寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ ハピネスチャージプリキュア! #32 「いおなの初恋!?イノセントフォーム発動!」 感想
HC32-49.jpg

 恋愛を通じて、いおなちゃんのイノセントな気持ちが開花する!
 ポッと出の彼とマジで付き合っちゃいそうなのは雰囲気には驚きですが、山内さん演出のお陰で、かなり濃密には描けていたのではないでしょうか。「説得力のある映像」という点ではさすがです。

HC32-01.jpg
 変な声とポーズで、ドレッサーにパワー(?)を注入しているめぐみたち。イノセントな思いを伝えたいようですが、到底イノセントには思えないよこしまな念を感じるのは気のせいでしょうか(笑)。

HC32-02.jpgHC32-03.jpg
HC32-04.jpg
 いおなもやってみて、という流れは自然でしたが、鏡に対して色仕掛けのように微笑んだいおなちゃんが、不思議な行動でしたがすっごく可愛かったですね。いおなちゃんなりの「イノセント」はああいうイメージだったということでしょうか。

HC32-05.jpgHC32-06.jpg
HC32-07.jpg
 そんなわけで(どんなわけで?)、本日の歴代プリキュア挨拶は、待ちに待ったキュアソード! 宮本さんが病気で声優業を休業中という話はプリキュア界隈では有名でしたし、すごく心配でしたが、オールスター時に収録しているからか、かつてのイメージのままですごく可愛かったです。最近まこぴー成分が不足していた分、より可愛く感じたかもしれません。
 ドキドキのスタッフさんの間でも、キュアソードは宮本さんの演技に引きずられてキャラが変わっていったというくらい、彼女の声は魅力的で、なおかつキュアソードにマッチしていましたから、早く復帰とは言いませんから、療養に専念して、いつか戻ってきて欲しいですね。最近ではロボットガールズでも声は聞けましたけど・・・。
 もう人数も少ないですから、キュアソードが今回の順番だった理由を無理矢理探すのも野暮かもしれませんが、あえていうなら、いおなちゃん回=紫戦士の回と言えますし、そんな彼女を応援するために駆けつけたと考えると、個人的にしっくりくるかもしれません。

HC32-08.jpgHC32-09.jpg
HC32-10.jpg
 いおなちゃんの笑顔作戦でこの日もメイクドレッサーを口説き落とす作戦を企てるひめ。可愛かったというのには全面同意ですが、それが効果的だと判断したひめの思考はどうなっているのやら(笑)。
 そんな少女たちを見守っていた誠司と、何やら不穏な気配を漂わせる男子生徒。名前は裕哉ということで、某ライダーのゅぅゃや、某デュエリストの遊矢を想起しますね。ゆうやって名前が最近多すぎる・・・(一時期「ハルト」も多かったですね)。
 「最近ちょっと感じ変わった」という口ぶりから、誠司は彼がいおなちゃんチェックに余念がないことを見抜きました。当然と返す裕哉ですが、髪型といい、声といい、ちょっとキモすぎる感じです。内山さんの渋めな演技が、キャラクターデザインとミスマッチすぎるというか(偶然にも、彼は「ハルトォォォ!」と叫ぶキャラを演じていましたね(笑))。

HC32-11.jpgHC32-12.jpg
HC32-13.jpgHC32-14.jpg
 校舎裏らしき水場で手を洗っていたところにあらわれる裕哉くん。ひめは気を利かせて席を外しますが、もうひめの人見知り属性は完全になくなったようですね。そして、気を利かせてくれたと思ったらすぐ近くで野次馬していましたし、彼女は恋愛に関しては、完全にお楽しみイベントみたいに考えていそうです。
 裕哉くんも裕哉くんというか、あんなタイミングで話しかけたら「野次馬してくれ」と言ってるようなものじゃないでしょうか。彼からは、「そういう周囲とか気にしない俺カッコイイ」な空気を感じて、どーも好きになれません。こっちの勝手なイメージでしょうけどね。誠司のような爽やかさ、誠実さがなく、どこか鼻につきます。もう散々言われていることでしょうけどね(苦笑)。

HC32-15.jpg
 ここでいきなりの告白をするゅぅゃくん。場所やタイミングを選ばないのはどうかと思いましたが、もう勢いついちゃってどうにもならなかったとも言えますし、「勢いが止められなかった」としたら、少年らしくていいですね。そういう素振りがまったくなくて、どこかスカしているように見えるのは微妙ですが。

