寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
映画 劇場版プリパラ み~んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ 感想その3+おまけ
ツアーズ

 先日(3月23日)にルート3を見てきましたので、感想でも。相変わらず驚かされっぱなしの泣かされっぱなしだったわたしですが、それ以外にも、あるところへ行ってきたので、そのことにもちょっと触れたいと思います。お暇なら続きをどうぞ。
 勘のいい人ならわかるかな?(わたしが福岡在住で、この日が19日以降だったというのがヒントです)

【ルート3・スーパーミラクルツアー】
慣れてきた感じでルート3の感想でも参りましょう。正直なところ、本映画のルート分岐構成のように、最初の感想をほとんどそのまま使い回して、ルート分岐のところだけ新しく書く、というのも面白そうだと思い浮かんだのですが、肝心の感想その1がかなり膨大になってしまったため、これじゃあただの苦行の押し付けだなぁと断念。

とまぁ、そんな脱線話は置いておいて、ルート3の概要ですが、もともと触れられていたのは「プリズムジャンプが起こした奇跡の物語たち」というものでした。実にプリリズらしいテーマだと思いつつも、こういった内容はショーのシーンとストーリーそのものが非常に深くリンク(連携)されていることが多く、「ショーのシーンだけで事足りるものかな?」なんて思っていると、ちゃんとアニメ本編も入れてくれていたのがとても嬉しかったですね。他のルートのエンディングで曲リストだけはわかっていたので、「ああ、あの曲がルート3に入っているんだな」という心構えはできていたんですが、どういうストーリーをピックアップしてくるかまではわからなかったので、そこにサプライズがありました。

MARs(オーロラドリーム)のパートでは、「Hop! Step!! Jump!!!」をBGMにして、クリスマスに雪が降った話、水着回でイルカの親子を再会させた話、頑固オヤジにはちみつキッスの話を取り上げました。どれも印象的でしたし、単独でのクオリティがかなり高い内容だったので、それらの話が振り返られたのは嬉しかったですね。他にも色々といい話はありましたが、注目度、完成度、万人受けという意味でも、ある意味「無難」かつ「鉄板」なチョイスだったと思います。あいらのところはふれあちゃんだったりしてもよかったと思いますが、言い出すとキリがないくらい良エピソードはありますから、そのチョイスについてはとやかく言わなくてもいいでしょう。先述したとおり選ばれたエピソードも鉄板だったことは間違いないですからね。

ディアマイフューチャーのパートでは、シャッフルユニットの曲をバックに据えながら、同じくシャッフルユニット時のエピソードを紹介していきます。老夫婦をプリズムジャンプさせたり、レストランの活気を取り戻したり、りずむちゃんの結婚を祝福したり。シャッフルユニット時は描く人数が絞られたこともあってエピソードにかなり力が入っていた印象があり、そのこともあって評判もよく、それらが紹介されていたのは、ある意味でディアマイフューチャーらしさの特徴の一部が出ていましたね。わたしは「韓国要素」や「序盤・終盤」も含めてディアマイフューチャーだと思っているので、この一部だけを持ち上げる風潮だけは理解できませんが、だからといってこの「中盤」が悪いとも思いませんし、いわゆるオーロラドリームでもあったようなテイスト、良エピソードだったのは事実なので、これらの紹介・ダイジェストも非常に嬉しかったです。シャッフルユニットとはいえ、すでにルート1でCOSMOsは披露しちゃっていたので、そこがハブられてしまったのは残念ですが。・・・あれ、そういえば、わたしの仮説では「各ルートごとにセインツ全員の見せ場がある」と思っていたのですが、このルート3にみあの出番はなかったような。夢美ちゃんやダンス先生のエピソードは紹介されたっけかな・・・ぶっちゃけ、過去最高の号泣ルートだったので、いまいち記憶が曖昧で(・ω<)

シャッフルユニット繋がりということもあるのか、まぁ「プリズムショーを網羅する」という意味もあって、このルートにせれのんの「よいなかそ」や、レインボーライブのコンビユニットも収録されていました。「よいなかそ」はエピソード紹介よりアクトに時間を割きたかったからか(エピソードもかなめちゃんとあやみがメインですしね)、「スーパーヒロインタイム」のみで終わりましたが、あのアクトを見せずにはプリズムアクトは語れないでしょうし、全部見せるべき映像だったから仕方ありませんね。かなめちゃんとあやみちゃんのエピソードも素晴らしいものですが、基本いいエピソードばかりですし、その全てを見せるほどの時間的猶予はありませんからしょーがないです。

レインボーライブのユニットシーンになると、基本的に辛気臭くなるというか、雰囲気が重くなるのは意外でした。わかなちゃんとあんちゃんのすれ違いしかり、いとちゃんとコウジくんの家庭の事情しかり、「問題とその解決」や「プリズムのきらめきが起こした奇跡」を描くから仕方ないんですけど、レインボーライブは思った以上に重たい雰囲気だったんだなぁと、改めて実感しましたね。それだけ他のシリーズより重みがあったということですし、それはそれで悪くない作品の個性なんですけど、そのこともあってか、レインボーライブ放送時にはチラホラと「重すぎる」とか「やりすぎ」みたいな評判も耳にしました。そういう意見も理解はできますけど、それくらいのことをしないと、あの作品にあれほどのテーマ性やメッセージは込められなかったでしょうし、あのシリーズあってこそ今があるとも言えますから、そこを否定する気にはなれないですね。

