寄り道ブログ
寄り道な人生をしています。読んだ小説や、見た映画・アニメの感想などを投稿していきます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TVアニメ スマイルプリキュア! #21 「星にねがいを! みんなず~っと一緒!!」 感想
スマプリ21-1

 ジョーカーさんだけでなく、ポップの登場ももはや急展開フラグとなってますね。
スマプリ21-2
スマプリ21-3
スマプリ21-4
スマプリ21-5
スマプリ21-6
 キャンディがやたらと可愛く描かれていて、これまでのことを思い出す感慨深いシーンが多く挿入されていました。総集編かと勘違いするくらいに。思えばこれらはラストに落とすために上げている状態でしたね。
 まるで大喜利のように次々と発言する面々。順番的にれいかが最後になってしまうのは明白で、そうなったとき彼女はオチ要因として最適ですね。普段が知的だからこそ(実はそうでもないかも)、オチになったときの衝撃も大きいです。オチでなくても、そもそも知的キャラのボケという時点で衝撃は大きいかも。

 ペガサスの日というワードと共に空に映るペガサスの画が何度か出てきました。タイミング的に聖闘士星矢Ωを意識しているのかな、なんて思ったり。別にユニコーンでもよさそうですが、あえてペガサスを選んでいるあたりが(ペガサスなら翼があって見栄えがいいから? 角も生やしてしまえばユニコーン要素も捏造できますからね)。

スマプリ21-7
 流星群を見に行ったところでアカオーニとアカンベェが登場。今回アカオーニが選ばれた理由が特にわからない。出番が少なかったから? それとも執念深くプリキュアを倒そうとしているから? うーん、選抜意図は読めません。
 わざわざ赤鼻を使用するなんて、もうプリキュアにデコルあげると言っているようなものじゃないかな。でも今回のアカンベェは父の日にウルフルンが召喚したアカンベェくらい強かった。そのつどそのつどで強さが大きく変化するのもどうなんだろう。召喚者のテンションや気合次第? 意外と敵側も「気合だ気合だー」が必要ってことでしょうか。

スマプリ21-8
スマプリ21-9
 存分に上げたところで落とす。ジョーカーの容赦なさに、やっとスマイルプリキュアで「危機感」というものを味わえました。
 これだけあっさりと取り返せるから、今まではみすみすデコルを渡すはめになっても敵側は大して危機感を持っていなかったのかもしれませんね。
 最後の高笑いや予告での振る舞いが最高に悪役していてジョーカーの大物っぷりに惚れ惚れします。逆にプリキュア側もかつてない絶望に叩き落されているようで、落とした後は上がるという物語の不文律を知りながらもどうなるか気になって仕方ありません。ピースの絶望顔は次回では修正されてそうなくらい鬼気迫るものでした。どんなことが起きるとあんな表情をするんだ・・・。

 というわけでスマイルプリキュア感想でした。

 今回は女王様復活やら本棚ワープやら描かれていく絵本やら、知ってる情報から知らない情報まで思い出したようにいっぺんに出てきた印象。もう少しこの辺を今まで少しずつ描写できなかったものか・・・特に描かれていく絵本は、毎回ページが増える演出でも入れれば今までの思い出のおさらいも自然とできますし、設定の説明もできますし、「白紙の未来」という言葉がより強くなると思うのですが。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。