HC32-16.jpgHC32-17.jpg
HC32-18.jpg
 返事はゆっくりしてくれということでしたが、むしろそこで即答できないあたり、いおなちゃんにも脈があるように見えますね。単に恋愛経験が未熟で混乱しているようにも見えますが。もし後者なら、未熟ないおなちゃんの混乱や動揺につけこんでいるように見えて、裕哉がちょっと悪い人に思えてきます。そういう意味でも、第一印象が悪いのが、どんどんイメージを悪くしていってる原因でしょう。
 神様に恋愛禁止のことを再確認しましたが、ブルーは笑顔で返事をします。恋愛禁止を当初は掲げていたものの、今はそのブルー自ら恋愛に前向きになりましたし、恋愛の素晴らしさを認めましたから(正確には立場上認められなかった自分に素直になったという感じ)、それによる笑顔の返事だったのでしょう。いやらしさのない清々しい笑みでしたが、どこか、いおなちゃんの狼狽ぶりを見てニヤニヤしているようにも見えてしまいます。これも普段のブルーの印象があるからでしょうか(苦笑)。

HC32-19.jpgHC32-20.jpg
HC32-21.jpg
 キュアラインをまるで手配していたかのように即座に繋ぎ、デートの約束を取り付けられてしまったいおなちゃん。
 すでに気づいた方も多かったでしょうが、このときのブルーや裕哉くんの無言の返事は、今回が山内重保さんの演出だと嫌でもわかるようになっていましたね。山内さんと断定できなくとも、「いつもと違う!」感はすぐにわかったでしょう。
 構図や会話の間、表情など、あらゆるものをつかって、そしてあまり台詞で語りすぎない演出はさすがでしたし、今回の内容にはぴったりでした。でも、山内さんの演出は個性があると同時に癖もあり、とっつきにくい場合があるのも事実です。実際、山内さんが監督した昨今の作品では「君のいる町」は自然でぴったりでしたが、「夢喰いメリー」はミスマッチだったと言わざるを得ませんし、適材適所、絶賛しすぎず今回「は」ぴったりだったという結論に留めておくのがよさそうです。実際、今回の演出が素晴らしいのは事実ですけど、今回みたいな演出が50話続くと、それはちょっと違いますし、息がつまってしまいそうですからね。

HC32-22.jpgHC32-23.jpg
 今回はミラージュやファントム、ディープミラーたちの出番はなく、ちょっと前くらいの雰囲気で登場したナマケルダさんとホッシーワさん。この二人はダルそうな感じで何かと縁がありますし、こういうときもローテンションで話しているのが似合ってますね。
 これも山内さんの演出だからか、カビがふわふわと舞っていたり、そこに「積もっている」感じがよく出ていたのが印象的でした。まるでナウシカの腐海みたいな。
 今回も恋愛回ということで、ナマケルダさんが出撃しますが、ホント、彼は恋愛にどんな嫌な経験があるんだろう・・・。気になって仕方ありません。アリとキリギリスに実はそんな話があったりするのかな?

HC32-24.jpgHC32-25.jpg
 デート当日、いおなちゃんにメイクを施してあげるひめ。メイクドレッサーを化粧台として使っていたときもそうでしたが、やはりいおなちゃんも、めぐみ同様化粧やオシャレには疎く、ひめがやってあげているんでしょうね。
 プリチェンミラーを使っての変身は「変装」なので、チェンジしたときの掛け声も「変装完了!」で間違いはないんですけど、明らかに本来の趣旨とは違いますし、何かになりきっているわけではないので、ここでの「変装完了!」はちょっと違和感ありましたね。今にも潜入捜査を始めちゃいそうというか、違う方向の気合を感じるほどでした。
 あと、メイクはしないほうが断然可愛いような・・・(実際、デートシーンではすでにメイクが消えていたように思います)。

