寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
TVアニメ ハピネスチャージプリキュア! #23 「超キンチョー!いおなとひめ、はじめてのおつかい!」 感想
HC23-16.jpg

 窮地から帰還し、ひめといおなちゃんが親交を深める内容となっていました。これからを描く上で、そこはまず最初に取り組まないといけないところですから、この展開は実に自然な流れでした。絵も可愛く、戦闘シーンも最高と、絵的な部分でも満足度が高く、稲作回のような高品質な内容になっていましたね。

HC23-01.jpg
 前回から続いて、巨大なミラージュ様の登場です。前回は鏡が映っていなかったからか、ホログラム的なものだと思っていましたが、鏡に映ったミラージュ様だったんですね。それにしてもデカい鏡だ・・・。

HC23-02.jpgHC23-03.jpg
HC23-04.jpg
 今回の歴代コメントはキュアブルーム。アホらしくも可愛い所作がいいですね。「絶好調ナリ」はなかったですが、「~ナリ」という台詞は出ましたし、最後の「イェイ!」も、言い方のテンションがすごく好きなやつでした。いわゆる普通の「イェイ↑」じゃなくて、「イェ↑イ↓」という感じのアクセントが(伝わるかな・・・)。
 これにて、スプラッシュスター勢がめでたくコンプリート。フレッシュに続いて二組目ですね(薫と満ファンの方には申し訳ないですがコンプリートでしょう)。
 当初の予想であった「ふたりは勢はひとまとめとして考え、ブラック→イーグレット→ルミナス→ブルーム→ホワイトという登場順になるだろう」という予想も見事に的中。やっぱりそういうバランスいい配置で来ますよね・・・。となると、もう皆さんも予想しているであろう、「最後の挨拶はキュアホワイト」というのも、そうヒネることなく的中しそうですね。

HC23-05.jpgHC23-06.jpg
 ファントムの独断専行に静かに怒っている様子のミラージュ様。ブルーや、ぴかりが丘、神社などに思い入れが残っているかは不明ですが、どちらにせよ、意にそぐわぬ行動をしたことでファントムには怒りを隠せないようです。
 そんなところへブルーもあらわれ、そこで一悶着。クイーンとのやりとりから、やはり二人の間に何かあったことが読み取れますし、その「何か」も、おおよそ予想できそうです。おおかた、ブルーがその色香(?)でクイーンの前世である巫女(仮)を誘惑させてしまい、その恋愛が幻だと知った巫女は絶望したのではないでしょうか。
 そんな彼女がなぜアクシアに封印されていたのかはまだまだ不明なままです(黒幕に誘われた? それともアクシアを利用しようとして逆に利用された? 悪に堕ちたため封印された?)。どういう経緯でクイーンミラージュになったかはおぼろげに見えてきましたが、アクシアが災いを封じ込めたときのエピソードはまだまだ見えてきませんし、そのあたりの背景が楽しみですね。

HC23-07.jpgHC23-08.jpg
 二人の間に割って入っためぐみは、愛とハピネスについて力説します。彼女くらいしか、ここで行ける人はいないでしょうけど、それがミラージュ様の癪に障ったようですし、新旧彼女対決みたいな様相を呈していたのは、ちょっと修羅場みたいで、普段とは違う意味で恐ろしかったですね(苦笑)。ミラージュ様の形相が怖すぎます・・・。

HC23-09.jpg
 強烈な攻撃をすんでのところで回避したブルーはさすがです。というか、ブルーが煽ったせいで攻撃してきたようにも見えましたから、これくらいしないと面目丸つぶれですからね。鏡さえあればけっこう万能そうな気もしますねこの神様。
 このクロスミラールームにも大きな鏡があるようで、この大きな鏡は、もともと大画面テレビ的な意味合いで、鏡マニアの間ではひとつは持っているものなのかもしれません(オイ)。小さなモニターと大きなモニターで用途別に使い分けているんでしょう。大勢の人も移動させられるということで、ゲートとしての役割も大きそうです。

HC23-10.jpg
 大使館に戻ってきた面々。そういや、大使館からどういう感じでクロスミラールームに繋がっているのか、よくわかっていませんね。あ、でもブルーの初登場を考えると、ミラールームと大使館も鏡でつながっていて、すなわちミラールームには鏡でしか移動ができないということでしょうか。プリキュア墓場もそうだとしたら、なんだか似通った空間と言えそうです。鏡でしか行き来できない空間を持つブルーとファントム、という対比?
 テンダーのことを悔やむグラサンですが、だから彼女は単独行動とばかりにフォーチュンと行動を共にしていたんでしょうね。普通だったら、いおなちゃん共々、もっと大使館へ足を運んでもよさそうなものですから。いおなちゃんの事情もあったでしょうが、グラサンもグラサンで、大使館には来にくい事情があったということですね。

