寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ ハピネスチャージプリキュア! #39 「いおな大ショック!キュアテンダーの旅立ち!」 感想
HC39-01.jpg

 キュアテンダー復活! これ以上ない戦力を手に入れたハピネスチャージプリキュアですが、テンダーは仲間入りするつもりはないようで・・・?
 終盤の日常回という趣でしたが、作画のレベルも高めで、氷川姉妹(+ぐらさん)にスポットが当たった、いい姉妹回でした。

HC39-01.jpg
 開始早々、テンダーの無双シーンが披露。舞踏のように華麗で、しかしフォーチュン以上の力強さがありました。肘の一撃がすごく重そう・・・。
 フィニッシュ技はテンダーライジングスターバースト。フォーチュンのスターバーストと名前は似ていますが、ライジングになっていますし、手から放つタイプではなく浄化範囲を遠くに出現させるもののようで、使い勝手は悪そうですが、そのテクニカルなものを使いこなしているのがテンダーらしいですね。もしかすると浄化範囲の出現場所は自由自在かもしれませんし、そう考えると、非常に強力な浄化技と言えるでしょう。サイアークを複数同時に浄化する浄化力もあるようですからね。

HC39-25.jpgHC39-26.jpg
HC39-02.jpgHC39-27.jpg
HC39-03.jpg
 テンダーの強さや美しさにメロメロになって、まりあさんにひっつくめぐみとひめ。この二人の流されっぷりは毎度ながら面白いですが、このときばかりは二人に同意せずにはいられません。変身前の地味っぷり(オイ)も、テンダーの美しさをさらに高めているように思えますね。というか、まりあさんの地味なのに可愛いデザインがすごいです。ある意味、いおなちゃんに通じるところがあるような(さすがに姉妹だからデザインは似せている?)。
 やっと取り戻したというのに、今度は二人に取られっぱなしで、ちょっとジェラシーないおなちゃんが可愛いです。それを察したからか、それともまりあさんが迷惑そうにしていたからか、なんとかひめだけは引き離すゆうゆう。というか、むしろひめがハニーキャンディーにすぐ釣られちゃうのが相変わらずですが面白いです。鉄板ギャグみたいで。ひめの「ゆうこー!」がイイ。

 まりあさんは、愉快な仲間たちに安堵しているようでした。いおなちゃんはもともと、その性格もあってか、友達があまりいなかったのかもしれません。姉ながらにそれを心配していたとか。
 いおなちゃんは、すっかりテンダーの仲間入りを確信していましたし、視聴者的にもそれは想定の一つでしたが、まりあさんは浮かない表情。仲間入りしそうにない雰囲気が、すでに漂っていましたね。
 まぁ、テンダーは戦力としては強力すぎますし、彼女が仲間入りすると今後の戦闘がヒジョーにヌルくなってしまいそうですから、仲間入りしない展開は妥当といえば妥当です。むしろいい采配というべきでしょう。

HC39-04.jpgHC39-05.jpg
 クロスミラールームにお邪魔したまりあさん。ブルーは世界各国の戦況を見守っていましたが、まりあさんはそこへ支援しに行くことを告げます。ご両親もアメリカにいるようなので、一度顔を見せに行くのは、今までのことを考えるとむしろ当然なんですが、この部屋があるのにわざわざ改まって渡米するのはちょっと不自然に思えましたね。
 でも、出向くだけじゃなく滞在するようなので、それならミラールームは使わない方がいいでしょうし、いい理由付けになっていました。入国審査の関係もあるでしょうからね。
 しかし、何も滞在しなくても・・・という疑問は残ります。日本はハピネスチャージプリキュアのお陰もあって、比較的安全な状況なのかな。それとも、もともと向こうに滞在予定で、日本にいる間にファントムにやられたため、予定が先延ばしになっていたとか?

HC39-06.jpg
 大使館から帰る道すがら、まりあさんは、いおなちゃんに渡米のことを告げました。姉の仲間入りをウキウキしていたいおなちゃんとしては当然納得できず、先に帰ってしまいます。ちゃんと事情を話せば、賢い彼女なら理解してくれたでしょうけど、やっと取り戻した姉がまた離れてしまうようで、やはりそう簡単には納得してくれなさそうな様子でしたね。好きだからこそ、近くにいたいということでしょうし、ファントムから取り戻した件がなくったって、渡米の話を聞いたら反発していたかもしれません。