HC32-26.jpg
 動物園にでかけた一行。あ、二人で行くのではなく、まずはグループデートみたいな導入なんですね。そこから各自別行動をしていくと。これだと渋るいおなちゃんも行きやすいですし、デートがスムーズに行えそうです。これを考えたのがひめならいいですが、もし裕哉だったとしたら、わたしはまた、彼にプレイボーイの烙印(?)を押さねばなりません。
 動物の顔をアップで映したり、ゆったりとした時間が流れたりする演出も、さすが山内さんといった感じ。日曜の朝って、けっこう興奮してあっという間に時間が過ぎてしまう印象なんですが、そこでこれだけゆっくりと時間を感じられたのが貴重な体験でした。まぁ、そう何度も味わうものじゃないですけどね(苦笑)。

HC32-27.jpgHC32-28.jpg
HC32-29.jpgHC32-30.jpg
HC32-31.jpgHC32-32.jpg
HC32-33.jpg
 キリンなどを見て回って、「まゆげバサバサ」とか、意味不明だけど青春な会話をしつつ、階段に落ち着いた二人。ベンチとかならまだしも、なんでこんなところだったんだろう・・・それが青春? それがデート? それが若者の勢いというものか・・・!(違
 ここでのぶっちゃけトークみたいなところは、彼の好感度アップ作戦かと邪推しましたし、実際そういう効果はありましたが、このときの心情を聞いて彼を憎めなくなったのも事実です。ヘラヘラしていると思われがちだけど、本当はそうじゃないというシーンでしたからね。これが演技なら、彼は悪人の素質がありますよ(コラ)。
 いい雰囲気になったため、それに耐え切れなくなって飲み物を買いに離れたいおなちゃんの反応がよかったですね。でも、かなり彼に心揺れているようですし、ポッと出ではありますが、この雰囲気からすると、本気でお付き合いという流れになっちゃいそうで、気が気ではありませんでした。別にいおなちゃんが誰と付きあおうと文句はないですし、裕哉くんも好感度が上がったばかりですから、むしろお似合いに見えなくもないですが、「今回初登場」というのが引っかかるんですよね。以前にも登場していて、それなりに関係や交流があったとかならわかるんですが、そうではないので、ちょっと軽く見えてしまいます。

HC32-34.jpg
 やってしまいましたな、という台詞であらわれたナマケルダさんのタイミングが秀逸でした。台詞も、まるで経験則から語っているように聞こえるのが面白い。ナマケルダさん、本当に過去に恋愛で痛い目を見たようですね・・・。
 恋の狩人なんか名乗っちゃったところが笑えますが、プリキュアハンター・ファントムに対抗しているように思えなくもないですね。彼がプリキュアを狩るなら、ナマケルダさんは恋愛を狩るのでしょう。それはそれで面倒そうですけど。

HC32-35.jpgHC32-36.jpg
HC32-37.jpg
 戻ってきたいおなちゃんの前には、ナマケルダさんと鏡にされた裕哉くんが。ここで怒るあたり、プリキュアとしては当然ですが、それ意外に彼への好意もあったからこそでしょうね。そういう怒気を感じました。
 ちょっと気になるのは、飲み物を買ってくると言ってソフトクリームを買ってきたことです。指に垂れるクリームがそこはかとなくエロスだったので、それが見られたのは良かったんですが(オイ)、いったいどういうことなんでしょう。いおなちゃんの中ではソフトクリームも飲み物なのか、それとも先程はとっさの言い訳で飲み物と言っただけで自動販売機が見つからなかったのか。意味深なソフトクリームではありましたが、色んな想像ができていいですね。こうやって色々と考えさせられる「思わせぶり」も、山内さんらしいっちゃらしいです。ブルーの無言の笑顔とか。ソフトクリームは飲み物というパターンが真実だったら、ちょっと嫌ですけど(笑)。
 さらに、このシーンあたりから色が少なくなっていき、モノクロな画面作りになっていきました。灼眼のシャナの封絶を思い出す演出ですが、本作は敵が空間を支配していく力を持っているので、そう考えるとこういう演出も違和感がなくていいですね。特にナマケルダさんはカビの繁殖という陰湿な感じですから、モノクロになる演出と合っていますし、戦闘シーンがシリアスに描かれるのは危機感も出て素晴らしいです。

