寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリパラ ファルルちゃんと最後のライブ&ドリームシアターを体験してきました
PP2015 1st

 本来はそれぞれ別の記事にするつもりだったのですが、ファルルちゃんとライブおさめしたのは随分前ですし、ボリュームの関係もあって、最近プレイしてきた内容も一緒に掲載。といってもゲーム画面は写しておらず、獲得したプリチケ&ドリチケ等の写真だけですが、それでもよければ続きをどうぞ。

PP01.jpg
まずはファルルちゃんと最後のライブをしてきたので、そのときゲットしたプリチケたちです。日付が3月26日なので、ルート3を見た数日後くらいでしょうか。実はルート3のときに入場者特典のプロモマイチケがゲットできたので、事前に通常プレイで入手していたバニーコーデと合わせることで、バニーコーデ一式が完成してくれました。事前にバニーマジシャンワンピを持っていたのもよかったですが、もはや貰えないと思っていたプロモマイチケがもらえたのもラッキーでした。ちょうどバニーセットで欠けているシューズとアクセがもらえましたからね。

というわけで、バニーセットを色んな子に着せつつ、「目覚めのファルル」ちゃんを使用可能にしたり、トモチケをもらったり、マリオネットミューのサイリウムコーデをもらったりしました。バニーコーデは厳密には三種類あり、一番オーソドックス(?)なタイプが揃ったので、映画本編を再現するなら、らぁらちゃん、シオンちゃん、そしてわたしのマイキャラになっているあいらに着せるのが一番再現度が高くなりますね。なので、プロモに付属しているみれぃちゃんのトモチケは、再現度という意味では色が違うのでちょっと低いです。Febri表紙やクリアファイルの絵柄にもなっている、ファルルちゃんのバニーコーデも再現してみましたが、こちらも色合いが違うので完璧な再現にはならず。ああ、もう使用できる機会がないかもしれませんし、ちゃんとしたバニーコーデを着せてあげたかった・・・。

PP02.jpg
さて、ここからはごくごく最近プレイしてきた内容です。新シリーズになってドリームシアターに行けるようになり、ドリチケなる新たな方式のプリチケも出てくるとかで、それがなかなか好評だったため、いてもたってもいられずにプレイしてきました。ドリームシアターは「通常プレイを3回すると行けるようになる」と、なかなか面白い&うまい戦略でした。さらに、「ガチャをしても回数にカウントされる」というのは、わたしには恩恵があまりないですが、ガチャをやる人ならけっこうお得かもしれません。

「ドリームシアターに行くには追加で100円必要」「行けるようになって(扉が開いて)ドリームシアターで3回プレイすると、また行けなくなる(扉が閉まる)」というのも面白いです。実質1プレイ200円になるわけですが、行くかどうかは選べるわけですし、プレイモードによって料金体系が変わるというのが斬新に感じました。本来そういう機能はあったはずですが、それを実際こうやって実用レベルで活用しているのってこのゲームくらいじゃないでしょうか。それに、料金が上がっても獲得いいねが増えたり、その分強力なコーデが出てきたり、プリチケが巨大化した「ドリチケ」が出てきたりするので、割高感はあまりありません。むしろ、「扉を開くために3回プレイが必要」の方が、億劫な要素かもしれませんが、ガチャで回数が減らせたり、それに普通にプレイしていれば扉は開くわけですから、うまいバランスで売上アップになるだろうなぁと感心しています。アイディアが素晴らしいというか、うまい具合にお金を払いたくなるというか。

そんなわけで、ドリームシアターの扉を開く条件を満たすためにも、手始めにみかんちゃんとお友達になってきました。雑誌についていたプロモマイチケを使ったり、3DSソフトについてきたプロモマイチケを使ってプレイしていましたが、ここで気になった点が二つほど。一つはブランドについてですが、よく曲選択の上部に「相性のいいコーデ」が表示されていることがありましたが、一見してそれがわかりにくいなぁ、とわたしは思っていました。それに「マリオネットミューの販促はファルルちゃんがやっていたから、ファルルちゃんがいなくなったら、今後マリオネットミューは放置されるのかな」などと考えていたのですが、どうやらシルキーハートも、ほぼ同じ性質のブランドのようで、マリオネットミューと同じような場所に表示されることが多かったのです。それはトゥインクルリボンもそうなんですが、そうやってブランドロゴが並ぶことになって気づいたのは、今更かもしれませんが「ブランドのイニシャルで判別できるようになっているんだ」ということでした。トゥインクルリボンならT、マリオネットミューならM、シルキーハートならSという省略ロゴが表示されていて、これは個人的には大発見でした。ということは、少なくともアルファベッドの数くらいまで、ブランドを増やすことも可能ということですね。実現可能なだけで現実的ではないですが、最終的にそれくらいいく可能性も、ゼロではありません。

