寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
TVアニメ ハピネスチャージプリキュア! #41 「ミラージュのために!ファントム最後の戦い!」 感想
HC41-29.jpg

 ついにブルースカイ王国へ突入! そこで待ち構えていたのは、ミラージュ様にさらなる忠誠と献身を近い、さらに手強くなったファントムでした。彼の忠誠心、ミラージュ様への愛に、ハニーは一人で立ち向かえるのか!?

HC41-01.jpgHC41-02.jpg
 ミラージュ様のサイアーク召喚は、これまでとは比較にならない規模で、世界中にサイアークが召喚されました。サイアーク召喚の規模で比べれば、ちょうど三幹部<ファントム<ミラージュ様という力関係になっていますね。
「最初からやってれば~」というツッコミは当然ありましたが、ミラージュ様はサイアーク召喚後に疲れていたようですし、相当相手への恨みをためていないと、これほどの規模でのサイアーク召喚はできなかったっぽいですね。ある意味、ディープミラーは、これをしてもらうために、今までミラージュ様を言葉で追い詰めていたのかもしれません。
 農作業のときに見たかかしサイアークや、他にも見覚えのあるサイアークたちが懐かしい。こいつらが出現しているということは、また同じ人が犠牲になっているということでしょうね。

HC41-03.jpg
 そんな中、ファントムはミラージュ様の幸せについて考えていました。前回も多少意見を申し立てようとしていましたが、依然として、彼は腑に落ちていないようです。現状を好ましく思っていないようですが、ここでディープミラーの洗脳術が発動。もう彼の洗脳は、話術うんぬんを越えたところにありますし、彼の特殊能力として、「洗脳」があると踏んだ方がよさそうですね。もし直接戦うことがあっても、肉弾戦より洗脳を気をつけた方がいいレベルかもしれません。

HC41-04.jpgHC41-05.jpg
 世界各国では個性的なサイアークが大漁出現中。かおりさんも犠牲になっていて、身近な人が被害に出ていると、より危機感がありますね。
 そんな光景にブルースカイ王国をフラッシュバックさせたひめは、幻影帝国へ乗り込むことを宣言します。前回の休日回で、彼女たちがかなりのところまで成長していることは表現されましたし、メイクドレッサーの力を存分に引き出している状態なので、ブルーもひめの意見に同意します。
 ブルーに最終決定権があるのはどーかと思いましたが、一応最年長(と言っていいのか)ですし、最終的にはブルーがミラージュに告白しにいくことが目的でもあるので、彼の意見を聞かないわけにはいきませんからね。ここで「いや、僕はミラージュには・・・」とか渋ったら最低ですし、そうならなかっただけいいでしょう。仮に渋ったとしても、めぐみが奮い立たせてあげたでしょうが。
 それに、幻影帝国へのルートは鏡を使うしかないので、どういう理由があろうと、ブルーに了解を得る必要はあったでしょう。母の日に潜入したときも、ブルーはかなりサポートしてくれたくらい、敵の本丸は危険ですからね。

HC41-06.jpg
 誠司は大使館、というよりクロスミラールームでお留守番。もはや大使館も安全ではないのでしょう。キュアラインを通じてめぐみに言葉をかけますが、みんないるから大丈夫、と頼もしい返答。しかし、そこに誠司がいないというのは、彼にしてみればちょっと疎外感かもしれません。
 チョイアークと多少やり合える程度の力しかありませんし、留守番は仕方ないですが、めぐみのいう「みんな」に誠司が含まれていないのが寂しいですね。ゆうゆうの「凱旋パーティー~」という言葉は、彼にとっていいフォローだったと思います。クロスミラールームから出られなさそうなので、準備も何もあったもんじゃないですが。

HC41-07.jpgHC41-08.jpg
HC41-09.jpg
 幻影帝国に到着すると、いつぞやの鎧サイアークとチョイアークたちがお出迎え。今回の作画は河野さんということで、これまた特徴的な顔の作画でしたが、このときのサイアークやチョイアークの動きは実にコミカルかつカッコよく、このあたりに河野さんの個性が発揮されていましたね。
 迎え撃つように変身する四人ですが、三人のプリカードとプリチェンミラーを持って構えるポーズはいつも通りとして、いおなちゃんが空手の構えをするのがすごくカッコイイ。フォーチュンピアノが浮いてくれるのは初見のような気がしますが、アイテムがこうなってくれると、ポージングに幅が出ていいですね。ピアノって浮けたんだ・・・。