HC23-11.jpgHC23-12.jpg
HC23-13.jpg
 律儀にヒメルダなんちゃらとフルネームで呼ぶいおなちゃんと、いちいちビクビクするひめにはまだ溝を感じますが、だからこそ、今回で親密になる話が描けたといえるでしょう。むしろ、フォーチュン問題で誤解が解けた以上、その次にまっさきに取り組むべき部分でしょうからね。
 みんな揃っているから、というよくわからない理由でホームパーティーを提案したリボンにアメリカンな気概を感じましたが、料理好きなことを考えると(好きだったっけ?)、それが存分に振るえるパーティーが好きだとしても、違和感はないですね。
 パティシエにかわルンルンした二人は、材料不足に気づきます。なんだか料理やろうとして材料がない展開をよく見る気がしますね、ハピネスチャージでは。

HC23-14.jpgHC23-15.jpg
 負い目以外にも苦手意識があるからでしょうけど、いちいちビクビクするひめが、また別方向の珍獣みたいで面白いです。変に絡んでくる系の珍獣から、気弱で臆病系の珍獣になったみたいで。
 なんとか話題を出せたと思ったらキュアテンダーのことだったりして、それで地雷を踏んでしまうのがもどかしい。でも、犬猿の仲だった二人の共通の会話なんて、キュアテンダーか王国滅亡くらいしかなさそうなのが辛いですね。これから仲良くなって、話題などを探さずとも、何気ない会話で盛り上がれるようになるといいですが。

HC23-16.jpgHC23-17.jpg
 スーパーに到着した二人。ひめはいつもどおりっぽい買い物をしようとして、いおなちゃんに制されます。
 特にひめにはセレブな印象があったわけじゃないですが、いおなちゃんが庶民っぷりを披露することで、「あ、ひめってセレブだったんだ」という実感がありました。そういう財政的な意味でも、二人は対局の位置にいるんですね。しかし、節制しているときのいおなちゃんがイキイキしているように見えて、それはそれで微笑ましいです。
 この買い物は、プリキュア墓場から戻ってきてからすぐという印象なんですが、卵のクーポン券をいおなちゃんは持ってたんですね・・・。財布にでも入れていたのかな。それとも墓場から戻ってきて、買い物前に一旦家に戻る余裕があったとか。

HC23-18.jpgHC23-19.jpg
HC23-20.jpgHC23-21.jpg
 プリキュアスナックを買おうとするひめを制止すると、けちんぼ扱いされていおなちゃんはショックを受けます。このときの表現がなかなか刺激的で面白い。
 プリキュアスナックって、実際に売ってそうですが(売ってるかな?)、そういったものを堂々と登場させられるのも、「プリキュアが認知されている」設定だからこそですね。実際にあるなら買ってみたいところです。
 この世界のプリキュアを、ある側面では「アイドル」的だと表現しましたが、このスナックとか、きっと彼女たちには一銭も入らないんだろうなぁと思うと、割とゲスい商品なのかもしれません。事務所とか、そもそも芸能活動しているわけじゃないですからね。勝手にゲーム化されていたセーラーVみたいなもの?

HC23-22.jpgHC23-23.jpg
HC23-24.jpgHC23-25.jpg
 二人の喧嘩は、結果的にいおなちゃんが折れる形になりましたが、このときのいおなちゃんが実にオカン的で、ちょっとした優しが身に沁みます。
 ハラハラしているリボンとは対照的に、まるで「いつものこと」とばかりに静観しているグラサンがいいですね。興味がなさそうにも見えましたが、二人を信頼しているからこそ、流れを見守っているようにも見えました。

HC23-26.jpgHC23-27.jpg
HC23-28.jpgHC23-29.jpg
 スナックを開封して、ボンバーガールズプリキュアのカードをゲットできたことに、これ以上ないくらい喜ぶひめ。今回は作画が非常によかったこともありますが、こういう演出面も楽しいものが多く、この作画リソースを全体的にまんべんなく投入してくれれば・・・と思うほどでした。一話ごとにスタッフが違うでしょうから、それができないのは百も承知ですけどね。
 無限ループ的な中の人の連続映像と、さらにステージとスポットライト、増殖したひめたちという、なんともトリップしそうな映像でしたけど、そういうブッ飛んだ内容であればあるほど、喜びが表現できていいですね。こういう手法が今後も登場したとしたら、どんどん規模が大きくなっていきそうです。火山が噴火したり、地球が割れたり、銀河まで声が轟いたり・・・。あ、これって、まるで仮面ライダーフォーゼで「宇宙キター!」がどんどん壮大になっていった感じに似ていますね。でも、そんな感じでやってほしいです(笑)。

