寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ ハピネスチャージプリキュア! #38 「響け4人の歌声!イノセントプリフィケーション!」 感想
HC38-57.jpg

 操られたテンダーを取り戻すため、光を纏う四人の歌姫! 白熱の戦闘シーンと驚愕のバンクシーンと鮮烈な挿入歌を見せつけてくれた、本シリーズ的にもプリキュアシリーズ的にも、ひとつの歴史に残るような内容となりました。・・・さすがに言い過ぎ?

HC38-01.jpgHC38-02.jpg
HC38-03.jpgHC38-04.jpg
HC38-06.jpg
 衝撃の登場を果たしたキュアテンダー。当然、彼女の存在を警戒していたオレスキーはイの一番に反発しますが、その無様な状態を指摘されて反論できず、すごすごと撤退することに。意外に素直でしたが、今すぐ消し飛ばされかねない気迫がありましたし、さすがにここで悶着を起こすほど、オレスキーも馬鹿ではなかったということでしょうか。武人らしい(?)戦略的撤退でした。

HC38-09.jpgHC38-10.jpg
HC38-11.jpgHC38-12.jpg
 キュアテンダーVSハピネスチャージプリキュアの構図になったところで、フォーチュンは語りかけようとするも、テンダーの懇親の一撃で拒絶されてしまいます。この一撃だけで壊滅されかねない・・・。蝶のマークや三日月の演出が、意味はよくわかりませんがなんだかすごいということを実感させます。
 本作のスタッフは聖闘士星矢Ωと共通点が多いなぁと思っていましたが、テンダーの攻撃などは、まさしくソレという感じでしたね。プリキュアはドラゴンボールテイストなシリーズと、聖闘士星矢テイストなシリーズがありますが、本作は後者ということでしょう。

HC38-05.jpgHC38-07.jpg
 クイーンミラージュも映像で登場。ファントム撃退時のプリキュア墓場で見せたものと同じ技術のようですね。別にあの場所じゃなくてもできたのか・・・。
 キュアテンダーを操り人形にしたというミラージュ。プリキュアVSプリキュアの構図を楽しんでいる節もありますが、操る人数に制限がないのなら、最強のテンダーにこだわらず、墓場にいるプリキュアを幾人も操ればいいと思いました。プリキュアが強力だと、操るのための負担も大きくなるのかな?

HC38-08.jpgHC38-13.jpg
HC38-14.jpg
 今回で最後となる映画告知OP! 相変わらず映像が美しすぎますね。何度でも見たい映画でしたし、実際何度か見ることができました。こりゃあ、円盤が届いてからも一番再生回数の多いプリキュア映画になりそうな予感です。
 ふなっしーのライト振りを先導したシーンは、適材適所、彼の見事な働きぶりを見ることができましたが、同様に、巨大な鏡から「プリキュアに力を!」と応援をお願いするブルーは、ふなっしーと同じような働きをしたはずなのに、笑ってしまわずにはいられません。彼が珍しく(オイ)真面目に働いていたのと、わざわざ三枚の鏡であらわれ、しかもそれが同じ画面にインしていたのが無性に面白かったからかな。

HC38-15.jpgHC38-16.jpg
HC38-17.jpg
 全身からビームを出したりと、むしろドラゴンボールも真っ青な攻撃を繰り出してくるキュアテンダー。しかも接近戦のラッシュも強烈で、4VS1でも対等以上の戦いをされてしまいます。テンダーは、どこか柔軟な戦い方をするイメージでしたが、いおなちゃんの家が道場であることを考えると、テンダー(まりあさん)も空手経験者なのかな。
 ハニーたち三人を軽々と吹き飛ばし、木に激突させますが、このシーンに限っては、むしろ木の頑丈さに驚いてしまいました。普通だったら木くらい折れているような・・・(苦笑)。
 まるでテンダーに自分の意志を代行してもらっている感じのミラージュですが、自分で手を下さないところが狡猾ですし、それが実に効果的な戦術になっていました。その卑劣な感じこそ、ミラージュの訴えたいこととも一致していたわけですね。絆や愛は、脆く儚いものだと。