HC41-10.jpgHC41-11.jpg
HC41-12.jpgHC41-13.jpg
HC41-14.jpg
 ドレッサーのパワーを引き出しているからか、弱体化現象もまったく起こらず、しかも彼女たち自身が成長しているので、サイアークやチョイアークはもはや物の数ではありませんでした。ブルーが自分のことのように嬉しそうに語っていますが、いくら非戦闘員だからといって、傍観者すぎるような(苦笑)。まぁ、リボンやぐらさんも戦っているわけじゃないので、彼だけ非難するのも変ですが。
 フォーチュンのスターバーストで道を開けるシーンが最高にカッコイイ。映画でみんなが飛び道具を使う中、フォーチュンだけスターバーストで突っ込んだところを思い出します。この技、本当に便利だし強いしカッコイイしで文句なしですね。特攻隊長としてフォーチュンが優秀すぎます。
 フォーチュンが開けた道を進むラブリーたちですが、プリンセスのスカートの中が、塗り忘れか塗り間違いか、ノーパン状態みたいになっていたのは、それなりに物議をかもしたようです。どういうミスかはわかりませんし、実際ノーパンというわけではないですが、大きなお友だちに夢と希望と困惑を与えた、ちょっとしたサプライズということで認識しておきましょう(笑)。
 最後にブルーも追走していましたが、なんだか彼が浮いて飛ぶ姿はシュール以外のナニモノでもなかったですね。ブルーは何をしても、シュールギャグになっちゃうのがズルいかもしれません。

 ミラージュ様の間では、ディープミラーがプリキュアを感知し、ミラージュ様に忠告をしました。わざわざ言うあたり、これまた性悪な感じがしますよね。ファントムを「忠実なるしもべ」と言って煽っていますが、これも、三幹部にチャンスを与えたときのように、ミラージュ様をさらに落とすためのお膳立てのように思えてなりません。もう彼の言葉は何も信じられないな・・・。

HC41-15.jpgHC41-16.jpg
HC41-17.jpg
 すごく濃い霧が立ち込めてプリンセスが「気をつけ・・・」と注意喚起した直後、自分がはぐれるという、なんとも早いフラグ立てとフラグ回収でした。といっても、この霧そのものに彼女たちをはぐれさせる特殊効果があるのかもしれませんし、プリンセスの不注意を責めることはできませんけどね。
 この霧によって、三幹部たちとマッチングするのかと思いましたが、そういうわけではないようで、ハニーだけ当たりルートを引き当て、そこにいたファントムと遭遇する形になりました。やはりこの二人が出会うのか、という因縁というか運命を感じましたが、ハニーは単独最強説がありますし、一番安心感はあるかもしれません。今までのエピソード的にも、ファントムを説得できるとしたらハニーしかいないでしょうしね。

HC41-18.jpgHC41-19.jpg
HC41-20.jpgHC41-21.jpg
HC41-22.jpgHC41-23.jpg
HC41-24.jpgHC41-25.jpg
HC41-26.jpgHC41-27.jpg
 ファントムとハニーの戦闘が開始! 最初の太刀を受けたときは、ファントムの怪我を心配する余裕のあったハニーですが、ファントムの本気度と、彼を乗り越えなければならない理由を述べ、同じく本気で相対します。リボンで防御しながら煙から出てきたりと、ハニーも決してファントムに遅れをとらない実力をしていますね。ほぼ互角にやりあっているのがすごい。
 ファントムとチャンバラをしながら空中へ舞い上がり、不意打ちのようにスパークリングバトンアタック(通称メテオ)を出現させる戦法がカッコイイ。バンクじゃないメテオ召喚も素晴らしいですし、それを片腕で受け止めるファントムも、これまたカッコイイ。信念を持った者同士の本気で互角の勝負って、ここまでカッコよくなるんですね。

HC41-28.jpgHC41-29.jpg
 メテオを受け止めながら、ファントムはミラージュ様への思いを語ります。ミラージュ様は自分をどんどん追い詰めて、深い悲しみに沈んでいったのが、ファントムは見てられなかったようです。だからこそ、彼女の負を背負うことで、その負担を少しでも和らげ、少しでも幸せになって欲しかったようです。
 幸せを与えるというプラスのことを行使しているのがプリキュアだとすれば、ファントムは、不幸を引き受けるというマイナスの代行によって、幸せにしようとしていたんですね。やり方は違えど、「幸せになってほしい」という目的は同じだったということになります。なんという皮肉な構図よ・・・。
 ファントムの最初の判断が正解だったかはわかりません。彼女の不幸を引き受けるのではなく、楽しさなどを提供してやって、幸せを与えるという選択をする道だって、あったかもしれません。しかし、ブルーに振られたという事実を知っていたから、ファントムには、そもそも「幸せを与える」という選択肢が浮かばなかったのでしょうね。だからこそ刃となり、負を請負い、幸せを狩るプリキュアハンターになってしまったのでしょう。そして、そうなってしまったが故に、それ以外のことでミラージュ様に奉仕できなくなってしまったという悲しい結果に。
 ミラージュ様も、ファントムにはプリキュア・ハントくらいしか期待してなかったようですし、そういう関係性になってしまったのは、成す術がない袋小路という意味で、かなり可哀想です。ファントムの「ほかに何ができるっていうんだ!」という叫びが、現状の行き詰まり感と、それについての痛々しいほどの嘆きになっていました。