HC23-30.jpg
 けっこう長い間、放心したように感激しているひめが面白いです。表情が面白く、「oh~yeah~aha~n」なんて声が聞こえてきそうです。

HC23-31.jpgHC23-32.jpg
HC23-33.jpg
 ここでいおなちゃんが踏み込んだのは、なぜアクシアを開けたのかということでした。そりゃあ、いおなちゃんは気になるでしょうし、視聴者としても気になるところです。
 アクシアの声に誘われたということですが、そもそもブルースカイ王国の管理がズサンというか、ひめに事の重大さをしっかりと教えておかなかったことに非はあるように思います。開けたらどうなるかわかっていれば、あの声に誘われることはなかったかもしれません。すべてが終わってしまった今となっては後の祭りですが。
 アクシアの声のことですが、言霊や呪いのように強力な強制力があったようには見えませんし、ひめも洗脳や操られていた形跡もありません。以前、めぐみはアクシアに愛を感じたと言いましたし、ひめも、その愛のような真剣で純粋な心を感じ、それに誘われて開けてしまったように思います。

 黒幕の背景がチラつくところではありますが、敵の正体が健気で真摯でとても素晴らしい「感情」の持ち主だとしたら、対決や和解は難航を極めそうです。でも、だからこそ今までのシリーズ的に考えても、解決策がないわけではなさそうですけどね。
 王国民が鏡になっているところで、ひめがプリキュアになっているシーンも興味深いです。ブルースカイ王国の王女として、プリキュアに変身する能力はもともと持ちあわせていたのか、このとき発現したのかで、プリキュアへの変身についてはさらなる秘密が判明しそうです。個人的に後者のパターンだったとして、王国を襲ったのがファントムの「サイアーク一斉召喚」のようなものだったとすると、多くの国民は絶望してしまったものの、素質があって希望を失わなかった者はプリキュアになる、というのがありそうだなと思いました。サイアーク召喚とプリキュアの敗北はどちらも鏡になりますし、絶望→鏡だとしたら、それに耐えられる→プリキュアという図式が成り立ちそうですからね。
 サイアーク大量召喚の技法は、戦力を増やすという目的と同時に、プリキュアの素質を持つ者を瞬時に見つけ出す方法にも使えそうです。なんだか仮面ライダーウィザードっぽいですね・・・。さっきから例えがライダーばっかりでモウシワケナイ。同じ東映だし、いいよね・・・。

HC23-34.jpgHC23-35.jpg
 彼女の話を聞いて、いおなちゃんも思いやることができました。今までは余裕がなくて、ひめのことなんてまるっきり無視していましたからね。そこの誤解がなくなったことで、ひめの気持ちを考えられるようになったんですね。
 思えば、ひめもひめで、相当に壮絶な経験をしていますよね。まぁ、アクシアを開いたエピソードのときに、「突如やってきた災い」と称しましたが、まさにそれですし、ひめの前向きでちょっと変な性格がないと、とっくに潰れて大使館に引きこもっていたでしょうからね。

HC23-36.jpg
 そんなときに、今回はホッシーワさんが出撃。おばさんタイプのサイアークがなかなか面白いデザインをしています。今回スーパーとか寄ったからかな?
 前回のひめのおつかいのときもそうでしたが、彼女たちは買い物をしたあと、けっこう帰宅までに時間がかかっていますね。卵とか野菜がどうにかなってないかいつも心配です。

HC23-37.jpg
 今回もキュアフォーチュンの変身が! いや、まぁ変身しないわけはないんですが、チームを結成すると省略バージョンになってしまうでしょうし、フルで見れるのは販促期間の初期だけでしょうから、実はなかなかに貴重です。
 思えば、あきらかにウィザードリングな指輪ですが、ピアノの鍵盤とリングが反応するというのはとてもいいギミックに思います。大人の女性の象徴であった化粧ボックスやルージュと違って、彼女にピアノというのが唐突でちょっと違和感はありますけどね。変身に入るときのウインクが可愛いのでとにかくよし!