HC39-07.jpgHC39-08.jpg
HC39-09.jpg
 に戻ると、道場でいおなちゃんがまりあさんに勝負を申し込みます。空手家なら空手家らしく(?)、ということでもあるでしょうし、二人はプリキュアでもありますから、拳で決着をつけるという、シンプルイズベストな方法でした。女子が選ぶ方法じゃないようにも思いますが、二人は空手家で、プリキュアですからね。
 思いつめた心境のいおなちゃんとは違って、実にリラックスしている様子のまりあさんですが、だからといって楽観的というわけではなく、真剣かつ冷静ゆえの余裕のようでもありました。「30分みっちりマッサージ~」なんて言いながら、すぐに格闘家の顔になるのはさすがですね。当初フォーチュンに感じていた以上の凄味を感じます。強敵感というか、強者感というか。

HC39-10.jpgHC39-11.jpg
 勝負はほぼ一瞬。数回の応酬で決着がつきました。作画力を節約したようにも見えましたが、歴然の差を見せつけるなら、一瞬の方がいいかもしれませんね。互角の戦いを繰り広げるようでは、テンダーの株を落としかねませんから。
 前回の予告でも見たシーンですが、床にへたばって上気しながら見上げるいおなちゃんのシーンがエr・・・色っぽすぎます。まぁ、頬が紅潮すればだいたい可愛くなって色っぽくなりますが、その格好とか体勢とか構図とかもう色々と。

HC39-12.jpg
 気持ちよさそうにマッサージを味わうまりあさんですが、このときのアングルもいかがわ・・・エロっぽかったです(っぽいというレベルじゃない?)。足を上げるマッサージはよく見るマッサージより専門的な感じがして、パジャマ姿の可愛い二人が空手家であることを思い出させてくれます。ストレッチとかでやってそうですもんね。

HC39-13.jpgHC39-14.jpg
 その後、オーソドックスにツボを刺激するタイプのマッサージをしながら、渡米後の予定を話題にする二人。勝負に負けてマッサージの刑に処されているからか、いおなちゃんはもう潔く、アメリカ行きのことを認めているようですね。聞き分けがいいのはさすが優等生という感じです。切り替えが早い。ある意味、スポーツマンっぽさもありますかね(失敗を引きずらなかったりする精神安定法を持っているみたいな)。
 まりあさんは、マッサージを受けながら、険しい表情になりました。さっきまではその幸せを噛み締めていましたが、世界の過酷な地域のことを思うと、おいそれと幸せを謳歌できないんでしょうね。だからこそ、世界に自ら赴いて助けに行きたいのでしょう。
 「神出鬼没のプリキュアハンター」と言う単語から、そこはかとない変態さを感じてしまいますが、確かに彼は神出鬼没ですし、プリキュアの天敵であり、まりあさんの宿敵でもありますから、彼を倒すことも兼ねて、世界に助っ人しに行くのでしょう。プリキュアあるところにファントムありと言っても過言じゃないですからね(「プリキュア」ハンターですから)。

HC39-15.jpgHC39-16.jpg
HC39-17.jpg
 随分急なスケジュールでしたが(予約とか大丈夫なのかな)、翌日、いおなちゃんは姉の見送りをしていました。最後の会話が姉妹の会話であり、地域を守るプリキュア同士の会話でもあったのがいいですね。別れの悲しさより、プリキュアの使命感があらわれたいい会話でした。
 まりあさんが、途中で見送りをやめてもらおうとすると、ホッシーワさん特有のお菓子空間が発生。ひと目で彼女が出撃してきたことがわかります。空間支配は人々にとっては環境の激変とかで影響が大きそうですが、プリキュアに感知されるという意味では、隠密性がないので戦いは免れませんね。空間を支配しないタイプのサイアークとかいても面白かったかもしれません。それだとサイアークの意味がない?
 さっそく、託されたぴかりが丘を守るため、テンダーに恥ずかしくない戦いを見せるため、なにより、姉に安心して旅立ってもらうため、いおなちゃんは飛び出していきました。彼女の意気込みもさることながら、優しく見守るまりあさんもいいですね。それだけハピネスチャージプリキュアを信頼しているんでしょう。

HC39-18.jpgHC39-28.jpg
 キュアフォーチュンのソロ変身からの無双シーン! アバンのテンダー無双の対比かもしれませんが、これでもかと暴れまわってくれるのが気持ちいいです。本当、チョイアークはいい賑やかし(?)ですね。
 久しぶりのあんみつこまちも登場し、今回はキュアフォーチュン大ハッスル回と言えそうです。テンダー復活も兼ねているので、むしろ氷川姉妹回? チョイアークは賑やかしというより、あんみつの被害者なだけだった・・・(苦笑)。

HC39-29.jpg
 サイアークは中国拳法スタイルのようで、空手とはまた違ったカッコよさがありますね。拳の連打とかもそれっぽかったです。エネルギー弾を出しているところは弾丸マシンガンっぽかったですが、拳法スタイルだからか、気か何かを発しているようにも見えました。

