寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
TVアニメ プリティーリズム・ディアマイフューチャー #6 「メモメモ禁止は困るのです!」 感想
画像6-1

 あやみのメモには森羅万象さえ書いてありそうですね。
画像6-2
 メモに書いてあることが真実だとして疑わないあやみの発言がみあを苛立たせ、かりんを笑わせました。その後、あやみのメモ至上主義の行動がペンギン先生にも怒られ、みあは彼女にメモ禁止令を出します。れいなが「言い過ぎ!」とみあを一応叱っていましたが、今回のみあの行動は一理ありますね。メモに縛られてあやみは他のことが疎かになっていました。

画像6-3
画像6-4
 セレブリティー♪ な留学生、チェギョン登場。まさかロボットで登場するとは・・・脚本家のセレブ像はどうなっているのでしょうか。
 しかしチェギョンってこれまた言いにくく、覚えにくい名前ですね。ですが、キャラ設定はなかなかぶっ飛びで、個性はありました。強引な彼女はあやみのメモに興味を持ち彼女を連れまわします。この辺、ぷっちぐみか小学一年生に載っていたプリティーリズムの漫画の展開に似ていますね。漫画はみあとあやみがメインらしく、すなわちこのチェギョンはどことなくみあっぽいキャラでした。年齢が高い分、思いやりを持てるタイプ、でしょうか。

画像6-5
画像6-6
画像6-7
画像6-8
 ショーの衣装をプリズミーでコーディネートしてほしい、という社長の要求に真っ先に挙手するみあ。そして対抗するれいな。こんなとき、引っ込み思案でメモにないことはできないあやみは損というか、芸能界では生きていけない感じがしますね。チャレンジ精神がないというか。
 チェギョンが手を持って挙げさせますが、あやみはその場から逃げ出してしまいます。
 象に乗ってあやみを追いかけてくるチェギョン。ロボットよりはリアリティありますが、それにしてもぶっ飛びですね。
 黒猫の可愛さやかぎしっぽは幸福という話から、メモに書いてあることが全てではなく、いいところをすくいとる、という感じの話にもっていきます。このあたりの理論展開がじゃっかんゴチャゴチャしてましたが、ネコミミカチューシャが出てくると悟って全てどうでもよくなりました。

画像6-9
 赤井さんに頼んでデザインをストーンに。この技術とてもすごい気がする・・・しかしそれを言うならプリズムジャンプの理屈や履いているスケート靴の技術だってきっとすごいものでしょうし、だったらロボットが出てきても違和感ないでしょうね、うん。

画像6-10
画像6-11
画像6-12
画像6-13
 プリズミーとしては初衣装チェンジ。しかもこんなあざと・・・可愛い衣装とは。そしてあやみのジャンプ、ラブリーレインボーも着地の瞬間が従来のモーションと違い、足をバラバラにしながら傘をつかんで宙に浮かぶ、というものでした。続くミス・フェアリーガールもあいらのように妖精の羽が生えたりはせず、今までの使いまわしでもちょっと変化をつけてくれるだけでかなり違って見えるのが新しい発見でした。
 ショー終了後、みあは羨ましがりながらもあやみを褒めました。戦うに値する相手だと認めると褒めるんですかね。しかしこれだとプリズムアクトの入り口・アクトラインに到達していないのはみあだけとなるので、今のところプリズミー内では最弱はみあということになるのでは・・・。

画像6-14
画像6-15
 最後にデートの約束をするあたり、みあとへインのコンビを除けば今のところ一番仲の良い日韓コンビになったのではないでしょうか、あやみとチェギョンは。最年少と最年長という凸凹具合もうまくかみ合ってる感じです。

 ただ今回、あやみがTPOをわきまえずメモをとって迷惑をかけたことを謝ってほどほどに控えるか、そうでなければ序盤で言い過ぎたとみあが謝らないと、本題がうやむやのまま宙ぶらりんになってしまってる気がします。今回の話の始まりがそういうトラブルだったので、そこが解決しないといけないんじゃ、ということです。
 あやみ的にはメモはセレブリティーで素晴らしいもの、という結論が出たようなので、そうなると今回序盤でやったような振る舞いは見直していない、ということになります。その辺はどうなんだろう・・・。
 作画や演出含め、概ね面白かった回なので、そういう細かいところに目がいってしまったのが残念。でも今のところディアマイフューチャー史上一番面白いといっても過言ではない回でした。いい作画、テーマ性やメッセージ性、新衣装、ジャンプ中に新モーションなどなど、見どころは多かったです。これからも、こういうクオリティの話が少しでも多く見られるといいですね。

 というわけでプリティーリズム・ディアマイフューチャー感想でした。

画像6-16
 次回は某アイドルのような総選挙の話。どうやらリーダーを決めるらしいです。順当にいけばれいな、かりん辺りが精神面などを鑑みると妥当な気がしますね。しかしみあのスーツ姿っぽい衣装にはドキッとしました。服を変えるだけであんなに大人びて見えるなんて・・・。
 ラストのカットでも服が違ったので、色々と服を着替える展開があるのかな? 新衣装のプリズムショーを期待してしまいますね。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
 ミア:ミアがいっちばーん。アヤミ:ミアさん危ない! :なんのこっちゃーい。→水に濡れる レイナ:バカなことするから。 カリン:ギャラクティカ受けるっしょ。 ミア:クロ...
2012/09/30(日) 18:24:22 | ぺろぺろキャンディー
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.