寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ スマイルプリキュア! #15 「ドタバタ! みゆきの母の日大作戦!!」 感想
スマプリ15-1

 母の日だとすっかり忘れていたみゆき。さぁ、どうするどうなる!?
スマプリ15-2
 前回の納豆ぎょうざ飴をマジョリーナに食わされ口がまずくなってしまったウルフルンは、憂さ晴らし(?)にバッドエナジー集めを始めます。相変わらずの憎めない動機・・・。このときプレゼントに嫌悪感を持ったのも、その後の展開にスムーズに繋がるのでイイですね。

スマプリ15-3
スマプリ15-6
 みゆきのママが初登場。けれどすぐ怒るようなママでもなければ優しいママという感じもせず、じゃっかん距離を感じたのは気のせいでしょうか。ママの個性を強くしないのは女児に対しての配慮なのかな? 配慮になっているかどうか知りませんが。
 そして案の定、みゆきのお手伝いが余計な仕事を増やします。強く怒るわけでもなく、気持ちが嬉しいと礼を言うでもなく、ただ苦笑するママはやはりちょっと変、というか変わってる? みゆきの母ですから変わっていて当然かもしれませんが。
 星空家の全貌も布団干しのときに確認できましたが、かなり豪華な家に見えます。お父さんがいないことから、日曜も仕事がある職業なのでしょうか(というかどの家庭の父が登場してなかったので、そういう演出なだけかもしれません)。

 何かを買う、手伝いをする、以上の二点が失敗に終わったみゆきはプレゼントを手作りすることにしました。このあたり他の四人も何を手作りしているかで個性を出していましたね。
 れいか→凝り性、やよい→得意の絵、あかね→不器用、なお→器用、という感じで。しかしこういうときのあかねとなおの被り具合はどうにかならないのでしょうか・・・家庭的、球技をやってる、ボーイッシュ、こうまで被りまくるのは逆にすごいんじゃ。それでいて区別がつくのは色や喋り方、性格などがそのキャラの大部分を表現しているからでしょうか。

スマプリ15-4
スマプリ15-5
 ウルフルンがプレゼントに嫌気が差して結界を展開。馬鹿にする→そんなことない! のお決まりの流れで戦闘になるのはいつもどおりですが、ハッピーが真剣に悩んでしまうのは新しい反応だったかも。いつも強気で敵を否定するハッピーが、今回ばかりは悩んでいたんだなぁとわかる一瞬でした。
 河野さんの作画はキャラクターが可愛くないことがあるのですが敵や妖精は可愛いorカッコいいことが多く、戦闘もよく動くことで知られています。今回もスマイル史上一番戦ったんじゃないかというほど戦闘シーンは見ごたえがありました。思い出したように属性攻撃を使ったのはアレですが、使わないよりいいですし、かなり見栄えしますね。もっと押し出していけばスマイルならでは! という戦闘シーンを見れそうです、魔法合戦みたいな。あまり肉弾戦をさせない、もしくは見せない方針なら、より属性攻撃はプッシュしていくべき表現方法ではないかと思いました。
 けれどやっぱり徐々に力の制御ができていく、みたいな成長過程が見たかったですね。

スマプリ15-7
スマプリ15-8
スマプリ15-9
スマプリ15-10
スマプリ15-12
スマプリ15-11
 ベタとはいってもみゆきママがみゆきお手製のネックレスをつけていたところはウルっときましたね。そして他の四人のお母さんたちも登場(あかねママとやよいママはすでに登場済みですが)。こうみるとイメージ通りというか、今までのシリーズみたいに綺麗なママは少なく、リアリティのあるママさんが多いですね。それにしてはみゆきママの造形はリアルではない気がしましたが、まぁ素晴らしい戦闘シーンや熱血なサニーが見れたのでよしとしましょう。

 というわけでスマイルプリキュア感想でした。

 来週はれいかが勉強をやる意味について悩むようです。これもエイプリルフールの回のように、女児たちの教訓にさせつついい話が期待できそうですね。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。