寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
講談社文庫 私が彼を殺した 感想
30941091.jpg

 東野圭吾さんの作品であり、新参者や麒麟の翼でおなじみ、加賀恭一郎のシリーズでもあります。ネタバレ注意!
 本作は、自分勝手な作家が毒殺されてしまう事件の話ですが、そこには多くの人たちの思惑、愛憎、殺意がいりまじり、さらに殺害方法もなかなか複雑で、そのうえ犯人は作中では明かされないという風変わり(そうでもないかな?)な作品です。
 巻末には袋とじで解説があり、その解説を踏まえた上でもう一度読めば犯人はわかるようになっています。わたしも初回ではわからなかったものの、解説を念頭に置いてもう一度読むと犯人がわかりました。

 単純な事件部分、トリック部分だけを見ればけっこうオーソドックスというか、どこにでもありそうな話なんですけど、それ以外の登場人物たちの心情などが細かく描写されていて、それらが事件に至ってしまう過程をリアルに表現しています。東野圭吾さんの作品はあまり多く読んではいませんが、こういった部分が強いという印象はあります。だからといってトリック部分が手抜きであるわけではありません。

 毒物が全部でいくつあり、どういう経路をたどって被害者の口まで届いたのか。そこを考えると頭が痛くなってきますが、加賀刑事の発言や解説でわかりやすくなってるのはすごい。しかしそれ以上に、わたしは、こういった物語を作品として成立させる作者の力量に唖然としてしまいました。ヒントを出す場所や、描写の量など、さじ加減を完全に把握しているので、ギリギリわかるレベルに調節されているといえます。自分が作者だったら、ヒントを出しすぎたり、逆に出さなくて解答不能になってしまうんじゃないかと思ってしまいます。

 ミステリー作品が好き、東野圭吾さんの作品が好き、自分で謎を解いてみたい、という人にオススメの作品ですね。といっても作者も有名でこのシリーズも有名なので、もはや読んでないって人はいないかもしれませんが・・・。まぁ、加賀恭一郎シリーズといっても特に前後の関連性はないでしょうから、ここから読んでもぜんぜん問題ありません。気になった方はぜひ。

 というわけで「私が彼を殺した」の感想でした。

 最初はタイトルがネタバレになっていて自分のことを「私」と呼ぶ人が犯人か? なんて思ってました・・・。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。