HC39-24.jpgHC39-30.jpg
 ラブリーたちが到着しますが、ダークテンダーとの戦いを境に、イノセントフォームで戦闘も行うようになったようです。だからこそ、フォームチェンジ技の尺があり、あんみつこまちの出番もあったんでしょうね。
 テンダーを相手にしたからというのもあるかもしれませんが、今更サイアークごときに遅れは取りません。みんな普段の技がパワーアップしているようでしたが、特にライジングソードの変わり様がすごい。切れ味が増しているのか、剣の使い手が成長したのかわかりませんが、まるで剣聖じゃないかというような斬撃でした。ラブリーのつぶやくような技名台詞がすごくカッコイイ・・・。めぐみの声だと、あまりカッコつかなくてちょっと笑えてしまうところもまたいいね。
 フォーチュン無双や、イノセントフォーム後はまだいいのですが、ラブリーたち到着からのサイアーク連打や、「目の色が~」というシーンは、ちょっとテンポが悪くて謎の間があったりしましたね。サイアークのギミックは、もっと細かく描いて攻略していくシーンを描く予定だったのかもしれませんが、イノセントなゴリ押しでいけちゃうレベルだったのでしょう。
 あと、ホッシーワさんの形状記憶合金製傘の曲がり方が面白かった。アニメならではの遊び・表現という感じでいいですよね、ああいうの。

HC39-31.jpg
 最後はプリフィケーションでフィニッシュ。長いバンクシーンですが、可愛いですし映像のテンポはいいので、全然飽きませんね。やっぱり必殺技BGMがそのまま挿入歌にもなっているというのは、とても革新的ですし、BGM好きのわたしも大満足です。この曲が収録されているCDが欲しくなりますね・・・。
 フィニッシュシーンも追加されたようですが、キビッとポーズを取るのはまだ良いとして、ここに大爆発とかがないのはちょっとさみしいですね。決めポーズというなら、スイートプリキュアの「フィナーレ!」がかなり印象的ですし、アレの拡大版というかパワーアップ版というか、いわゆる「ハピネスチャージプリキュア版」として決めポーズは見て見たかったです。大爆発表現はプリフィケーション・バンクのラストで事足りるとするなら、花火の柱みたいな、ライブ的で派手な演出が欲しかったですね。紙吹雪を噴出させて舞わせるとか。

HC39-32.jpg
 ホッシーワさんはつられて歌っていましたが、ハニーのときにもつられていましたし、歌という武器だと、彼女はひときわ影響を受けやすそうです。ハニーとの戦いでも歌に負けていたのに、ホッシーワさんにとっては辛い状況でしょうね。なにせプリキュアの最終兵器が、自分にとって天敵である「歌」なんですから。
 ホッシーワさんは、白雪姫に出てくる毒りんごの魔女がモデルかと思っていましたが、それはポジションやデザインくらいのもので、歌嫌い(歌に弱い)というのはホッシーワさん特有の設定でしょうかね。それとも、実際の童話にはそういう設定があるとか? 古い童話だと舞踏会とかよく出てきますし、魔女はそれが嫌いだったとか?

HC39-19.jpgHC39-20.jpg
 無事に浄化完了し、ぴかりが丘から安心して離れられることがわかったまりあさん。プリキュアの活躍は、いい渡米の手土産になりました。でも、戦い終えるまで待っていられるとは、けっこう時間に余裕があったんですね。飛行機に乗るときは特に余裕を持って行動するでしょうから、時間の余裕はありそうですしね。
 まりあさんは、最後ぐらさんにも別れを告げるのが印象的でした。ぐらさんはフォーチュンとのコンビが印象的ですが、その前はずっとテンダーと一緒だったようですし、ファントムに負けてしまったことでぐらさんは責任を感じていたようですから、テンダーの復活は、ぐらさんの罪悪感も消して、救ったことになりますね。まりあさんとの絆が感じられる回でしたし、ぐらさんは姉妹に渡ってパートナーになる、面白い立ち位置の妖精だと言えます。

HC39-33.jpgHC39-34.jpg
 すっかり溜まり場と化した大使館ですが、みんなで集まる拠点としては最適でしょうね。プリキュアのことを気兼ねなく話せますし、前作のソリティアみたいで。前作は岡田という不審人物がいたお陰で拠点でも気が休まらず、それはそれで刺激的でしたが、本作みたいに完全まったりタイプの拠点もいいものです。彼女たちの談笑とかをゆったり楽しめますからね。安心感があるからこそ、映画でここに敵の手が伸びたときはかなり危機感があってよかったですし。