HC32-38.jpgHC32-39.jpg
HC32-40.jpgHC32-41.jpg
HC32-42.jpgHC32-43.jpg
HC32-44.jpgHC32-45.jpg
 即座に駆けつけためぐみたちは頼もしかったですが、この早さから察するに、野次馬のように近くで覗いていたに違いありません。そうだとわかると、このカッコイイ助太刀も一気に笑えてしまいますね。
 もはや世界の平和とかではなく、恋愛肯定派VS恋愛否定派の代理戦争みたいに見えて面白い構図でした。争いの規模がちっちゃくなっているように思えますが、恋愛と世界を天秤にかける話はよくありますし、それだけ重要事項と考えると、実は別に規模は変わっていないんですね。まぁ、どうしても恋愛というと「少数」という感じがして、スケールという面では小さく思いがちですが、それこそブルーとミラージュの恋愛とかはかなりスケールの大きい恋愛でしたし、そういう意味では、この対決も本作を印象づける戦闘と言えるでしょうね。

HC32-46.jpgHC32-47.jpg
 山内さんが演出に入っていたのが関与しているかわかりませんが、今回は戦闘シーンの作画もよかったですね。作画パワーがしっかり投入されていてよかったです。せっかくの山内さん演出も、作画が低調では意味を成しませんからね。山内さん演出なら、むしろ作画の低調さも打ち消せるかもしれませんが。
 戦闘が進むにつれ、さらに色彩は薄くなっていき、白黒感が増していきました。そしてフォーチュンが倒れ、ナマケルダさんの言葉に責められます。しかし、それに反論する形で、フォーチュンは裕哉に対する「守りたい」という気持ちを自覚することができました。これがイノセントなのか・・・!?

HC32-48.jpgHC32-49.jpg
HC32-50.jpg
 フォーチュンの思いにドレッサーが応え、画面にも色が戻ります。ベタとはいえ、これをやるアニメはなかなかありませんし、久しぶりにいい演出を見られましたね。
 さりげなーく、「恋愛はわからない」と、恋愛方面での進展は否定していましたが、裕哉くんが大切なことには変わりないようで、その気持ちがイノセントと判断されたようです。・・・ぶっちゃけ、今回の裕哉がいなくても、プリキュアならそれくらい別の手法で気づけそうなものですが、ここであえて恋愛という要素を使用するのが本作なんでしょうね。恋愛をテーマにしているだけあります。
 でも、それで恋愛が進展しないとうのは、むしろウーンと思ってしまいますね。半歩踏み込んで引き返したようなイメージです。せっかくその要素に触れたなら、トコトン描いて欲しいというのが人情ですが(というかわたしの好み)、それはブルーたちに任せるというスタンスなのかな。・・・ひめのときも思ったことですが。

HC32-51.jpgHC32-52.jpg
HC32-53.jpgHC32-54.jpg
 イノセントフォームへの変身はあっさりした映像でした。そんなに悪い映像ではなかったですけど、本編が凝り過ぎだった分、あっさりさが強調されてしまって、「これで終わり?」感が拭えなかったですね。
 ビッグバン時の腰の羽衣はイノセントフォームでも健在。メイクと白い衣装で、エンディングですでにお目見えしていた姿ですね(当然ですが)。
 プリカードでチェンジしていますし、「~フォーム」ということは、フォームチェンジの一種ということでいいんでしょうね。新技が使える、くらいの特徴しか、今のところはないようですが。

HC32-55.jpgHC32-56.jpg
HC32-57.jpgHC32-58.jpg
HC32-59.jpg
 ドレッサーの力を借りているので、全身から幸せオーラでも出ているかと思いましたが、何の問題もなく反論するナマケルダさん。でも、そう思っちゃうくらい神々しい姿だったことは間違いありません。
 ラブリーたちにサポートされつつ、フォーチュンの新技・プリキュアエメラルドイリュージョンが放たれます。浄化技ではなく捕縛技というのは、ドキドキプリキュアでのパッド技を思い出しますね・・・。この調子だと、全員捕縛技ということもありえそうですし、そのためにイノセントフォームになるというのもちょっと微妙です。せめて、先述したように幸せオーラを発せるとか、肉弾戦がパワーアップするとか、何らかの「必要性」が欲しいですね。一応、「空中戦ができる」という長所はありそう・・・あ、本作は最初から飛行できましたね。
 ナマケルダさんがサイアークに「ふんばるんです!」と指示を出したのが面白くて印象的でした。ふんばってどうにかできるものなのか・・・。あれ、ふんばれと言ったということは、エメラルドイリュージョンは捕縛技ではなく浄化技だったのかな? 捕縛も兼ねた浄化と考えると、ハートキャッチプリキュアのフォルテウェイブや、スイートプリキュアのミュージックロンドを彷彿としますね。もしそうなら、実践的で実用性も高そうです。