HC38-18.jpgHC38-19.jpg
HC38-20.jpgHC38-21.jpg
 テンダーは、ひときわ聖闘士的な一撃を繰り出しますが、それを防いだのはまさかのブルー! 神出鬼没できるにしてはちょっと遅かったですが、バリア役としてはすごい! テンダーの攻撃力がどれほどかはわかりませんが、プリキュアが押されていたのを見ると、かなり強力な攻撃だったはずですし、ということは、けっこう頼もしい信頼性のあるバリアに見えました。さすが神様だ。
 ブルーはミラージュの説得を試みますが、相手はまるで聞く耳を持たず。むしろ、火に油を注いだような形になりましたが、ミラージュの言をよく聞けば、誰よりもブルーのことを理解しているようでもありました。その善人っぷり、神様っぷりにほとほと愛想が尽きたからこそ、ミラージュはこのような行動をしているんですから、神様の説得が逆効果なのは道理です。
 あなたの生み出したプリキュアを全員片付ける、というバイオレンスな発言でしたが、可愛さ余ってという言葉もありますし、ブルーが好きだからこそ、こういう行動に出てしまうんでしょうね。厄介極まりないですが、まったく理解できないわけではありません。やることがここまで派手じゃなければ、まだ可愛いレベルで済みますからね。それじゃあ済まないレベルになっちゃっているからこそ、大問題なのですが。

HC38-22.jpg
 ブルーは耐えられなくなって吹き飛びます。そこ、「やった!」とか言わない(苦笑)。フォーチュンとの姉妹の絆を破壊する意味でも、キュアテンダー洗脳は意味がありましたが、だからこそ、テンダー「一人」でもあったんでしょうね。
 ミラージュの負担うんぬんを別にして、仮に大勢のプリキュアを操れたとしても、その人海戦術でハピネスチャージプリキュアを倒すだけでは意味がないのでしょう。キュアテンダーを操ってキュアフォーチュンを倒すことで、姉妹の絆を破壊し、最終的にはブルーの思想を否定したいのが、ミラージュの狙いだったわけです。

HC38-23.jpgHC38-24.jpg
 テンダーを操って絆を破壊しようとするミラージュと、それに負けず姉を取り戻そうとするフォーチュンの戦いが始まりました。しかし、洗脳を解く方法が具体的にわかっていない分、こちらは不利なスタートですよね。すぐさまイノセントフォームになったのは、意識的であれ無意識的であれ、浄化を主とするプリキュアならば、最善の選択肢だったでしょう。洗脳を汚染か何かと考えれば、浄化によって戻せるというのはプリキュアの常ですしね。イノセントフォームの浄化力は折り紙つきですし(って、各種拘束技が浄化になっているかは不明ですが)。
 全員イノセントフォームになることで、テンダーの羽とちゃんと対になったデザインなんだとわかりました。今までは、イノセントフォームの羽は、大きなリボンか羽衣みたいに思っていたのですが、よく見ると光っている上にリボンほど立体感はないので、こちらも蝶の羽と呼べなくもないデザインになっていたんですね。