HC39-21.jpgHC39-22.jpg
 まりあさんの旅立ちを話していると、ひめはいおなちゃんもいなくなるんじゃないかと擦り寄ってきます。最近、珍獣らしさに磨きがかかってきましたが、どちらかというと愛玩動物のような愛らしさがあり、いおなちゃんも猫か何かを相手するような感じだったのは、笑えるというか微笑ましいというか。特にドキリとしたりもせず、こう親しげにくっつけるのは、ひとえにひめが小動物っぽいからでしょう。
 というか、こういうスキンシップをしてくるキャラクターって、プリキュアではあまり例がありませんからね。妖精とか、あとはレジーナといった特殊な例ならいますけど、「プリキュア内で」と考えると、あんまりいない印象です。「あざとい」代表の黄色プリキュアたちや、ひめに似ているというえりかでさえ、スキンシップはなかった気がします。

 まりあさんにぴかりが丘(というか日本?)を任せられたからか、より特訓熱心なコーチへと進化したいおなちゃん。めぐみとゆうゆうは特に文句もなくついていきますが、やはりひめは頑張ることが苦手というか、特訓に関してはさすがに辛そうです。でも反対していたわけじゃないですし、渋々とはいえ特訓に前向きに参加していたのはいい空気でした。ひめは小柄ですしインドア派っぽいですから、他の子に比べて体力とかなさそうですからね。その基礎体力が、プリキュア時の戦闘力にも影響してそうですし、だからこそ、人一倍特訓は辛いんでしょうね。
 その分、チームだとプリンセスは弱点になり得るので、そこの補強は大事ですが、チームだからこそ他のメンバーがカバーしたりもできますし、そういう意味では、まだまだ全員が強くなる必要がありますね。ダークテンダーがプリフィケーションの効かない相手だった場合、あそこでこのチームは敗北していましたからね。
 でも、こうやって特訓をしているとプリキュアっぽいですし、なんだかんだ、みんなの仲の良さが伝わってくるいいシーンでした。日常回特有の空気感というか。

HC39-23.jpgHC39-35.jpg
 相変わらずタンバリンでリズムを取るいおなちゃん式の特訓ですが、空を見上げて、旅立つ姉に思いを馳せるようなカットが素晴らしかったです。
 引きの構図になり、青空と雲が画面いっぱいに広がるところも素晴らしいのですが、いおなちゃんによーく注目してみると、空手道着にタンバリンという姿になっていて、ここはなかなかにシュールでした(笑)。
 
 さて、次回はプリキュアの休日ということで、クライマックス展開に入る前の、束の間の休息という感じでしょうか。
 ドキドキのクリスマス回もそうでしたし、ハートキャッチでのハートキャッチミラージュ獲得後~クリスマス前までの回もそうでしたが、わたしはこういう終盤の日常回がかなり好きな傾向にあるようです。序盤の日常回との対比になりますし、嵐の前の静けさというか、ゆっくりと、しかし着々とクライマックスが近づいている展開に、モチベーションがじわじわ上がっちゃうんですよね。
 少し前からクライマックスがはじまっていて、ラストまで一直線・・・というのも悪くはないと思うのですが、個人的には忙しいというか、騒がしいというか、そのせわしない感じはあまり好きではありません。一年モノであり、各話じっくりと描けるプリキュアなんですから、1話1話、じっくりと描いて欲しいですし、そういう意味では、あまり連続性を持たせた内容にはせず、このあたりで日常回、というのがいいと思うんですよね。クライマックスで連続した内容になるでしょうし、長丁場はラストに任せればいいですからね。

 というわけで、ハピネスチャージプリキュア感想でした。

 巷ではすごい展開になっていると話題のハピネスチャージプリキュア。視聴も追いついていないので、この感想とほぼ同ペースで視聴していることになりますが、概ね懸念していた事態が今後起こるようですね。
 もともとアニメ誌でも、ミラージュとは早々に決着をつけ、年内に新たな敵が登場なんて触れ込みだったので、それほど驚く展開ではなさそうですが、どうなっていくのかは非常に気になるシリーズになりました。ドキドキほどじゃないとはいえ(しつこい)、けっきょく、なんだかんだ面白くて引き込まれたシリーズになったと思います。
 次回作、というか次のシリーズも色々と発表になっているようですが、ここで移り気を起こしちゃあ本作に失礼ですし、まずはハピネスチャージプリキュアを、最後まで見届けるとしましょう。
 ・・・でも、プリキュアの感想ってけっこうな人がやってますし、だいたい「可愛い」「面白い」「かっこいい」という感想になりがちですから、わたしの感想に意味があるのかな、なんて思ったりもしますけどね。好きだから書いているのはもちろんですし、誰かと対抗しているわけじゃないんですけど、スピードが遅くなってしまっているのがなぁ。考察がまったく意味を成してない状態になっちゃっているので・・・(苦笑)。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。