HC23-38.jpg
 ネギソードを取り出すおばさんサイアークですが、ビームサーベルになったところが細かいですね。本当にビームサーベルかはわかりませんが、ただのネギでよかったのに、わざわざエネルギーを発生させたところにこだわりを感じます。

HC23-39.jpgHC23-40.jpg
HC23-41.jpg
 個人的に大好きなバンクなしの必殺技「スターバースト」ですが、対ファントムを繰り広げた神社戦で火を吹いていたときもかっこよく、このときもこのときですごくかっこよかったです。多くのチョイアークを吹き飛ばした後、まるで合体ロボの決めポーズみたいなポージングでさらに周囲を吹き飛ばすフォーチュンがかっこよすぎる・・・。
 しかも、そこから敵を上空に巻き上げ、空中戦に移行する構成が見事! フォーチュンの圧倒的なパワーを見せつけながら、今までにない、空間を存分につかった戦闘が見ものですね。ドキドキプリキュアでのありす回のような、戦闘シーンにおいてはベストバウトになりそうな回でした(日常シーンもよかったですし)。

HC23-42.jpgHC23-43.jpg
HC23-44.jpgHC23-45.jpg
 卵爆弾がミサイルのようにフォーチュンを追いかけ、まるで板野サーカス(ミサイルとの追いかけっこをする独特なシーン)さながらの空中戦が見れたのが収穫でした。というかこのシーンすごかった・・・。
 いわゆるロボットアニメなどで板野サーカスを見ても「あー、はいはいサーカスサーカス」としか思わないのですが、こういう見るはずのないところで、しかも高品質な板野サーカスが見れると、ちょっとテンションあがっちゃいます。今までの戦闘シーンと比べると乖離が激しいのは難点ですが(苦笑)。
 画面に舞い上がったチョイアークが映っていたり、ミサイルを誘爆させるためかフレアのような小さな光をフォーチュンが出しているのが特に印象的でしたね。飛行でき、そういうエネルギー弾を出せるという、設定上もサーカスしておかしくないキャラですし、そういう設定を無視していないサーカスというのも素晴らしい。
 板野サーカスのシーンが挿入されるとき、たびたび性能や設定を無視した唐突なシーンであることが多く、具体的にどれとは言いませんけど、ロボットアニメでのサーカスはあまりいい印象がありません。本家マクロスは別ですけどね。ロボットアニメの方では、サーカスに負けないようなオリジナリティ溢れるシーンを期待しちゃうので、そこでサーカスをやったときの失望みたいなものがあるのかもしれません。

HC23-46.jpgHC23-47.jpg
 ミサイルをしのいだ後にキックへ移行するのが実にスムーズで、戦闘慣れしている感じがしましたね。
 そのキックをとっさに防ぐおばさんサイアークもさすがです。おばさんなんて、どんな個性があるんだと思っていましたが、多彩な道具を使い分けるという意味じゃあ、けっこう知能も高そうですし、状況適応力も高そうです。どんなところでも生き延びられそうというか。

HC23-48.jpgHC23-49.jpg
 さらに! むしろここからおばさんサイアークの本領発揮というか、空中のチョイアークを足場にする謎のチョイアークが登場。しかもそれが小型サイアークだったということで、この意表を突いた展開が、さらにこの戦闘を面白く、そして白熱させてくれました。
 意表を突かれるということは、その分危険に陥るということですし、今までにない展開というのも同様です。この戦闘が、ファントムほどではないにしろ、今まで以上に手強い戦いであるということがよくわかるいい内容・構成でした。しかし、プリンセスはまだこないのかな・・・。

HC23-50.jpg
 こどもサイアークとの連携でフォーチュンを追い詰めていくおばさんサイアーク。何気にホッシーワさん初の二体召喚ではないでしょうか。今まで、二体召喚はオレスキー将軍だけだったはずですし(二体以上の複数召喚はファントムがしましたけど)、二体同時出撃はナマケルダさんとしましたけど、一人で二体召喚ではありませんでした。今回、ホッシーワさんはそんなに気合が入っていたのかな・・・。
 弱いと思っていた幻影帝国ですが、サイアークを二体召喚するだけでこうも戦力アップするとしたら、ちょっとの工夫ですぐに強くなりそうですね。でも、それを言うならフォーチュン編でのサイアーク大進撃がありますし、けっきょくハニーのバトンアタックで片付いちゃいそうなのがなんとも・・・(苦笑)。もしかすると、サングラスのデザインの違いもあることですし、ファントムは複数生み出せる代わりに、性能としては弱いサイアークなのかもしれません。自分の戦力が高い分、チョイアークのように質より量という感覚で、サイアークを大量召喚しているのかも。

HC23-51.jpg
 ヒーローは遅れてやってくる! しかも名乗り口上のワンシーンを攻撃に転用した登場が最高にカッコイイ! 「蒼き風!」で放っていた弾丸は、ちゃんと飛ばしていたんですね・・・。

HC23-52.jpgHC23-53.jpg
HC23-54.jpg
 プリンセスのマカダミアフラダンスに続く形で、フォーチュンのフォームチェンジが初披露! パインアラビアンとのことでしたが、アラビア風のダンスかよくわかりませんでしたし、フォーチュンのCGは可愛いというよりかっこいい感じで、あまり可愛さが表現できてなかったのは残念でしたね。眉毛とか表情とかキリッとしていたからかな。
 構図も動きもちょっと見にくくて、ダンスの振付が微妙だったかもしれません。アラビアってあんな感じなの・・・?

