寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
プリパラ ミルフィーコレクションvol.2 オールブランドセレクション編 1BOX開封してみた
ミルコレ02-07

 さて、今回開封していくのは、前回に続いてミルコレの第二弾。ドレッシングパフェの面々が追加されています。
 繋ぎのつもりだったレビュー記事もちょっと時間がかかり、見通しが甘かったと若干後悔中ですが、とにかくどうぞ。
ミルコレ02-02
 ミルフィーコレクションのvol.2を、今回は一箱まるまる開封していこうと思います。発売したのは、ちょうどドレパ組が登場しだしたあたりかな? 今回のミルコレ内容もドレパ参戦のようで、新しいキャラチケットやブランドが入手できるのはいいとして、他の部分はしわ寄せがありそうですが、どうなっているでしょうか。
 開封レビューをしつつ、他の購入物も映していくスタイル。figma響は顔がちょっと微妙かな、と思わなくもないですが、ボディは最高(意味深)ですね。そして後ろに置いてあるのは、プリティーリズム・オーロラドリームBD-BOXのアニミュウモ特典カスタムジャケット! BOX本体も近くに飾っているのですが、暇があれば箱絵を眺めちゃってヤバイ。

ミルコレ02-01
ミルコレ02-03
ミルコレ02-04
ミルコレ02-05
 箱の四方です。当然といえば当然かもしれませんが、白黒印刷で、厳重(?)なテープも貼ってあったりして、業務用っぽさがありますね。

ミルコレ02-07
 点線部分を切り取ったところ。このまま店頭に並べられちゃうような状態ですね。選び放題だぁ(恍惚)。

ミルコレ02-08
 二回目にして恒例になりつつある、パックを重ねて置いたところです。うん、前回の10パックの倍以上あるので、けっこうボリュームがあります。ボックスを持つとずっしりとした重さを感じるくらいですからね。さすがプラスチック製チケットを重ねるミルコレですね。

ミルコレ02-14
ミルコレ02-09
 パックのオモテウラです。新ブランドのベイビーモンスターとフォーチュンパーティーが収録されていることを示すマークがあったり、多少変化はあるものの、ほとんどvol.1から変わってませんね。大きく描かれているらぁらちゃんの配置も構図も似ていますし、もし店頭に二種類が並んでいたら、パッと見では区別がつかなそうです。
 裏面は、ボックス裏面と同じようにレアリティや収録内容が書いてありますね。ほとんど前回のvol.1と同じですが、アイドルチケットのアイドルランクが変わっていますね。トモチケとして使用する際のプレイヤーのランクに合わせて、少しランクアップさせているようです。
 vol.1はソラミ+オリジナルキャラでほとんど枠が消費されましたが、今回はドレパが加わるので、かなり枚数に偏りが出そうですね。ソラミはランクアップしたタイプのみで、ドレパは数種類という感じでしょうか。

ミルコレ02-10a
 開封して重ねたところです。綺麗に整列させると、もはやブロックに見えてきます。

ミルコレ02-11a
 とりあえず1パックの内容を見てみます。今回のイラストシートはドレパになっているようですね。

ミルコレ02-37
 イラストシート勢揃い。ドレパ以外のシートはないので、毎回3種ということでしょうね。だとすると、vol.3のラインナップが気になるところですが・・・。
 前回、これをぬりえだと勘違いしていましたが(そういう使用もあり?)、本来はスララとかいうトイで使用するシートのようですね。ちゃんと下に書いてあるのに、白黒のこういう絵は直感的にぬりえだと思ってしまいます。このスララというトイは、なんだか絵を写して描くためのものらしいですが、実際どういうものなのか、絵からは伝わらないのでちょっと気になります。中央のしきりを目の間に持ってくることで、模写しやすくなる器具か何かでしょうか。さすがに絵が転写されるとかではないでしょうし・・・。

ミルコレ02-12aミルコレ02-13a
 1パックの内容を重ねてみたところ。いきなりアイドルチケットがらぁらちゃんだったので、ドレパ参戦っぽさがありませんが(苦笑)。
 裏面のトモチケ部分は、やはりランクが高くなってます。さらに、今回からキャラクターのサインも描かれていて、これがなかなかいいね! らぁらちゃんのはサインが大きい上に複雑なので、見ていて楽しいものの、後ろの絵が隠れてしまうのはちょっと残念です。でも、アニメのサインがここでじっくり見れるのがいいですし、らぁらちゃん以外のサインが見れるのもいい。アイドルといえばサインといっても過言じゃないですからね。

