寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
みんなのくじ selector infected WIXOSSを5回引いてみた。
ウィクロスくじ12

 12月20日頃に発売されたみんなのくじを引いたので、ちょっとその内容でも。
 予算的な面から5回にしましたが、それでもまぁまぁの出費でしたし、総数60くじ中の5回なので、けっこう満遍なく出てくれるんじゃないかという推測でした。結果やいかに・・・。

ウィクロスくじ01
 いきなりですが、結果をドーン! とりあえず、下位賞から一つずつ紹介していきます。

ウィクロスくじ02
 まずはF賞のラバーストラップが二種類。通常、F賞というとハズレの印象がありますが、このF賞は五種の中から選べますし、このくじの特徴である「WIXOSSカード一枚封入」で狙っているルリグカードがある場合、このラバーストラップでそのルリグを選べば、狙ったカードも狙えるという利点があるので、ぶっちゃけ今回の当たりと考えても差し支えないところがあります。
 なぜ花代さんとピルルクたんを選んだかと言われれば、緑子以外なら誰でもよかったんですが(オイ)、他の景品でタマ・ウリスが出てきそうな気配があったことや、とにかく最優先で花代さん・ピルルクたんは欲しかったので、まずはこの二人を選びました。

ウィクロスくじ03ウィクロスくじ04
 ということなので、封入カードの結果もこのように。キラキラ加工が普段のパックとは違うタイプなので、それだけでも特別感がありますが、このイラストがエッチくてさらにイイ! 坂井久太さんがいつもながらいい仕事をしてくれます・・・! この二人のデッキ組まなきゃ(使命感)。
 ルリグたちのフレーバーテキストは、みんななんとなく、ネグリジェ姿を見られてセレクター(というかくじを引いた夢限おっさんたち?)に軽蔑したような台詞を言ってますが、花代さんはなんだか恥もなにもわかっていないような感じで、初登場時の「オラキター!」な雰囲気が残っていますね。アニメ本編では川澄さんの声もあって、あんなに色っぽくてインモラルなのに・・・。

ウィクロスくじ05
 続いてE賞のグラス。グラスは三種類の中から選べましたが、一番デザインがよさそうなタマデザインにしました。開けてみると、けっこう大きくてずっしりしていて、なんだかウイスキーグラスっぽかったです。冬場にグラスは使えないかもしれませんが、温かい液体を入れても大丈夫そうな感じがしましたね。あくまでくじ景品ですし、過信は禁物ですが。
 封入カードの方は増援。ラバストにルリグが入っている分、他の景品はスペルやシグニカードという配分でしょうかね。こっちで狙い目があると、まったくどれを選んでいいかわからないので、ちょっとタイヘンかもしれません。これらのカードもルリグカードみたいに、封入の法則性があったりするのかな。
 ラインナップのスペル・シグニカードは、大会などでもらえるプロモパックの再録のようですね。大会へ行ってないので、これらが手に入るのは嬉しいですが、限定条件がキツく、現状わたしが組んでいるデッキでは使用できそうにありません。まぁキラキラした珍しいカードが手に入ったと思えば、それでいいかな。

ウィクロスくじ06ウィクロスくじ07
ウィクロスくじ08ウィクロスくじ09
 お次はD賞のカードホルダー。二種類のうちから選ぶとのことでしたが、もう一種類の方はキービジュアルのるう子たちを使った絵なのに対し、こちらのタマたちはあまり見ない絵(設定画?)っぽかったので、明るい雰囲気も合わせてこちらを選びました。楽しそうな雰囲気がよかったので。
 ぐるりと周りのデザインを。infected名義のくじなので、エルドラは影も形もないなぁと思っていると、カードホルダーにはちゃんと描かれていました。そういえば一期も、出番は少ないとはいえちゃんと登場していましたもんね。でも、設定画だからか、いわゆる「かんたんエルドラ」みたいな絵柄なのはそこはかとなく笑えます。でもこれ、仮にspread名義のくじが出る際に、ちゃんとエルドラは収録されているのか気になりますよね・・・。けっこう、エルドラたちの立ち位置って微妙なところですしー。
 カードホルダーはスリーブに入ったカードが、ちょうど100枚くらい入る感じでした。ギッチギチではなく多少の余裕があったのでカードも傷まないでしょうし、デッキが二つ入るのはいいですね。これでエルドラデッキとイオナデッキを収納できます。ホルダーの中にはタマの仕切り板もあり、ちょうど二つのデッキを分けられるようになっていたのがこれまたグッドでした。
 今までは、カードホルダーが見つからず、100均で見つけたちょうど良さそうなタッパーを、冗談抜きで使っていましたからね。今もレアカード入れにしていますし、これが案外、密閉性とかサイズがバッチリなお陰で、かなり信頼性の高いケースだと思います。
 封入されていたカードは羅石ミスリル。うん、可愛い(小並感)。

ウィクロスくじ11
ウィクロスくじ10
 そして、なんとA賞も当たっちゃいました。プレイマットはかなり大きめで、描かれているルリグたちも、今回のために描き下ろされたネグリジェ姿でかなりエッチです。ルリグカードは全部揃いませんでしたが、そもそもわたしが使用しているルリグはいませんし、それならこのプレイマットでもじゅうぶんかな、という感じ。
 印刷はけっこう荒いかと思いましたが、近くで見てみると案外そうでもなく、部屋に置いて飾っておくにもいい感じのサイズでした。箱に入っていて飾りやすいのも○。というか、汚れそうで開けて使えない・・・(本来グッズなどは使う主義なんですけどね)。
 封入されていたカードはピルルクたん。まさかここで被ってしまうとは思いませんでした。これならラバーストラップのピルルクたんをタマかウリスに変えていれば・・・と思っても後の祭り。まぁ、このプレイマットでそれ以上のリターンがあった気がしますし、この際カードは気にしないことにします。

 というわけで、みんなのくじ結果でした。

 1回600円なので、5回も引けば3000円、パックなら10パックは買えてしまう金額ですが、どちらにせよ確率によって元が取れたり取れなかったりしますし、わたしの場合、この結果ならまずまず以上ではないでしょうか。
 わたしがくじを引いた数日後に店頭でくじの状況を見てみると、グラスやカードホルダーがけっこう出ていましたし、そう考えると、ここまで満遍なく、何も腐ったり余ったりすることなく出ただけでも素晴らしい結果だったと思います。グラス二つとかホルダー二つとかだと、まず間違いなくいらないですもんね。
 強いていうなら、あとはクッションとクリアポスターも欲しかったところですが、さすがにそれだと5回では無理なので、あと数回・・・といきたいところですが、その数回でダブってくる可能性もあるのでなかなか考えものです。純粋に、貯金するか他のカード買うかに回した方がよさそうかも・・・。ああ、でもラバストくらいは全種集めたい気も・・・。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.