寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ プリティーリズム・ディアマイフューチャー #13 「パフュームまとう運命の日!」 感想
画像13-2

ちょっと遅れてしまいましたがプリティーリズムの感想です。ついにピュリティ始動!
画像13-1
 土曜の朝から一部の人に向けてのサービスシーン。なぜ前回でやらなかった・・・。それにしてもこの二人は企業提携している会社同士だからか、それとも浅からぬ縁があるのか異常に仲が良いですね。ただのビジネスパートナーでこんなことするでしょうか? それともいわゆる会社の社長ってイメージをわかりやすく具現化させたのでしょうか。かなり偏ってる気もしますが。

画像13-3
 プリズミーのパーティーイベントが急遽決定。相変わらず急ですが、前々回くらいでりずむが言っていたのでいちおう伏線回収にはなってるかな? というか二期の本作は一期ほど急なスケジュールはいまのところなかったような。
 そしてヘインらも相変わらずレッスン。しかしグループとして出発する準備がミシル社長の手によって着々と進んでいました。どうやらその仕上げにはユンスの服が必要な様子。

画像13-4
画像13-5
画像13-6
画像13-7
 そのユンスと言えばデザインに煮詰まってあいらに抱きついたりみあにスルーされたりと忙しい。ヘインたちのデビューなのにデザイナーのユンスにスポットを当てるあたりが侮れないというか、ありきたりなシナリオじゃないと感じさせますね。ただ、今回に限ってはもう少しヘインたちの焦りとかを描写してほしかった気もします。今までさんざん描写してきましたが、回を跨ぐとやはり印象が薄れてしまうので。
 サブタイトルにもあるようにテーマはニオイ。あいらの存在を感じ取ったユンスは「現在」を意味し、立ち去ったショウのニオイを感知したあいらは「過去」を、そして雨のニオイを嗅ぎ分けたみあは「未来」を意味しているあたりはうまい。ただし急なニオイ押しに「どうしちゃったのこの人たち」という感想が出てしまったのと、そもそも香りを纏うことが「服のデザインに足りなかったもの」という結論には首をかしげてしまいます。パフュームのオモチャを売るための動機付け、理由付けを苦心して何とかひねり出したという印象。でも納得いく理由ではありました。

画像13-8
 まずはプリズミーの出番。ダンスやジャンプを省略気味に見せてさっそく二回目のアクト! ヘッドギアで歌いながらのダンスだったのが一転してスタンドマイクで歌っているのはガラリと雰囲気が変わっていいですね。曲の雰囲気もガラリと変わりますし。出始めに飛び上がってマイクをキャッチするみあが最高にかっこいい。

画像13-9
画像13-10
画像13-11
 黒いバッグが喋るペアチャムとなって五人をアイドルとして認め、ピュリティとして舞台に上がります(スペル忘れました)。服は鼓笛隊風でどことなくアイマスチック。パンツルックが多いですね。モデルとなっている実際のピュリティがそうなのかな。K-POPアイドルはやたらと足をプッシュしてるようですから、ピュリティもそうなのかも。
 新たなるオモチャ(?)の香水をふりかけコーデが完成。見た目的には変わりなし。オーラを任意で纏うことができるのか?

画像13-13
画像13-12
 ついに韓国サイドの3DCGと曲がお披露目! ダンスはMARsが一期で踊っていたやつの使いまわしでジャンプも使いまわしでしたが3Dモデルが見れただけで満足。ダンスやジャンプが代わり映えしないのはゲーム側からの要請らしいので、まぁ我慢します。メロディに合わせてうまくダンスをさせていたので違和感もあまりありませんでしたし。
 ヘインはみあ見たいにグループの中で一人だけオリジナルジャンプを跳ぶ、みたいにさせてほしかった。とりあえずゴールドスパイラルはアニメでは初出ですけど動作はドレミファスライダーの流用ですし、このアニメ、プリズミー四人がメインというよりみあとへインがメインという印象を最近抱き始めていたので、なおさらヘインにはオリジナルを跳んでほしかったなぁ。
 あと曲ですが、いかにもな曲。悪くはないのですが盛り上がりがないのでBGMとかで流した方が耳に心地良さそう。

画像13-14
画像13-15
画像13-16
画像13-17
 プリズムアクトもいきなり披露! といっても以前からさんざん「自分たちはプリズムアクトも跳べる!」と豪語していたのでビックリはしませんでした。むしろ格の違いを見せ付けたという演出でしょう。いまのところ力関係はMARs>>>>ピュリティ≧プリズミーという感じですし、そういう見せ方をしているはずです。
 最後のヘインの決めポーズが意味不明ですけどカワイイ。美人系が多い韓国サイドですが3DCGになるといっそう魅力が増しますね。アニメーションもうちょっと頑張って・・・。

 というわけでプリティーリズム・ディアマイフューチャー感想でした。

 一期1クールまでで比べるとその差は歴然ですが、こちらはこちらで面白い。というか何とか楽しもうとしながら見ていて、何とか楽しめているという感じ。今回のラストシーンはヘインに感情移入するのがいい見方だと思う。

 次回はなんと全員集合! MARsだけでなくコーリングスやせれのんまで! 気になるのはせれのんとピュリティの対面(声優的に)。あと頑なにかなめちゃんの姿が出てきませんが、この隠し方はむしろあまり出てこなかったりずむのような感じがして、やはりターニングポイントになりそうな重要な場面で出てきそうな気配がします。そうでないと一話で顔だけ見せていた理由もわかりませんし。
 とにかく来週が待ち遠しいです。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
Ф練習場→ソミンたちがレッスン≡風呂アセ:プリズミーも軌道にのりはじめたし。Ю店ユン:なにかがたりない。凸事務所アセ:プリズムショーをやるわよ。 ミヤ:いつやるの。:明...
2012/11/15(木) 22:47:32 | ぺろぺろキャンディー
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。