 テンダーを通して、ミラージュに訴えかけていくラブリー。ミラージュは、ブルーと出会ったことを、あたかも不幸の黒猫に横切られたかのように恨んでいますが、彼女からは「ブルー大好き」という本当の気持ちをヒシヒシと感じますし、ラブリーはそこを素直にさせる役目を持っているでしょうね。ブルーを素直にさせたように。
 さらに言えば、ラブリーは、ミラージュとほぼ同じ道を歩んでいるように思えます。ブルーに惹かれ、ブルーのために行動して、しかし、ブルーの気持ちはラブリーにはまったくなく・・・いえ、まったくといえば嘘になりますが・・・万人に接するような、当たり前の感情くらいしかないでしょう。さすがに、それよりは特別な感情があるかな? まぁ、つまるところ、ラブリーの愛は実ることはなく、見返りのない「無償の愛」状態だと言えます。
 思えば、ミラージュはそれができていなかったですよね。「ブルーにも愛されたい」という見返りを求めていたように思えます。「できなくちゃいけない」と強制するほどの姿勢じゃないですが、真の愛がどちらかといえば、やはり愛の名を持つラブリーの方が、スタンスとしては好感が持てます。愛したからといって、愛してもらえないから逆襲する、というのは、「愛故に」といえばそれまでですが、タチが悪いということには違いありませんからね。
 ラブリーは同じ道を歩みながらも、違う姿勢でブルーを愛しています。彼女がミラージュの轍を踏まないことこそ、ミラージュにとって最大の説得であり、最大のダメージとなるでしょう。

 ラブリーにとっては、「自分の幸せ」の話にも通じます。他人の幸せばかり願っていたラブリーですが、自分の幸せを追い求めることでも他人を幸せにできる、ということを最近の展開で学び、それによってイノセントにも目覚めました。ラブリーにとっての自分の幸せは、「ブルーを好き」ということでしょう。
 ミラージュにとっては、非常に目障りな存在でしょうけど、きっとラブリーは「ブルーを好き」だと言い続けるはずです。自分の幸せが、誰かの幸せになると信じて。それはきっと、ミラージュの歪んだ愛も、ラブリーみたいな真摯な愛へと矯正させられることでしょう。歪ませている原因はミラージュにもありそうですが、主にディープミラーも噛んでいるとも言えますし、叩くべき黒幕は、もうわかっていますね。

HC38-25.jpgHC38-27.jpg
HC38-26.jpg
 ミラージュの代弁を行っていたテンダーですが、ラブリーの説得は、テンダー本人にも影響を与え始めました。苦しみだし、自爆のように大爆発しましたが、今思えば、彼女の元に戻ろうとする意志を押さえこむため、ミラージュの洗脳が力づくで引きずり戻したようなシーンでしたね。ミラージュの洗脳というか、ダークキュアテンダー(仮)がキュアテンダーを抑えこむというか。

HC38-28.jpgHC38-29.jpg
HC38-30.jpgHC38-31.jpg
HC38-32.jpgHC38-33.jpg
HC38-34.jpgHC38-35.jpg
 頭がリフレッシュ(?)され、再度洗脳状態となったテンダーは、改めてプリキュアたちを襲います。今までのシーンもじゅうぶんすごかったですが、ここからの戦闘がまた最高でした。一部絵の雰囲気が違うように見えるところもあり、劇場版のスタッフさんが少し担当していたのかなと思うほどです。プリンセスとの競り合いでは、むしろ「プリンセスそんなに強かったの」と思うほど作画がインフレを起こしていましたけど、こういう作画のノリで強さの演出が変わるのは個人的に好きなので大歓迎です。ラブリーを包んで地面に落下させるビームとかも、斬新な攻撃でかっこよかったですね。
 再洗脳によって一層の強い意志と気迫を感じたテンダーでしたが、フォーチュンに放った攻撃をラブリーがかばったことで、また揺らぎます。一度ほころびが生じた洗脳は、もう瓦解するのも時間の問題ということなんでしょうけど、短期間で何度も揺らぎスギィ! 精神の起伏が激しすぎて、精神そのものが崩壊してしまわないか心配になるほどでした。

HC38-36.jpgHC38-37.jpg
HC38-38.jpg
 ついには剣を取り出し、ライジングソードばりに斬りかかりますが、拳ならぬ剣に迷いがあったのか、フォーチュンにあっさり止められてしまいます。彼女は拳の方がよかったんじゃないかと思いながらも、剣を現出させたのは、より強く倒そうという決意のあらわれだったのか、それともまりあさんは剣道の心得もあったのか。
 どちらにせよ、かなり強い意志で斬りかかったはずなので、それが止められたという時点で、ミラージュの洗脳はもはや効きを悪くしていたことでしょう。解けるのも時間の問題です。