続いてプレイして気になったのは、3DSソフトのプロモマイチケ「プリズムリンクメモリアルコーデ」についてです。ゲームの方は別記事にてレビューしようと思っているのでここでは割愛しますが、このコーデは「らぁらとプリズムストーリー」でラストに入手できる、マイキャラとらぁらちゃんの友情の証でした。しかし、そのコーデ自体はコスモさんからもたらされたもので、らぁらちゃんたちの気持ちがわかるコスモさんがくれたコーデというのがかなり意味深でした。デザイン自体はプリパラのお菓子コーデみたいなふわふわ大きな感じなのですが、このコーデの真価(?)が発揮されるのは、まさにゲームでプレイしてこそ! でした。メイキングドラマがネオンライトルーレットになるのも驚きでしたが、サイリウムチェンジで、まさかコスモさんのサイリウムコーデに変わるとは! これはブランドがプリズムストーンだからこうなったということでしょうかね。いまいち、メイキングドラマやサイリウムコーデの仕組みがわかっていないわたしです。

プリズムストーンのコーデというのもいまいち基準が謎で、後述のプリ☆コレで作成したコーデたちは、確かトゥインクルリボンのサイリウムコーデになったりしたので、どのコーデがどういう変化を起こして、どういうメイキングドラマを発生させるかはちょっとわかりにくいです。攻略WIKIなんかを見ればわかるものなのかな。もう個人的に調査してまとめていこうかな・・・?

PP03.jpg
ここからは、扉が開いた3回分、ドリームシアターをプレイしましたので、初登場の「ドリチケ」の写真になります。サイズとしてはいつものプリチケ2枚分。しかしまさか、プレイ料金を変えられるのはまだシステムだからわかるとして、こういうタイプのチケットも印刷して排出できることにまず驚きました。倍のサイズを印刷して、本来カットするべきところをせずに大きなサイズで排出するという、けっこう柔軟性の高い筐体のようですね。いや、柔軟性どころではないかなりハイテクなシステムではないでしょうか。こういうことも見越して新筐体を作ったとしたら、先見の明もすごいですね。やるなタカラトミーアーツ・・・!

ドリチケは3人チケットの他にソロ、そしてマイキャラがアップで写るタイプもあるようで、アップのチケットを狙いましたがそうそう簡単には出ず・・・。全キャラのアップが欲しいところですし、それは無理でもせめてコスモさんのだけは欲しいですね。狙うには相応の資産を要しますが(苦笑)。

大きなチケットが排出されるとあって、せっかくなので3DSゲームで作成したプリリズのコーデを各キャラクターたちに着せていきました。まずはレオナちゃん&ダンシングクイーンコーデ。ピンク髪という共通点がありますし、とにかくどんな理由でもいいのでレオナちゃんに際どいコーデを着せたかったという理由もあります(オイ)。予想通り際どくて素晴らしい絵になりましたが、実はこのとき相当コーデに手間取り、トモチケスキャンのときも誰を呼ぶか決めきれず、時間オーバーで練習着の二人がやってきてしまいました。ここで気づいたのですが、ドレッシングパフェのキャラクターを選んでいると、その残り二人がやってきてくれるんですね。ソラミスマイルならソラミスマイルの二人になるんでしょうけど、それだとマイキャラで時間オーバーになった場合、誰が来てくれるんでしょうかね? 順当にらぁらちゃん、みれぃちゃんとかでしょうか。初プレイ時はトモチケがなかったですし、確かこの二人だったような。