ほぼシリーズの「奇跡の物語」たちが網羅されていき、「よいなかそ」も披露され、そろそろルートのクライマックスかなというときに、まずはりずむちゃんのプリズムクイーン出場時のショーが! ルート2のエンディング・テロップを見て気づいてはいましたが、やはり映像がはじまると高まらずにはいられません。りずむちゃんのショーは「初期感」が強く、滑らかさや繊細さ、ダイナミックさに欠けている印象があったのですが、なんだか若干作りなおされているかのような気がしました。イントロ時の顔を傾けウインクするところもバッチリ決まっていましたからね。もしかすると本放送の際にすでに変更されていたのかもしれませんが、初期の録画が残っていないので確認のしようがありません。ニコニコ動画などに残っているチャンネル動画で見比べればわかるかな? ブルーレイも発売したことですし、もしかするとプリズムショーのシーンは一部作り直しなどもあるかもしれませんね。検証もしてみたいですが、現在の環境では無理そうなのが非常に残念・・・。

りずむちゃんのショーは、オーロラライジング・ファイナルが見れるところでもありますが、空港まで行って引き止めるシーンも当然入っていて、「わかってる」と言わざるを得ません。まさしくこのルート名「スーパーミラクル」に相応しい映像ですし、やはりルートのテーマはMARsたち三人をテーマにしている感もありますね。そして「シリーズごと」というテーマも残っているので、当然、ラストはりんねちゃんの「gift」でした。りずむちゃんの「ココロ充電」同様、エンディングのテロップですでにわかっていたところではありますが、このルートはアニメ本編も入れるスタイルで、その映像はまったく想像できませんでした。しかし、それがまさかあれほどの超大作映像になっていたとは!

今までのショーたちも、ダイジェストになることで新たな魅力を生んでいましたが、この「gift」に関しては、段違いの総決算になっていました。りんねちゃんの最後の儀式版「gift」を最初に流しつつ、映像はオーバー・ザ・レインボーセッションのシーンになり、各キャラクターのセブンスジャンプ、ジュネ様のラ・フラム・ダ・ムール、なるちゃんのハピなるアロー無限大など、レインボーライブのクライマックスを全部見せてくれました。さらには救世主たちによるプリズムライブ、りんねちゃんとの別れのシーン、そして「旅立ちのルナレインボーヘブン」でシメ! どのルートもシリーズ最終話の一回前クライマックスを見せて終わっていましたし、オーロラライジング・ドリーム、グレイトフルシンフォニア(ディアマイフューチャー)に相当するジャンプというのは、レインボーライブでは「旅立ちのルナレインボーヘブン」になるんでしょうね。

【総括その3】
正直なところ、三回目ということもあって慣れてきた感じもあり、「そろそろわたしの涙も出尽くしただろう」なんて思いながら鑑賞したルート3ですが、前回にも書いた「二回目の方が感動する」の理論がまた起こったのか、感動具合ではこのルート3が最大級でした。

複数回見ているということによる効果も出ていたでしょうけど(あらすじが頭に入り、細部に集中でき、感情移入できる)、ルート3の「アニメシーンが挿入される」というアイディアがファンにはたまりません。プリティーリズムやプリパラのショーって、フルでCGシーンを見せることはほとんどなく、それは労力を削減するための工夫だったのかもしれませんが、そうやってストーリーをライブ(ショー)に絡めることが本シリーズの醍醐味だと思っていますし、そのテイストを再現したという意味では、ルート3こそが「一番プリティーリズムらしい」ルートだったと言っても過言ではありません。しかも、鑑賞前の状態だった「そろそろわたしの涙も~」なんて気分を吹き飛ばすほどの号泣に襲われ、相変わらず、わたしはこのシリーズのサプライズに驚かされて泣かされてばっかりです。それが嬉しくて楽しいから好きになったところもあるんですけどね。客観的に見たら「まーたこいつ泣いてるよ」みたいな感想になるかもしれませんが(笑)。

特殊なルート4を除けばとりあえずはルートを制覇した現状ですが、個人的には最後に見たこともあってか、ルート3が最高に感動しました。といっても大好きなディアマイフューチャーがフィーチャーされたルート2とはかなり僅差ですけどね。あ、それを言うなら大好きななる・べるコンビの「Little Wing & Beautiful Pride」が入っているルート1も捨てがたいです(けっきょく全部好き)。しかし、ひときわルート3を推す理由は、やはりアニメシーンが入っていてショーではなく「物語」を見せてくれたところが大きいですね。ルート1もルート2も、あいらのショーやグレイトフルシンフォニアなど、ラストに感動の比重が行っていて、わたしもそこで涙腺が決壊することが多かったのですが、ルート3に関しては最初からクライマックスとばかりにずっと泣いていました。ルートの最初から最後まで泣きっぱなしというくらいの感動の嵐が、個人的には非常に心地よく、それでいて奇妙な体験ができたので、見終わった後も不思議な感覚が続いていました。あとはルート4を何とか鑑賞して終わりかなと予定してますが、その前にルート3はもう一度見ておきたいくらいですね。

