MARs含め、作中であいらのショーは二回目くらいだったでしょうか。
 MARsではないのにこの曲というのはちょっと違和感ですが、もはやこの曲はレジェンドみたいな風格がありますし、二期のあいらは「MARsの春音あいら」という印象が強いですから、「Dream Goes On」よりはこの曲の方が似合っているかもしれません。

AS07-07.jpgAS07-08.jpg
 フレッシュフルーツプラネットを披露し、さらに一人でアクトまで放つあたり、格上っぷりは健在! 作画アクトでしたが、このときの作画は決して嫌いではありませんし、二期らしさがあって、なおかつ可愛い作画だったと思います(ライバル回でみあが泣いたシーンみたいに)。
 ストーンたち(洋服たち)と踊るという、なんとも頭がおかしい(オイ)映像でしたが、頭がプリティーリメイクなあいららしいアクトだったと言えるでしょう。この、作画アクトの「頭おかしいんじゃないか」という演出が、なんだかんだいって、面白かったですし、二期を象徴するわかりやすい映像だと思います。急に砂漠を放浪したり、老人を花火にして打ち上げたり(笑)。

AS07-09.jpg
 いよいよ新チーム、COSMOsが登場! 三人の頭文字を取った、というにはちょっと無理のあるネーミングですが、一応筋は通っていますし、夢美ちゃんの夢である「天文学者」や「宇宙」に関係するワードなのも細かいですね。
 あいらのグループが、メンバーの頭文字を取って決められましたし、新たな主人公のグループも同じ手法でネーミングされたというのが印象的です。

AS07-10.jpg
 みあのジャンプも進化を始めていて、この段階ですでに「きらめきフューチャースターエボリューション2」になっていました。
 初めて「きらめきフューチャースターエボリューション」を跳んだときも、仲間たちの後押しを受けるシーンなどが印象的でしたけど、この徐々に数字が増えていく進化も、単純ながら、DMFを見ている上で楽しい要素でした。どこまで大きくなるんだろう、演出がどう変わっていくんだろうと楽しみにしていましたからね。最後にドレスを覚醒させたところなんか最高でした。

AS07-11.jpg
 ドリームフラワーレボリューションなるプリズムアクトを披露したCOSMOs。初回は作画がちょっとイマイチなこともあって、なんとも微妙な映像になっていましたが、踊るティーチャー回などだと、魔法使いの姿もサマになっていて、いい映像でした。文字通り花を咲かせる演出が、彼女たちのグループ名にも通じてる感じがあっていいですね。一体感というか、統一感があります。みあのエボリューションと、アクトがレボリューションなのも、いい関連性を感じます(進化と革命)。
 思えば、ソミンとチェギョンのデュオジャンプも「ひらひら開く夢の花」でしたし、徹底して彼女たちは「花」や「夢」をモチーフにしてあったんでしょうね。でも、それだとなおさら、ロードトゥシンフォニア時のお弁当アクトが異彩を放っています。あのときのお弁当を交えた会話は面白かったとはいえ、それをまさかアクトにまで昇華させるとは・・・。調子に乗る彼女たちなら、それも納得できちゃいそうですが。

AS07-12.jpgAS07-13.jpg
 割とあっさりあいらを倒しましたが、当のあいらが勝敗をまったく気にしていないことや、三対一だったことから、まだまだ正式な対決とは言えないようです。あいらの余裕っぷりだと、ここでは手を抜いていたようにも思えますし(そんなことはしないとは思いますが、後のMARsの本気回があるので、それと比べると、どうしても本気とは思えません)、このときのあいらは、弟子をとったCOSMOsに、まさしく文字通り「花を持たせた」ように思いますね(本気か否かの談義は難航しそうですが、MARsのオーロラライジング級三連続と、ソロのアクトのどちらがすごいかは、作中でははっきり明言されていませんからね。伝説のジャンプか、それを昇華させた新技術アクトか・・・。単純なパワー総量でいえば、人数が多い方が強いとは思いますし、その点、この回のあいら対COSMOsは対等な条件ではなかったとは思います)。
 しかし、ここであいらに負けてしまうと、それはそれで話に説得力がなくなりますし、「夢は叶う」ということを短いスパンで表現するなら、こういう展開にならざるを得ないでしょう。どんな裏があろうと、それこそ、たとえ相手が手を抜こうとも(真実はわかりませんが)、逃げなければ「夢は叶う」わけです。逃げないことが大事なんですね。2話での「いつだって前へチャレンジ」に通じるところだと思います。

AS07-15.jpgAS07-14.jpg
 目を輝かせながら話す二人が可愛いです。やっぱりらぁらは、みあ先生に近い気質の持ち主のようです。
 でも、色々と悩んだりドジっぽかったり引っ込み思案だったりして、あいらやなるちゃんの要素も持っている感じがありますね。みあに近い性格だとしても、彼女ほど突き抜けていない感じでしょうか。

AS07-16.jpgAS07-17.jpg
 本日の格言は「本当の夢から逃げないで」に決定。つくづく、ためになることを教えてくれますね、プリティーリズムは。
 最終的に、らぁらは全部のケーキを食べたかったことが判明。タイミングが悪くて好きなものを取られてしまっただけじゃなく、全部がほしいとは、予想の上をいっていましたが、この強欲さは野心や野望という意味では、アイドルに必要なものかもしれませんし、それをちゃんと持っているのはいいですね。「夏にアイドルデビューが決まった」と、どこか他人事な彼女の言から、アイドルデビューは巻き込まれてしまったんじゃないかと思っていましたが、案外、アイドルデビューには前向きなようです。

AS07-18.jpgAS07-19.jpg
 次回はなんと(?)レインボーライブ回! 三巡目とあって順番がわからないので、次にどのシリーズがくるかだけでも、なかなか楽しめます。
 しかも! 最初は「え?修学旅行回?あの回ってアイドルデビューのために必要な教訓とかあったっけ?」なんて思っていると、どうやらべる店長回のようで、それなら納得ですね。
 オールスターセレクションで、まともになった(失礼)べるちゃんたちは初登場ですし、出番をバラけさせる意味でも、いい采配だと思います。クール数でいえば3クール目に突入していたあたりでしょうから、それに準じたOPEDが見れることでしょう。3クール目といえば「ワナビ!ワナビ!」なあのEDがまた見れるんですね。おお、これは何気に嬉しい。

 というわけで、プリティーリズム・オールスターセレクション感想でした。

 今までの話の選出から、もう「全OPED制覇」なんかは気にしなくなりましたが(結果的に見れればいいなぁ程度で)、なんにせよ、いい話を選出してくれるなぁとつくづく実感しますね。
 3巡目も、こんな感じで、ある意味無難で鉄板な選出が続くと思いますが、問題(?)は4巡目ですね。これも1巡目の1話縛りみたいな流れを見ると、最終回3連続の可能性もありそうですが、プリティーリズムのクライマックスは最終回の一回前にくることが多いですし、「最終回の一回前」で来るかもしれませんね。それもそれで、とんでもなく素晴らしいショーの連続ですから、連続最終話に劣らない三週間になりそうです。
 それとも、4巡目もアイドルデビューに関する回を選出するかもしれませんが、それもそれで、今までの選出を見ていれば心配はなさそうです。無難かつ、的確にイイ話を選出してくれていますからね。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。