HC41-30.jpgHC41-31.jpg
HC41-32.jpgHC41-33.jpg
 メテオを破壊された上に、巨大なエネルギー弾で撃墜されたハニー。なんとなく、避けることも防御することも拒んだように見えましたが、ファントムの大きな愛を感じたため、戦う意志がなくなったのかもしれません。
 撃墜されたハニーは四肢を封じられ、ファントム恒例の拘束技、エターナルゲージが発動されます。相変わらず、エターナルゲージ発動前のファントムのポージングはちょっと変というか、効果音も奇妙ですし、聖闘士星矢の通称キグナスダンスを彷彿とする動きは少し笑ってしまいますね。

HC41-34.jpgHC41-35.jpg
 そこですかさず助けに入ったのはブルー! いくら捕縛技とはいえ相当強力そうなエターナルゲージを防げるのは、ハピネスチャージプリキュアのバリアー史上でもなかなか強力なバリアーの持ち主かもしれません。まぁワープか浄化かバリアーくらいしか能がなさそうな彼ですから、それらくらいは頑張って欲しいところです(辛辣)。

HC41-36.jpg
 ブルーが登場したことで、ファントムの怒りがさらに燃え上がります。作画はとても整っているとは言えませんでしたが、むしろファントムはあえて荒々しく描いていたようにも思えます。筆の赴くまま、彼の怒りが劇的に表現されていました。
 ブルーは「ミラージュを幸せにしよう」とファントムに持ちかけますが、ファントムの「お前が言うなー!」は、多くの視聴者の代弁でもあるかなり強烈な言葉でしたね。野島さんのシャウトが鬼気迫る勢いで凄まじかったです。
 お前が言うな、は、「ミラージュ様を不幸にしておいて」という意味合いで間違いないでしょう。しかし、そんなミラージュ様を幸せにできるのも、またブルーしかいないわけで、ファントムとしては相当もどかしいに違いありません。だからこそ、羨望の意味もあって「お前が言うな」と発した可能性もありますね。
 お前(ブルー)がソレを言ってしまうと、実際そうなってしまうというか、今まで負を背負ってきたファントムもお役御免ということになってしまいますからね。こんな役回りでも、ミラージュ様に献身できるのが、ファントムにとっては幸せだったはずですし、それを奪われそうになる危機感もあったかもしれません。

HC41-37.jpgHC41-38.jpg
HC41-39.jpgHC41-40.jpg
 シャウトからのぶった斬りが最高にカッコイイ。ブルーにトドメを刺そうとしますが、そこをハニーが止めます。ミラージュ様を幸せにするためにもブルーはやらせない、というのはまさしく正論ですが、その真実がまたファントムを苛立たせてそうです。
 しかし、ファントムは全身全霊をこめすぎたからか、すでにフラフラ状態。剣も、ぶった斬りのときは赤いオーラをまとっていましたが、何もない状態になったり青白くなったり、まるでファントムの内心を表しているようでした。激昂、平静、慈愛という感じ?

HC41-41.jpgHC41-42.jpg
HC41-43.jpg
 ハニーは、やはりファントムとは戦う意志を失っていましたが、それは、ファントムを救いたいという意志が強いからでした。「ラー」と歌声をあげ(いつものことながら、ラーゼフォンを想起した人が多かったようですね)、クリスタルソングでファントムを浄化しようとします。浄化することが救いになるかはわかりませんが、浄化で救えないとなると手の打ちようがないですし、プリキュアは浄化こそが主目的ですから、それをしないわけにはいきません。

HC41-44.jpgHC41-45.jpg
 あと少しというところで、ディープミラーの介入がありファントムは再(?)洗脳。彼の思惑としては、ファントムを戦わせつつも負けさせて、ミラージュ様をさらに不幸に染める算段かと思いましたが、ここで介入したところを見ると、安々と負けさせるつもりはないらしいですね。これで勝てればもうけ、くらいに思っているのでしょうか。