HC38-39.jpgHC38-40.jpg
HC38-41.jpg
 フォーチュンの姉を思う心が、テンダーを正気に戻しました。妹思いだからこそ彼女は犠牲になり、姉思いだからこそいおなちゃんもこうなったわけで、お互い姉妹愛の強い、いい姉妹ですよね。だからこそ、ひとたび歯車が狂うと、今回のような巡り合わせが起きてしまうのでしょうけど。
 ミラージュは愕然とします。彼女は洗脳によって姉妹の絆を引き裂き、ブルーに思い知らせてやろうとしていましたが、逆に思い知らされることになりましたね。愛の強さ、絆の深さというものを。

HC38-42.jpgHC38-43.jpg
 再々度、ミラージュは洗脳を施そうとし、もう散々な状態に。あまりにも酷い連続洗脳にフォーチュンが悲痛に叫ぶと、ドレッサーが反応してくれます。随分焦らしてくれましたが、イノセントフォーム覚醒のときと同じように、かなりイノセントな気持ちを出さないと反応してくれなかったっぽいですね。なかなか鬼畜な神器だ・・・。
 ミラージュの再々洗脳は、多分また成功したとは思いますが、元に戻る間隔が短くなっていましたし、じきに効かなくなってそうですよね。

HC38-44.jpgHC38-45.jpg
 そんなわけで、輝いたドレッサーが新たな力を発現! そして突如歌い出す四人! え!?
 驚かずにはいられませんでしたが、バンクとして映像は素晴らしかったですし、「新しい」という意味でも斬新な必殺技でした。必殺技っぽくないのも、個人的にはイイ。たまにはこういうのも面白いものです。
 新必殺技バンクだと、大抵BGMが新しいものに変わったりしますが、この新技では四人が歌っているので、新BGMがすでに挿入歌の役割を担っているという意味でも、新しさを感じました。この曲が毎回かかると考えると、むしろ豪華ささえ感じます。
 常々続けていた変な歌や、そもそも四人全員が歌を歌えるキャスティングになっているのも、今考えれば、この必殺技や、映画での挿入歌に通じていたのかもしれませんね。こういう必殺技になると、前々から予想できればよかったのですが、さすがに「歌う」というのは、ハニーがすでにやっていることもあって、予想できなかったです。
 動きに関しては、CGも使わず、足のアップや顔のアップが多めで、「必要最低限」という感じはありましたが、それで全身の動きは想像できましたし、「イノ~セ~ン~ト~」の振り付けは、ぶっちゃけ何度も真似しちゃうくらい好きになりました。単純な動きというのがいいんでしょうね。

 「歌う」必殺技については、山ほどの賛否が出たようですが、コスチュームチェンジやメイク同様、「儀式」的なものに絡めてあるならば不自然はないですし、変な歌を今まで何度も口にしていたことなど、前振りも効いていたと思います。新しさもありますし、「アイドル的」と本作を評していたわたしとしては、特段驚くほどではなかったですね。
 それに、プリキュアの幼児向けオモチャで、「マイクフルーレ」というものがあります(名前は違ったりするかな?)。大手スーパーのオモチャ売り場にあったりして、別に本編に出てくるわけでもない謎のマイクで、毎シリーズごとに、シールなどがちょっと変更されているだけで、だいたい同じものが発売されているんですが、そのマイクオモチャが、メイン級アイテムにまで昇格した、という想像もできました。見ている女児たちに、アイテムがより身近になったというか。
 ちなみに、スーパー戦隊やライダーだと、謎の剣が売ってます。柄のあたりにシールが貼ってあって、シリーズが変わるとそこのシールだけが変わるという、なんとも低予算で、DXオモチャを買ってもらえない子のためのアイテムと言えます。見かけたことのある人も多いんじゃないでしょうか。