ミルコレ02-06a
ミルコレ02-15a
ミルコレ02-16a
ミルコレ02-17a
ミルコレ02-18a
ミルコレ02-27a
ミルコレ02-19a
ミルコレ02-20a
ミルコレ02-28a
ミルコレ02-29a
 ざざざーっと、購入結果を一喝掲載。特に目玉らしい目玉はなさそうですし、そもそも1箱買うと必ずコンプリートできるようですから、これにてvol.2は完結となります(オイ
 やっぱりソラミスマイルの三人は枚数が少なくなっていますが、完全消滅はしてませんでしたし、ななみちゃん、にいなちゃん、のどかちゃんたちもまだちゃんと収録されているのはよくわかっている判断と言えるでしょう。

ミルコレ02-30
ミルコレ02-33
 アイドルチケットのみを勢揃いさせてみました。コーデチケットを重ねていない状態だけでもエッチでアブナイのに、それをこれだけ並べてしまうと、もうヤバイ趣味の人にしか思えません。いや、相応の女児が遊んでいる分にはいいんですが、男がこれを机に広げていると、さすがにね・・・(冷や汗)。
 アイドルチケットの裏はトモチケになっているわけですが、そのトモチケがどのブランドのコーディネートになっているかで、表面の背景なども決まっているようです。例えば画像一枚目の上段はトゥインクルリボン、下段右はキャンディアラモードで、下段左はホリックトリック。画像二枚目の上段右はフォーチュンパーティーで、上段左はベイビーモンスター。下段はドリーミングガールということになっています。らぁらちゃんのトゥインクルリボンと、ドリーミングガールだけは、特別扱いなのか他より多めですね。確か、ドリーミングガールはプリティーリズムのコーデが収録されたブランドだったかな?
 アイドルチケットの背景は、vol.1だとブランドをイメージした幾何学模様という感じでしたが、今回はステージっぽい絵柄になっていますね。この方が凝っているように見えますし、ステージでのライブを連想させてイイですが、画像一枚目の上段右のトゥインクルリボンのやつは、雪国みたいな背景になっているので、その場所に下着姿、というのはちょっと寒そうです(笑)。

ミルコレ02-31ミルコレ02-34
ミルコレ02-35ミルコレ02-36
 さて、せっかく少女たちを裸同然にしたのですから(アブナイ)、話題になっているレオナちゃんをちょっと追及してみましょう。このミルコレが発売したときは、まだレオナちゃんの性別バレ回は放送されていないはずで、一部のファンは、ミルコレの下着姿から、レオナちゃんの違和感を感じ取っていたようです。
 レオナちゃんと、適当に数名のキャラを並べてみます。双子であるはずのドロシーちゃん、一般的(?)であろうななみちゃん、(実年齢は)小学生のらぁらちゃんと並べてみますが、みんなミルコレの性質上か、体型は同じになっていて、ちょど胸の膨らみが右腕を隠すくらいですね。らぁらちゃんはそんなにあったのかとか、ななみちゃんも見かけによらず・・・とか、色々と思うところはありますが、そんな体型の画一化がありつつも、レオナちゃんだけは、胸が皆無といっていいほど存在していませんね。膨らみがないので、右腕が他のキャラよりも露出しています。
 ミルコレのアイテム的性質上、そして手が抜けるという意味でも、体型を一緒にするのはメーカーからすればむしろありがたいことでしょうに、わざわざ、レオナちゃんだけが特別な体型をしています。こういうところや、他にも雑誌の説明など、色んな違和感が積み重なって、レオナちゃん男の子説は誕生したんでしょうね。いやぁ、でも、一部ファンの過剰な勘ぐりでなくても、ミルコレの下着姿を見たら、けっこう一発で気づきますね。これが正解だと言わんばかりです。

ミルコレ02-32a
ミルコレ02-21a
ミルコレ02-22a
 コーデチケットをカテゴリーごとに分けたところです。vol.1のときはまばらだったので、ここまで完膚なきまでにコンプリートされているのは壮観ですね。取り逃しがないのが素晴らしい。
 vol.1のラインナップを全て見ているわけじゃないので、これが前回からどれだけ変化した光景なのかわかりませんが、今回からトップスカテゴリーにドレス・ワンピース系が追加されているっぽいですね。そのお陰か、パックを開封したときにQRコードが三つ並ばないような場面も多々ありました。そして同時に、そういうパック内容だと、だいたい腕が複数本あってカイリキーかアシュラマンみたいになっちゃっているのは気になりますが(苦笑)。