【おまけ・プリパラキャラクターショップに行ってきました】
IMG_090601.jpg
3月19日に、福岡パルコという建物の中にプリパラのキャラクターショップが開店しました。なんでもプリズムストーンとは違ってアニメ特化のショップということで、今のところ東京と福岡にしかないようです。せっかく行ける距離・行けるタイミングだったこともあり、さっそく突撃してきました。写真はショップが入っている建物、福岡パルコの入り口ですが、適当に撮影しても色んな人の顔が鮮明に写るのは、普段写真を取らないわたしには革新的に感じましたね。その分、色んな配慮も必要になってくるわけですが(苦笑)

IMG_0904.jpg
目指すは福岡パルコの7階。なんでもアニメガリミテッドとかいうショップの中にあるようで、同じ階にはプリキュアストアもありました。福岡に出店したとは聞いていましたが、ここにあったのか・・・なんという激戦区。

IMG_0905.jpg
パルコ全体は女性向け&ビジネスマン向けのブティックという感じで、およそアニメとは無縁に思えるのですが、7階だけはアニメテイストが強く、フロアに近づけば大きならぁらちゃんのPOPが目を引いてすぐにわかりました。エリア自体はちょっと狭苦しく、その狭さがアニメショップっぽくもありますが、あまりバシャバシャと写真を取れるような雰囲気ではなかったので、とりあえずお出迎えのらぁらちゃんのみ撮影。プリパラ・ホームページにも載っているTシャツやスマホケース、クリアファイルなどが販売していて、事前に買うのを決めていなかったのもあってかなり焦りながら商品を購入。いくつか買い忘れた感じはありますがまた行こうかと思いますし、狭いながらゲーム筐体もあったりして実にプリパラファンには嬉しいお店になっていました。プリティーリズム筐体があったのも驚きですし、トモチケ交換ボードもあったりして細部まで抜かりありません。女児向けのアパレルコーナーもあったりして、手狭な敷地という割にはボリューム満点でした。懐かしいプリズムストーンセットも販売していたり(売れ残り?)、ガイドブック系もあったりして、長居していると財布がスッカラカンになりそうだったので、とにかく適当に購入して一時帰宅。もう一度しっかりと計画を立てて、もう一度行きたいなと思いますね。

IMG_0909.jpg
戦利品がこちら。レッドフラッシュは前々から買ってみたかったので、ここで買えたのは僥倖でした。他にも飾り気のなかったわたしのiPhone6がケースで賑やかになりましたし(ケースは他にみれぃちゃん、そふぃさんがありましたが、らぁらちゃんが一番決まっているポーズだったのでこれにしました。ファルルちゃんやコスモさんがあったら、そっち一択だったんですけどね(オイ))、特に欲しかった違反チケットが買えたのがよかったです。ちゃんと二百枚になっていて、二百枚目がゴールデンチケットになっているのが芸コマです。ゴールデンといっても、付箋の台紙が違反チケットデザイン+黄色っぽくなっているだけですけどね。ちゃんと「一体何回目よ?」というあのレイアウトになっている付箋は、まさしくアニメに登場したアイテムが現実に、という妙な感動があるんですが、付箋としては使いにくいのはどーにも(笑)。何か書こうとすると、つい「×」と数字を書きたくなってしまいます。他にも○○円購入でステッカーだとか、○○円購入でトートバッグだとか色々とキャンペーンが行われていましたが(写真に写っているステッカーもそれです)、その条件を満たそうとすると、それこそ際限なく資金をつぎ込んでしまいそうだったので、逃げるように撤退。今度は潤沢な資産を持って買い物をしたいですね(散財する気マンマン)。



ねんどろいどこ~でも、とりあえずはソラミスマイルが集結。こうなると、気が早いですがドレッシングパフェやファルルちゃんの続報も気になってきます。今年中には7人揃いそうですが・・・。


ついに発売したサイリウムチャーム。新シリーズでどういう活躍があるか見ものですね。プリパス程度の差し障りない出番だったり・・・?


プリティーリズムの頃から恒例だったミュージックコレクション(サントラ)が発売決定! やっぱり作品が終わったこの時期くらいの発売になるようですね。商品情報では「Love friend style」他となってますが、「Realize!」のキャラバージョンや、「Make it!」の映画バージョン(セインツバージョン)や、ファルルちゃん追加バージョンなんかも入っているのか気になるところです。あと、二枚目のサントラに何が収録されるかも気になりますが、DVDにどんな映像特典が入るかも気になりますね。ライブ映像もいいですが、イベント映像なんかも欲しいですし、あー待ち遠しい。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.