PP04.jpg
続いてハピなるアヒルちゃんコーデも着せてみました。レオナちゃん+なるちゃんコーデの相性の良さにイケナイ気持ちにならざるを得ませんが、さらにこのあたりで気づいたのは、左側のドリトモチケもマイキャラの全身が写るので、かなり満足度が高いことです。プリリズのコーデを着せていっているので、同時にあいらへのコスプレショーめいたこともできて、プリリズコーデを着せる+ドリームシアターがかなり相性いいんじゃないかと思い始めました。もう完全に術中にハマッてますわ・・・。

PP05.jpg
最初の3回分、ラストの1回はそふぃさん+ビューティフルフェザーコーデ。なる・べるコンビが大好きですし、このコーデ自体もカッコよくて好きなので、一番べるちゃんとビジュアルが近いそふぃさんに着てもらいました。ポジション的にも強キャラなところが共通していますし、そういえばそふぃさんとレオナちゃんって距離が近いですから、この二人って案外なる・べるコンビに似ている? なんて新発見をしてしまいました。トモチケでなるちゃん(に化けたマイキャラ)とコスモさんを呼び出して、この3枚目はかなり改心のデキでしたね。ビューティフルフェザーを着たあいらも可愛い&カッコイイ!

PP06.jpg
このあたりでサイリウムコーデチャレンジのゲージが溜まったので、次の扉を開くために3回通常プレイをしました。ドリームシアターでゲットできたフルコーデを試してみたり、ドリトモチケを試したりしながら新コーデを集めていきますが、わたしは一つのシーズンでそれほど集中してプレイしていないため、ほとんどコーデが揃ったことがありません。せいぜいサイリウムコーデやパラダイスコーデくらいで。なので、今回からはちゃんとコーデを揃えていきたいですね。現状、レオナちゃんの新コーデが出たくらいかな?

でも、そういうプレイ頻度な分、やっぱりドリームシアターはありがたいです。ドリチケ1枚でフルコーデになりますし、コーデさせるときもワタワタしなくていいですからね。それに、本来アクセはガチャをやらないと手に入らないので、なかなかフルコーデというのは敷居が高いんですけど、ドリチケのフルコーデはアクセも入ってくれているのが非常にありがたい。コーデのセットを集めることは難しくても、ドリームシアターのスタンプカードは全部集めてもいいかもしれません(ドリームシアターはプレイ回数に応じてもらえるコーデが決まっている)。

PP07.jpg
次の3回分で、まずはシオンちゃんにデビジェルを着てもらいました。これはミスマッチだろうという予感があり、その予感ははずれていませんでしたが、アニメで「天使と悪魔が半分ずつ」みたいなことを言われていましたし、シオンちゃんに着せるプリリズコーデはこれしかないだろうという決意めいたものは貫きました。それに、意外と「歌のお姉さん」みたいな感じでそれはそれでグッドでしたし、どこかのシーンで胸を横から見たときに、ふくらみがわかりやすくなっていたのは収穫でした。体のラインが出やすいコーデで、なおかつ横から見ると胸のふくらみがわかるようになっていたとは・・・!

PP08.jpg
お次はコスモさんにライダースコーデを着てもらいました。無難にギャラクシースターあたりを着てもらおうかとしましたが、それじゃあ代わり映えしないですし、今回のプリパラ映画のキーパーソン+前回のプリティーリズムの映画入場特典という組み合わせでやってみました。ライダース→番長という連想から、似合いそうかなと思いましたが、実にピッタリハマッっていてかなりカッコイイです。ただ、ライダースコーデのボトムスとシューズがよくわからないので、とりあえずそれっぽいのででっちあげたので、ライダースコーデの正しい組み合わせが知りたいところです。全身図のわかりやすい資料があればいいんですが。

PP09.jpg
最後は、これまたそふぃさんにべるちゃんのコーデを着てもらいました。なるちゃんと自分を呼びだそうとしたのですが、間違ってなるちゃんに化けた自分を呼び出してしまったため、なるちゃんが二人という面白くも奇妙な状況に。別の自分を改めて呼ぼうと思ったのですが、トモチケスキャンのときって、上書きするような感じで呼び出すキャラを変えるのはできないようですね。まず別のキャラを呼んで、改めて違う自分を呼び出せばいけたのかな。上書きでいけると思ったのでトモチケスキャンのときに手間取ってしまい、こんな奇妙なチームができてしまいましたが、両手に花ならぬ両手になるちゃんなんて構図だと思えば、まぁそれはそれで(笑)。

