寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
TVアニメ プリティーリズム・ディアマイフューチャー #10 「みあ脱退!? あいらとガチバトル」 感想
画像10-1

 あることに怒ってあいらと喧嘩するみあ。何気に前回に続いてバトル展開二連続ですね。
画像10-2
画像10-3
画像10-4
画像10-5
画像10-6
 何らかの理由によりみあがあいらに激怒。ここで理由を明かさないのは、その理由がオチになるからですね。
 前回の予告で「みあが勝ったらプリティートップ辞める」という意味がよくわかりませんでしたが、その真相がわかって納得。辞めるならプリティートップ出身として恥ずかしくないレベルになってから辞めろ、という社長の言葉は理に適ってました。その相手があいらというのが、新人に対して容赦ないですが。


画像10-7
画像10-8
画像10-9
画像10-10
 練習しているところへやってきた韓国サイド。れいな、かりん、あやみはみあの行動に否定的っぽく、ヘイン以外の四人も「勝ったら辞める」という対決の主旨の奇妙さに首を傾げてました。ヘインだけがみあを応援し、その姿にれいな、かりん、あやみの三人は考えを改めるようです。
 みあを応援する、という姿勢は素晴らしいのですが、その結果が「プリティートップを辞める」なので、どうにもみあを辞めさせようとしているように見えてしまうのが残念。しかしその後の展開で三人が選んだ方法は、この印象を変えることができたのでよかったかも。

画像10-11
画像10-12
 ペンギン先生パートが完全に、プリキュアオールスターズでの妖精パートみたいになっているのは置いておくとして、山田さんが流暢に喋ったり、彼が声優志望だということが判明したりとなかなか衝撃的だった今回のペンギン先生パート。仲直りさせようと裏で手を回し、それが途中とラストに繋がるのも考えると、今回の彼らはいい働きをしたのかもしれませんね。

画像10-13
 前述したとおり、三人はみあを応援し、同時に自分たちもみあと同じ条件にすることを社長に提案していました。つまりみあが辞めるときは自分たちも一緒、だというのです。一蓮托生。運命を共にする覚悟が三人にはあるんですね。ヘイン以上にみあのことを応援してるんじゃないでしょうか。
 実際、あいら越えができればどの事務所でも通用できるでしょうし、そういう展開も少し期待していたものですから、対決がどう転ぶかまったく予想できませんでした。

画像10-14
画像10-15
画像10-16
 まずはあいらの出番で、久しぶりの3Dモデルが拝めました。さらに一人ダンス。さらにさらにプリズムアクトまで披露するなど実力の差を見せ付けましたね。相変わらずぶっ飛んでいて、服が喋るあたり、このアクトはあいらが普段見ている光景をみんなに共有させたのかもしれません。普段の視界があんなんだと、それはそれで怖いですが(笑)。

画像10-17
画像10-18
画像10-19
画像10-20
 実力を見せ付けられ、焦燥するみあはダンス中に転倒。そのまま諦めてしまいそうになりました。観客や三人が応援していたのですが、あいらの悲しげな表情がみあに一番勇気やガッツを与えたようにみえて、みあはどんだけあいらが好きなんだ、と思ってしまいましたね。
 そこからジャンプを跳び、さらにはアクトラインにまで到達しました。他の三人は比較的あっさり到達していたので、みあだけはかなり苦労してここまできましたね。主人公らしい扱いだ。
 このままみあメインでストーリーが進んでいくとさすがに他の三人が可愛そうなので、他の三人のことをもっと掘り下げてほしい気はしますね。

画像10-21
 途中ではけなしあっていたペンギン先生ストラップですが、仲直りの印として二人ともつけていたのはいい結末です。ペンギン先生たちを見直しましたね今回は。

画像10-22
画像10-23
 ここでオチ。喧嘩の原因はみあのメロンパンをあいらが無断で食べてしまったからだそうです。そりゃみあでなくても怒る人は怒りますね。あいらそんなキャラだったっけ?
 でもみあはちゃんと成長して、このときは別のメロンパンも用意していたようですが、それは社長に食べられていて、やはり怒ってしまいます。みあが単純な情緒不安定キャラや癇癪キャラとして描かれることが少なくなってきたので(怒るところに理由がある)、なかなかストレスなく見れるようになってます、序盤よりは。
 前回や前々回ほどじーんとくる話ではなかったですが、みあのあいらへの対抗心は今回を境に少なくなるかもしれませんね。コテンパンにやられたので、まずはじっくり成長することをプリズミーは決意したはずです。

 今回も伊福部さん脚本、ナベシンさん絵コンテ(だったかな)、作画監修も日本の人が入っていて、こういう布陣だと普通に見られる話になることが多いですね。これからも頑張ってほしい限りです。
 けど腕を振ると顔が変わる(大魔神ネタ?)はわたしでも微妙なくらいのネタなので、今の子たちはまったくわからないですよね・・・。むしろ古ネタを後世に残そうとしているのか?

画像10-24
 次回はなんと旅館で合宿!? 浴衣じゃないのは残念ですがMARsも久々に勢ぞろいで、何やら楽しそうな雰囲気。舞台がちょっと移動するとやはりワクワクしますね。

 というわけでプリティーリズム・ディアマイフューチャー感想でした。

 それにしても・・・ショーの曲か、新しいジャンプがないと・・・今まで楽しみだったプリズムショーのシーンが苦痛になってきます・・・せめて衣装チェンジはこまめにやってほしいかな・・・無理かな・・・。
コメント
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/12/18(日) 14:17:36 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
ミア:どういうこと、アイラがそんな人なんて知らなかったよ。アイラ:ごめん。そんなつもりじゃなかったの。ジュン:天使たちの急速を破るイナズマ。ミア:やめた、こんな事務所な...
2012/10/27(土) 18:45:01 | ぺろぺろキャンディー
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.