HC38-46.jpgHC38-47.jpg
HC38-48.jpgHC38-49.jpg
HC38-50.jpgHC38-51.jpg
HC38-52.jpgHC38-53.jpg
HC38-54.jpgHC38-55.jpg
HC38-56.jpgHC38-57.jpg
 イノセントプリフィケーションという必殺技は、歌で力を高めたあとでの体当たり浄化攻撃のようです。体が輝くのもカッコイイですが、そこから体当たりする瞬間のゆら~っとした動きがすごくイイ。ただの体当たりがこれほどカッコよくなるのかと思いました。
 フォーチュンが一番大きく描かれていましたが、それは今回がフォーチュンメインだったからで、もしかするとこのシーンはバンクとはまた別なんじゃ、という一種の懸念もあらわれました。バンクなら毎回見れるからいいんですが、今回限定となると、贅沢すぎてちょっと残念というか。でも、フォーチュンのアップや、直撃時のテンダーの描写を見ると、今回だけの「特別版」という感じがヒシヒシとするんですよね。そう何度も乱発できない演出があった気がします。もちろん、今後使っていけないわけではないですが。
 実際、体当たりは必須ではなく、イノセントプリフィケーションで力を高めたあと、普通に肉弾戦したりもできちゃいそうな予感がします。プリフィケーション状態では一撃一撃が必殺級の強さになってそうですし、この状態でライジングソードやラブリービーム、スターバーストなどを見てみたいものです。ドキドキプリキュアでいう、オーラを纏った状態みたいな?

HC38-58.jpg
 体当たりの直撃は、地面をブロック状の岩にして吹き飛ばすほどの威力でしたが(ボンズアニメにありがちな表現ですが、これ好きなんですよね)、最後はテンダーを抱きしめるという、浄化描写にも繋がっていました。体当たりは、相手に全身全霊でぶつかるという意味合いがあるのかな。

HC38-59.jpgHC38-60.jpg
HC38-61.jpgHC38-62.jpg
HC38-63.jpg
 プリフィケーションの光はミラージュの空間にも届いており、その光のお陰か、ブルーも彼女の元へあらわれることができました。ミラージュのいる場所はブルースカイ王国でしょうけど、ブルーならどこでも神出鬼没できるはずで、それは母の日回で立証されていました。それでも今まで行けなかったのは、やはり護衛などが厳重で、直接は無謀だったからでしょうか。ディープミラーに感知されてしまうとか。
 プリフィケーションの光を届かせることで、いわば王国中にある「力の減衰効果」を軽減するなどして、安全な状態を作り出してから転移した、ということなのかな。ブルーは、そのチャンスを逃さなかったということでしょう。
 そして、ブルーは本音をぶつけます。立場上、そういう態度を取ってしまったものの、本当の気持ちは・・・。
 という、いいところでディープミラーの邪魔が入り、二人はまた離れ離れに。恋愛モノの定番ではありますが、この近づいては離れるもどかしさは、好みがわかれるところでしょうね。プリキュアは勧善懲悪と少女たちの成長がテーマなことが多いですし、「プリキュアでまで恋愛モノを見たくない」人は多そうですからね。それに、恋愛モノって皮は違っても中身はそっくり、というものは多いですし、それらにウンザリしきった人は、このくっついては離れるものは食傷ぎみでも仕方ないでしょう。
 ディープミラーとしては、ここまで接触されてかなりヒヤヒヤものじゃないかと思うのですが、のちのシーンを見ると、全然焦ってなさそうですね。ミラージュは渡さない、という絶対の自信と確信があるようです。