HC32-60.jpgHC32-61.jpg
 そんなサイアークにハピネスビッグバンをお見舞いする四人。フォーチュンはイノセントフォームを解除していましたが、これはバンクシーンの整合性のためでしょう。特別バージョンのバンクを作る余裕も予定もないから当然とはいえ、こういう小さな疑問は女児たちも感じるはずですし、そこにしっかりと整合性を出せると素晴らしいんですけどね。フォームチェンジの一種だから、ビッグバン時は基本フォームでないとダメということかな?

HC32-62.jpgHC32-63.jpg
HC32-64.jpg
 戦闘後、裕哉くんと話すいおなちゃん。鏡の中から見ていたわけではないのようで(このあたりの表現はまだ曖昧ですね)、裕哉くん的には飲み物を買いに行ってそのまま戻ってきてなかった、という感じでしょうか。
 気持ちを押し付けてごめんと言った舌の根も乾かぬうちから、「俺のこと嫌いじゃないだろ?」と言ってのける裕哉。ああ、こりゃあ嫌われても不思議じゃないですね(諦観)。
 彼のこのキザっぷりが、むしろ癖になるところでもありますし、別に女児向けでは珍しいタイプのキャラでもありません。今までの行いを見ていたら、裕哉はこういうキャラだとわかるのですが、プリキュアにはあまりいなかったスケコマシなタイプですし、スケコマすのがプリキュアたちとあっては、嫌われても仕方ないでしょう。超絶イケメンというわけじゃないのも、なーんか引っかかる理由でしょうか。
 ブルーといい裕哉といい、本作は恋愛をテーマにしていることもあってか、プリキュアファンの大きなお友達にはウケの悪いキャラが多いようです。むしろそれが特徴だったり個性だったり癖になるところでもあるのですが、それほど度量のある人ばかりじゃないでしょうし、彼もまたウケにくいキャラでしょうね。ま、肝心の女児にウケているならいいのですが、そのあたりはどうなんだろう・・・。なんか、恋愛でドロドロしているとかで、本作そのものを見せないようにしている親御さんとかもいるらしく、ちょっと心配です。

HC32-65.jpgHC32-66.jpg
 最後は、誰に言っているかわからないカメラ目線を三人がぶちこんでシメ。頑張ります宣言は意味不明ではありましたが、新鮮でしたし、青春していましたし、元気な感じが伝わってきたのでいいかなぁと思えました。三人が楽しそうでしたからね。可愛いからとにかくヨシ!

HC32-67.jpgHC32-68.jpg
 さて、次回はめぐみの番のようで、イノセントフォームに頑張ってなるという話のようです。
 いおなちゃんが一番手だったというのは定番を外している感じがよかったですが、次がめぐみというのも面白いかもしれません。今まで出番の少なかった二人ですし、イノセントフォーム覚醒編で先に出番がやってくるのも道理でしょうからね。・・・その分、ひめやゆうゆうが強烈な内容だと、また存在感は薄まるわけですが(苦笑)。

 というわけで、ハピネスチャージプリキュア感想でした。

 イノセントフォームを解除してハピネスビッグバンをするのは微妙すぎますが、きっと全員イノセントなら、新たな技が出る、もしくは全員イノセントフォームでのハピネスビッグバンがあるのでしょうから、そのあたりは都合上仕方ないと納得するしかなさそうです。あれを「フォームチェンジ」と解釈すれば、今までも「フォームチェンジ=新技」でしたから、エメラルドイリュージョン用の形態と考えれば納得できますしね。
 ドレッサーには6つのマークが浮かぶようですが、現在判明しているのが四人のイノセントフォーム+ビッグバンのマークとすれば、最後の一つはビッグバンに代わる新合体技でしょうからね。ビッグバンの起動をプリンセスがやっているのは何か意味があるのかなと思っていましたが、ビッグバンのマークが青として、新合体技の起動はラブリーが行うんでしょうね。さすがに次回ではないでしょうけど、そのときこそラブリーの大きな見せ場となりそうです。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。