HC23-55.jpgHC23-56.jpg
 そこから即浄化の流れでしたが、CG技でタンバリンが出ていたのに、またタンバリンを召喚したのがちょっと変でしたね。タンバリン召喚バンクは削ってもよかったような?
 思えば、ラブリーやプリンセスはラブプリブレス、ハニーはハニーバトンを変身と同時に装備していますが、フォーチュンはタンバリンを標準装備しないんですね。確か監督のこだわりで、「最初から武器を持っててもいいじゃない!」というスタンスで描いていたのが本作だったはずですが、さすがにフォーチュンがタンバリンを装備してしまうと、戦闘スタイルも格闘から変えないといけませんし、タンバリンは今までのシリーズ同様、フィニッシュ用の武器(あとCG技用)ということなのかな。

HC23-57.jpgHC23-58.jpg
 すっかり意気投合して仲良くなった二人。やはり同じ危機などを経験し、苦難を乗り越えることで、一体感や仲間意識というものは生まれるんでしょうね。
 ヒーローは遅れてやってくるというのは定番ではありますが、すでにことが終わってしまってからやってきたラブリーとハニーが笑えます。でも、ちゃんとやってくるあたり、完全に放置ではなかったですし、プリキュアとしての責務は忘れちゃいなかったんですね。サイアークほったらかしでパーティーの準備をするのも、彼女たちらしいっちゃらしいですが(笑)。

HC23-59.jpgHC23-60.jpg
HC23-61.jpg
 二人でサイアークを倒したことを怪訝に思うめぐみですが、それはそれで信頼がなくてヒドイ扱いに見えました。まぁひめはそんな頼りないプリキュアでしたし、いおなちゃんと早々チームワークを発揮させられるとは思ってもいなかったでしょう。「いつの間に仲良く・・・?」という意味での怪訝だったようです。
 そして、長々とひめの本名を呼んでいたいおなちゃんですが、ひめから改めるように言われ、「呼び名変更イベント」を経て、仲が良くなった表現がなされました。いおなちゃんがひめと呼ぶのは違和感ありませんが、ひめがいおなと呼ぶと、やはりなんだか偉そうに見えてしまいますね。その横柄な感じや変に馴れ馴れしい感じもひめらしいっちゃらしいですからね。
 めでたくいおなちゃんがハピネスチャージプリキュアに加わり、恐らく次回から名乗りや変身シーンに変化が見られるでしょう。楽しみです。

HC23-62.jpgHC23-63.jpg
HC23-64.jpgHC23-65.jpg
 次回は、毎夏恒例の合宿回ですが、いおなちゃんが加入したことで、合宿にかなり必然性が出ていたのがよかったですね。いおなちゃんならコーチとして最適ですし、前シリーズのキュアエースしかり、こういう指導者タイプがいると合宿回はやりやすいでしょう。
 しかし、その夏の爽やかさとはうってかわって、なにやら不穏なシーンが色々と見えました。合宿でパワーアップを進めつつも、彼女たちのラブストーリーも話が進むようです。うーん、気になる・・・。

 というわけで、ハピネスチャージプリキュア感想でした。

 誠司が何やら衝撃的シーンを目撃しちゃうようですが、誠司はめぐみにはそれほど恋心はなく、あくまで幼なじみとして接していた気がします。ブルーとめぐみのラヴな光景を見てしまい、そこで初めて、誠司は恋心に気づくのかもしれませんね。
 誠司が自分の恋を自覚するのはなかなか面白そうな展開ですが、同時に、いおなちゃんから伸びる矢印は陽の目をみれなくなりそうですし、そういう誠司をとりまく恋の矢印にも注目ですね。改めて考えてみれば、いおなちゃんだけでなく、ひめ、ゆうゆうからも矢印が伸びたって不思議じゃないですし、それほど贅沢なただなかにいた色男が、このショックでどう変化していくのか気になるところです。完璧人間な誠司でしたが、これで色々と取り乱してしまい、普通の少年らしくなるのかな。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.