寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ スマイルプリキュア! #11 「プリキュアがチイサクナ~ル!?」 感想
スマプリ11-1

またもマジョリーナの不思議アイテムにより、今度はプリキュアたちが小さくなってしまいました。
スマプリ11-2
スマプリ11-3
 今回の不思議アイテムは打ち出の小槌? 前回の指輪より絵本モチーフっぽさが出てますね。これを偶然手に入れてしまうあたりや、キャンディが振ってみゆきにぶつけたのに全員が小型化してしまうところはどうなんだろう。細かいところですが、細かいところが気になる性分なので・・・。しかし「子供向けだから」で済むレベルですし、そこを細かくする暇はないでしょうから、とりあえずそこはスルーしましょう。

スマプリ11-4
 アカオーニさんのせいで小槌は人間界へ。このあたりはちゃんと説明するんですね。まぁここは必要なところですからね。

スマプリ11-5
 ここからしばらくアリエッティ的な小さいゆえの四苦八苦をする五人。階段を上るときのこの肩車は順番違うんじゃ・・・? 怪力設定のあかね(そうじゃないにしても、サニーは怪力設定なので)が一番下、次になお、れいか、みゆき、やよいって順番が順当な気がします。段差から顔を出すシーンがやよいには不向きだったからかな?

スマプリ11-6
 教室で高いところを渡るとき、この二人は怖がってましたね。二人は常識人ポジションなので怖がってるんでしょうけど、ますますキャラが被ってるというか、プリキュアのときは高いジャンプするのにと思ったり。しかし他の三人が怖がらないから、色んな反応をさせるにはこの二人に怖がらせるしかないんだろうなぁ。こういった反応の描写は少し間違うとキャラクターの設定を無視してしまいそうなので怖いですね。プリキュアのスタッフさんたちならそういうことはないでしょうけど・・・。

スマプリ11-7
スマプリ11-8
スマプリ11-9
 草むらに降り立つとしばらくなおの百面相劇場。大人っぽい、かっこいいなおが怖がって慌てふためくというギャップがかわいいんでしょうけど、家の家事を担当する上で虫とかは出なかったのかな? マンションの上階というわけでもないし、虫くらいそこらじゅうにいそうなものですが。

スマプリ11-10
 まさかの警官が再登場。ちょっと仲良くなってるような印象でした。もし敵キャラ(この場合はマジョリーナ)が改心する、もしくは決意が揺らぐようなエピソードをやるとしたらこの警官を主軸に行われそう。というかその話が見てみたい。

スマプリ11-11
 子供ダンゴムシがなおを気遣います。ここでなおも、虫がただの怖い存在ではないと思い始めます。しかし虫がリアルだなぁ。その上に巨大なので、これだとなおじゃなくても食われそうで恐怖するような。しかし高いところが怖い常識人のあかねも、巨大虫は大丈夫な様子。このあたりは、なおの虫嫌いを強調するためなのかな。

スマプリ11-12
スマプリ11-13
 虫たちのために戦う小さなプリキュア。しかし虫のバッドエナジーって・・・(笑)。この場面、虫が喋りだしてたらさらなる笑いに巻き込まれるところでしたよ。
 アカンベェがプリキュアに合わせて小型だったのはご都合? しかしマジョリーナなのでボケということでとりあえずの説明にはなりますね。何気に小型アカンベェ二体はどちらもマジョリーナ。召喚者によってアカンベェに個性が出るという伏線なのかな。気にしすぎな気もしますが。
 そして戦闘シーンもよく動いてすごかった。しかしマーチやサニー、ハッピーはまだしもピースがめちゃくちゃかっこよかったのは逆に違和感。前後に「特撮ヒーローの真似してみたかった」的なシーンをいれないとあのかっこよさは説明がつかないのでは。もしくは小さくなったことで体が軽くなったとかの説明が少しでもあるのとないのではぜんぜん違いますから(表面張力の説明とかもちゃんとやってたので)。
 マーチシュートでアカンベェ撃破。必殺技の気合ため&発動後の疲労も、前回くらいから忘れ去られ気味? せっかくあった設定だから、特訓で克服する話や、そうでなくてもちょっと描写を入れることでまだ設定が健在である表現はできると思うのですが・・・。特に今回、変身バンクをノーカットでやるくらい尺に余裕はあったみたいなので、そういう細かいところは入れてくれないと、設定忘れてるんじゃないかと思っちゃいます。見てる子供が覚えてたら「なんで疲れないの?」みたいな疑問が出てくるんじゃ・・・。

スマプリ11-14
 相手は小さかったからアカンベェなんて出さずにそのまま倒せばよかったことにやっと気づくマジョリーナ。そしてよりにもよって小槌で倒そうとするものだから、プリキュアたちは元に戻ってしまい、やはり倒せませんでした。戦闘は視点によって派手になったりショボくなったりと表現は面白かった。どんなに激しい戦闘でも、マジョリーナやキャンディ視点になればショボイというのが音などでうまく描かれていたので。

スマプリ11-15
スマプリ11-16
 短編などでもありがちな、克服できたと思ってできなかったという、けっきょく元の鞘というオチ。しかし、どうせなら怖がらないように我慢してそのまま倒れてしまうようなオチもよかったのでは。まったく同じだと成長した感じがしないので、ちょっと変化をつけた怖がらせ方をしてほしかったかも。
 ラストカットは前回のあかねのスマイルみたいな表現の静止画。あれ、ここ最近こういう終わり方ばっかりだったかな? お好み焼き回より前の話をちょっと見返してみよう・・・。

スマプリ11-17
 入れ替わりみゆき回、エイプリルフールやよい回、お好み焼きあかね回、小さくなるなお回ときて、次回はれいか&キャンディ&パワーアップ回のようです。仕事のできないと自問するキャンディとれいか。きっとれいかは仕事できる人でしょうから、その対比や、キャンディへのアドバイス→そして成長などが期待できそうな回ですね。それにともなってパワーアップアイテムも出現するんでしょうか。
 ジョーカーも再登場で、物語が動きそうな予感がします。1クールの〆ですしね。
 しかし、敵がそれほど強くない現状でプリキュアがパワーアップするのはどうなんでしょう。パワーバランスというか、力関係のインフレはうまくいってないような感じがします。まぁ今回のプリキュアはいつも圧勝という感じはせず、どこかハラハラする戦闘なので、次回敵パワーアップ→苦戦→パワーアップアイテムの流れでも悪くはないのかも。
 あと、個人的に気になっていた、五人がそれぞれプリキュアの力に目覚める瞬間の羽が舞う演出と、頭部などにある羽のデザインがパワーアップ状態で光ってるので、もしかしてそのあたりの掘り下げがないかなと期待。まぁ単なるデザインで片付くことかもしれませんが、気になるんですよね、羽が舞ったあの演出と、羽の飾り・・・。

 というわけでスマイルプリキュア感想でした。

 細かいところへのツッコミばかりですが、基本的には楽しんで見てます。ただ絶賛するだけでは感想になりませんし、研究していくと細かいところが目に入ってしまうので・・・。好意的な感想をよく目にするアニメなので、絶賛はその人たちにまかせて、こういう視点で感想を言うのもいいかと思いまして。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。