ドリチケのサイズ感やマイキャラのアップドリチケがかなり話題になっていたこともあって、気になってプレイしてきた新シーズンですが、予想以上の楽しさにプリパラ熱がかなり燃え上がりました。3DSでコーデを作っていたこともあって、相乗効果で楽しめているのもいい状況なのかもしれません。うまく踊らされているといえばそれまでですが(笑)。

雑誌についていたトモチケには、映画に登場したセインツのバニーコーデがあったのですが、他二人を呼び出しても、自分のマイキャラがセインツになっていないと映画は再現できません。しかしわたしはあいらを作っていたため、バニーコーデを着せ、みあ、なるちゃんを呼び出すことで映画が完全再現できるのも嬉しかったです。他の人たちが自分なりのマイキャラを作ってコーデを楽しんでいるのを見ると、自分もそういう風にマイキャラを作っておけばよかったという後悔に苛まれますが、映画再現できたことで報われた感があります。通常プレイで映画再現したプリチケは排出されましたが、一度ドリームシアターでもやっておいて、大きなセインツのドリチケを作っておくのもアリですね。

ドリームシアター自体はまだまだ曲数も少なく、たくさんプレイすると飽きがきそうですが、新シリーズの主題歌「ドリームパレード」や、新曲「パキら~ろ」はドリームシアターじゃないとプレイできないですし(ドリームパレードは通常プレイにもある?)、特にパキら~ろはダンスや映像がほとんど新規なので、労力もタイヘンだったろうなぁと思えます。そうそう増えるとは思えませんが、公式HPにも「まだまだ進化する」と宣言してますから、ドリームシアターのさらなる進化に期待しましょう。

5月のスタンプカードも公開されてますが、次はドレパのコーデ&せれのんwithかなめのコーデなので、こちらも期待大です。せれのんがこういう扱いで出てくれるのになんだか涙が出ますね。もともとちょっとしたライバルキャラで、チームのネーミングもギャグみたいな感じですし、そこまでプッシュされる存在じゃなかったと記憶しているのですが、こうやって大々的にプッシュしてくれるのが嬉しいというか何というか。ちょうどコーデが天使&悪魔&半分こというのが、今のシリーズにマッチしているのも幸運だったかもしれません。5月も楽しみですが、とにかく最初の目標は「コスモさんのアップドリチケ」をゲットすることですね。

パキら、パキり、パキる、パキれ、パキろ、for you do me トモチケ・・・
パキら、パキり、パキる、パキれ、パキろ、for you do me トモチケ・・・
パキら、パキり、パキる、パキれ、パキろ、for you do me トモチケ・・・
(この曲、中毒性高い)


まさかのゲームソングがCDに収録されて発売。ヘッドフォンの不良在庫をハケさせるためのように見えますが、それにしても「プリパライフ」「ガムシャランホイ」「morning」は魅力的すぎる選曲です。キャラのバランスもよく、人気も高い曲をうまくチョイスされてしまい、曲のために買ってしまいそうな勢いです。


値下がりするかと思っていたミルコレですが、やはり前回の第三弾がなぜか下がったくらいで、今回はフツーな感じ。なのでもう買っちゃおうかなぁと金策中。裏面がトモチケだけでなく(確か)アクセやアゲアゲアイテムもついているらしく、トモチケ部分にもサインが復活しているとあって、かなり気になってます。さすがにまだみかんちゃんなどは収録されていないかな?


新ビジュアルイラストをつかった新しいファイル。ドリチケなども出てきましたし、わたしも使っているドレパファイルが早くもいっぱいいっぱいなので、活用しやすいファイルが欲しかったところです。ちゃんと整理整頓していれば、プレイ時にも慌てたりすることないんでしょうけど・・・(苦笑


プレイしてみて、かなりプレイバリューの良さに驚いた3DSソフト! 新規ストーリーもいいですが、大量の(全ての?)プリリズコーデが入っているというだけで大満足です。家でコーデを用意して、ゲーム機で試すというスタイルも、コーデチェンジ時に慌てる自分にはピッタリでした。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。