HC38-64.jpgHC38-65.jpg
HC38-66.jpgHC38-67.jpg
 とりあえず、成果としてテンダーことまりあさんを助け出すことができたハピネスチャージプリキュア。ひめが泣いて感激したり、いおなちゃんも泣いたりして、もう色々とアレでしたが、ひとまずよかったよかった。これからテンダーが最強のプリキュアとして仲間に加わるかは気になりますが、さらなる新バンク等があるとは思えませんし、テンダーはレギュラーじゃないからこその設定・デザインにされている感があるので、チーム入り、という感じはしなさそうです。
 本作のプリキュアの概念は、別にチームじゃなくても、みんな「世界を守る仲間」ですし、テンダーは一人でもやっていけそうですからね。もうファントムには遅れを取らないでしょうし、いよいよ幻影帝国もヤバくなってきたんじゃないでしょうか。よりにもよって、最強の戦力を自ら敵の手に渡しちゃっていますからね。

HC38-68.jpgHC38-69.jpg
 ブルーと引き離されたミラージュは、ディープミラーに詰め寄りますが、赤い光で洗脳されてしまいます。赤というと、ブルーの逆ですね。やっぱり神様とは対になる存在なんだろうか・・・。
 ディープミラーの口元が映りましたが、そのシーンもブルーっぽかったのが気になるところです。外見年齢はほぼ一緒という感じ? 少なくともブルーは数百年以上存在しているので、実際の年齢と外見は同一視できませんし、そもそも神様に年齢という概念があるのかどうかも怪しいですが。
 かつて、キュアミラージュと一緒にディープミラーらしき敵と戦っていたとき、相手はバケモノ然とした姿をしていました。相手はどーもブルーを模倣しているように見えてならないのですが、これでブルーに所縁のある存在だとしたら、どういう存在なんでしょうかね。ブルーが世界の平和を司るなら、ディープミラーは世界の破滅を司っているとか? それとも、もとはひとつの存在で、何かをきっかけに分裂したとか。

HC38-70.jpg
 ミラージュに再洗脳を施したディープミラーですが、今回のテンダー同様、何度も洗脳を剥がしていれば、いずれ効かなくなったりしそうです。これから戦いのたびにイノセントプリフィケーションを使用し、それがミラージュに届けば、ミラージュが正気に戻るのもそう遠くないでしょう。
 まぁ、そもそも残り話数も少ないので、ミラージュ救済は、すぐ近くまで来ているのかもしれません。

HC38-71.jpgHC38-72.jpg
HC38-73.jpgHC38-74.jpg
 次回はテンダー回、というわけでもないかもしれませんが、どうやらテンダーは旅立ってしまうようで、復活早々姉妹喧嘩勃発という感じなのでしょうか。復活後のテンダーの活躍も見れるでしょうし、「テンダーを仲間入りさせない」理由付けが必要でしたから、どういう理由で旅立つのかは見ものです。
 そもそも最強の戦力ですから、一箇所に留めておくよりは、キツイ戦線の援護に向かわせた方が有効っちゃあ有効ですからね。それにクロスミラールームのゲートがあれば、世界なんて狭いものですし、それほど悲観することのなさそうなものですが。

 というわけで、ハピネスチャージプリキュア感想でした。

 シリーズも佳境に入ってきた・・・と言いながら、まだ年内だったことを思い出します。いつもなら、クリスマスシーズンあたりからラストスパートだったのに、今回はクライマックス展開が早く感じますね。
 でも、どうやらアニメ誌などによれば、早めのクライマックスは、「さらなる敵組織の登場」という展開の前振りでもあるらしく、それが本当のクライマックスになるようですね。スマイルプリキュアでいえば、ピエーロを倒したと思いきや・・・という展開が本編の半分以上を占めていましたが、それをクライマックスに凝縮して持ってくる、ような感覚でしょうか。
 何にせよ、最強のプリキュア・キュアテンダー復活や、さらなる組織など、最後まで楽しめそうな予感がしております。けっこう散々な評価を耳にする本作ですが、自分は思ったより楽しめているかな、という印象で、むしろそれに一番驚いているのはわたしだったり(笑)。ガンダムAGEや仮面ライダーフォーゼ、ゴーバスターズとかもそうですが、なんか人気ない作品ほど好きな傾向があるのかもしれません。別にマイノリティを気取っているわけじゃないんですけどね・・・。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。