HC41-46.jpgHC41-47.jpg
HC41-48.jpgHC41-49.jpg
HC41-50.jpg
 フォーチュンが前に出るものだから、ハニーは戦闘にならないかと心配になりましたが、そうはなりませんでした。ファントムが狼型のエネルギー弾を放ちますが、イノセントフォームになることで、片手で弾き飛ばします。サイアークたちには通常フォームで余裕でしたが、さすがにファントム相手、しかも得体の知れない力でパワーアップしている彼には、イノセントでないと対抗できないようですね。
 しかし、対抗といってもエメラルドイリュージョンで簡単に捕縛できたところを見ると、イノセントフォームになれば、力の差はかなり出てそうです。というか、狼型のエネルギー弾を放っていたファントムですが、やはりもともとはそういう獣っぽい存在ということ?
 フォーチュンにしてみれは、ファントムは、姉を捕らえていた憎き仇敵、テンダーを助けだしたからといって、その恨みが消えるとは思いませんでしたが、実際のフォーチュンは、恨みで戦うような子ではありませんでした。いえ、テンダーを助け出したことで、心に余裕も生まれ、憎しみで戦うような手段は選ばなくなったということでしょう。ハニーですら心配していたフォーチュンの憎しみですが、それはすっかり浄化されていて、それでこそプリキュアという感じがします。フォーチュンもまた、これまでの間に成長していて、ファントムへの気持ちが変化していたんですね。

HC41-51.jpgHC41-52.jpg
HC41-53.jpgHC41-54.jpg
HC41-55.jpg
 イノセントフォームになったということは、あとはプリフィケーションするだけということで、いつものように歌ってファントムを浄化します。しかし、戦闘に勝った、負けたというより、「ファントムを浄化した」という側面が強く描かれていて、こういう意図の必殺技シーンはなかなかないんじゃないかと思いました。それだけ彼には浄化という救いの手が必要だったわけですね。戦闘の決着というよりは、儀式的なシーンにも見えました。
 ミラージュ様を思いながら目を開けると、やはり目線がちょっとおかしいです。なんと、ファントムの正体は妖精・ファンファンでした。ブルーの「君はミラージュの・・・」という反応は、さすがにオイ! と言いたくなるところですね。
 ブルーはミラージュ様としばらく共に行動していて、しかも好意を抱いていたくらいなんですから、ミラージュ様のパートナー妖精くらい知っていてもいいはずなんですけどね。ブルーに、どこかで「彼はどうしているだろうか」みたいなことを、伏線として言わせておいてもよかった気がします。でも、それだとあからさますぎるかな? ファントムの回想の低い目線とかは、伏線としては巧みすぎて見逃しちゃいそうなレベルでしたし、ブルーが無能になっちゃうくらいなら、ブルーにファンファンを知っているようなことを言わせておいてもよかったと思うんですけどね・・・。

HC41-56.jpg
 ミラージュ様の間では、やはりという感じで、ディープミラーがファントムの敗北を伝えていました。ミラージュ様は、さらに曇っていくのでしょう。ファントムを浄化したのは救いの手としては最善の方法だったと思いますが、その過程でミラージュ様に悲しみをタメてしまうことになるのは、どちらにしてもディープミラーの手の平の上みたいで釈然としませんね。ここはミラージュ様というよりあの鏡野郎に一泡吹かせてやりたいところですが、今回はミラージュ様が主目的でしょうし、そうはいきそうにないですね。

HC41-57.jpg
 次回はVS三幹部戦! 三幹部は最後のチャンスをふいにしたばかりですが、まだなんとか存命していたようですね(オイ)。どういう経緯で戦うのかは、何気に気になるところですが、次回は作画が綺麗で可愛くて、それでいて今までと雰囲気が違う感じっぽいので、そちらも期待です。
 何気に、三幹部を視聴者の通称じゃなく作中で「三幹部!」と明言したのは珍しくないでしょうか? 今までも、オレスキートリオなどと自称していて、三幹部とは呼ばれてませんでしたからね(わたしが覚えていないだけ?)。

 というわけで、ハピネスチャージプリキュア感想でした。

 感想としては出遅れまくっているので、先を知っている人からすると滑稽で仕方ないかもしれませんが、プリキュアに関しては、別の感想記事であるプリパラと違い、ほぼ視聴と感想を同時に行っているので、わたし個人としてはリアルタイムな感覚で書いております。だからなんだという話なんですけどね・・・。
 確かこの放送時期は11月くらいで、12月には一段落して真の敵が登場する、みたいな内容はアニメ誌等でバレていましたし、最新話等の話も風の噂で目にしてしまうので、この後の展開はまぁ予想できちゃうのですが、細かいところにも突っ込んでいくのがわたしですし、そういう意味じゃあ、わたしの感想にもそれなりに意義があるのかな、なんて思いますね。考察や予想に関しては滑稽になってしまいますけどね。あと、何より次のプリキュアが始まっちゃうので、さすがに急がねばと思ってはいるんですけどね・・・もう睡眠時間を削るしか・・・!?


↑ついに劇場版が予約開始!


↑イノセントハーモニーが収録されているCD!
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.