ミルコレ02-23
 さて、ここからはおきまりのコーデタイム。といってもわたしのセンスは皆無ですし、キャラチケットに描かれていない組み合わせをとりあえずやってみました。
 誰に何を着せようか・・・と考えるときに、まっさきにレオナちゃんのコーデを考えていた自分に笑えました。なぜだかわかりませんが、着せてみて一番「きわどい」のはどれかな、なんて考えてしまいましたが、思えばどれもきわどかったりして、そもそも一番きわどい下着姿が披露されている以上、さらなるきわどさの追求は難しいかと思い、このコーデに落ち着きました。
 キャラチケットではのどかちゃん、そふぃさん、シオンちゃんがこのコーデを着ていて、大人な感じがすごく似あっていましたが、レオナちゃんもなかなか意外性がありつつも似合っていますね。レオナちゃんに「少女らしさ」はじゅうぶんありますから、どの服も似合いますけど、「大人の女」らしさを感じる服はあまりないので、こういうシックなものもいいですね。レオナちゃん自身は、おっとりしていたり、大人の色気満載なので、普段のドロシーちゃんに合わせたような元気っ子スタイルもいいですが、大人の女性スタイルもいいものです。

ミルコレ02-24
 こちらはみれぃちゃんらしい黄色いコーデで、しかしブランドはトゥインクルリボン。アイドルチケットではシオンちゃんとかが着ていて、「さすがにシオンちゃんには似合わないような・・・」と思って似合いそうなみれぃちゃんに着せてみました。似合っているっちゃ似合っていますし、髪の毛と相性がいいかと思いましたが、黄色+黄色で、全体的にぼってりした印象になってしまいました。お互いを引き立てる意味では、髪色と合わせない方がよかったのかもしれません。

ミルコレ02-25
 続いて、「似合わない」前提で着せてみたシオンちゃん+サンタコーデ。ドロシーちゃんもレオナちゃんも着ていたので、それではシオンちゃんも、と思って、似合わないつもりで着せてみたのですが、案外これが・・・。
 上のハニーパウダーコーデを着ていたシオンちゃんは正直、ポーズなども相まってあまり似合ってないように見えましたが、このコーデは・・・すごくいい・・・。サンタコーデにはこのシューズを合わせるようになっているらしいですが、このスラっとした足が、モデルっぽいスタイルの良さを感じさせます。体型は全員同じはずですが、シオンちゃんはドレパの中では、確実に長身+モデル系+姉御気質なキャラ設定ですし、そんなシオンちゃんがきわどいミニでサンタコスとなると、ちょっとしたキャンペーンガールな感じもしますね。可愛さとセクシーさが合わさったいいバランスです、我ながら。

ミルコレ02-26
 最後は、プリパラレアのコーデを集めて、パッケージのらぁらちゃんを再現。vol.1では銀枠でしたが、vol.2は金枠になってゴージャスさがアップしていました。コーデそのものは、妖精っぽい前回のデザインを踏襲しているように見えまさすね。一応名前からキューピッド=天使らしいですし、となると、プリパラレアは羽ありコーデで統一ということかな?
 銀枠→金枠ときて、次がどうなるのか気になります。すでにゴージャスさは頭打ちな気がしますが・・・枠のデザイン変更とか?
 あと、主人公だから当然かもしれませんが、らぁらちゃん用のコーデ、という感じのデザインなのは残念ですね。一弾がらぁらちゃんだったので、二弾はドレパリーダーのシオンちゃん(ベイビーモンスターらしい悪魔コーデとか!)、と行ってもよかったとは思うんですが、さすがに挑戦しすぎかもしれませんし、シオンちゃんが浸透していないうちだと、パッケージに載せたところで、「プリパラのミルコレ」だと気づいてもらえない可能性もありますからね。ですが、その結果一弾とほぼ同じで、「どっちが1でどっちが2?」みたいなパッケになっちゃった気がしますが。

 というわけで、プリパラミルフィーコレクションvol.2開封でした。

 アーケードゲームの方は、忙しくてなかなかできていませんが、プリチケの絵柄が変わったり曲が増えたりと、色んな新しい試みが行われているようなので、つくづく「じっくりやりたいなぁ」と思う所存。携帯ゲーム化も発表されたらしいですが、ぶっちゃけプリティーリズムの延長のようですし、それはそれで嬉しいものの、想像していた「プリパラのゲーム」にはならなそうなのがちょっと残念です。もちろん、らぁらちゃんやヒロ様を操作してのプリズムショーはすごく楽しみですけどね。オールスターのストーリーはあるんだろうか・・・旧キャラのCGはどんな風に? ゲーム版コスモさんは登場するのかなどなど、興味と期待が尽きません。
 ミルコレ開封は1、2とやってきて、当然3を予定していますが、「繋ぎ」のつもりだったレビュー系感想記事もなかなか時間がかかるとわかり、ちょっとスケジュールを計算中です。何より、スピードアップすれば万事解決と思うのですが、何分、心理テストとかで、わたしはいつも「計画が苦手」と診断されちゃうので・・・(現実逃避)。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.